介護職の給料が2019年に上がるって本当?給料UPのためにすべきこと4つ

勤続10年以上の介護士は、2019年10月から毎月8万円が支給されるとニュースで見ましたが、本当なのでしょうか?
「特定処遇改善加算」のことですね。経験や能力の高い人を対象に給料の見直しを行っていくという狙いがありますが、いくつかの決まりごとがあります。

キャリアコンサルタント

10年以上働いても、もらえない可能性があるのでしょうか?
介護職の処遇改善加算についてはわかりずらい部分がありますね。給料とも大きく関係してくるため、処遇改善手当ての内容についての知識をつけましょう。

キャリアコンサルタント

2019年に10年以上介護職として勤務した人に毎月8万円がもらえるというニュースを見かけた人も多いのではないでしょうか。1000億円の予算を投じて介護職の処遇改善を図るとのことで話題になりました。

「介護職で10年働いているけれど、本当に給料があがるのかわからない」「10年未満の人は給料は上がらないの?」「同じ事業所に10年勤務する必要があるの?」など、さまざまな疑問をもつ人も多いでしょう。

介護職の給与アップの鍵は処遇改善加算にあります。この記事では処遇改善加算についてわかりやすく紹介します。

処遇改善加算とは一体どのようなものでしょうか?介護職をしていて聞いたことはあるけれど、実際にどんな制度なのか詳しく知っている人の方が少ないでしょう。まずは処遇改善加算の制度について詳しく見てみましょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

介護士の給料が2019年に上がる?2018年との違いは?最新情報を徹底解説

介護士の給料アップの鍵となる「特定処遇改善加算」ですが、勤続10年の介護士に自動的に支給されたり、個人的に申請するものではありません。条件に当てはまる人材がいる場合に施設から申請する方式を取っています。

すべての事業所が申請できるわけではなく、平成24年度より始まった「処遇改善加算」を取得している事業所が対象となります。

処遇改善加算とはⅠ~Ⅲまであり、介護職のキャリアアップや賃金改善を図ることを目的としています。厚生労働省が発表した「平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果の概要」から、それぞれの区分の加算金額と取得状況について見てみましょう。

加算Ⅰ一人あたり月額3,7000円相当67.9%
加算Ⅱ一人あたり月額2,7000円相当12.5%
加算Ⅲ一人あたり月額1,5000円相当8.7%
それ以外1.6%

求人票を見ていると「処遇改善加算」の金額が施設により異なると感じたことはないでしょうか?その違いとは事業所が処遇改善加算Ⅰを取得しているかどうかにもよります。加算Ⅰを取得している事業所は67%に及びますが、それ以外の約33%、約3分の1は加算Ⅱ以下になります。

事業所の処遇改善加算の取得状況にもよって手当てに違いがでてくるのです。

2019年介護士の給料が上がる!2018年との違いは?

話題になっている「特定処遇改善加算」ですが、経験・技能のある職員に重点を置いて処遇改善を図るという狙いがあります。対象となる人は以下の2点があてはまる人です。(厚生労働省「2019年度介護報酬改定について」参照)

  • 勤続10年以上
  • 介護福祉士資格者

上記2点が基本となりますが、介護士の離職状況から考えて「同一事業所に10年勤めている人」となると当てはまる人が限られてしまうことから「勤続10年の考え方は事業所の裁量で決定する」とされています。他の介護施設や医療機関など介護職として働いた年数も、事業所の裁量で算定されます。

わかりやすく言えば、勤続10年のくくりを同一事業所とするのか、転職前の勤務年数も加算するのかは事業所が判断することになります。

「特定処遇改善加算」の対象になった場合どのくらい給料が上がるのでしょうか。以下のように定められています。

  • 経験・技能のある介護職員において「月額8万円」の改善または「役職者を除く全産業平均水準(年収440万)を設定・確保
  • 平均の処遇改善額が経験・技能のある介護職員はその他の介護職員の2倍以上とすること

経験10年以上のリーダー職相当の介護職員の処遇を改善するという狙いがあります。「勤続10年以上」「介護福祉士資格者」の要件を満たしている場合は処遇改善の対象者と言えます。

勤続10年以上の介護士だけど給料が低いまま…処遇改善加算の落とし穴

給料アップの秘密は処遇改善加算にありますが、実は思わぬ落とし穴があります。処遇改善になるというニュースを良く見るけれど給料が一向に上がらない。他の施設と比べても給与水準が低い場合は以下の理由が考えられます。

  • 事業所が処遇改善加算を取得しようとしない
  • 処遇改善加算を職員1人1人に直接支給するのではなく、キャリアアップや正職員への転換制度に充てている

リーダー職相当の待遇改善を図り、毎月8万円の支給をするという「特定処遇改善加算」ですが、事業所が申請しなければ加算手当てはもらえません。その前提となる処遇改善加算を取得していない事業所も約3割あり、その事業所で働いている場合は特定処遇改善加算の要件に当てはまったとしても手当てがもらえないのです。

処遇改善加算については事業所単位での取得となるため、なんらかの理由で事業所が処遇改善加算を取得しない場合はその分介護職員の給料アップも見込めません。給料は事業所の経営体質や財務内容にも左右されるため、自分の働いている施設は健全経営の事業所かを見極めることが大切です。

介護士が給料をあげるためにすべきこと4つ|年収500万円を目指す方法

介護士の給料は「処遇改善加算」が決め手となることは紹介しました。現在働いている施設が処遇改善加算の取得に後ろ向きな場合は今後の給料アップについても見込みが薄いため転職を考えることをおすすめします。

処遇改善加算についてはいくつかの事務手続きやキャリアパス制度の実施、賃金の見直しと報告など、所定の要件を満たすことが求められます。

ある程度の規模の事業所で処遇改善加算の手続きを行わない場合「事務手続きが煩雑」「将来的な賃金の改善が見込めない」などのネガティブな理由が考えられるため、その事業所にとどまるよりも前向きな転職をしましょう。

介護職で年収500万と聞くと、いわゆるブラック企業を連想しますが決してそうではありません。「良い求人も探せばある」と言われていますが、その見極め方と給料をあげるためにすべきこと4つを紹介します。

①特別養護老人ホームに転職する

他業種に比べても給料が安い、キツイ汚いと言われている介護職ですが、中には良い待遇で求人を出している施設もあります。介護職の中でも給料が高いとされているのが特養老人ホームです。

要介護の区分が高く、高齢の方が入居している特養老人ホームですが、他の施設よりも大変な分給料についても高い傾向があります。派遣や非常勤で働くなら訪問介護がおすすめです。

通常の施設で働くよりも時給が高く、夜間対応も出来ればそのぶん時給も割り増しになりますので、検討してみましょう。

「マイナビ介護職」なら職場の雰囲気や人員配置など、介護職として働くうえで知りたい疑問について答えてくれます。後悔しない転職先を探すなら転職エージェント「マイナビ介護職」に登録しましょう。

登録する(無料)

②給料明細や求人内容からホワイト施設か見極める

「求人票の給与額に惹かれて転職したものの、ブラック企業だった」「給料は良いけれど人手不足でなかなか休みが取れない」などといった事態を回避するために、 給与明細や求人内容からわかるホワイト施設の見極め方について紹介します。

  • 実働労働時間
  • 基本給
  • 夜勤数
  • 処遇改善加算

求人票では高い給与額でも、実際の労働時間で割ると実は給料が安いケースも考えられます。基本給は15万位なのにその他の手当てで割り増しになって結果として給料が高いケースもあるため、基本給と労働時間についてはまずチェックをしましょう。

夜勤は手当がつくので嬉しいという人と、あまりやりたくない人の2極にわかれますが、夜勤が多いことで給料が多くなる場合もあります。年齢を重ねると夜勤が辛いと感じる人も多くなるため夜勤回数はあまり多くないほうが、長い目で見て働きやすいでしょう。

給料明細や求人票で注目したいのが、処遇改善加算額です。先ほど紹介したように処遇改善加算額は加算区分により異なります。一番高い処遇改善加算Ⅰでは介護士一人当たり月額37,000円支給になりますが、この額がほぼ支給されている場合は「処遇改善加算区分Ⅰを取得しているホワイト事業所」の可能性が高いです。

処遇改善加算の他に、「ボーナスは4ヶ月以上」などの施設はそれだけ職員の賃金改善に前向きな施設として評価しても良いでしょう。

③転職エージェントを活用する

介護士が給料アップを目指すにはキャリア形成と共に良い施設に巡り合うことが重要です。介護職は売り手市場で、経験のある有能な人材であれば転職には困らないでしょう。

人手不足な介護業界のため転職は容易ですが、より条件の良いホワイト施設への転職を叶えるには、転職のプロに内部事情を聞くことが最も重要です。

いざ登録をするとしても「転職エージェントは敷居が高く感じる」「仕事が忙しく登録に行く暇がない」などの悩みや不安を持つ人も多いのではないでしょうか。

「マイナビ介護職」のように介護職に特化した転職エージェントもあり、登録の面談についてもエージェントによっては電話での面談が可能な場合もあります。

以下に紹介する転職エージェントは豊富な転職実績があり、親身なサポートで定評があります。実際に利用してみると「もっと早く利用すればよかったと」感じることでしょう。

かいご畑

地域密着型の転職エージェント「かいご畑」です。かいご畑の特色は13万相当の介護資格が実質無料で取得できる「キャリアアップ応援制度」があります。介護初任者研修(ヘルパー2級)など介護の仕事に必要な資格が取得できます。

資格を持っていると求人の幅が広がり、より良い条件での転職が可能になるため未経験だけれど介護職に転職したい人にもおすすめです。地域密着型ではありますが、求人は全国展開しているため自分の希望にあった求人を見つけることができるでしょう。

コーディネーターは全員が介護の有資格者なため、転職者の不安な気持ちに寄り添ったサポートをしてくれます。

登録する(無料)

ジョブメドレー×介護士

続いてご紹介するのは「ジョブメドレー×介護士」です。

ジョブメドレーは、医療系全般の転職を扱っており、介護士の他にも、看護師や薬剤師などがあります。

ジョブメドレー×介護士の特徴は大きく2つです。

  • 求人数が豊富
  • アドバイザーの質が高い

ジョブメドレー×介護士では、約59000件もの求人を扱っており、業界最大の求人数を誇っています。

また、実際に利用した人の口コミから「アドバイザーの質が高い」ことが分かりました。

転職希望者にぴったりの求人を紹介する提案力や、全体的にサポート力が高いという声が多かったです。

登録する(無料)

きらケア(正社員・派遣)

未経験や資格のない人でもOKの求人の求人もあり、経験者だけではなく幅広い人におすすめしたい「きらケア」です。業界の内部事情に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しており、転職についてのさまざまな不安について相談に乗ってくれます。

条件交渉や就業後のサポートなども充実しているため転職に不安のある人でも安心です。

カイゴジョブエージェント

続いてご紹介するのは「カイゴジョブエージェント」です。

カイゴジョブエージェントの特徴は大きく3つです。

  • 求人数が豊富
  • 安心できる会社が運営している
  • サポートが充実している

カイゴジョブエージェントでは、約50,000件もの求人を扱っており、業界でも最大級の求人数を誇っています。

また、従業員数800人を超える大企業が運営をしているため、安心して利用することができます。

800人を超える従業員がいるだけあって、サポート力が非常に高いです。

登録する(無料)

クリックジョブ介護

介護職だけではなく、ケアマネージャーやリハビリ職などの求人を探すこともできる「クリックジョブ介護」です。

利用者満足度97%と顧客満足度が高いことでも知られています。

約3万3000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

満足の行く転職活動を行うならクリックジョブ介護に登録しましょう。

登録する(無料)

マイナビ介護職

新卒や20代を中心に人気のあるマイナビグループの、介護職に特化した転職エージェントです。

全国の求人を取り扱っている、登録面談場所も全国に20拠点あります。

「遠方のため登録が難しい」「とりあえずどんな求人があるか知りたい」人向けに電話での相談も受け付けています。

「マイナビ介護職」は人材会社大手ならではの求人の質の高さとサポート力が魅力です。

離職率の高い職場の求人は紹介しないというモットーがあり、ホワイトな求人に出会える可能性が高くなります。

職場の雰囲気や内部事情など、聞きたいけれど聞けない部分についても専門のキャリアアドバイザーが相談にのってくれるため、1人で悩まずに転職活動ができるので心強いです。

ホワイト施設への満足の行く転職を考えるならマイナビ介護職に登録しましょう。

登録する(無料)

ケアジョブ

約6万7千件と、多くの介護求人を取り扱っている「ケアジョブ」です。大都市だけではなく、全国的に求人が探せるのも嬉しいポイントです。専任のコンサルタントが在籍しており、質が高いことでも定評があります。

豊富な求人から自分にあった求人をしっかりと見極めたい人におすすめです。

登録する(無料)

最後に

この記事では「2019年に介護職で給料があがる人」「処遇改善と給料の関係」「給料アップの方法」について紹介しました。

高齢化社会を見据えて人材確保のために国がさまざまな介護職の処遇改善を打ち出しています。

処遇改善についてしっかりとした知識を持つことが、給料アップの鍵となります。

転職エージェントを有効利用して、待遇改善に積極的なホワイト施設への転職を成功させましょう。

複数の転職エージェントに登録するとより自分の希望に見合った求人に巡り合うことができます。

複数の転職エージェントに登録をすることが転職成功の近道です。