未経験での転職を成功に導く全知識|志望動機の書き方からおすすめ業種まで

未経験の業界に転職したいのですが、そんな業界に転職することなんて、できるのでしょうか?
未経験の転職はかなり難しいというのが実情です。また、未経験の転職には「限界年齢がある」とも言われています。

キャリアコンサルタント

そうなんですか!?それは何歳ぐらいなんですか?
一説では「28歳」や「40歳」などと言われています。今回は、そんな「未経験転職の年齢限界説」について解説していきますね。

キャリアコンサルタント

その他にも、未経験でも転職しやすい職種登録しておきたい転職エージェントなどもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

未経験の転職は、残念ながら厳しいのが実情です。未経験の転職を成功させたいなら、成功率の高い業種や職種を選ぶことや、未経験でも活躍できるという説得力ある志望動機を練ることが不可欠です。

この記事では、未経験業種や職種に転職したいと考えている方へ、成功確率を高める具体的な方法を紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

未経験転職の限界年齢は?

「年齢限界説」。転職を考えているなら一度は聞いたことがあるかもしれません。

年齢限界説にはいくつかの説があります。特に代表的なのが28歳、35歳、40歳。

でもなぜこれらの年齢なのでしょうか?本当に転職できなくなってしまうのでしょうか?

実際のところを調べてみました。

年齢限界説その1:28歳

年齢限界説で最初に訪れるのが「28歳」です。20代はキャリアが安定していなくてもOKとされている時期。

それに対して30代になるとキャリアを確立させる時期だと言われています。そのため未経験転職をするなら20代のうちにしておく方がいいという考え方からうまれた説です。

また28歳は20代前半に比べて経験があることや今後のキャリアを積んでいくのに十分な時間があることから企業としてもニーズが高いのです。

年齢限界説その2:35歳

次に訪れるのが35歳。35歳を過ぎるとグッと求人数が減る傾向にあります。

それは35歳以上になるとどの企業でもある程度の役職を持っている人が多いことが1つの要因です。つまり若い人に比べて高いお給料が発生する可能性があるということ。

企業としてはリーダーとして働ける即戦力がなければわざわざ年齢の高い人を中途採用をするメリットがありません。今後のキャリア形成のため「35歳まで」と年齢制限を設けている企業も多いです。

年齢限界説その3:40歳

最後の壁は「40歳」。定年の年齢は上がる傾向にあるものの、40歳を過ぎると企業に勤められる時間はそんなに多くありません。

加えて、35歳の時より入れる良いポジションの空きは少なくなっていることも同然です。

年齢限界説その4:女性の30歳

女性特有の壁として「30歳説」もあります。これは女性の結婚・子育てなどに関係しています。

企業としては中途採用したものの、すぐに長期休暇を取られたり、辞められたりすると大変困るわけです。そのためライフスタイルが変わりやすい30歳以上になると転職しにくくなると言われています。

未経験の転職に必要なのは「スキル」

年齢限界説を見てきましたが、実際のところはどうなのでしょうか?確かに年齢があがるにつれ、求人数は減る傾向にあります。

特に未経験となると若い人の方が転職しやすいのは間違いないでしょう。しかし年齢だけで諦めてしまうのはもったいないです。

一昔前と違い、転職をすることがマイナスではなくなってきている近年は必ずしも年齢だけが判断材料にはならないからです。年齢よりも気にすべきなのは「スキル」です。

たとえ未経験の業種への転職であったとしても、転職先でいかに生かせるスキルを前職で磨いてきたかというのは企業が採用するに当たり重要なポイントになります。

未経験でも転職しやすいおすすめの業種・職種は?

未経験の場合、業種や職種によって転職しやすさが大きく異なります。未経験でも転職がしやすい3つの業種・職種を紹介します。

未経験OKの求人が多い「営業職」

営業職には特別なスキルが必要ないため、未経験OKの求人が多くあります。また営業職はどんな職種の会社であっても必要な部署なので、もともと求人数が多いのも特徴です。

営業職といっても新規の顧客を開拓しなければならないものばかりではありません。特定のお客様のところに行くルート営業やお客様からの問い合わせに対応する内勤営業などもあり、実は働き方はさまざまです。

ノルマがある会社や頑張りによってインセンティブが付く会社など、転職先によって条件も異なりますから必ずチェックするようにしましょう。

営業職にはこんな人が合う

  • 人とのコミュニケーションが好き
  • 負けず嫌い
  • 自分の働きに合わせてお給料UPを狙いたい

営業職にはノルマがある会社も多く、マイナスなイメージもあるかもしれません。しかし考え方を変えれば、転職時の年齢に関係なく自分の頑張り次第ではお給料のUPも期待できるということです。

いろいろなタイプの人や幅広い年代の人とのコミュニケーションが欠かせない仕事です。人と関わるのが苦手な人には不向き。またルーチン作業が多いわけではないので、同じ作業を繰り返す仕事をしたい人にもおすすめしません。

未経験から「営業職」に転職したいなら、リクルートエージェントがおすすめです。未経験OKの営業職の求人を非公開を含むと10,000件以上持っています。

またリクルートエージェントは「未経験から正社員へ」になりたいと思っている人を対象にしたサービスも行っています。未経験で転職を考えている人が登録しておいて損はない転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録する(無料)

女性の転職先は未経験でもOKな「事務職」が人気

女性の転職先として人気の高い「事務職」は未経験でもOKな求人があります。事務職は雑務ととらえられ、誰でもできそうなイメージがあるかもしれません。

しかし配属される部署によって仕事内容が違ったり、さまざまな部署や他社との間に入って物事が円滑に進むようにする裏方のような仕事です。そういう意味で経験より、コミュニケーション能力が評価されることもあります。

ただし事務職を目指すなら、いくら未経験OKとはいえ最低限のパソコンのスキルくらいは持っておいた方がいいでしょう。

「事務職」はこんな人が合う

  • 裏方の仕事が好き
  • コツコツと仕事を進めたい
  • 座ったり、パソコンで作業をするのが苦ではない

事務職はデスクワークが多く、1日中パソコンと向き合って仕事をする日も少なくありません。地味な作業をコツコツとこなしていく忍耐強さも必要。

裏方業務が多く、華やかな部署ではありませんが、縁の下の力持ちとして他の部署を支えている大切な仕事。そのサポートに周りから感謝されるとうれしいですよね。

また女性の場合、妊娠など体をバリバリ動かして仕事ができない時期があります。そんな時でも事務職なら負担が少なく、続けやすいメリットもあります。

事務職に転職したいなら転職エージェント「doda」がおすすめです。dodaは女性のキャリアにも注目していて、女性専用のページやセミナーを行っています。

紹介している求人には未経験から事務職に転職できるものも含まれています。

dodaに登録する(無料)

意外に未経験の求人がある「IT業界」

IT業界と聞くと、特別なスキルや経験が必要なイメージがあるかもしれません。しかしIT業界はまだ業種としては新しいものなので、経験豊富な人の方が足りてない現状があります。

そのため未経験から育てることを念頭に置いている企業も少なくなく、未経験でも積極的に受け入れるという傾向が強いのです。もちろんある程度プログラミングの用語などは知っていることに越したことはありません。

しかし転職の際に重視されるのは新しいものを受け入れる柔軟な姿勢や積極性、また理解の速さなどです。一度ITのスキルを身に着ければ求人が多く、その後の転職もしやすくなるので、興味がある人は挑戦してみてもいいかもしれません。

IT業界はこんな人が合う

  • パソコン作業が好き
  • コツコツ突き詰めて仕事をしたい
  • 新しい情報やスキルを取り入れたい

ITは業界自体が若いため流れが速く、実力を認められれば年齢に関係なく活躍しやすい業界です。その代わり納期が決められていることが多く、会社によっては夜遅くまで残業などがある場合も。

新しいものが好き、いろいろなことに挑戦したいという人には向く仕事です。未経験からの転職でもそういう積極性を買ってくれるケースも少なくありません。

IT業界への転職なら「Geekly」がおすすめです。GeeklyはIT業界専門の転職エージェント。

非公開の求人を常に9,000件以上保有しています。紹介求人は首都圏を中心にしたものですが、Geeklyしかもっていない求人も多いので、気になる人はぜひ登録だけでもしてみてください。

Geeklyに登録する(無料)

未経験転職は志望動機が超重要!伝えるべき3つのポイント

未経験でも転職できることが分りましたね。転職の際に必ず聞かれるのが志望動機。

未経験の場合、どのようにすれば成功に近づけるのでしょうか?3つのポイントをご紹介します。

1.志望理由は具体的に

志望動機はできるだけ具体的なことを書くように心がけましょう。例えば「なぜ未経験であるこの業界に興味をもったのか」、「未経験のこの職種のどこに魅力を感じているのか」などをオリジナルのエピソードを交えて書くことができるのであればより良いです。

またそれぞれの企業の「理念」や「扱う商品」、「サービス」などを確認し、多く存在する企業の中から応募企業を選んだ理由を記入しましょう。

2.自分のスキルや経験をアピール

未経験の転職をするとはいえ、今までの経験や前職でのスキルが全く生かせないわけではありません。企業がどんな人材を求めているのか想像し、それに合った自分のスキルをアピールします。

例えば、「コミュニケーション能力」は営業職やサービス業のみならず、事務職でも介護職でも必要なスキルです。前職から培ってきたスキルは具体的な例を挙げて書きましょう。

また社会人としての基本的なマナーや経験もアピールポイントになります。

  • いつも自分からのあいさつを心がけています。
  • 上司への「報・連・相」は一早く行うように努めてきました。

など、前職で心がけていたこと、新人研修で学んだことなどを盛り込んでみるのもいいです。

3.未経験を補うための努力を伝える

今持っているスキルや経験に加えて、未経験の分野に挑戦するために行っている努力を伝えることも大切です。

  • 通信講座で資格の勉強をしている
  • スキルを学べるよう独学をしている

など具体的などんなことをしているか記入しましょう。そうすることで転職してから全部教えてくださいというスタンスではなく、学びたい、自分も会社の役に立ちたいという熱意を伝えることができます。

未経験転職を成功に導くたった1つのコツ

志望動機を始め、企業へ自分を売り込むためにどんなことをすればよいのか自信がない場合、転職のプロのアドバイスを受けるのが成功への近道です。

ここでは転職のプロとは?どんなことをしてもらえるの?どんな風に使えばいいの?などの疑問についてお答えします。

転職エージェントは転職のプロ

転職をする際、特に未経験の場合はプロのアドバイスを求めましょう。転職のプロである転職エージェントは転職したい業界の情報に精通しています。

業界の流れや転職事情など仕事に関することや、あなたの市場価値を判断することもしてもらえます。また転職エージェントには他では公開していない非公開の求人も多く持っているので、よりあなたの希望に近い職場を見つけやすいです。

面接の練習や職務経歴書の添削をしてくれるエージェントもあります。この記事でも志望動機の書き方のポイントを説明しましたが、転職エージェントの担当者はあなたの経歴を聞いて、具体的なアドバイスをくれるはずです。

転職エージェントは複数社登録すべし

転職エージェントを利用するときは複数のエージェントに登録するのがおすすめです。転職エージェントはそれぞれパイプを持っている企業が違い、抱えている求人も異なります。

さらに転職の相談をする時に、1人の担当者から聞くより複数の担当者からアドバイスをもらう方が客観的な意見を取り入れることができます。特定の職種への転職が定まっている場合、特化型のエージェントに2社、総合型のエージェントに1社程登録しておくと安心です。

ご自身にぴったり合った転職エージェントを選びたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

【転職エージェント比較】おすすめランキング(人気業種・年齢・分類別)

転職は未経験でも可能!ポイントをおさえて転職を成功に導こう

未経験の転職にはいくつか年齢限界説がささやかれているのは事実でした。しかし年齢に関係なく、転職は可能!

その代わり転職をする時に今あるスキルを新しい職場でどのように生かせるのか、未経験分野のどんな所が魅力的なのかなどを自分の中で整理しておくことはとても大事です。それは応募企業に伝えるべき大きなアピールになるからです。

そんなあなたの価値やアピールポイントについてアドバイスをしてくれる転職エージェントは未経験の転職を希望している場合は特に有効。転職を成功に導くため、転職エージェントを複数社登録することから始めてみませんか?