異業種転職を成功に導く7つのポイントとは|面接突破の方法もまとめ

今とは違う業種に転職したいです。確実に成功させる方法を教えてください。
異業種転職にはいくつかポイントがあります。ここでは異業種転職を成功させる7つのポイントについて詳しくまとめています。一緒に確認していきましょう。

キャリアコンサルタント

転職を考えている人の中には、今までとは違った業種、職種へ転身をしたいと考えている人もいるはず。しかし、異業種への転身となれば、かなり勇気がいることです。

未経験の業種、職種への転身は、そうそう簡単に叶うものではありません。

ある程度の覚悟を持って、活動に挑む必要があるでしょう。

誰だって、新しい環境に挑むには不安なもの。それを乗り越えるためには、事前の準備が必要不可欠です。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

そもそも異業種転職ってなに?

新たな仕事を考えている人の中には、「自分が希望する転職は、異業種転職になるのだろうか?」「この転身は、難しいのだろうか?」と感じている人もいるでしょう。

そもそも異業種転職とは、どういった転職のことを指すかと言うと、職種は同じでありながらも、今までとは違った業界への転身。業界そのものが異なる転身のことを指します。

今まで経験していない仕事であれば、異業種転職といえるでしょう。

意外に多い?異業種転職が多い業界とは?

違う業界で仕事をするというのは、なかなか勇気がいるものです。

しかし、業界によっては意外と異業界へと転身している人が多いケースもあります。

実は、メディア系や商社、流通系、IT系の業界で活躍している人の中には、全く違った業界から転身している人が少なくありません。

これらの業界が、なぜ異業種からの転身を受け入れているかというと、人手不足のため。

また、新たなビジネスチャンスを狙い、人材を確保しているケースも少なくありません。

異業界への転身を考えている人は、これらの業界を狙うのもおすすめです。

異業種転職は可能なのか?

異業種転職となれば、誰だって不安になるでしょう。「本当に、希望する転職は叶うのだろうか?」と思う人もいれば、最初から「異業種への転身は無理だろう」と諦めてしまう人もいます。

しかし、実際に異業種転職をしている人はいます。異業種転身は、年齢や今までの経験によっても変わってくるでしょう。

20代の異業種転職

20代の異業種転身の場合には、未経験の業界、職種であっても可能性は高いといえます。

まだまだ、社会人としての経験も少なく、これから成長するであろう人材とも言えるため、企業では積極的に採用をしているところが多いです。

「挑戦したい」と思う業界、業種があるのであれば、今のうちに転身をしておいた方が将来的に後悔することも少ないでしょう。

30代以降の異業種転職

30代ともなると、社会経験も積み、多くの経験を積んできているでしょう。経験があるとなれば、採用されやすいと感じますが、異業種となれば変わってきます。

企業としては、30代以降は即戦力を求めている傾向。30代以降は、責任ある仕事を任せたいと考えており、30代以降の人材を一から教えていく体制が整っていないところがほとんどです。

しかし、実務経験を生かせる仕事であれば、30代以降であっても異業種転職の可能性はあります。

異業種転身を考えているのであれば、できるだけ早いうちに行動を起こした方が良いでしょう。

異業種転職の難しさ

転職となれば、どんな転職でも勇気がいるものですし、準備が必要です。異業種転職となれば、より覚悟や準備が必要。

そう聞くと、「どうしてそんなに異業種転職は難しいのだろう」と思われるでしょう。

では、なぜ異業種転職はそんなに難しいのかご紹介します。

即戦力を求めているため

企業が求人を募集する時は、人材不足の状態。新卒と違い、中途採用となれば即戦力となる人材を求めているということです。

そのため、異業種転職となれば「すぐに、即戦力としては使えない」と判断され、採用を控えがち。

同業種、同職種からの転職者であれば、「すぐに即戦力として活躍してくれるだろう」と判断されるため、異業種転職者よりも採用の可能性が高いと言えます。

担当者の責任の重さ

転職時、面接や採用を決定するのは採用担当者。万が一、使えない人材を採用してしまったとなれば、担当者の責任が問われます。

そのため、担当者は「即戦力となる人材を選ばなければ」と考え、同業種、同職種経験者を優先的に選ぼうとするでしょう。

現場から「なぜ、こんな人を採用したんだ」と責められないためには、異業種転職者はハードルが高いということです。

異業種転職の理由を再確認しよう!

異業種転職に成功するためには、自分の気持ちをしっかりと確認しておくことが大切。

安易な理由、適当な理由では、後々転身に後悔、失敗してしまうことになるでしょう。

そうならないためには、改めて自分の異業種転職の理由を再確認しておくことが必要です。

将来の業界への不安

他業界、他業種への転身を考えている人の中には、今の業界への不安感を持っている人もいるでしょう。「このまま、この業界にいても大丈夫だろうか?」「この業界の未来が不安」と感じている人もいるはず。

こういった業界への不安があるのであれば、異業界への転身理由は前向きと言えます。面接時、異業種転職への理由を聞かれた際にもマイナスと取られることはないでしょう。

業界の待遇への不満

転職を考えている人の中には、待遇面への不満を抱えている人も多いでしょう。「収入が少ない」「休日が少ない」「残業が多い」と言った理由から、異業種転身を考えている人も多いはず。

待遇面は、業界によってある程度水準値があるため、同業界へ転身をしても同じ不満を抱えることになります。

そのため、異業種への転身を考える人も多いですが、待遇面への不満からの異業種転職は注意が必要。

他の業界、業種に行ったからと言って、今の不満が必ずしも解消されるとは限りませんから、今までの経験や年齢を考えた上で慎重な判断が必要です。

他業種へチャレンジしたい

長い間同じ業界、職種で仕事をしている人の中には、「実は、昔から興味があった業界がある」「やってみたい仕事がある」と言う人もいるでしょう。

そんな人の中にも、異業種へチャレンジしてみたいという思いを抱えている人もいるはずです。

新たな職種へのチャレンジは、決して悪いことではありませんが、年齢や経験によっては難しいと言えます。

特に、専門職、技術職となれば、年齢を重ねれば重ねるほど異業種転身は難しいです。その業界、業種の情報収集をした上で、冷静に検討する必要があるでしょう。

新しいことに挑戦してみたい

同じ仕事を続けていると、「仕事に飽きてしまった」「新しいことにチャレンジしたい」と思うもの。

しかし、そう簡単に新しい仕事に就けるとは限りません。新しいことにチャレンジしたいと思っている人は、まずは自分の経験を生かせるか、可能性はあるのかを考えてみましょう。

客観的に判断することができれば、異業種転身は可能かどうか判断できるはずです。

異業種転職を受け入れてくれる企業とは?

異業種転職を成功させるためには、事前に異業種転職者を受け入れてくれる企業かどうか判断することも大切。

企業によっては、異業種経験者を一切採用していないところもあるため、こういった企業を見分けることができれば、無駄に履歴書を送らずに済みます。

では、異業種転職者を受け入れてくれる企業とは、どういった企業なのかご紹介しましょう。

成長中の企業(IT、通信業界など)

同じ様な規模の企業でも、それぞれ環境や状況が異なります。上向きに成長している企業もあれば、停滞気味の企業、下向きな企業もあるでしょう。

当然ですが、停滞気味の企業や下向きな企業は、新しいことを極力避けようとします。その結果、異業種転身者の採用は控えがち。

ということは、上向きの企業であれば、異業種からの転身も受け入れる可能性が高いということです。

異業種転身を考えている人は、同じ業界、業種でも、成長中の企業を狙うと良いでしょう。

新事業を立ち上げている企業(メディア、商社など)

異業種転職の採用を掴むためには、新事業を立ち上げている企業も狙い目。

新事業を立ち上げているということは、それだけ勢いのある企業ということですし、新たな挑戦へも積極的ということです。

同じ様に新しいことに挑戦しようとしている異業種転身者も、快く受け入れてくれる企業が多いでしょう。

過去に異業種転職を受け入れている企業(金融、メディカル、メーカーなど)

今では、様々な情報がインターネットで収集することができます。転職に関する情報も、簡単に手に入れることができるでしょう。

そのため、異業種転身を望んでいる人は、希望する企業の過去の転職採用者の情報をチェックすることがおすすめ。

過去、どんな人材を採用しているのかを確認することで、異業種転身者がどのように判断されているのか分かるはずです。

当然ですが、過去に異業種転身者を採用した経験がある企業であれば、あなたの転職も叶えられる可能性が高いといえるでしょう。

異業種転職に向いている人材とは?

異業種転身を望んでも、全ての人が思い通りの転職が出来る訳ではありません。中には、途中で「異業種転身は難しい」と思い、諦めてしまう人もいるでしょう。

同じ業種、同じ職種であっても、転身というのは勇気がいるものです。ましてや、業種や職種が変わるのとなれば、そう簡単に活動は進められません。

しかし、実際に異業種転身を叶えている人もいます。

では、どんな人が異業種転身に向いているのでしょうか。

社交的

転職活動は、多くの人と接することになります。異業種転身となれば、今まで接することのなかった人との出会いも増えるでしょう。

そのため、異業種転身を行う際には、積極的に交流ができる社交性が必要です。

社交的な人であれば、どんな場所でも、場面でも臆することなく自分からアピールすることができるため、結果が出やすいと言えます。

素直

転職をするということは、新しい環境で仕事をはじめるということ。そのため、今まで築いてきた人間関係が大きく変わります。

あなたの方が、経験があっても、新しい環境では年下の人が先輩となることもあるでしょう。

今まで、一番上の立場にいた人は、新たな職場に移ることで先輩が増えることになります。

それに対し、素直に「仕事を教えてください」と思うことができなければ、仕事を覚えることも、環境に慣れることも難しいでしょう。

楽天的

転職は仕事環境が大きく変わることになります。そのため、悲観的な人にとってはその変化が辛いと感じてしまうこともあるでしょう。

場合によっては、一番上の立場の人が一番下の立場になることもあり得ます。そういった変化を、楽天的に捉えられなければ、転身は辛いものになってしまうということ。

誰だって、新しい環境に慣れるまでには時間がかかりますが、その間楽天的に「そのうち慣れるだろう」「新たな環境が新鮮」と捉えられれば、後悔することもないでしょう。

努力家

異業種転身ということは、今までとは違った業界、違った職種に移るということ。そのため、新たな環境に移ってからは常に勉強が必要となります。

どんなに社会経験が豊富な人であっても、新たな環境となれば学ぶことはたくさんあります。

そのため、常に「学ぼう」という姿勢、努力がなければ、最終的に異業種転身には成功したとは言えません。

「努力せず、仕事をしたい」「努力せず、上にいきたい」と思っているような人は、異業種転身に成功しても、後々苦労することになるでしょう。

謙虚

何十年もの社会人経験がある人でも、新たな職場では新人となります。そのため、「新たな職場といっても、社会経験は自分の方が上」と言う思いは通用しません。

年齢が下でも、社歴はあなたよりも上となる訳ですから、新人という立場を理解し、謙虚な姿勢が大切です。

「自分の方が年上なのに」と思う気持ちは分かりますが、「この業界の経験はない」と割きる必要があります。

何らかの専門知識

異業種転身に成功するには、何らかの専門知識を持っていると有利です。

例えば、IT系の知識、経理の知識、法律の知識といったように、専門的な知識を持っていれば、他業種にいっても十分生かすことができるはず。

専門知識は、あなたの強みとなるでしょう。

この強みがない人は、活動前に勉強や資格取得をしておくことがおすすめです。

発想力

あなたは、自分に発想力があると思いますか。

事務系の仕事などをしていると、「発想力なんて必要ない」と思われるかもしれませんが、どんな仕事でも発想力があれば、様々な気づきができます。

発想力があるということは、視野が広がるということでもありますから、仕事のやり方を変えることもできるでしょう。

あなたが仲間に入ったことで、新たな風を吹かせることができれば、頼られる存在にもなれるはずです。

実績がある

他業種、同職種への転身を考えている人は、何よりも現職場でどれだけの実績を積んできたかも強みになります。

実績があるということは、それだけ企業にとっても魅力ある存在。

そうなれば、異業種転身であっても「欲しい人材」となることができるのではないでしょうか。

人脈が広い

コミュニケーション能力が高い人は、人脈も広いはず。様々な業界や職種の仲間がいるのではないでしょうか。

人脈が広い人は、どんな仕事であってもプラスとなります。新規開拓のチャンスも掴みやすいでしょうし、技術提供をする場を見つけやすいでしょう。

そんな人材であれば、企業としても「欲しい」と思うはず。

人脈が広いという自信がある人は、面接時にこれをアピールポイントとするのも良いでしょう。

異業種転職時の注意

異業種転身を成功させるためには、事前の情報収集が欠かせません。異業種だからこそ、気を付けなければいけないこともたくさんあります。

では、異業種転身時の注意点についてご紹介しましょう。

異業界で同職種

異業種で同職種への転身とはどういったことかというと、例えば飲食業界の営業から、医療メーカーの営業に移るといったケース。

業界が異なれば、当然必要な知識が変わってきます。

「経験者には適わない」と思うかもしれませんが、営業という仕事経験はある訳ですから、ここをしっかりとアピールすることが大切です。

業界は違えど、営業という経験を積んできたわけですから、今までどんな実績を出してきたのか、成果をだしてきたのか、企業にアピールすることができれば、異業界であっても採用は勝ち取れるはずです。

面接時など、志望動機や退職理由などを聞かれた際には、「前職で関わることが多い業界だったため、業界に興味を持ち、知れば知るほどこの業界で活躍したいと感じました。前職の経験は、この業界でも十分生かせると感じています。」といたように、前向きに伝えることができれば、好印象を与えることができるでしょう。

異業界、異職種

異業界、異業種への転身とは、例えばIT系のエンジニアからメーカーの営業に移るといったケース。

業界も変われば、職種も変わる訳ですから、「難しいかもしれない」と自信をなくしてしまうこともあるでしょう。

しかし、エンジニアをしていたということは、専門知識があるということ。これをあなたの武器とし、営業で生かすことができれば他の人にはない強みになるはずです。

異業界、異業種への転身というと、「今までの経験は生かせない」と思う人が多いですが、今まで培ってきた経験は必ず生かすことができます。

これをアピールすることができれば、異業界、異業種転身も叶えられるでしょう。

面接などで志望動機や退職理由を聞かれた場合には、「全く畑違いの業界、仕事ではありますが、今までの経験を生かしながら、更にスキルアップするために常に学び、知識を吸収し、少しでも早く戦力となるように努めます。」と伝えることができれば、異業界、異業種からの転職であっても、マイナスという印象をなくすことができるでしょう。

同業界、異職種

同じ業界で仕事を続けたいと思っている人の中には、「同じ業界内で、違う職種にチャレンジしたい」と考えている人もいるでしょう。

例えば、医療業界の営業から、医療業界の事務に移るといったケース。

同業界から異職種に移る場合、ほとんどのケースが社内で辞令により移動というのが一般的。

そのため、同業界でありながら他企業の異職種への転身は難しいといえるでしょう。

面接などで志望動機や退職理由を聞かれた場合には、「前職で業界の知識を学び、この業種に興味を抱いたとともに、自分にはこちらの職種に魅力を感じました。今までの知識を無駄にせず、新たな職種に取り組んでいきます。」といったように、前職を生かせるということを全面に押し出すことで、異職種という壁を乗り越えることができるでしょう。

異業種への転職活動

異業種転身であっても、同じように活動を進める必要があります。書類を送り、面接に挑むという流れは、変わりません。

しかし、一般的な転職とは異なり注意することも。

では、異業種への転職活動ではどういったことに注意したら良いのかご紹介します。

履歴書作成時には、何に注意する?

異業種からの転身となれば、今までの経験をどれだけ生かせるかアピールすることがポイント。

そのため、履歴書や職務経歴書では、実績をどれだけ伝えることができるかが鍵となります。

実績を数字で表せるのであれば、数字で分かりやすく伝えるようにしましょう。

そして、どのように成功に至ったのかなどを記載することができれば、異業界、異業種からの転身でも「欲しい人材」と判断されるはずです。

当然ですが、書類作成時には誤字脱字がないようにしましょう。

面接では何を見られているか?

面接は、多くの人が緊張するはず。「緊張で、なかなか伝えたいことが伝えられなかった」と後悔することも多いでしょう。

異業種からの転身の場合には、面接時に見られている部分も変わってきます。一般的な転職であれば、今までの経験や採用後どんなことをしたいかなどがメイン。

しかし、異業界、異業種への転身の場合には、まずその理由を聞かれるでしょう。

誰だって、今までと同じ業界、業種への転職の方が「経験を生かせる」「無理をせずに、仕事を続けられる」と思うもの。

それをあえて、異業界、異業種へチャレンジする訳ですから、企業としてはその理由が気になるのは当然です。

また、今までの経験をどのように生かせるのかも気になるところでしょう。

一般の面接同様、社会人としての基本的なスキルやコミュニケーション能力なども見られていますから、言葉遣いやしぐさ、行動にも注意が必要です。

異業種転職を成功させる7つのポイント

転職活動をスムーズに進めるためには、効率的な進め方が必要です。

特に、異業種への転身となれば、準備は欠かせません。

では、異業種転身を成功させるためには、どういったポイントを抑えたら良いのかご紹介しましょう。

1.業界、企業研究をする

異業界、異業種への転身となれば、どんなに社会人経験が豊富は人であっても、分からないこと、新しいことがたくさんあります。

そのため、まずは希望する業界、業種についてしっかりと研究することが必要。

既に、希望する企業があるのであれば、企業についても徹底的に情報収集することが欠かせません。

希望する業界、業種、企業のことが分かれば、その転職が叶えられるのか、何が足りないのかも明確になるでしょう。

2.身につけたスキル、経験を明確に!

異業種転身に関わらず、転職をする場合には改めて自分のスキルや経験を客観的に見つめ直す必要があります。なぜなら、スキルや経験は自分の大きな強み、武器となるから。

それを理解しないまま面接に挑んでも、良い結果を導くことはできないでしょう。改めて、スキルや経験を見なすことで、自分に足りない部分も気づくことができるはず。

自分でスキルや経験が明確になれば、書類作成、面接でどうアピールすれば良いのかも自然と見えてくるでしょう。

3.足りないスキルを補う

今までとは全く違った業界や業種に転身するとなると、足りないスキルがあるはずです。

当然、それは企業にとってはマイナス判断となる部分ですから、これを未然に補うことができれば、異業種転身も難しくはありません。

知識が足りないのであれば、その知識を補えば良いですし、資格などがあるのであれば、事前に取得していれば面接時にアピールできるはずです。

足りないものは補うことで、大きな強みとなるでしょう。

4.コミュニケーションスキルを上げる

中途採用者を受け入れる企業では、最低限の社会経験を大前提としているところがほとんど。

そのため、前職のスキルや経験だけでなく、社会人としての知識やマナーが身についているかもチェックされます。

コミュニケーションスキルは、社会人としては必要不可欠のスキル。

「コミュニケーションスキルが低い」と感じている人は、活動前にスキルアップを目指すと良いでしょう。

とはいっても、「コミュニケーションスキルは、どうすれば上げられるのだろう?」と思う人が多いと思いますが、多くの人がいる場に参加することがおすすめ。

例えば、積極的にセミナーに参加したり、多くの人が集まるサークルなどに参加し、人と関わる場に足を運ぶと良いでしょう。

初対面の人との会話が苦手な人も、多くの人と接するうちに慣れ、コミュニケーションスキルを高めることができるはずです。

5.転職後のプランを立てる

異業種転身を考えている人の多くは、「新たな仕事にチャレンジしたい」「新しい環境で仕事をはじめたい」と新たな仕事、環境のことばかり考えているでしょう。

しかし、これでは後々後悔してしまう恐れがあります。

転身に後悔しないためには、転身後のこともしっかりと考えておくことが必要です。

転身後、「こんな仕事をしたい」「プロジェクトを任されたい」といったように、より具体的なプランを立てることができれば、転身後も「今何をすれば良いのか?」迷うこともないでしょう。

転職は、先々のことまで考えておくことも忘れてはいけません。

6.志望動機をしっかり伝える

異業界、異業種への転身となれば、当然面接時に志望動機を聞かれることになります。ここで曖昧な返答をしたり、現実的ではない返答をしてしまえば、当然不採用と判断されてしまうでしょう。

そうならないためには、志望動機をより具体的に答えられることが重要です。

異業種転職となれば尚更、担当者が納得するような志望動機を答えなければ、採用を掴みとることはできません。

異業種へ転身することで、「こんなメリットがある」「今までの経験を、このように生かせる」といったように、アピールすることができれば、異業界、異業種であっても、担当者に熱意を伝えることができるでしょう。

7.今までの経験、スキルをどう生かすか?

一般的な転職であれば、履歴書を見ただけで「即戦力になる」「今までの経験とスキルを、うちでも生かせる」と担当者はすぐに判断することができるでしょう。

しかし、異業界からの転身、異業種からの転身となれば、担当者は「これでは即戦力にならないのでは?」と判断してしまいます。そう思わせないためには、書類や面接でいかにアピールできるかが重要となります。

今までの経験、スキルをどのように生かせるのかをより具体的に伝えることができれば、異業界であっても異業種であっても「即戦力になるかも」と思わせることができるでしょう。

異業種転職には転職エージェント利用がおすすめ

異業種業界への転身となると、「新しい職場にチャレンジしたい気持ちはあるけれど、自信がない」「異業種転身となると、自分一人では難しいかも」と感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな人は、転職エージェントを利用してみませんか。

エージェントを利用すれば、あなたの希望の転職が叶うのか、何が足りないのか、なども客観的にアドバイスを受けることができます。

活動をサポートし、あなたにとって頼りになる存在になるはずです。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

異業種転職は簡単ではないからこそ、事前準備が必須!

転職をするとなれば、誰だって勇気がいるものですし、不安になるものです。今まで積み上げてきた経験、作り上げた環境を手放す訳ですから、それなりの覚悟が必要です。

更に、異業種転身となれば尚更。

同じ職種であっても、業界が変われば専門知識も変わってきますし、環境も大きく変わるでしょう。業界も業種も異なるとなれば、全てを一から学ぶ必要があります。

そのため、異業種転身は覚悟を持って挑むことが必要。

年齢を重ねれば重ねるほど可能性は下がってしまいますから、異業種転職は早めに行動を起こすことも大切です。

「新たな職場が見つからない」と後悔する前に、まずは業界のこと、企業のことをしっかりと調べ、行動に移しましょう。