キャリアカーバーの評判は?特徴と8つのメリットデメリットまとめ

キャリアカーバー
ヘッドハンティングに強いといえば、ビズリーチの評判が真っ先に思い浮かぶのですが、キャリアカーバーの評判ってどうですか?
キャリアコンサルタント
キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートが運営している転職エージェントなので、評判も良くとてもおすすめです。
それなら、さっそく登録してみようかなぁ。
キャリアコンサルタント
まず、キャリアカーバーのメリットもデメリットも知ったうえで判断されてはどうですか?今から評判も含め、詳しくご説明しますね。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

キャリアカーバーは、どんな転職エージェント?

キャリアカーバーは2014年6月に運営がスタートした転職エージェントで、ハイキャリア層に向けた転職を扱っています。

現在、ハイキャリア層の求人情報が多く、転職によって大幅に年収をアップさせる人がたくさんいることで評判になっています。

40代男性・製造業
リクナビネクストだと25歳から35歳くらいまでのごく一般的な内容の求人掲載が多く、リクルートエージェントだと800万以上を超えるような高年収の案件はなかなか出てきません。そんな時に自分でチェックして、他に良い案件がないかを探してみるという意味では使える転職サイトではないでしょうか。

キャリアカーバーで転職を成功させることができる人は?

キャリアカーバーは一般的な転職エージェントとは異なります。

今現在すでに年収が600万円以上あり、すぐに転職をしたいというよりも、良い条件のところが見つかれば転職をしたいと考えている人向けの転職エージェントです。つまり、ハイクラス向けの転職エージェントというわけです。

そして実は、細かく分類するならば、このキャリアカーバーは転職エージェントではありません。

転職エージェントというと、転職を希望する人が転職エージェントに自らの意思で申し込みをし、さらに求人を紹介してもらいながら面接をうけて転職活動を自分が中心となって進めますよね。

いわゆる転職エージェントは仲介役のようなかたちをとります。けれど、このキャリアカーバーは、少し違います。

キャリアカーバーにはヘッドハンターと呼ばれる担当者がおり、このヘッドハンターは、優れているスキルや経歴をもっている人に対し、積極的にアプローチをしていきます。

つまり、1度キャリアカーバーに転職の希望の意思を伝えるだけで、あとはキャリアカーバーのヘッドハンターによるアプローチを待っているだけで転職活動ができていることになるのです。

ただ、最初にもお伝えしましたが、キャリカーバーが対象としている人は、年収600万円以上のいわゆるハイクラス層の人々です。

そのため、年収600万円に満たない人は、キャリアカーバーに登録をしても、思うようにスカウトが受けられない可能性があります。

キャリアカーバーの評判からわかるメリット

キャリアカーバーにはさまざまな魅力があるので、これだけ良い評判が多いのですが、では具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

キャリアカーバーは完全無料で使いこなせる

キャリアカーバーとよく比較される転職サイトであるビズリーチを例にとって説明しましょう。

ビズリーチにもヘッドハンターがおり、その人数は2500人以上といわれています。対してキャリアカーバーは1,000人です。

また、年収が1,000万円を超える求人の数がビズリーチは21,000件以上保有しているのに対し、キャリアカーバーは10,000件ほどです。

ここまで聞いただけでは、圧倒的にビズリーチの方が、メリットが大きいのではないかと思ってしまいがちです。

でも、ちょっと待ってください。

キャリアカーバーの場合、料金プランというものは存在せず、どのサポートもサービスも無料、ヘッドハンターの指名や相談による料金も一切かかりません。

それに対してビズリーチは料金プランに有料プランがあり、積極的に転職活動を行おうとすれば料金がかかる仕組みになっています。

また、ヘッドハンターの指名や相談についても有料で行われています。

つまり、キャリアカーバーは、料金を一切支払うことなく、すべてのサービスを使いこなすことができるのです。評判が高いのも、納得できますね。

ただ待つだけで、ハイクラス求人が届く

キャリアカーバーにはヘッドハンターが1,000人います。

そしてそれらのヘッドハンターが、あなたの希望や経歴に合った高収入の求人をあなたに紹介してくれます。

あなたはどこかへ足を運んで面談を受けたり、何度も電話やメールで連絡をとったりするような必要はありません。

ただ、待っているだけで、ある日ヘッドハンターよりメールが届くのです。

なかでも優秀なスキルや経歴をおもちの方にとは「一球入魂スカウト」と呼ばれる連絡があり、好条件の求人を紹介してもらえるでしょう。

40代男性・金融
ヘッドハンターの方は、真摯に向き合ってくださり、長期間お世話になりました。結果的に、前職よりも約1.5倍の年収の企業から内定を頂き、納得のいく転職ができました。

ヘッドハンターを自分で選べるうえに、相談も可能

さきほどもお話したように、キャリアカーバーはヘッドハンティングというかたちをとっています。

ですので、基本的にはキャリアカーバーに登録さえすれば、あとは声がかかるのを待つだけでいいのです。

けれど、自分からどんどん積極的に動いていきたいという人もいるでしょう。

そんな時は、もちろん無料で、数多くいるヘッドハンターの中から指名をし、そのヘッドハンターに転職の相談をすることができます。

キャリアカーバーのヘッドハンター全員のプロフィールは公開されていますので、そちらを参考に、自分に合っていると思う人を指名するといいでしょう。

ちなみに、ヘッドハンティングのプロフィールには、学歴、業界経験年数、実績、経歴、そして自己PRなどが記載されています。

一方的に担当コンサルタントが決まる転職エージェントが一般的なので、こういった点が、キャリアカーバーの評判を高めているのではないでしょうか。

 

30代女性・人材
真剣に自分のキャリアについて考えていた時期なので、コンサルタント(ヘッドハンター)に相談しながら転職活動を行いました。コンサルタントは、自分と同業界出身の方を選びました。年齢は自分よりも10歳ほど上の方だったので、経験豊富でいろいろな相談に乗っていただけました。
30代男性・販促PR関連
ヘッドハンターを自分で探して選べるのはキャリアカーバーのいい点です。キャリアカーバーは会員登録をしていなくてもヘッドハンターのプロフィールや考え方、インタビューの詳細を詳しく見ることができます。信頼できるヘッドハンターに相談したいというニーズを持った人なら、キャリアカーバーの方がおすすめかもしれません。

年収1,000万円のハイキャリア案件に出会うチャンスがある

キャリアカーバーは、業界でもナンバーワンといわれているリクルートが運営している転職エージェントです。

そのため、条件のいい求人がたくさん集まってきています。

特に注目したい点は、年収1,000万円以上というハイキャリアの求人が、なんと1万件以上も取り扱っているというところです。

もちろん自らインターネットを使って求人検索することもでき、積極的に動き出すこともできますよ。

 

40代男性・ITエンジニア
1000万円以上の年収条件が見込める案件のスカウトをもらった事があります。その時に何名かのエージェントの方とやり取りをさせてもらったのですが、しつこい勧誘などはなかったので基本的には優良なサイトかと思います。
30代女性・コンサル
私の場合は、現年収が1000万円弱だったので、1000万円以上の求人を希望しました。すると、すぐに10通ほどのスカウトメールが届きました。すべて、1000万円以上の求人だったので、驚いたのを覚えています。結局、キャリアカーバー経由での転職にはなりませんでしたが、求人の質は素晴らしいと感じました。

ヘッドハンターに有料求人の報告を頼むことができる

キャリアカーバーは基本的には無料でサービスを利用することができるので評判がいいのですが、1つ、有料としてのおすすめの利用方法があります。

何名かのヘッドハンターに転職希望の内容を伝え、そのような求人が入った場合に紹介してもらえるように頼んでおくのです。

こうすれば、効率よく転職活動を進めることが可能です。

登録する(無料)

キャリアカーバーの評判からわかるデメリット

評判の良いキャリアカーバーにもデメリットというものは存在します。

けれど、どのようなものがデメリットと言われているのでしょうか。

もしかすると、あなたにはそれほど大きなデメリットではないかもしれません。

早く転職をしたいと焦っている人には向いていない

キャリアカーバーは、ヘッドハンティングの形式を採用したサービスを展開しています。

転職希望者の希望や経歴が公表され、それをもとにヘッドハンターがスカウトをするという流れとなるため、時間がかかってしまうことがあります。

とにかく転職を急いでいるという人には、キャリアカーバーのシステムはデメリットとなってしまうかもしれません。

ご自身のキャリアに自信がおありでしたら、同じくハイキャリア転職で評判の良い「JACリクルートメント」にも併せて登録しておくといいでしょう。

ある程度のキャリアがないとスカウトが来ない

キャリアカーバーは、あくまでもハイクラス層をターゲットとしています。

そのため、年収600万円以上程度のキャリアがなければ、ヘッドハンターから評価されることは難しく、スカウトが来る確率も低くなってしまいます。

年収が600万円以下の方は、別の転職エージェントで手厚いサポートを受けることで、年収アップを狙ってはいかがでしょうか。

40代女性・営業管理職
キャリアカーバーはミドル世代である程度会社で認められた人が対象になっているサイトだと感じます。逆を言うと仕事の実績がある程度ないと相手にされません。自分に自信があり、どんどん上を目指して行きたい方は、力を客観的に見てもらえる有効な転職サイトだと思います。

応募企業がこちらにまで共有されない部分がある

キャリアカーバーはヘッドハンターによって転職がうまくいくかどうか依存されてしまっているところがあります。

企業の情報も非公開となっていることが多く、ヘッドハンターがどこまで企業の情報を共有してくれるのかは、ヘッドハンターによるところが大きいためです。

とはいえ、自分自身で企業情報を集めることは可能です。

特に評判のいい口コミサイトは「カイシャの評判」「キャリコネ」「Vokers」です。

これらのサイトをうまく利用すれば、実際に働いている人からの会社の評判を得ることができますよ。

39代男性・外資系企業
確かに年収1000万から1500万円クラスの求人情報はざらにある印象です。しかし、基本的にはヘッドハンターが扱う募集情報を閲覧する形になっているので、もし応募したいと思えばヘッドハンターを通じての応募になります。恐らくヘッドハンターもこちらのキャリアやスペックを鑑みて募集内容に叶う人材であるかを判断するので、必ず誰もが募集に応募できる訳ではないと思います。

併せて登録しておきたい評判のいい転職エージェント

キャリアカーバーでも充分に転職活動はできますが、複数の転職エージェントに登録をしておくことで、希望の求人に出会える確率がさらに高まります。

また、自分にあった転職コンサルタントに出会える可能性もありますので、評判のいい転職エージェントをいくつかうまく使い分けることをおすすめします。

特に登録を勧めておきたいのは以下の転職エージェントです。

求人数が多い「JACリクルートメント

JACリクルートメント

こちらのJACリクルートメントもキャリアカーバーと同じく、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

紹介してもらうことのできる求人の質が高く、1人の担当者が企業側と転職希望側の仲介に入ってくれるので、情報が正確に伝わりやすいと評判です。

20代向けのハイクラス求人の数も多いので、若い世代の人も、ぜひ利用してみましょう。

同じくハイクラス求人に強い「ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチも評判のいい転職エージェントです。テレビCMでも注目を浴び、知名度もアップしましたね。

年収500万円を超えるとスカウトメールが届くようになり、年収750万円を超えるようになると、条件がさらに良い求人が紹介されると評判です。

ハイクラス求人を入手したい人は登録しておいて損はないでしょう。

キャリアカーバーで後悔のない転職活動をしよう

転職活動は何度も繰り返すものではありません。

それゆえに、1度の転職が人生を大きく左右するともいえるでしょう。

少しでも収入が高く、あなたのスキルや経歴を認めてくれる企業に出会えるよう、評判の良いキャリアカーバーを使って転職活動を進めましょう。

もちろん、複数の転職エージェントを使いこなせば、さらに効率よく理想の求人に出会えるようになりますよ。