学歴に自信がない人が転職を成功させるには?効果的なアピールのコツ

転職を考えているのですが、学歴に自信がなく、転職できるか不安です…。こんな私でも転職できるのでしょうか…?
転職においては「職歴」や「持っているスキル」が重視されます。ですので、学歴は転職にあまり影響しません

キャリアコンサルタント

そうなんですか!?
この記事では、そんな学歴に自信がない人が転職を成功させる方法についてご紹介しています。

キャリアコンサルタント

活用すべき転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

人材を求めている企業は、自分たちが必要としている人材の採用条件を求人情報内に掲載しています。その代表的な条件と言えば、経験年数・保有スキル・学歴といったところではないでしょうか。

この条件の内、学歴に関してはかなり悩まれる方が多いようです。例えば、「経験年数とスキルは必要十分だけど、学歴をクリアできていないから採用されないかも…」そう考えてしまい、結局意中の企業に応募しなかった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

この記事では選考の際、「企業がどの程度学歴を重視しているのか」についてご紹介いたします。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

学歴は転職に影響するのか?

結論から申し上げてしまうと、学歴はあまり重視されないことが多いです。確かに学歴を重視する企業もありますので一概には言えませんが、中途採用の場合は、学歴よりも職歴や保有スキルが重視されています。

学歴が重視されるのは、「新卒採用時」と「第二新卒を採用する時」くらいです。「学歴が気になってしまい応募できなかった…」という事態は、企業にとっても転職希望者にとっても本当にもったいないです。

「でも本当に学歴が関係ないのか不安」という方には、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら転職エージェントは「採用担当者が学歴をどの程度重視しているのか」について、クライアント企業から直接聞いているからです。

以下におすすめの転職エージェントを掲載しておきます。

また転職エージェントを利用すれば、転職に必要な事前準備の大半をスムーズに進めることができます。これらの事前準備は非常に大変で、働きながら全てをこなすことは困難です。

転職エージェントを利用するメリットや、それぞれのエージェントの詳細な特徴については、後ほどご紹介いたします。

転職で学歴が重視されるというのは勘違い

確かに学歴を重視する企業も存在しますが、転職希望者が考えているほど重視される要素ではありません。おそらくそのイメージは、過去に行われていた、新卒一括採用から終身雇用の流れが影響しているものと考えられます。

新卒の場合は社会人経験のない学生を採用するのですから、企業は業務経験以外の何かを指標として学生を選別する必要があります。そこで指標に選ばれたのが学歴だったというだけです。

学歴は学生時代の勉学に対する努力を測るという点において、一定の信頼がおける指標の1つではあります。しかし学歴が影響するのは新卒採用時であり、中途採用の場合は実務経験とスキルが重要です。

第二新卒の場合はある程度学歴も重視される

まだ就職して年数が浅い第二新卒の場合は、ある程度学歴も重視されます。なぜなら第二新卒の転職希望者は、キャリアと呼べるほどの経験を積んでいないと判断されてしまうからです。

では明確なアピールポイントになるレベルの学歴を持ち合わせていない第二新卒は転職することができない、というわけではありません。第二新卒は完全な新卒とは違い、多少の社会人経験を積んでいます。

その短い社会人経験の中で自分が成長できた面や、小さいながらも積むことができた実績をアピールすることができれば、これからの将来性も含めて合否を判断してもらうことができるのです。人材が欲しい企業にとって、若さには学歴やキャリアの有無を超える魅力があります。

どうしても働きたい会社を見つけたなら、積極的に応募してみましょう。

中途採用でも学歴が重視されるケース

レアケースではありますが、中途採用の場合でも学歴が重視されることがあります。これらは俗に「学歴フィルター」などと呼ばれており、ニュースで見てご存知の方も多いのではないでしょうか。

本来であれば、中途採用に学歴は無関係なはずです。しかし経理や財務、人事、法務をはじめとする、管理部門の人員に関しては、一定以上の学歴が採用の必須要件としてラインナップしていることがあります。

そこには経営者の思惑が関与していることが多いようです。例えば管理系の部門は人や物、お金の管理を主業務としているので、一定以上の学歴を持った人材の方がリテラシーが高いと考えられている場合もあります。

また営業をはじめとする現場担当の社員を管理する部門の従業員が、低い学歴では示しがつかないと考えられていることもあるようです。また伝統的に「〇〇部は△△大卒」となっていることもあります。

このように、中途採用では大抵の場合において学歴は関係ありませんが、管理系の部門に関しては学歴が合否を左右することもあるのです。また月並みなお話になってしまいますが、同じくらい採用したい人材が2人いた場合、最後は学歴が明暗を分けてしまうこともあります。

学歴重視の採用を行なっているか確認する方法

「管理部門以外なら大丈夫!」とどれだけ言われても、「やっぱり学歴は気になってしまう…」と考えてしまう方もおられるのではないでしょうか。そうした不安が拭えない方には、自分が転職を希望している会社が学歴を重視しているのかを確かめてみることをおすすめします。

通常であれば、採用方針といった企業の内部の情報は入手しづらいものです。しかし「キャリコネ」のような企業の口コミサイトを利用すれば、難なく情報を得ることができます。

キャリコネには、現役社員やOB社員達が様々な企業の口コミ情報を登録しています。当然中途入社した社員も情報を書き込んでいるのです。

1度キャリコネ内の情報を閲覧してもらえればわかると思うのですが、面接時の面接官の様子や質問内容といった、かなりコアな情報も登録されています。その内容を精査していけば、転職を希望している企業が学歴にこだわっているかどうかを判別することが可能です。

登録は無料ですので活用することをおすすめします。

学歴に自信がない人が転職を成功させる方法4つ

「学歴は足りないかもしれないけれども絶対に転職したい会社がある」という方のために、足りない学歴をカバーして転職を成功させるための秘訣をご紹介しましょう。

しかしご安心ください。以下4つのポイントをしっかりと押さえておけば、自分のキャリアと熱意を適切に伝えることが可能です。

  1. 具体的な実績を示す
  2. 業界や職種に対する知識や経験をアピールする
  3. 新しい職場に対するモチベーションを適切に伝える
  4. 入社後に貢献できる内容を具体的にまとめる

中途採用で学歴が足りない場合でも、自分が積んできたキャリアを面接官に強く印象付けることができれば、転職に成功する確率はぐっと上がります。しかしそのためには自分のキャリアや実績を、面接官に正しく伝える必要があります。

アピール方法を間違えてしまった場合、自分の実力を正当に評価してもらえないこともあるからです。それでは4つのポイントを詳しくご説明していきましょう。

①具体的な実績を示す

キャリアをアピールする際は、具体的な数字をあげて自分の仕事を説明しましょう。例えば営業の方が自分の実績を伝える際、「1ヶ月で1,000万円の売上を上げました」とだけ伝えても、面接官はその数字をどう判断すればいいのかわかりません。

面接官はその職場の実態を知らないからです。営業部員が何人在籍している職場なのか、平均的な営業部員はどの程度の売上を上げているのか、どんな時期に達成した実績なのか、といった付加的な情報付け加えるようにしましょう。

「営業部員は10人在籍しており、部員1人の月の平均売上が500万円程度のところ、私は1,000万円売り上げました。その結果、社長賞を受賞しました。」といった具合です。また「その実績に繋がった要因は何か」や「どんな工夫をすることで成約率を上げたのか」の情報も盛り込みましょう。

企業が本当に欲しがっている人材は、ただ実績を上げられるだけの人ではありません。どんな行動が結果に繋がったのかを理解し、その手法を他の社員にも横展開し、部署全体のパフォーマンスに影響を及ぼせる人が求められています。

②業界や職種に対する知識や経験をアピールする

その業界内で仕事をしていれば、特に情報収集していなくても必要な知識は自然と身につきます。しかしその知識は、あくまでも「現在在籍している会社での最低限の知識」でしかありません。

希望する転職先の企業には、もっと高度な知識や経験を有している従業員がいる可能性もあるのです。面接官は、当然自社の社員の知識や経験を基準にして転職希望者の合否を判断します。

同業種の企業に転職を希望している場合でも、「もう知っているはず」と思い込まずに、あらためて自分の知識を増やしておくようにしましょう。他業種に転職する場合でも、希望する企業の情報だけでなく、業界全体の情報を集めておくことをおすすめします。

ある程度以上のスキルがあると判断されても、業界内の知識を一から身につけてもらうにはコストが高いと判断された場合、他の候補者が採用される可能性が高まるからです。

③新しい職場に対するモチベーションを適切に伝える

どんな企業でも、モチベーションが高い社員に働いてもらいたいと考えています。なぜならモチベーションはどんどん他人に伝わっていくものだからです。

モチベーションの高い中途採用者を雇用すると、すでに働いている社員達も「来たばっかりの人に負けるわけにはいかない」と奮起して、より仕事に集中するようになります。逆に中途採用者のモチベーションが低いと、「その程度でもいいのかな」と考えてしまい、部内全体がだらけてしまい、個々の能力を発揮してくれなくなるでしょう。

しかし、自分のモチベーションを具体的にアピールすることは案外難しいです。ただ「がんばります!」では面接官には伝わりません。

でもご安心ください。自分のモチベーションや熱意というものは、思っているよりも簡単に伝えることができます。

まず業界研究や企業研究をしっかり行い、転職を希望している企業のどこに魅力を感じているのか、入社後にやりたい具体的な仕事は何か、その結果どのように貢献できるのかを具体的にまとめて書き出しておきましょう。事前準備をするのは当たり前のことですが、本当に本気で準備をできている人はあまりいません。

この事前準備の周到さは、転職を成功させるという目標に対して、どれだけ綿密に行動できているかに繋がります。モチベーションは目には見えませんが、積み重ねていれば必ず伝わるものです。

④入社後に貢献できる内容を具体的にまとめる

企業の面接担当者は、転職希望者を中途採用をした場合、どのようなメリットがあるのかを知りたがっています。ですので、自分という「商品」が如何に魅力的であるのかをわかりやすくプレゼンできなければ、転職を成功させることはできないのです。

ユーザーが商品を購入する決め手は単純な性能ではありません。「購入することで何が変わるのか」、「購入したら何を実現できるのか」という点です。ここで言う商品の性能は、転職希望者のスキルや実績と同じ要素です。

つまり自分が保有するスキルや成し遂げた実績が、「社内の何を良くすることができるのか」を伝える必要があるということです。これを成し遂げるためには、スキルや実績をしっかりとリストアップした上で、転職を希望している企業について、綿密に調査しておく必要があります。

学歴に自信がない人は、転職エージェントを利用しよう!

このように、転職を成功させるための準備はかなり大変です。学歴を超えるほどに魅力的な職務経歴書やスキルシートを作り上げるためには、これまで自分が積み上げてきた実績や自分が保有するスキルを完璧に把握していなければいけません。

稀に「自分のことは自分が一番よく理解している」と主張される方もおられます。しかし残念ながら、その内容は客観性や具体性に欠けていることが多いです。

どちらにせよ現在の職場で仕事をしながら転職の準備を進めるのは、実際問題としてかなり大変な作業と言えます。しかし転職エージェントをうまく活用すれば、大変な転職活動をスムーズに進めることが可能です。

転職エージェントを利用する主なメリットは以下の5つとなります。

  1. 転職エージェントは企業側の本音を知っている
  2. 客観的な視点からスキルや実績の棚卸をしてもらえる
  3. 転職エージェントは市場価値を教えてくれる
  4. 転職を希望する会社へのアピールポイントを提示してもらえる
  5. 選考の際に転職エージェントへの信頼感がプラスされる

それではそれぞれを詳しくご説明いたしましょう。

1.転職エージェントは企業側の本音を知っている

転職エージェントは、人材を求めている企業から依頼を受けて転職希望者を紹介しています。ですので、「企業の担当者が本当に欲しているのはどんな人材なのか」を知っているのです。

転職エージェントは担当者と直接会話しているわけですから当たり前のことですね。もし自分の学歴やスキル、実績が企業が求めるラインに達していなかった場合、転職エージェントからその事を教えてもらえるので、最初から合格しない企業のために余計な時間を割く必要がなくなります。

こうした企業側の本音は、企業の口コミサイトでも手に入れることはできません。転職エージェントの担当者に質問するだけで、様々な情報が簡単に手に入ります。

利用は無料なので積極的に転職エージェントを使うべきです。

2.客観的な視点からスキルや実績の棚卸をしてもらえる

先ほども申し上げましたが、自分のスキルや実績を正確に把握することは案外難しいです。実際にかなりの人数の転職希望者が、自分が成し遂げてきたことの価値を理解していません。

これはある意味致し方のないことと言えます。なぜなら、自分を客観視するためには、それなりに「慣れ」が必要だからです。

慣れていない人は、自分を過小評価してしまったり、逆に過大評価してしまいがちです。そうした状態では、転職を希望する企業に対して、自分を魅力的にアピールすることはできません。

しかし転職エージェントの担当者はヒアリングのプロですので、ただ質問に答えていくだけで、スキルや実績の棚卸をしてくれます。当然第三者の視点から情報を判断してもらえるので、自分では気づけなかったスキルや実績を掘り起こしてもらうことも可能です。

3.転職エージェントはあなたの市場価値を教えてくれる

転職エージェントの担当者は、転職のプロフェッショナルです。毎日仕事で複数の企業の人事担当者と会話し、常に新鮮な転職市場の情報を入手しています。

その結果、今どんなスキルを持っている人材が求められているのかを、肌感覚で把握しているのです。つまり、企業の人事担当者以上に、人材の市場価値を理解しています。

しっかりと時間をかけて調査すれば、個人で自分の大まかな市場価値を知ることは可能ですが、はっきり申し上げてその時間は無駄です。転職エージェントを利用していれば、ただ一言質問するだけで答えを教えてくれます。

また自分が希望している業界では市場価値が低かったとしても、他業種では非常に重宝されている場合があります。そうした情報を個人で入手することはほぼ不可能です。

4.転職を希望する会社へのアピールポイントを提示してもらえる

実際問題として、効果的な自己アピールをまとめるのはかなり難しい作業です。どれだけ正確に自分の情報を把握していても、転職を希望する企業の本音や求めている人物像に関しては、求人情報から推測するしかありません。

自分の見込みが外れていた場合、面接時にどれだけ頑張ってアピールしても、的外れなものになってしまう可能性があります。しかし転職エージェントは企業側の本音を知っているので、転職希望者のどこをアピールするのが効果的かを、正確に判断することができるのです。

5.選考の際に転職エージェントへの信頼感がプラスされる

転職エージェントを利用する最も大きなメリットは「信頼感」です。自分1人だけで転職活動をしている場合、書類選考や面接で自分がアピールできた内容だけで内定を勝ち取らなければいけません。

しかし転職エージェント経由で応募すれば、「欲しい人材の詳細を伝えているエージェントからの紹介」というポジティブなバイアスがかかります。企業側にしてみれば、初めて会う予備知識のない人材よりも「転職エージェントがふるいにかけたスキルや実績が保証されている人材」の方が好ましいということは言うまでもないでしょう。

転職エージェントを利用するだけで転職の成功率が上がるのであれば、利用しないという選択はただ損をするだけです。

学歴に自信がない人におすすめの転職エージェントのご紹介

それではおすすめの転職エージェントをご紹介していきましょう。現在日本では、過去に類を見ないレベルで転職市場が盛り上がっています。

そのため大小を問わず、たくさんの転職エージェントが活動しています。しかし本当に使える転職エージェントはほんの僅かです。

また転職を希望する方それぞれの事情やスキルに応じて、利用すべき転職エージェントは変わります。今回は「安心できる大手の転職エージェント」と「特定の職種に特化した転職エージェント」、「第二新卒や既卒におすすめしたい転職エージェント」をご紹介しましょう。

安心できる大手の転職エージェント

まず最初にご紹介するのは、どんな人にでも対応可能な大手の転職エージェントです。大手の転職エージェントは企業規模が大きく、長く転職市場で活動しているエージェントばかりですので、大手企業からの信頼も厚く、大量の求人案件を保有しています。

またコンサルタントの人数も多いので、手厚いサポートを期待することができます。転職を考えているなら必ず登録しておきましょう。

彼らが保有している情報を得るだけでも大きな価値があります。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

特定の職種に特化した転職エージェント

IT関連の技術者や経理の資格を持っているのなら、希望する職種に特化した転職エージェントを使うのも1つの手段です。大手の転職エージェントほどの規模はありませんが、得意とする業界や職種においては彼らを凌ぐレベルのコネクションを保有しています。

IT系に転職したいならレバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT系・Web系の業界に特化した転職サイトで、ITに特化した求人専門性の高いアドバイザーが在籍していることが強みです。

レバテックキャリアの大きな特徴は、勤務地が『首都圏』『関西』『福岡』に限定されているろにありますので、都心で働きたい人や、地方にはあまり行きたくない人にはピッタリな転職サイトでしょう。

ITフリーランスを目指すならMIDWORKS

MIDWORKSは一般的な転職エージェントとは違い、フリーランスのための案件を紹介してくれるサービスを展開しています。運営会社は株式会社Branding Engineerです。

ITエンジニアとして活動していれば、必ず1度は独立してフリーランスになることを考えるのではないでしょうか。しかしフリーランスでは安定して案件を受けることが難しいというイメージがあり、安定した生活を維持するために諦めた方も多いと思います。

しかしMISWORKSなら、6ヶ月以上の長期案件を中心に紹介している上、契約期間が満了するまでの間に担当コンサルタントが次の案件を探してきてくれるのです。仕事をしているエンジニアにとっては、正社員時代と変わらない安定感の元、フリーランスとして働くことができます。

またMIDWORKSはプロジェクトの発注金額を公開していますので、フリーランス向けのエージェントサービスとしてはお金に対する透明性が高く、納得して受注することができるでしょう。手数料は発注金額の10〜15%程度ですので、正社員時代と比較して200万円以上収入がアップするエンジニアも多いです。

登録する(無料)

経理特化の転職ならジャスネットキャリア

ジャスネットは経理関連の転職に特化したエージェントサービスを展開しています。運営会社はジャスネットコミュニケーション株式会社です。

取り扱っている求人は全て、経理や会計、財務や税務関連のものばかり。ジャスネットは会計関連の職種でキャリアを積んだ転職希望者の、「より専門性の高い仕事でキャリアアップをしたい」と言う思いを叶えてくれます。

また職種に特化してサービスを提供しているので、他の転職エージェントにはないプレミアムな求人情報が集まりやすい点も見逃せません。首都圏、名古屋、大阪以外の求人情報が少ないことは残念ですが、該当の地域での転職を考えている方に是非おすすめしたい転職エージェント です。

登録する(無料)

第二新卒や既卒におすすめしたい転職エージェント

第二新卒やフリーターからの就職を目指している方の場合、ある程度キャリアを積んだ方とは違う転職エージェントも利用することをおすすめします。ここでは第二新卒や既卒に強いエージェントを集めてみました。

20代が転職するならマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは大手転職サイトのマイナビが運営する転職サイトで、20代の社会人向けに特化しているのが特徴です。

専任のキャリアアドバイザーが求人の紹介から書類添削、面接対策、内定後の条件の交渉まで一貫して行ってくれるので、転職経験がない人でも安心して利用できます。

登録する(無料)

IT転職にも強いハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の若年層をターゲットにした転職サイトで、20代特化型ともいえるエージェントでもあります。

若い人をターゲットにしているだけあり、全体的に未経験・第二新卒歓迎の求人が多いのが特徴です。

またフリーターのような社会人経験のない人でも応募できる求人や、熱心にサポートしてくれるエージェントも在籍しているため、転職未経験の人や職歴に自信のない人でも利用しやすいのが魅力でしょう。

第二新卒やフリーターの転職に強いDYM就職

DYM就職は、第二新卒や既卒のフリーター向けの転職サポートに特化したエージェントです。運営会社は株式会社DYM。

株式会社DYMは、新卒採用の分野に強いベンチャーですが、最近はその領域をさらに拡大し、第二新卒や既卒者の転職支援事業を展開しています。将来性に期待できる第二新卒の人材を欲している企業は非常に多く、新卒採用の分野で構築したクライアント企業との信頼関係があるからこそ実現できたサービスと言えるでしょう。

また面談場所が全国に存在しているという点も見逃せないメリットと言えます。他の第二新卒向けの転職支援サービスは、実質的に首都圏以外の地域に対応していないことも多いです。

DYM就職に相談した就業希望者の就職率は96%とかなりの好成績ですので、自分の適正と合致する企業で再出発をしたいと考えている第二新卒の方にはおそすめの転職エージェントと言えます。

登録する(無料)

まとめ

学歴は企業が応募者を選別するための1つの要素でしかなく、スキルやキャリアの方がよほど重要です。

求人情報に記載されている採用条件をただ鵜呑みにするようなことはせず、自信を持って自分の経験や実績をアピールしてみて下さい。

思ったよりも簡単に選考を通過するかもしれません。

また効率良く転職活動を展開し、納得できる企業から内定を勝ち取るためには、転職エージェントの利用が非常に効果的です。この記事でご紹介した以下の転職エージェントの内、自分の状況にあったサービスに複数件登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントは人材紹介のプロです。1人だけではできないことも、エージェントのサポートがあればきっと乗り越えていけます。

この記事がみなさんの転職活動の一助になれば幸いです。