30代女性が転職で幸せになるには?7つの目的別にステップを解説

30代です。転職を考えているのですが、きちんと転職できるか、不安です…。
30代の転職は、20代に比べると難易度が上がると言われています。

キャリアコンサルタント

また、30代女性の転職と言っても、30代前半なのか後半なのか独身なのか子どもがいるのかによって大きく変わってきます。

キャリアコンサルタント

それぞれの状況に応じたポイントを押さえることが重要です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、そんな30代女性の転職方法について解説しています。途中、おすすめの転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

女性の転職には、何かと不安がつきまとうものです。特に30代女性は、結婚や育児、出産など、人生のさまざまな節目を経験し、「どうやって転職を進めればいいのだろう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、一言に「30代女性の転職」と言っても、30代前半と後半、独身と子供がいるなど、それぞれのパターンに応じて不安な点は大きく異なります。

そこで、この記事では、30代女性の転職のポイントや、それぞれのパターン別の転職術を解説していきます。

女性の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位(総合): パソナキャリア、1位(女性): マイナビキャリレーション、2位(女性): type女性の転職エージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
女性専用転職エージェント8社を徹底比較

30代女性が転職を成功させるポイント

転職を考えている30代の女性の中には、「30代の女性は転職するのが難しいと聞いたことがある」と不安に感じている人もいるかもしれません。

確かに、ポテンシャルで採用してもらえる20代に比べて、30代の転職は難易度が上がります。そのうえ、育児休暇などで仕事を休むリスクがあると企業から判断されがちであるため、30代の女性の転職は難しいと言われています

しかし、30代の女性が転職の際に気をつけたいポイントに留意していれば、自分の理想とする職場へ転職することも可能なのです。ここでは、30代女性が転職で気をつけたいポイントを紹介します。

10年後・20年後の将来を見据えて働き方を考える

転職で最もやってはいけないのは、「なんとなく」という気持ちで転職することです。明確な理由がないまま転職をしてしまうと、望んでいない職場に転職してしまい、短期間で転職をすることにもなりかねません。

そのため、30代女性が転職をするうえでは、「なぜ転職をするのか」を明らかにする必要があります。その際には、「将来的にどんな働き方をしたいのか」を基準に考えるようにしましょう。

将来と言っても、1年後や2年後などの近い未来ではなく、10年・20年先の未来を想像することがおすすめです。なぜなら、30代女性の社会人としての人生は、今後20年から30年と、長く続いていくものだからです。

「10年も先のことは想像できない」という場合も、あなたが働くうえで最も大切にしているものは何かを考えれば、自ずと答えは見えてくるはずです。一人では難しいという場合は、転職エージェントを利用してもいいでしょう。

希望する条件に優先順位をつけておく

前述のとおり、30代女性の転職活動はそれほど簡単ではありません。給料や厚生福利、やりがいなどのさまざまな条件をすべて満たす求人があればいいのですが、なかなかそうはいきません。

そのため、30代女性の転職では、希望する条件に優先順位をつけ、「絶対に譲れないもの」を決めておくことが重要です。これを決めておくことで、より満足度の高い企業を選ぶことができます。

また、この優先順位は、転職中に変えないようにすることをおすすめします。転職活動中に妥協しそうになったときでも、優先順位を変えずに求人探しを続けていれば、満足できる求人に出会えることでしょう。

もし「自分の譲れないものを満たしている求人を見つけられる自信がない」というのであれば、あなたに合った求人を紹介してくれる転職エージェントを利用するのもいいでしょう。

30代女性が活躍できる環境の整った企業を選ぶ

管理職は男性の仕事だという考え方は、もはや過去のものです。現在の日本では、管理職を目指して働く女性も多くいますし、女性を管理職として積極的に登用する企業も増えてきました。

そのような中で、30代女性が後悔しない転職をするためには、30代女性が活躍できる企業に転職することがおすすめです。管理職への女性の登用だけでなく、子育てのための時短勤務の制度なども「女性が活躍できる環境」と言えます。

どのような企業が30代女性にとって活躍できる職場なのかを判断するためには、企業のホームページなどで厚生福利などの状況を確認するか、厚生労働省の「ポジティブ・アクション情報ポータルサイト」を閲覧するといいでしょう。

もしくは、転職エージェントを利用して、担当者から企業の情報を教えてもらうのもおすすめです。適切な情報収集で、女性の活躍できる職場を選ぶようにしましょう。

女性の転職に強い転職エージェントを利用する

上記の3つのポイントを全て満たすことができるのが、転職エージェントです。転職エージェントを利用すれば、求人の紹介や自己分析、情報提供から面接対策に至るまで、30代女性の転職を多角的にサポートしてくれます

30代女性の転職には、特に女性の転職に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

30代女性の転職成功法を状況別に解説

ここまで、全ての30代女性に共通する転職のポイントを紹介しました。ここからは、年齢や子どもの有無、希望する働き方などのさまざまなパターンごとに、転職を成功させるためのポイントを解説します。

30代前半の女性の転職

30代前半の女性に求められるのは、即戦力として活躍することです。これまでの実績を生かし、即戦力としての活躍が期待できる企業に応募すれば、採用してもらえる可能性は大きく上がります。

選考では、過去の経験とスキルを生かし、20代の若手には難しい業務を遂行できることをアピールするようにしましょう。

また、30代前半は、未経験の業種に挑戦できるラストチャンスでもあります。とはいえ、未経験者の採用は20代が主であるため、20代と比べると転職が難しいという点は頭に入れておく必要があります。

30代後半の女性の転職

30代後半の女性には、即戦力になれるだけのスキルのみならず、管理能力も問われるようになります。管理職として期待している企業も多いので、マネジメントの経験などがあれば転職に有利です。

また、求人の条件に「おおむね30歳まで」などの年齢に関する記述があると、諦めてしまう女性も多いかもしれません。しかし、その数字はあくまでも目安であり、スキル次第では採用してもらえることもあります。

スキルに自信がある場合には、年齢制限があっても諦めずに挑戦してみることをおすすめします。

30代の独身女性の転職

30代の女性は、現在は独身であったとしても、今後結婚や出産を経験する可能性が十分にあります。そのため、結婚や出産を視野に入れて転職先を探すことが重要です。

まずは、10年後・20年後にどのような働き方をしていたいかを考え、その途中に結婚・出産というイベントが起きたらどのように働いていきたいのかを明確にするようにしましょう。

また、「子どもがいないから有利」と考える女性もいるかもしれませんが、企業が見ているのは「欲しい人材にどの程度合致しているか」であり、子どもの有無はそこまで大きな問題ではありません

転職エージェントを利用し、油断せずに転職活動を進めることをおすすめします。

30代で子供がいる女性の転職

30代女性の中には、子どもを育てながらフルタイムの仕事をしたい人もいるかと思います。

しかし、子どもの急な体調不良や学校行事など、仕事を休まなければならないことが多いのがネックです。

そのため、転職先を選ぶ時点で子育て中の女性への配慮がある職場を選び、急に仕事を休まなければならなくなったときのための対策を練っておくなど、企業への配慮を求めることが欠かせません。

また、企業に採用してもらえる人材になるためにも、これまでの職歴やスキルを生かした求人に応募し、即戦力として働けることをアピールすることも重要です。

とはいえ、自分のスキルを客観視したり、子育て中の女性への配慮がある職場の求人を探したりするのは手間のかかることです。

転職エージェントを利用すれば、これらを手っ取り早く済ませることができるのでおすすめです。

正社員への転職を目指す30代女性

30代女性の転職の中でも、正社員への転職は特に難易度が高いと言えます。そのような状況で正社員への転職を成功させるには、自分のスキルや実績を必要としている職場を選ぶことが欠かせません。

しかしながら、自分を必要としている職場を探すのは難しいものです。そこでおすすめなのが、転職エージェントを利用し、スキルの棚卸しと求人の紹介をしてもらうことです。

転職エージェントを利用すれば、スキルの棚卸しや求人の紹介だけでなく、書類添削や面接対策などの選考過程のサポートや給与交渉に至るまで、さまざまな転職支援を無料で受けることができます

転職エージェントは、難易度の高い30代女性の正社員への転職を成功に導いてくれる強い味方です。ぜひ有効活用して、転職を成功させてください。

派遣社員・契約社員への転職を目指す30代女性

転職を考えている30代女性の中には、派遣や契約社員といった、非正規の仕事への転職を考えている人もいるかと思います。確かに、非正規の仕事には正社員にないメリットも存在します。

しかし、給料や厚生福利などのさまざまな点で正社員に劣るため、非正規への転職には注意が必要です。「派遣から正社員を目指す」という考えもありますが、正社員へのキャリアアップは難易度が高いという点に留意する必要があります。

もし「私のスキルでは正社員になれないから、非正規の仕事を探そう」と考え、正社員を諦めて非正規の仕事を探しているという人は、一度転職エージェントに相談してみるのも手です。

非正規への転職のメリット・デメリットを理解したうえで転職する場合は、マイナビキャリレーションなどの無期雇用派遣サービスを利用することをおすすめします

事務職を目指す30代女性

事務職は、女性にも人気の高い職種です。そのため、競争率が高いことが多く、特に未経験では転職が難しくなることが多いと言えます。

したがって、事務職を目指す場合には、経験者の場合、スキルの棚卸しをしっかりと行い、即戦力として働けることをアピールしましょう。

未経験の場合には、過去の仕事から事務職に転用できるスキルがないかを考え、自分の持っているスキルがどのように事務職に生かせるかをアピールすることが必要です。

30代女性の転職におすすめの転職エージェント

前述の通り、30代女性の転職には転職エージェントの利用がおすすめです。ここでは、30代の女性に特におすすめできる転職エージェントを厳選して紹介します

紹介するエージェントは、どれも女性の転職に強いものばかりです。実際にそのエージェントを利用した女性からの口コミも掲載していますので、参考にしてください。

なお、転職エージェントは複数を併用することでその真価を発揮します。ぜひ複数の転職エージェントに登録し、自分に合ったエージェントを見つけ出してください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

マイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは、29歳以下の人が利用することができる転職サイトです。

従業員数9000人を超える大企業マイナビが運営しているので、安心して利用することができます。

また、研修制度が整っており、ビジネスマナーやOAスキルを身につけることができるのが特徴的です。

転職先を探す際には、カウンセリングに加え、適性検査と研修を行うので、ミスマッチがほとんどありません。

登録する(無料)

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、その名の通り、女性の転職に特化した転職サイトです。

キャリアアドバイザーのほとんどが女性なので、女性にしかわからない問題も、安心して相談することができます。

女性が活躍できる求人を豊富に扱っており、2500件以上もの求人を扱っています。

30代女性の転職成功法まとめ

何かと不安の多い30代女性の転職には、転職エージェントが大いに活用できるということをご理解いただけたのではないでしょうか。

女性の人生にとって、キャリアは欠かせない重要な要素の一つです。この記事を読んでいる皆さんが、人生を輝かせるような転職ができることを願っています。