50代薬剤師の私が転職に成功できた、たった1つの方法とは?

50代薬剤師です。転職したいのですが、もう年齢的に無理でしょうか。
私も50代の薬剤師です。私は50代で2回転職し、2回目で大成功しました。

転職に成功する方法を教えてください!

たとえ国家資格保持者であっても、「50代で転職するのはかなり難しい」「転職できても年収が大幅に下がる」と、転職を躊躇する50代の薬剤師は多いのではないでしょうか?

私もそうでした。でも、会社の将来に不安を感じ、やむを得ず転職することにしましたが、これが大成功。

ただし、50代の薬剤師が転職を成功させるにはコツがあります。今回は、50代薬剤師の私が転職に成功できた方法を紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

50代薬剤師の転職活動記録を公開!

私は50代で2度の転職を経験しました。最初の転職のときに「二度目はないな」と思いながら、再度転職を試みたのは冒険でした。

訳あって所属していた会社の近い将来に不安を感じ、きちんとした経営をしているところに転職しようと決め、退職の意思を上司に伝えました。

50代の転職は自力では不可能!転職エージェントに登録

実は退職願を書きながら複数の転職エージェントにも登録し、準備を始めていました。50代の転職は、エージェントを使わないと不利と思ったからです。

50代は、採用する側の立場としても採用を躊躇する年代です。経験がそれなりにある薬剤師であれば給与も高くなります。逆に、その年齢で経験年数が少ないとなれば、若い人に比べて仕事のおぼえも悪いなあという評価になるでしょう。

雇う側にとってのメリットがありません。

応募する先が、履歴書や職務経歴や年齢を単純に点数化して書類選考を行う企業であれば、50代の求職者には面接のチャンスさえ与えてもらえない可能性が高くなります。

50代薬剤師の私に紹介された求人案件とは?

直接応募で私に面接を、と連絡してくるところはドラッグストアばかりでした。50代の転職では、面接に漕ぎつけるまでの段階でエージェントに力量の差が出てきます。

実際にわたしの転職活動の中でも、同じ企業の案件であってもエージェントによって「受け入れ不可」「面接OK」と返事がわかれたケースが複数例ありました。

50代薬剤師の転職活動はエージェント選びが超重要!3つのタイプがあった

実際に転職活動をしてみて、転職エージェントには以下のタイプがいることがわかりました。

  1. 最初から諦め気味で、簡単に職歴をヒアリングしたあとは、たまに面接できそうな案件を打診してくるだけのタイプ
  2. すぐに大量の提案はしてくるが、『数撃ちゃ当たる』方式で、条件だけでピックアップしてくるタイプ
  3. ヒアリングをじっくりして、案件のなかから向こうから企業との相性を考えてポイントで紹介してくるタイプ

転職エージェントによっても違いますが、担当者の力量や相性、相手のモチベーションにもよります。

1のタイプは提案をなかなかして来ません。忘れた頃に案件を提示してきます。

2は、とりあえずPDFなどで大量に求人案件を送りつけてきますが、どこを受けるかは求職者に丸投げです。実際に興味のあるところについて面接出来ないか確認してもらうと面接にまで進まないケースも多くあります。

3は、求職者のタイプやスキルを考えてマッチしそうなところに絞ってきます。このタイプのアプローチをしてくる担当は、おそらく紹介実績をある程度以上持っており、相手先企業の情報も知って紹介をしてくるので、提案数は少ないですが面接に進める可能性が高くなります。

3社の転職エージェントに登録!使い分け方と活用法

私は最終的に、メインのエージェントを1社、サブを2社に決めました。

少しでも多くの案件を見たいという思いから、当初は5社のエージェントと話していたのですが、あまり相談先が多くなると話が混乱 してきます。

更に、仕事を続けながら転職を探していたので、連絡の取れる時間帯が限られており、エージェントから来る電話の時間が重なることが頻発したため、相談先を絞ることにしました。

私は、時間をかけて複数のエージェントと話をしながら、親身になって積極的な提案をしてくれるところをメインのエージェントとして、更に多くの情報を提供してくるエージェントをサブと考え、面接活動をスタートしました。

職務経歴書と履歴書の作成サポートをお願いした

前回の転職が2年前だったので短期間での転職です。これは雇う側にとっては「長く働いてもらえないのではないか」と疑念を抱く原因となります。

また、40~50代の転職では、そこから先の勤務年数に天井が見えているので、即戦力があると受け取ってもらえなければ採用はないと思いました。

そこで、職務経歴書の書き方の見直しをしました。エージェントにも添削をお願いしました。

複数回の転職があっても、それぞれの職場で具体的にどのような仕事をしてきていて、どんな実績を上げてきたのかがわかりやすいように整理をし、転職に対しての前向きな姿勢と、今後どのような仕事をしていきたいかについてもきちんと書かれていることが重要と思いました。

転職エージェントから面接のアドバイスをもらった

面接をスタートエージェントに相談を密に行っていた期間は2週間ほどでした。

充分相談をした上で、私の希望と相手の受け容れが可能かどうかを確認していただき、面接に進んだのは5社でした。そのうち1社は自分でも応募したドラッグストアでした。

ドラッグストアは常に人手不足でしたので、面接では条件の話しかされませんでした。形式的な適性テストはありましたが、面接中に「いつから来れるか?」という話まで進みました。

エージェントに紹介される企業の面接では、紹介会社の担当者が同行してくれるケースと、同行されないケースにわかれます。私の場合、スケジュールがタイトだったため、担当者の同行はありませんでした。

事前に相手先の企業の情報は、メインサブのどちらのエージェントからも説明がありましたが、メインのエージェントからは、どんなタイプの人が採用になり、どんな面接で不採用になったかの情報が伝えられ、面接に向かうことが出来ました。

採用されるためのアピールポイントを棚卸した

新卒の採用や、若い薬剤師の採用と異なり、50代の薬剤師は即戦力であることをアピール出来ることがマストです。

新規展開するためには実務経験のある薬剤師が必要で、管理薬剤師に転用出来る薬剤師であることも必要とされています。研修認定薬剤師は持っている 必要があるなと感じました。

認知症サポーターや認定実務実習指導薬剤師などもあればベターでしょう。

ただ、いかに経験や能力があるといっても、新しく入る会社にとっては新入社 員となります。 長く社会経験があるということは、それだけ薬剤師本人にもこだわりやプライドがある可能性が高く、企業側にとっては扱いにくい人物になるリスクもあります。

会社の経営方針に沿った仕事をしていける人物であることも重要なポイントになります。出すぎても駄目、 主張 がないのも駄目で、 バランスが難しいところです。

面接にあたる採用担当者もほぼ同年代となる可能性が高くなりますので、言葉のキャッチボールがうまく出来ることが重要のようでした。

50代薬剤師が転職エージェントを使って転職した結果

転職活動の結果、私の転職活動は1社のみ不採用と返事が来ましたが、残り4社は採用の返事を頂きました。採用を頂いた企業は、大手ドラッグストアを除いてはいずれも中規模~大規模の調剤薬局チェーンで、私の通勤圏内に複数の店舗があるところでした。

ここ数年の法規の改定で健康 サポート薬局やかかりつけの関係で在宅 に力を入れている薬局が増えており、薬剤師の数が足りなくなっているところが多いようです。

大きなチェーン店では、今後の店舗展開も考え若い人材を優先するところが多く、50代の転職では厳しいようです。

ただし、タイミングやその会社の求める人物像 と合致 した場 合はチャレンジが成功することもあるので、気になる企業がある場合は挑戦してみることをおすすめします。

キャリアコンサルタント

50代でも、4社から内定!素晴らしい結果でしたね。

50代の薬剤師は転職が難しいから、転職エージェントを複数活用した…とても正しい選択だと思います。

自分の条件では転職が不利なのでは?と不安な方は、迷わず転職エージェントに登録してください。自力では内定不可能な魅力的な案件でも内定を獲得できる可能性があります。

ただし、今回の執筆者も言うように、転職エージェントは選び方がとても重要です。転職を成功に導く優良エージェント選びは、以下の記事を参考にしてください。

薬剤師転職サイト全58社を比較してわかった本当におすすめできる10選