転職の面接ではバッグも重要!面接用バッグの選び方やマナーを解説!

転職のため面接に行くのですが、どのようなバッグで行けばいいのですか?
面接用のバッグを用意して、実際の面接で評価を落とされないようにいくつか注意すべきことがあります。この記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

ここでは、転職の面接に適したバッグの選び方やマナーなどを、順を追って解説していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

面接用バッグは身だしなみチェックの大きなポイント

転職の面接において、求職者が持っているバッグは身だしなみチェックの大きなポイントになります。

ここではまず、面接用のバッグの重要性について解説していきます。

あるとないでは大きな違い

面接に必要な持ち物は、履歴書や職務経歴書などの書類や、筆記用具などが真っ先にイメージできますが、書類は封筒に、筆記用具はポケットに入れておけばいいと言うのは大きな間違いです。

必要な書類は相手側に綺麗な状態で提出することもありますし、筆記用具に関してもいきなりスーツのポケットから出てきては相手側に違和感や悪い印象を与えてしまいます。

また、面接時には企業から資料や書類を手渡されることもあるので、それを裸で持って帰っては失礼にあたります。

提出書類の保管や筆記用具のスマートな収納、企業に手渡された書類や資料の保管など、面接時においてバッグは重要な働きをし、バッグがあるとないでは企業に与える印象も大きく違ってきます。

ビジネスバッグには肩掛けリュックなどがあるが面接用では?

面接時においてのバッグは、基本的に薄手の手に持つタイプのバッグが適していると言えます。

最近ではビジネスリュックを持たれるビジネスマンの方も増えてきていますが、それは従業員の通勤を考えて企業が許容しているだけであり、「リュック=カジュアル」と一般的に認識されているリュックは、本来であればビジネスシーンに相応しくはありません。

面接においては、特にリュックであることに必要性を感じないため、ビジネスリュックであっても面接時は避けたほうがいいでしょう。

肩掛けタイプのバッグに関してですが、肩掛け部分が取り外せるビジネスタイプのバッグであれば、手持ち用としても使えるため問題ありません。

面接用のバッグは清潔感が大事

ビジネスマンにおいて清潔感は非常に重要であり、それは面接時においても同じです。スーツにシワがあったり、靴が汚れていたりなどしたら、相手に「自分はだらしない」といった、悪い印象を与えてしまいます。

それは面接用のバッグにおいても同じことが言え、面接時に持って行くバッグも定期的にお手入れなどをして、清潔感を保つことが大事です。

転職の面接に適したバッグの選び方は?

実際にどのようなバッグが面接に適しているのでしょうか?ここからは、転職の面接に適したバッグの選び方を、項目別に解説していきます。

男性の場合は黒が基本

男性の場合、黒をベースとした革素材のバッグが、面接に最も相応しいとされています。革素材の購入が難しいのであれば、ナイロン製でも問題ないので、シンプルで目立たない色のバッグを選びましょう。

バッグの形状は手提げタイプのバッグを選び、肩掛けやリュックなどは避けましょう。

女性の場合は黒以外の色もあり

男性用とは異なり、女性の場合は黒以外のベージュや淡い茶色など、女性らしさを表現できる色のバッグを持つのも効果的です。

しかし、基本的には面接用のスーツに対して浮かない色や目立たない色を選ぶ必要があるため、コーディネートに自身のない方は、黒やダークグレーなど目立たない色のカバンを選びましょう。

素材は男性用と同じく、革素材もしくは合皮を選び、今後も長く使える質の良いバッグを選びましょう。

男性用のバッグとは異なり、女性用のバッグは化粧品などの私物を収納できる機能性・実用性が高いバッグが必要となります。

女性の場合は化粧直しなど身だしなみを整えるためのアイテムが多いため、バッグ内にポケットや収納スペースが付いているビジネスバッグが好ましいです。

男女共通のポイント

提出書類や手渡された資料などを折らずに保管できる、A4サイズの書類が綺麗に収納できるサイズを選ぶのがベストです。また、バッグを床に縦に置いて自立できるタイプのバッグが、面接には好ましいです。

こんなバッグはNG

  • 色が派手
  • 布製のトートバッグやカジュアルバッグ
  • リュック
  • 柄が入ったバッグ
  • サイズが小さすぎる
  • サイズが大きすぎる

これらに該当するバッグは、面接においてNGと言えます。

上記でもあったように、色が派手なもの・カジュアルデザインが強いもの・リュックなどの他にも、派手な柄が入っていたり、ブランドロゴが目立つものもNGです。

また、こちらも上記であったように、面接時は提出書類や企業から手渡しされた資料や書類を綺麗に保管する必要があるため、A4サイズの書類がスマートに入らない小さすぎるサイズもNGです。

逆に大きすぎるサイズはバッグが悪目立ちしてしまうこともあるので、こちらもNGとして考えましょう。

バッグのお手入れ方法

転職の面接に使うバッグは清潔感をしっかりと保つことによって、相手に好印象を与える効果があります。ここでは、面接用バッグのお手入れ方法を少し紹介します。

ナイロン製の場合

ナイロン製の場合は、そのバッグの洗濯表示に従って正しい手順で洗濯をしましょう。水洗いが可能な場合は水洗いをして汚れを落とすのですが、水洗いの際の色落ちには注意が必要です。

目立つ汚れはブラシなどで汚れやゴミや除去し、頑固汚れやシミなどはクリーニングに出して汚れやシミを除去しましょう。

革・レザー製の場合

革・レザー製の場合は、洗う以前に日々の保管が重要になります。レザーバッグの場合は形が変形しやすく、また湿気に弱いため、特に保管方法には注意が必要です。

形が変形しないようにバッグの中に紙を詰めて形状を維持し、湿度が低い場所で保管をしましょう。

革・レザー製共に汚れてしまった場合は、乾いた布で大きな汚れを落とした後に、専用のクリームなどを使って細かい汚れを落とし、仕上げに光沢クリームなどを使って仕上げましょう。

サブバッグのおすすめやポイントは?

荷物が多い時や、提出書類と筆記用具などを小分けしたい時などに役に立つのがサブバッグですが、就職・転職活動の面接において、バッグを2つ持ち込むのは基本的にマナー違反とされています。

しかし、面接会場に入る前にサブバッグをメインにバッグにしまって会場に入場すれば、サブバッグを持ち込むことができます。このことを踏まえて、考えられるサブバッグのおすすめポイントは「色が目立たなくサイズが小さいもの」と言えます。

マナー違反などのリスクを避けるためにも、サブバッグは使用せずにメインバッグに荷物をまとめるのがベストですが、どうしてもサブバッグが必要な際は、目立たない色・メインバッグに入る小さいサイズ・レザー素材、これらのポイントを踏まえたサブバッグを選びましょう。

面接用バッグがない場合は代用でもOK

転職の面接用バッグがない場合は、新しく購入することが一番の解決法ですが、タイミングが合わなかったり、時間がなかったりなど、どうしても面接用バッグを用意できない場合も考えられます。

一般的に「ブリーフケース」と呼ばれる形状のビジネスバッグが面接用のバッグとしても一般的ですが、黒やグレーなどの目立たないカラーで、自立するバッグであれば、面接用バッグの代用としても使うことができます。

しかし、あくまでも代用のバッグは面接用のバッグではないので、計画的に転職活動を行い、面接にて好印象を与える面接用のバッグを事前に用意することが、やはりおすすめと言えます。

面接時のバッグの置き方やタイミングなどのマナー

ここからは、面接時におけるバッグの取り扱いやマナーに関して紹介していきます。

バッグの持ち方は?

男性の場合は、基本的にバッグを手提げの状態で持って面接会場に入室するようにしましょう。肩掛けタイプと手提げタイプの両方で使えるタイプのバッグの場合は、肩からバッグを外して肩掛けベルトはバッグの中に収納し、手提げの状態にしましょう。

女性のビジネスバッグの場合は肩掛けタイプのものが多いですが、こちらも男性と同様にバッグを肩から外して手持ちに変えてから面接会場に入室しましょう。

バッグを置くタイミングは?

面接会場に入室後、椅子に座るように促されるので、この時会釈をしてバッグを椅子の横にバッグを立てた状態で置きます。

この時、空いている椅子や机の上、自分が座る椅子の背もたれなどにバッグは置かず、必ず床の上にバックを縦に自立させて置きましょう。

面接用バッグの選び方やマナーは転職エージェントが教えてくれる

面接用のバッグの選び方や取扱いマナーなどは、求職者の転職をサポートしてくる転職エージェントがレクチャーしてくれます。

転職エージェントとは、DODAやリクルートといった人材サービスを主な事業とする企業が運営する転職サポートサービスです。転職エージェントでは、求人の案内の他に、履歴書や職務経歴書のサポート・添削業務や、本格的な面接対策・模擬面接などを無料で実施してくれます。

書類作成のサポートや、面接対策などのサポートの一環として、面接用のバッグの選び方や、取扱いマナーなども、求めればレクチャーしてくれるため、求職者の方にとっては大変ありがたいサービスです。

ここからは、面接用バッグの選び方やマナーなどのレクチャーをはじめとした、充実した転職サポートが期待できる、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、古くから人材派遣業界で実績を積んだ転職エージェントで、取扱い求人数は大手より少ないですが、豊富な経験と実績を武器にしたサポートサービスの充実度は業界トップクラスです。

特に企業との交渉力には定評があり、採用後の給料や待遇などの企業との交渉を得意としており、年収アップやキャリアアップを目的とした転職活動にもおすすめです。

パソナキャリアを利用された方の口コミには、以下のような意見が多数ありました。

37歳男性・人事 総務系

企業との交渉がかなりスムーズに行ってくれたため、応募から面接までスムーズに進むことができ、無事に転職することができました。

45歳男性・製造業

選考書類に必要な履歴書と職務経歴書の書き方を丁寧に教えて頂きました。面接対策も適確なアドバイスをしてくれたので、面接本番も戸惑うことがありませんでした。

などと、交渉力やサポートに関する意見が多くありました。求人情報を多く取り扱う転職エージェントと併用して利用すれば、効果的に利用できそうです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手人材サービス企業のリクルートグループが運営する転職エージェントサービスです。

大手というだけあり、取り扱われている非公開求人の数は国内最大級で、また、幅広い業界の求人情報を取り扱っており、大企業案件も豊富に取り扱っています。

サポート内容も充実しており、書類の添削や、本格的な面接対策など、求職者のより良い転職を徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントを利用された方の口コミには、以下のような意見が多数ありました。

30歳女性・美容関係

取り扱われている求人の量が他のエージェントに比べて豊富な所は、転職エージェントを使うにあたっての大きなメリットと感じました。

34歳女性・食品メーカー営業

自分の経歴などを、順を追ってヒアリングしてくれるので、どのような転職先が自分に向いているのかなど、転職活動の準備をスムーズに行えました。また、転職先が決まったあとでも丁寧に対応してもらえたので、そこも好印象です。

これらのように、求人の量やサポートの充実度についての評価が多くありました。転職活動が初めてな方や、幅広い転職活動を希望されている方にはおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

転職エージェントは複数登録し併用して利用するのがポイント

転職エージェントの多くは、基本的には無料で登録して利用できるので、幅広い求人情報や、幅広いサポートを求めた場合は、これら無料で登録できる転職エージェントを、複数登録し併用して使うことがポイントと言えます。

転職エージェントは運営会社や業務内容によって、それぞれ特徴やメリットが異なるので、自分の転職活動に適した転職エージェントを、自分の転職活動に適した組み合わせで使うことが、充実した転職活動を行うための重要なポイントです。