未経験で広告業界に転職するには?成功のコツとおすすめ転職エージェント

同僚_387145633
広告業界に転職したいんですけど、人気だし未経験なんて無理ですよね…
キャリアコンサルタント
そんなことありませんよ!ただ、どんな人でも転職できるというわけではないですね。
キャリアコンサルタント
今回は、未経験から実際に転職した人の事例を元に、広告業界への転職を成功させる方法についてご紹介します。

広告業界にあこがれを抱いている人の中には、「未経験だし、今さら転職するのも無理だろうな…」と半ば諦めている人もいるかもしれません。

しかし、実は広告代理店の求人は未経験可のものもあり、未経験だからといって転職を諦めてしまうのはもったいないのです。

この記事では、未経験から広告業界に転職する方法から、転職して後悔しないために知っておきたいことまで、広告業界への転職に必要な情報をまとめてご紹介します。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

未経験で広告業界に転職できる人の特徴

未経験から広告業界に転職できるとは言っても、広告業界で求められるスキルを持っていないことには、広告代理店などに採用してもらえる可能性も低くなってしまいます。

しかし、広告業界で求められるスキルには、実は未経験でも身につけられるものが多くあるのです。これらのスキルを身につけることは、広告業界への転職の第一歩と言えるでしょう。

未経験で広告業界に転職できる人は、次のようなスキルを持った人です。広告業界にいなくても身に着けられるスキルなので、もし自信がないなら今日からでも意識して身に着けていきましょう。

①チームワークがある

どのような仕事でも求められるチームワークですが、広告業界で働く場合は特に重要です。広告は、さまざまな職種の人が協力して作り上げるものだからです。

広告は一人では作れません。その案件に関わる全員が、チームの一員としての責任感を持ち、周囲の状況を判断しながら仕事を進めていく必要があります。

したがって、チームワークで仕事ができる能力は、広告営業からマーケティング、デザイナーに至るまで、広告業界で働くすべての人に必要な能力だと言えます。

②コミュニケーション能力がある

どの仕事でも求められるコミュニケーション能力は、広告業界では特に重要視されます。広告主の「声なき声」を聞き、その悩みを解決する必要があるからです。

広告主の中には、「どうしたらいいかわからない」と悩む企業も多くあります。解決策を提案するためには、広告主の言葉を傾聴し、想いを引き出す高いコミュニケーション能力が必要です。

もちろん、社外だけでなく社内のコミュニケーションも欠かせません。チームで仕事を進めるためには、社内のコミュニケーションは必要不可欠です。

したがって、コミュニケーション能力は広告業界で働くすべての人に必要で、特に広告営業には高いコミュニケーション能力が求められると言えるでしょう。

③情報収集能力がある

必要な情報を集めることのできる能力も、広告業界では重要です。広告を作成するには、その企業や商品への理解が必要不可欠であり、そのためには情報収集が欠かせないからです。

インターネットや書籍、テレビなどから類似の広告を収集したり、現在の流行を調べたりすることで、どのようなアプローチが可能か推測できます。それを経て、初めて提案ができるのです。

この情報収集を怠ってしまっては、見当違いな提案ばかりになってしまい、仕事を獲得することが難しくなってしまいます。

情報取集能力は、広告営業などの広告主に直接提案する業務を担当する人には、特に重要となる能力と言えるでしょう。

これらの業務に携わりたい人は、普段から身の回りの広告に目を向けるなど、アンテナを張って生活することをおすすめします。

④発想力がある

発想力は、広告業界ならではの必須スキルと言えます。人々の興味を引く広告を作るには、これまでにないクリエイティブな発想が必要だからです。

既存の媒体にこれまでどおりに広告を掲載することを依頼される場合もありますが、既存の枠にとらわれない広告を依頼されることが近年増えています。

消費者の興味を引き、売り上げにつなげる広告を作るためには、枠にとらわれずに考えられる発想力が欠かせません。

発想力は、デザイナーなどの制作担当だけでなく、広告営業も含めた、広告業界で働くすべての人に必要なスキルだと言えます。

「発想力を磨く」と聞くと難しいと考える人もいるかもしれませんが、日々の生活の中でトレーニングできます。簡単なトレーニング法を紹介します。

それは、「自分が面白いと感じた広告や企画をノートに書き留めること」です。これを続けることで、良質な発想が蓄積され、アイデアを育てる土壌ができます。ぜひ試してみてください。

未経験者が広告業界への転職を成功させる方法

求められるスキルを身につけたとしても、それだけで広告業界に転職できるわけではありません。広告業界の転職には、内定を得るための準備が欠かせません。

ここでは、未経験だからこそしっかりとしておきたい、広告業界への転職に必要な準備を紹介します。

①身の回りの広告について研究してみる

消費者として生活していると、広告について深く考えることはあまりないはずです。しかし、広告業界を目指すには、身の回りにあふれる広告をあらためて見つめなおすことが必要です。

広告を見つめなおし、「なぜこの媒体なのか」、「なぜこの芸能人を起用したのか」など広告の意図を考えることが、発想力のトレーニングになるからです。

また、一般の消費者が考える「広告」の枠から外れ、一般の記事や映像作品のように見える広告など、さまざまな種類の広告も増えています。

広告を見つめなおすことは、広告業界を研究することにもつながります。自分の入社したい広告代理店などの企業研究はもちろんのこと、広告そのものの研究も怠らないようにしましょう。

②次の3ステップで志望動機を考える

未経験から広告業界に転職する場合、志望動機はとても重要です。特に、「どうして広告業界がいいのか」、裏を返せば、「なぜ他の業界ではいけないのか」を明確に示す必要があります。

まずは、志望動機の基本的な内容から見ていきましょう。基本的な内容は、普通の転職とあまり違いはありません。

  • 広告業界に興味を持った理由
  • その企業を選んだ理由
  • これまでの経験から、広告業界で生かせるスキル

これら3点のうち、最も重要なのは、前述のとおり「広告業界に興味を持った理由」です。人事担当者を納得させるには、漠然とした理由では不十分です。

説得力のある志望理由を書くには、具体的なエピソードが必要です。たとえば、その企業の具体的な業績やサービスを絡めて書くだけで、ぐっと説得力が増します。

憧れだけの漠然とした志望理由では、多くのライバルたちに埋もれてしまいます。人気の広告代理店などで書類選考を突破するには、優れた志望理由の作成が必要不可欠です。

④転職エージェントを利用して未経験可の求人を紹介してもらう

未経験でも転職が可能な求人は、広告業界でも一定数ありますが、やはり全体の中では少数派です。これは、広告業界の仕事が、経験がものを言う傾向が強いことが理由です。

さらに、皆さんのイメージ通り、広告業界は仕事がハードになることが多く、中にはブラック企業も存在します。そのため、未経験可の求人の中から優良求人を探し出す必要があります。

求人を探すには、転職サイトや転職エージェントを利用するのがおすすめです。広告業界の求人が豊富なサイトやエージェントを利用してもいいでしょう。

さらに、その中からブラック企業の求人を見極めるためには、情報収集が欠かせません。キャリコネなどで口コミを検索することをおすすめします。

転職エージェントを利用すれば、企業の内部情報を教えてもらうことができるので、それを利用するのも手です。優良求人に出会うための情報収集は怠らないようにしましょう。

広告業界への転職に転職エージェントをおすすめする3つの理由

未経験から広告業界への転職を成功させるためには、自分ひとりの力で転職活動を進めるのはかなり難しいと言えます。

志望動機の作成から、転職先を間違えないための情報収集まで、一人ではとてもやりきれません。そこで役に立つのが、転職エージェントです。

ここまで何度か触れてきましたが、転職エージェントを広告業界への転職におすすめする理由を、改めて紹介します。

未経験でも応募可能な求人を紹介してもらえる

未経験から広告業界に転職するためには、未経験でも応募可能な求人を探す必要があります。しかし、自分で求人を探すのは、時間的にも厳しいことが多いです。

新卒の就職活動と異なり、転職活動は働きながら行うことが多く、求人探しに割ける時間も少なくなってしまいます。

そこで、転職エージェントを利用すれば、登録して面談を行うだけで、自分の希望に合った求人を紹介してもらえます。求人探しに時間をかける必要がなく、企業研究などに時間を有効活用できます。

また、転職エージェントに登録すると、一般には公開されていない「非公開求人」にアクセスできるようになります。

非公開求人は、公開求人に比べて質が高いことが多く、この非公開求人に応募できるだけでも転職エージェントを利用する価値があると言えます。

企業の詳しい内部情報を教えてもらえる

前述のとおり、広告業界は仕事がハードになりやすく、中にはブラック企業も存在しています。ブラック企業への入社を避けるためには、情報収集が欠かせません。

転職エージェントを利用すると、実際に働かないと分からないような企業の内部情報を詳しく教えてもらうことができるので、情報収集に大いに役立ちます。

また、これらの内部情報は、転職すべき会社を見極めるのはもちろんのこと、転職したい会社の企業研究にも役立ちます。効率よく転職活動を進めるためにも、内部情報はとても重要と言えます。

内定を勝ち取るためのサポートをしてもらえる

未経験からの広告業界への転職で最も重要なのは、「いかにして内定を勝ち取るか」だと言っても過言ではありません。自己分析や企業研究はもちろん、履歴書作成や面接対策も欠かせません。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロが転職活動をサポートしてくれるので、内定をもらえる確率を上げることができます。

面談によるスキルの棚卸しから始まり、書類選考を突破するための履歴書の作り方、内定を獲得するための面接対策まで、手厚いサポートをしてもらえます。

未経験から広告業界に転職する場合、求人が限られるうえにライバルも多くいます。プロの力を借りることが、転職を成功させる近道となることでしょう。

広告業界への転職に強い!未経験者にもおすすめの転職エージェント

転職エージェントが広告業界への転職でいかに役に立つのかを、ご理解いただけたのではないでしょうか。

一口に「転職エージェント」と言っても、その特徴や強みはさまざまです。広告業界への転職を成功させるには、広告業界に強いエージェントを選ぶことが求められます。

ここでは、広告業界に強いおすすめのエージェントを、独自に収集した口コミと合わせて紹介します。

内定を獲得する確率を上げるには、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。ぜひ自分に合ったものを複数選んで利用してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントを広告業界への転職におすすめする理由は、以下のとおりです。

  • 業界最大手の求人数で、大手~中堅広告代理店の求人が充実している。
  • 企業分析や選考ポイントなどの豊富な情報を、スマホやパソコンで閲覧できる。
  • 担当者の質が高く、履歴書の添削や面接対策をしっかりと行ってくれる。

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

求人数が多い

リクルートエージェントの広告業界の公開求人数は、2018年11月末で1,576件と、とても充実しています。この数字には非公開求人は含まれないので、実際の求人数はもっと多くなります。

広告業界の求人の中でも、大手や中堅などの比較的規模の大きい企業の求人が充実しているので、規模の大きい広告代理店などを目指す人には特におすすめです。

口コミでも、求人の量を評価する声が多く、同時に質を評価する声も聞かれました。

34歳男性・小売販売
営業職なら求人の量も質も大変良かったです。私は小売販売希望でしたが次々と年収の高い魅力的な営業職を薦められました。
28歳女性・不動産営業
求人の量と質が圧倒的で、希望条件に妥協せず応募したいと思える企業にたくさん出会えました。

内部情報を気軽に閲覧できる

リクルートエージェントでは、初回面談を終えると「Personal Desktop」という自分専用の転職支援ページにアクセスできるようになります。

このページでは、応募や職務経歴書の作成がパソコンやスマートフォンから行うことができるのですが、利用者に一番支持されているのは、「AGENT Report」を閲覧できる点です。

AGENT Reportでは、企業分析や選考ポイントなど、求人票ではわからない詳しい情報を提供してもらえるので、転職活動に大いに役立ちます。

利用者からも、Personal DesktopやAGENT Reportを評価する声が見られました。

42歳女性・SE
業界情報を入手でき、傾向や対策などを教えてくれるところが非常に役立ちました。自分が企業からどう評価されるかを客観的に教えてくれる点も、転職する上でためになりました。
40歳女性・サービス業事務
案件紹介用の個人ページ、適性検査など、システムが充実している。職務経歴書の雛形もあり添削もきっちりしてもらえるので初めての転職ではとても便利だと感じた。

担当者の質が高い

リクルートエージェントは業界最大手ということもあり、転職支援のノウハウが蓄積されているため、担当者の質が高いと評判です。

転職エージェントを利用した転職は、担当者の力量にかかっていると言っても過言ではありませんので、担当者の質の高さは非常に重要です。

利用者の口コミでは、スタッフの質の高さやフォローの充実度を評価する声が上がりました。

29歳男性・飲食店店長
流石の大手だということで、求人の量もさることながらスタッフの対応がしっかりしていると感じた。
28歳女性・広告代理店
取り扱う求人の量と履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるところ、そして面接前の面接対策(過去の質問例、面接官情報など)を行ってくれるところだと思います。

doda

doda

dodaを広告業界への転職におすすめする理由は、以下のとおりです。

  • 大手企業の求人が豊富で、特にWebやIT系に強い。
  • 求人の量だけでなく、質も確保されている。
  • 担当者が親身に対応してくれるなど、サポートが丁寧。

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

WebやIT系に強い

dodaの広告業界の公開求人数は、2018年11月末で1,086件です。リクルートエージェントには及びませんが、十分な数の求人を保有していると言えます。

幅広い業種・職種の求人を扱うdodaですが、特に強いのがWebやIT系の職種です。広告業界の中でも、インターネット広告を扱う仕事に就きたい人におすすめのエージェントです。

求人の質が高い

求人の量では最大手の転職エージェントに及ばないdodaですが、求人の質を評価する利用者が多く、希望に合った求人に出会えると評判です。

広告業界の転職では、ブラック企業を見分けることが重要になるので、最初から質の高い求人が揃っているdodaは広告業界への転職に向いていると言えます。

実際に利用した人からも、求人の質の高さを評価する声が多く聞かれました。

25歳女性・不動産営業
以前より他の転職サイトを良く使用していましたが、比べてみても求人の量と質が大変良いと私は感じました。
25歳男性・製造業
面接対策や職務経歴書の添削が丁寧。企業の希望条件の話もよく聞いてくれる。求人の質もホワイト企業のものが多い。

サポートが丁寧

dodaでは、面談や求人の紹介などを担当するスタッフだけでなく、企業の内部情報を教えてくれる専門スタッフが別にいるなど、サポートが丁寧で充実しています。

利用者の口コミでも、面接対策などのサポートが親切だったことを評価する声が上がっています。

28歳女性・広告代理店営業
エージェントが親身になって相談に乗ってくれるところが1番のメリットです。転職の不安や今後の対策など、親身になってくださっている!と強く感じることが出来ました。
45歳男性・製造業
非公開やミドル向けの案件が多い。転職活動中のサポート、職務経歴書の添削指導や面接対策はかなりきめ細やかに対応してくれます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントを広告業界への転職におすすめする理由は、以下のとおりです。

  • 大企業の求人はもちろんのこと、中小企業の求人も充実している。
  • 営業職やクリエイティブ職用の専用サイトがある。

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

中小企業の求人が充実

マイナビエージェントの広告業界の公開求人数は、2018年11月末で184件です。大手エージェントと比べると、決して多いとは言えない数字です。

しかし、マイナビエージェントには大手にない強みがあります。それが、中小企業の求人も多く保有していることです。

大手エージェントには大企業の求人が集まりがちなので、中小企業の割合はあまり高くありません。規模の小さい広告代理店などに転職したい人は、登録することをおすすめします。

利用者の口コミでも、求人の豊富さだけでなく、中小企業の求人の多さを評価する声が上がっています。

55歳男性・小売業管理職
多くの種類の案件紹介があったので、視野が広まったことが一番有益でした。
35歳女性・宿泊業
中小企業向けの案件が多かったように感じる。履歴書、職務経歴書を優しく的確に添削、アドバイスしてくれた。

職種別の専用サイト

マイナビエージェントでは、利用者のさまざまな状況や希望に応じた専用サイトを設けています。その中には、広告業界への転職にも使えるものが多くあります。

営業職の専用サイトなら広告営業を目指す人、クリエイティブの専用サイトなら広告デザイナーを目指す人の役に立ちます。

内容を閲覧するだけでも参考になりますが、注目すべきは「専用サイトがあること」そのものです。専用サイトを用意するのは、その職種の転職支援に力を入れていることの現れだからです。

専用サイトのあるエージェントを利用すれば、より充実したサポートを受けられる可能性が高まります。広告営業やデザイナーを目指す人は、マイナビエージェントを利用して損はないでしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアを広告業界への転職におすすめする理由は、以下のとおりです。

  • 広告業界の求人が充実しているわけではないが、サポートの丁寧さに定評がある。
  • 女性の再就職支援から始まった企業なので、女性の転職に強い。

それぞれの項目について、詳しく紹介します。

サポートが丁寧

パソナキャリアの広告業界の公開求人数は、2018年11月末で264件です。大手エージェントと比較すると見劣りしますが、それでもパソナキャリアを紹介するのは、サポートの丁寧さにあります。

パソナキャリアは、運営会社が社会貢献を重視していることもあり、利用者想いのサポートをしてくれることに定評があります。

そのサポートの手厚さは、年収アップ率の67.1%という数字からも伺うことができます。初めての転職で不安な人には、一番におすすめしたい転職エージェントです。

40歳女性・アウトソーシング会社スタッフ
転職活動のアドバイスなどサポートがしっかりしていて、遅い時間でも電話対応をしてくれるので在職中でも連絡がとりやすかった。
29歳女性・事務員
一人で不安な就職活動の中、相談にのってくれたり話しを聞いてくれる人がいるというのはとても心強く、安心できました。
45歳男性・製造業
履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

女性の転職に強い

パソナキャリアの大きな強みの一つが、女性の転職に強いことです。運営会社がもともと女性の再就職支援から事業を始めたこともあり、女性の転職支援のノウハウが豊富だからです。

妊娠や出産、育児などの女性ならではのライフプランに応じたキャリア支援を行ってくれるので、自分の希望に応じた転職先を見つけることができます。

さらに、2016年には「女性活躍推進コンサルティングチーム」も発足し、より一層女性の転職支援に力を入れています。

広告業界に転職したい女性は、ぜひ利用しておきたい転職エージェントです。

広告業界に転職して後悔しないために知っておきたいリアルと対策

ここまで、広告業界に転職する方法をご紹介してきましたが、広告業界はただ華やかなだけではありません。裏方に徹し、泥臭く働かなければならないことも多くあります。

それ以外にも、転職前に知っておかないと、転職してから「こんなはずでは」と後悔してしまうような事実が存在します。広告業界のリアルと、その対処方法を紹介します。

若くないと転職が難しい

どの業種にも言えることですが、未経験の業種への転職は、若ければ若いほど有利です。広告業界も同じで、未経験の転職で最も有利なのは第二新卒や20代です。

30代以降でも未経験からの転職は可能ですが、高い能力が求められることから、20代と比較して未経験での転職は難しいと言えます。

そこで、30代以上の人が未経験から広告業界に転職する場合は、「これまでのキャリアを生かせる転職先を探す」ことに重点を置くことをおすすめします。

たとえば、これまで医療関係の仕事をしてきた人であれば、病院や製薬会社をクライアントに持つ広告代理店に転職すれば、これまでの専門知識を生かすことができます。

未経験での転職では年齢が障壁になりますが、積んできたキャリアを上手に使えば、若手以上に魅力ある人材になることも可能です。自分が活躍できる場所を探しましょう。

仕事がハードになることが多い

「勤務時間が長そう」、「残業が多そう」などのイメージを一般的に持たれる広告業界。実際、広告代理店・広告制作会社を問わず、仕事がハードになる傾向があります。

その大きな理由は、広告主の要求に応えなければならないからです。広告主は当然効果の高い広告を要求しますし、効果の高い広告は一朝一夕には作れません。

そのうえ、中には無茶な要求をしてくる広告主も存在します。それでなくても時間のかかるプロジェクトを無理に短期間で仕上げようとすれば、当然残業も多く発生します。

残業が多くなる理由には、社内の構造も挙げられます。広告代理店によっては、過密なスケジュールを組まざるを得ないなど、スケジューリングが上手にできていない企業もあります。

業界全体の風潮として仕事がハードになりがちな広告業界ですが、中でも比較的ゆとりをもって働ける広告代理店に入るためには、広告主の質と企業のスケジューリング能力をチェックする必要があります。

とはいえ、これらの情報を自分で収集するのは難しいものです。そこでおすすめしたいのが、転職エージェントです。

年収の上がり方が人それぞれ

「広告業界は高収入」というイメージを持っている人は多いかと思います。特に、「30歳で年収1,000万円超え」などの夢のある話を聞き、興味を持っている人もいるかもしれません。

しかし、広告業界では、全ての人がそのような高収入を得られるわけではありません。年収の上がり方が会社の業績や個人の能力によって左右されるため、人それぞれだからです。

例として、広告代理店の年収を見てみましょう。dodaの平均年収ランキングを見てみると、20代の平均収入は357万円と高水準ですが、生涯年収は1億9,819万円と、そこまで高くありません。

20代の給料が他の業種と比べて高い水準にあるものの、生涯賃金はさほど差が開かないという事実からも、年収の上がりにくさを実感できます。

ある広告代理店の場合、管理職にならないと30代以降の収入が上がりにくくなるという話もあります。激務のわりに年収が上がらないことを理由に、転職を考える人もいるようです。

「年収が上がらないかもしれない」というデメリットを踏まえたうえで、自分に合った企業に転職することが、広告業界への転職では重要です。

そのためには、企業の情報収集が欠かせません。この情報収集にも、転職エージェントが便利です。

広告業界への転職には複数の転職エージェントを利用して、成功させよう!

未経験から広告業界へ転職するのは、非常に競争率が高く、狭き門と言えます。しかし、転職エージェントを上手に活用すれば、ライバルを出し抜く方法も身につけられるはずです。

ぜひ転職エージェントを上手に利用して、あこがれの広告業界への転職を成功させてください。