臨床開発モニターはどんな仕事?薬剤師資格保持者の私が詳しく解説!

転職を考えている薬剤師の方々の中には、「病院や薬局の薬剤師以外の仕事をしてみたい」「製薬に携わってみたい」「一般企業で働いてみたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。

私は、現在は病院で薬剤師として働いていますが、このような理由から、以前は臨床試験を行う会社(開発業務受託機関:CRO)で、臨床開発モニター(CRA)という仕事をしていました。

その経験を元に、臨床開発モニターという仕事について紹介していきたいと思います。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: 薬キャリエージェント、2位: ファルマスタッフ、3位: リクナビ薬剤師

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較

臨床開発モニターの仕事とは?

臨床開発モニターとは、クライアントである製薬会社からの依頼を受け、臨床開発中の新薬について、製薬会社と共同で臨床試験(治験)業務を行ってく仕事です。業務の内容はとても幅広くありますが、以下、私が実際に経験した業務について紹介していきます。

私が実際に経験した仕事

  1. 治験を実施してもらう病院選び・医師探し
  2. 契約書の締結
  3. 医師及び、他の病院スタッフ(治験コーディネーター、薬剤師、看護師、検査技師など、さまざまなコメディカルスタッフ)への、臨床試験の内容に関するプレゼンテーション
  4. 臨床試験開始後は、定期的に病院を訪問し、被験者である患者さんのカルテを閲覧し、健康状態などに問題が無いか、副作用が出ていないか等を確認していく。確認中、もし問題点や、気になる変化があれば、医師やスタッフに確認を行う。
  5. 4.について、医師や治験コーディネーターと相談しながら、報告書を作成する。製薬会社とも情報共有や相談を行う。
  6. 定期的に病院の薬剤部を訪問し、治験薬が適切に保管、管理されているかを、院内の臨床試験担当の薬剤師とともに確認を行う。問題があれば、改善を行っていく。
  7. 臨床試験がひと通り終わったら、もう一度最初から、カルテの確認や、書類の整理を行い、臨床試験に問題がなかったかの確認を行う。
  8. 余った治験薬について、薬剤師とともに数の確認などを行い、回収する。

他にも様々な業務がありますが、このように、臨床開発モニターは非常に幅広い業務を行います。

薬剤師資格・経験があってよかった!と感じたこと

次に、薬剤師の経験があれば、臨床開発モニターの仕事にどのように活かせるのかということを説明します。

臨床開発モニターには、薬剤師資格を持っている人だけでは無く、他にも、さまざまな学部出身者や、資格、スキル、経験を持った人たちがいます。

それぞれ得意とする業務がありますが、薬剤師資格を持っていると、特に上記に挙げた「被験者のモニタリング・報告書作成」「病院薬剤部訪問」の仕事で強みを活かせると感じました。

被験者のモニタリング・報告書作成で活かせる強み

薬剤師として病院や薬局で働いた経験を持っていると、病気の症状のことや、検査値の変化なども見ることができるので、患者さんの状態の小さな変化にも気付きやすいです。

また、臨床の現場を知っていることで、病院の医師や治験コーディネーター、薬剤師の相談役にもなりやすくなります。

患者さんが、治験薬以外にも多くの薬を飲んでいる場合も多いので、治験薬との飲み合わせに問題が無いかなどについて、薬剤師ならではの知識と経験で、いち早く考え、解決することができます。

病院薬剤師をしていた方々は、カルテの見方も分かっているので、それも大きな強みになります。

病院薬剤部訪問で活かせる強み

治験薬は、病院内の薬局で薬剤師によって管理されているので、臨床開発モニター自身が薬剤師だと、様々な相談にも乗りやすくなります。

いかがでしょうか?

臨床開発モニター自体は、薬剤師でなくてもできますが、経験があると活かせる場面が多くあります。

未経験なので不安…という方へ

私の勤めていた会社では、臨床開発モニター未経験の転職者の方々には、指導役の先輩がつき、しっかりと研修期間を設けていたので、皆さん、どんどん仕事を吸収し、活躍されていました。

出張の多い仕事ですが、最初から一人で出張する事はなく、必ず先輩が同行していました。プレゼンテーションの機会が多い仕事ですが、資料の作り方、上手な説明の仕方まで、しっかり習えるので、皆さん問題無く業務を行なっていました。

仕事と生活の両立が心配…という方へ

出張が多い、と書きましたが、転職を考えている方の中には、バリバリ出張して働きたい方もいれば、家庭と両立しながら働きたいと考えている方もいるかと思います。

私の勤めていた会社では、社員の状況に合わせて働き方も様々で、遠方の泊まりがけの出張から、近隣の日帰り出張、内勤専任まであり、皆さんライフスタイルに合わせて勤務されていました。

心配な場合は、転職会社のエージェント、会社の上司や人事部と相談されてみたら良いかと思います。

臨床開発モニターは、薬剤師におすすめ

私は薬学部を卒業後、新卒で臨床開発モニターになりましたが、職場には、病院や薬局薬剤師からの転職で入社された方々がたくさんおりました。

薬剤師経験がある方は、仕事への理解度が高く、スムーズに業務をされていました。医師や、製薬会社とのコミュニケーションも積極的にされており、臨床を経験していることが、本当に活かされていたように思います。

今、病院や薬局で働いていて、転職を考えている薬剤師の方々は、臨床開発モニターという働き方も選択肢に入れてみてはどうでしょうか?

キャリアコンサルタント

仕事内容や必要スキルがイメージしにくい臨床開発モニターに関する体験談、参考になりました。

スキルアップしたい・薬剤師資格を活かして企業で働いてみたい!という薬剤師の方にはとてもおすすめの仕事のようです。興味がある方は、転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

企業案件に強い薬剤師向け転職エージェントは、以下の記事で詳しく紹介しています。参考にしてください。

薬剤師転職サイト全58社を比較してわかった本当におすすめできる10選