2年目の転職は成功する?注意点とコツを徹底解説

就職して2年目なのですが、転職することはできるんでしょうか?
ポイントを押さえれば、決して不可能ではありませんよ。この記事でそのポイントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

この記事を読んでいるあなたは『新卒で入社したは良いものの、この会社では将来性がない。もっと環境の整った会社で働きたい。』と思い転職を考えているのではないでしょうか?

しかし、新卒で入社して2年目での転職はあまり良く思われないのではないかと不安ですよね。

この記事では新卒2年目の方の転職がどのように思われるのか、さらに、成功するためにはどうすれば良いのかを分かりやすく解説しています。

2年目で転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

2年目でも転職活動は成功できる

最初に結論を述べると、新卒2年目の方でも転職は可能です。その理由は、企業が第二新卒を積極的に採用していること、そして転職エージェントも第二新卒を積極的に募集しているからです。

転職エージェントは、企業に転職者を紹介し、紹介料としてその企業から報酬をもらうことで利益を生み出しています。

企業にニーズのない転職者ばかりを紹介していれば利益を生み出せないため、転職エージェントは企業が求めている人材を積極的に募集しています。

つまり、転職エージェントが第二新卒を募集しているということは、第二新卒者が企業にとって需要のある人材であるということになり、第二新卒、つまり新卒1~3年目の人でも転職は十分に可能であるということになります。

“転職は新卒3年目以上”は気にしなくても良い

よく、3年経験してからでないと転職は厳しいと言われていますが、実はそんなことはありません。

そもそも3年経験した方が良いと言われている理由は、その業界で一人前と認められる経験年数がおよそ3年であることが多いからです。

どの業界でも一般的に、業務を覚え、後輩にも仕事を教え、仕事の一連の流れを全て経験し、一人前に自分で業務を行えるようになるために必要な時間が3年と言われています。

そのため、3年未満で転職を行うことは、会社の悪いところばかりが目に入り、客観的に仕事を評価できていないという風潮がありました。

もちろん、入社して3年働く方が3年未満で退職を行うよりも転職で有利に働くケースは多いです。

しかし、最近は景気の変化もあり、環境が大きく変わりました。というのも、新卒3年目以内に転職する人の割合が3割を越していること、また新卒採用の際に企業が十分に採用を行えていないことが挙げられます。

つまり企業は十分に若手社員を獲得できていない状態が続いているため、第二新卒者に対する採用も積極的に行っており、2年目の転職でも十分に成功できるということです。

2年目の転職で成功しやすい転職理由

2年目での転職は可能ではありますが、転職理由によっては企業からあまり良くない目で見られてしまうこともあります。

ここでは、第二新卒での転職でよくある転職理由をもとに、有利に働く理由と不利に働く理由の二つをご説明します。

有利に働く理由

新卒2年目で転職を行う際に有利に働く転職理由は、

  • 就職先がブラック企業であった
  • 思っていた仕事と違った
  • 人間関係がうまくいかなかった

これらの理由は転職活動の際でも有利に働くケースが多いです。

特に、ブラック企業に勤めてしまった新卒社員であれば、2年目でもすぐに転職を行った方が良いでしょう。

一般的にブラック企業とは、残業が多い・サービス残業を強要される・パワハラが多い会社などを言いますが、これらを自分の力のみで解決することは難しいです。

それは転職先の企業も分っていることなので、体調を崩す前に転職を行った方が良いです。しっかりと自分の現状を伝えられるようにしましょう。

また、思っていた仕事と違った・人間関係がうまくいかなかったといった理由も、自分以外の力が働いていることが多いため、企業側もよく理解してくれます。

しかし、人のせいにし過ぎて、自分の非を全く認めないと、この人はまた同じことを繰り返すのではないかと思われることもあるので注意が必要です。

しっかりと、自分の失敗点も把握しておくようにしましょう。

不利に働く理由

対して、不利に働く理由を見てみましょう。

  • 希望した仕事をさせてもらえない
  • 給料が低い
  • なんとなく不安

このような理由だと、転職活動の際に不利に働いてしまうかもしれません。

入社2年目の新人には中々希望通りの仕事をさせてもらえることは少ないです。というのも、その仕事に見合った経験やスキルがないため、様々な仕事をさせることが多いのです。

それを理解せずに希望した仕事ができないと転職を行っても、社会や会社を分かっていない未熟者と思われてしまいます。

給料に不満がある方も、それに見合うスキルや仕事をできていない可能性があります。

今一度、自分の持つスキルや評価制度を確認してみましょう。

また、なんとなく不安といった方も、何が不安なのか、そのためにどうしたいのかを把握できていないと、自分のキャリアビジョンを描けていないと思われてしまう可能性があります。

なんとなくではなく、しっかりとした根拠を持つようにしましょう。

2年目の転職で注意するべきポイント

2年目で転職が可能だからと言って、対策も十分にせずに転職を行うと失敗してしまうケースもあります。失敗しないためにも、転職の際に気を付けるべきポイントをしっかりと把握しておきましょう。

注意点①:転職先に求める条件を決める

まず最初に気を付けて欲しいことは、転職先に求める条件をしっかりと決めることです。

少なくとも、入社して2年目で転職を考えているということは、あなたが就職活動の際に会社選びを誤ったことが原因でもあります。

同じ過ちを繰り返さないためにも、次に働く会社に求める条件を1~3つは決めることをおすすめします。社会人経験があるため、自分が求める会社のイメージがつきやすいと思います。

今の会社では、ここがうまくいかなかった、ギャップが生じてしまった点などを洗い出し、次の転職に生かすようにしましょう。

注意点②:転職先を決めるまで会社を辞めない

どんなに会社が嫌でも、次の転職先が決まるまでは退職しないようにしましょう。

次の就職先が見つからないまま退職を行ってしまうと、収入が途絶えてしまい生活が苦しくなったり、心に余裕が生まれなくなってしまったりします。

十分な貯蓄があれば別ですが、社会人2年目となると中々お金に余裕がない方が多いと思います。

お金に余裕がなく、心にも余裕がない状態で転職活動を行ってしまうと、企業探しの際にも焦りが出てしまいます。

しっかりとリサーチできないまま転職をすると、入社後にまたミスマッチを起こす確率が高くなってしまいます。同じ轍を踏まないようにも、転職先が見つかるまでは、退職しないようにしましょう。

注意点③:退職するために転職を行わない

最後に、今の会社を退職したいから転職している方は注意が必要です。

残業が多いから、給料が少ないから、パワハラがひどいからなど、退職したい理由は様々あると思います。もちろんそれをきっかけで転職をすることは全く悪くありません。

しかし、今の会社を辞めたいという理由だけで転職活動を行ってしまうと、明確な志望動機が無いまま転職が進むことになってしまいます。

退職理由や志望動機、目指しているビジョンなどに一貫性がないと、採用担当者を納得させることは難しくなります。

その前に、しっかりと自分のやりたいこと、目指しているキャリアビジョンなどを整理してから転職活動を行いましょう。

注意点④:転職先に求める条件を決める

2年目の転職を成功させるコツ

2年目で転職を考えている人の多くは、初めての転職活動だと思います。ただでさえ、今の会社であまりうまくいっていない状況で初めての転職活動を行うことは不安も大きいと思います。

そこで、初めての方でも転職が成功するように、転職活動でのコツを紹介したいと思います。しっかりと確認して、転職活動を成功させましょう。

コツ①:今転職を行う理由を明確にする

まず、『なぜ今転職を行うのか?』をハッキリと答えられるようにしましょう。

入社して2年目という早いタイミングで転職を行うので、それなりの理由があると思います。そして、転職先の企業でもそこが一番気になるところでもあります。

そのため、ここを論理的に答えることができれば面接官の評価も上がります。

コツ②:退職理由・志望動機・キャリアビジョンに一貫性を持たせる

転職の際に気を付けるべきことは、話に一貫性を持たせることです。特に退職理由・志望動機・キャリアビジョンには矛盾の内容に一貫性を持たせて話すことが大切です。

そのために、まずは自分の将来のキャリアビジョンを明確にしておく必要があります。そして、自分が目指すビジョンに対して、なぜ今退職するのか、志望先の会社がなぜ最適なのかを論理的に整理しましょう。

コツ③:退職理由をポジティブに話す

転職活動を行うと、ほぼ確実に面接の際に転職理由を聞かれます。おそらく今転職を考えている大部分の方は会社に対する不満が大きな理由になっているでしょう。

しかし、面接の際にその不満を正直に話しても、面接官にプラスの印象を与えることはありません。不満・不平だけ言って全て他人のせいにする人であると思われてしまうからです。

そのため、不満を述べるだけでなく、『次のステップに進みたいから、キャリアを変えたいと思ったから』など退職理由はネガティブではなくポジティブに繋げて話しましょう。

コツ④:自分のリサーチ不足を認める

入社してみたら思っていた仕事ができなかった、職場環境にギャップがあった、など様々な転職理由があると思いますが、それは入社前のあなたのリサーチが足りなかったことが原因の一つにあります。

もし、あなたが入社前にそういった情報をしっかりとリサーチできていれば、2年目で転職をすることはなかったかもしれません。

そこを把握せずに、すべてを会社や他人のせいにしてしまっては、転職活動を行っても、『またこの人は同じ過ちを犯すのではないか』と採用担当者に思われてしまいます。

その点をしっかりと踏まえて、同じ過ちを犯さないようにしっかりと自分の過失を分析し、自分の新たな考えを話せるようにしましょう。

コツ⑤:転職エージェントを利用する

最後に、転職活動を行うときは転職エージェントを活用することをおすすめします。特に入社して2年目となると現在の仕事にもまだ完全に慣れていない状態で転職を行うため、不安や焦りも大きいと思います。

転職エージェントを利用すれば、転職の流れを細かく教えてくれるだけでなく、それぞれのフェーズにおいてアドバイスをくれたり、自分に合った求人の紹介を行ってくれたりと、あなたの転職をサポートしてくれます。

また、転職サイトに載っていない非公開求人を転職エージェントは抱えています。非公開求人は、公開されている求人よりも条件が良いものが多いので、転職エージェントを活用して最適な求人を選びましょう。

転職エージェントを利用する流れ

それでは、転職エージェントを利用する場合、どのような流れで転職が進んでいくのでしょうか。転職エージェントの一般的な流れを紹介していきます。

①転職エージェントサービスへ登録する

まずは、サービスへの登録を行います。基本的に、登録したい転職エージェントのWEBサイトから登録が可能になっています。

登録の際には、基本情報から経歴、志望している業界、希望年収などを記入する必要があり、転職エージェントにもよりますが、大体5分ほどで登録が完了できます。

②キャリアアドバイザーとの面談

サービスへの登録が完了したら、転職エージェントから連絡が来ます。その際に担当のキャリアアドバイザーとの面談の日程の調整を行うので、都合の良い日程を返信しましょう。

そして、キャリアアドバイザーとの面談を行います。面談では、あなたのこれまでの経歴やスキルの棚卸、希望する業界などのヒアリングを行ってくれます。

③求人の紹介

担当のキャリアアドバイザーとの面談の後、早ければその場であなたに合った求人を紹介してくれます。

そこに、自分の納得のいく求人があれば選考を始めます。もし、あまり納得のいくものが無ければ、遠慮せずに担当に申し出ましょう。

④書類選考

納得のいく求人を見つけたら、選考に応募します。基本的に、書類選考から始まり、履歴書と職務経歴書が必要になります。

新卒での就職活動の際に履歴書の経験はあると思いますが、転職活動の際には、これまでの職歴をまとめた職務経歴書も必要になります。

こういった書類に対しても、どのような事を書けばよいのか、アピールポイントはどこかなどキャリアアドバイザーがしっかりと対策を行ってくれます。

アドバイスのもと書類が完成したら、企業に応募し書類選考を受けます。また、その際にキャリアアドバイザーが、あなたがなぜその企業を志望しているのかを記載した推薦状を企業に対して提出してくれます。

⑤面接選考

見事書類選考が通過したら、次に面接を行います。

もちろん、面接の際にも担当のキャリアアドバイザーがマンツーマンで対策を行ってくれます。

転職エージェントには、過去に同じ企業の選考を受けた転職希望者のデータを保持しているため、どんな質問がされるか、どのような受け答えをすれば採用されやすいかが分かります。

⑥内定・入社

めでたく内定をもらった後でも、転職エージェントはその後のサポートを行ってくれます。

例えば、年収の交渉であったり、入社日の日程の調整、現在の会社を円満に退職するサポートなど、様々な手助けをしてくれます。

新卒2年目が使うべき転職エージェント

それでは、新卒2年目が使うべき転職エージェントはどのようなところなのでしょうか。ここでは、第二新卒者に手厚いサポートを行ってくれる転職エージェントを5社紹介します。

2年目で転職を考えている方は是非参考にしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリア』は、特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性・高校教師

企業との交渉がかなりスムーズにいくようになり面接にすぐに行けるようになりおかげで転職することができました。

29歳男性・飲食店店長

基本は、メールでのやり取りになるので時間がない中でしっかりサポートを受けれると思います。ただ相手が求めている基準に達しないときにサポートは不満に感じた。

など、特に転職エージェントのサポートに対して評価する声が多数ありました。〇〇〇な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント』は、業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性・電機メーカー経理

求人の量が非常に多く、不利な条件の転職であっても複数の案件を比較して自分に合ったものを選ぶことができます。

22歳男性・事務全般

様々な企業を知るきっかけになった。また、経歴書も一人で作るよりもより良い言い回しなどをなどを考えてもらえる。

など、特に豊富な求人数に対して評価する声が多数ありました。

様々な業界の求人が欲しいといった方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント』は、大手でありながら手厚いサポートを行うことに評価ある転職エージェントです。

担当のキャリアアドバイザーが熱意のある方が多く、特に20代の初めての転職の方にも手厚く丁寧にサポートすることからも、20代に特に人気があります。

また、マイナビエージェントでは、大手企業だけでなく中小企業の求人案件も多く取り揃えており、幅広い会社を視野に入れることができることが特徴です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

21歳女性・看護師

求人の量は豊富であり、選択肢も多く持てました。私自身、経験がほぼないに等しいような状態での転職でしたが、それでも大丈夫であろうという求人も複数紹介していただくことができました。また、転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。

27歳男性・銀行員

大手エージェントなだけあって、求人の量は非常に多く、選択肢としての幅は広がった。また、ノウハウがあり、サポートも体系化されていた。

など、特に転職エージェントのサポート対して評価する声が多数ありました。

初めての転職で何からして良いのか分からないという方は登録しておくとよいでしょう。

doda

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントが『doda(デューダ)』です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

25歳男性・現場施工管理

面接対策や職務経歴書の添削が丁寧。企業の希望条件の話もよく聞いてくれる。求人の質もホワイト企業のものが多い。

24歳女性・福祉関連

求人の量も多く、質も良い。また自分の希望する職種業種に合わせて求人を送ってくれる。職務経歴書作成にあたっては例文やポイントが多く開催されており考えやすかった。

など、特に求人とサポートの総合力に対して評価する声が多数ありました。転職エージェントのサポートを積極的に受けたい方は登録しておくとよいでしょう。

求人数、サポート力共に非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントを活用するコツ

転職エージェントに登録したからこれで安心!と思ってはいけません。

転職エージェントに登録しても、上手に活用できなければ全く効果を発揮せずに終わってしまう可能性があります。

そこで、転職エージェントを上手に活用するコツを紹介していきます。

転職エージェントには複数社登録する

まず一番大切なのは、転職エージェントには複数社登録しておくことです。

なぜなら転職エージェントを一社に絞ってしまうと、情報の偏りが生まれてしまうからです。

転職エージェント各社が抱える求人案件は、当然ですが会社によって異なります。つまり、一社にだけ登録していると、その他の求人案件を見ることなく転職活動を終えてしまいます。

「他の転職エージェントに登録しておけば、もっと良い求人案件があったのに。」

とならないためにも、転職エージェントには複数社登録しておく必要があるのです。

また、複数社登録しておくことで、担当のキャリアアドバイザーとの相性を見極めることもできます。

転職が成功するかどうかは、キャリアアドバイザーとの相性も大きく関わってきます。

もし、あなたと全く意見がかみ合わないキャリアアドバイザーが担当についてしまったなら、あなたの転職活動は全くスムーズに進まないでしょう。

逆に、あなたと相性の良いキャリアアドバイザーが担当なら、スムーズに転職活動が進むほか、自分では気付かなかった新たな道を紹介してくれることもあります。

複数社に登録しておけば、どういったキャリアアドバイザーが自分に合っているのかを見極めることができます。

このような理由から、転職エージェントには複数社登録しておきましょう。

おすすめは、大手の転職エージェントに2社以上、業界に特化した転職エージェントに1社以上登録し、その中でメインとなる転職エージェントを選ぶことです。

担当と相性が合わない場合は申し出る

また、担当となったキャリアアドバイザーとの相性が悪いと感じた場合には、我慢せずに交換を申し出ましょう。

転職エージェントによっては担当を交換してくれる場合があります。

その際は、現在の担当とどこが相性が悪いのかをしっかりと伝えるようにしましょう。ただ相性が悪いとだけ伝えて交換しても、また同じような担当が付いてしまっては意味がありません。

どこが合わなかったのかをしっかり伝えることで、似たような人を担当に付けることは避けてくれるため、交換を申し出る場合は詳細に伝えましょう。

週に1回はログインする

転職エージェントに登録した後のサイトへのログインは最低でも週に1回は行うようにしましょう。理由は簡単です。その方が求人の紹介を多くもらえるからです。

転職エージェントは、新たに得た求人案件を登録者に紹介していますが、その優先順位はサイトへのログイン順であることが多いです。

というのも、転職エージェントは、「最終ログイン日が近い=転職活動を行っている」「最終ログイン日が遠い=転職活動を終えている」と判断しています。

転職活動を行っている人に対して求人案件を斡旋したいと転職エージェントも思っているので、ログイン日が近い人に対して積極的に求人情報を案内しているのです。

ログインを怠っていると、全く求人が来ない、優良案件が来ない、といったことになる可能性があるので、忙しくても週に1回はログインをしておきましょう。

推薦状は必ず確認を行う

先述した通り、転職エージェント経由で応募すると、担当が企業に対してあなたの推薦状を書いてくれます。

この推薦状はあなたの内定を助けるものにもなりますが、しっかりと確認しておかなければ逆にあなたの面接を失敗させてしまう可能性もあります。

なぜなら、推薦状をもとに質問を行う企業も多いからです。

推薦状の中身は主に最初に行われるキャリアカウンセリングの内容がもとになっているので、見当違いな事は書かれていませんが、自分の思っていることと差異がある可能性はあります。

自分の伝えたかったことと、キャリアアドバイザーが受け取ったことにズレが生じていれば、そのまま推薦状に間違った情報が書かれてしまい、そのまま面接で突っ込まれることになってしまいます。

そういった事態を避けるためにも、推薦状は提出される前に必ず目を通しておきましょう。

しっかり確認しておけば、間違った情報が送られることもありませんし、面接で聞かれることを想定し、対策しておくことも可能です。

自分のキャリアプランを考えた上で、2年目の転職は考えよう

いかがだったでしょうか。

今回は、2年目で転職を考える際に気を付けるべき点とコツを紹介してきました。

現在の会社で1年働いてみて、思っていたのと違った、将来性が感じられないなど、様々なギャップが生まれると思います。

もちろん、転職で新しい自分のキャリアを開くことは良い事です。しかし、転職を決意する前に今一度自分の会社を1年で退職するべきかどうか、もう少しも働く意味のないものなのかを考えてみることをおすすめします。