カルビーへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

「カルビー」への転職を考えています。どうすれば転職できますか?
カルビーは、誰もが知っているお菓子メーカーということもあり、かなりの人気企業です。特に、人気な部署への転職難易度は高いと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は厳しいのでしょうか?
いえ、しっかりとポイントを押さえれば、不可能なことではありません

キャリアコンサルタント

この記事では、カルビー転職を成功させるポイントや、&careerが厳選した活用すべき転職エージェントなどをご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

皆さんも一度は「有名な大企業で働いてみたい」と考えたことがあるのではないでしょうか?

やはり有名な大企業だと、名前を聞いただけで憧れてしまいますよね。

今回はそんな有名企業の中でも「カルビーへの転職」をテーマに扱い、「カルビーとはどういう会社なのか」「カルビーへ転職するにはどうしたら良いのか」などについて詳しくご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職する前に知っておきたい!カルビーにはどのような仕事があるのか?

知らない人はいないほど人気なお菓子メーカーの「カルビー」ですが、その仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

カルビーの仕事内容

お菓子メーカーなどの「食品」を扱っている企業は、大体次のような仕事内容となっています。

生産統括

まずは「生産統括」というものです。生産統括には大きく「エンジニア」と「品質保証」があるのですが、エンジニアでは、各部門を実現させるためのサポートを行っています。

美味しく、安全なお菓子を作るためのサポートをしたり、海外事業のサポートをしたり、事業全般に渡ってサポートを行っています。

ある部門に特化するというわけではなく、基本的にはすべての部門でサポートを行っています。

また、「品質保証」においては、品質を管理するために他のいろいろな部署と連携をとりながら仕事をしています。

特に、お菓子を作る上で大切な原料選びだったり、実際に作る工程で安心・安全なものを作るということに力を注いでいます。

研究開発

続いては「研究開発」です。お菓子メーカーなどの食品メーカーでは、定期的に「新商品の開発」を行わなければなりません。

その上で大切な「新しい味」であったり、「新しい食感」だったりを作る上で欠かせないのが研究開発になります。

「研究開発」はさらに「基礎研究」と「製品開発」の2つに分かれるのですが、「基礎研究」では「材料の成分分析」などを行って、それが我々の身体にどのように影響を及ぼすか、について研究します。

「製品開発」では、新商品の開発はもちろんのことながら、「既存の商品の品質向上」にも努めています。

どんなに売れている商品も”完璧”というものはなく、より美味しく・より愛されるような商品にしていく必要があるのです。

国内営業

続いては「国内営業」です。国内営業では、研究開発部門等が作った新商品や既存の商品を小売店で置いてもらえるように営業を行い、自社と小売業へ買い物に来るお客さんを繋く役割を担っています。

お客さんにカルビーの商品をいち早く食べてもらうには、たくさんのお客さんが利用する「スーパー」などの小売店で置いてもらう必要があります。

新商品を作るのは研究開発部門に任せて、それを一つでも多くのお客さんに届けるのが「国内営業」の責任であると言えるでしょう。

海外事業

続いては「海外事業」です。海外事業では「1人でも多くのカルビーファンを世界中に増やすこと」を目標に、日々活動しています。

海外の人も美味しく、楽しめるように、日々営業等に努め、海外での売上向上も目指しています。

将来は「グローバルなお菓子メーカー」となることを目指して、頑張っているようです。

その他の職種

上記の他にも、以下の職種があります。

新規事業開発

「新規事業開発」という部門があります。これはカルビーが「今後さらに売上・市場拡大を図るために、どのようなことをしていったら良いか?」ということについて、話し合い、実行する部門です。

カルビーと言えど、お菓子だけを作っていたらいつかは成長が止まってしまうことも考えられます。常に「新しいものへ」と成長できるように努力する必要がある、ということですね。

財務企画

また「財務企画」という部門もあります。ここでは「会社の財務と会計」を主に扱っています。どの部門でも”経理”というのは存在し、お金のフローに関してはしっかりと管理しなければいけません。

その責任を負うのが、この「財務企画」になります。財務企画部門の方がしっかりと管理することによって、他の部門の方はそれぞれの専門部門に専念することができるわけです。

商品企画

さらに「商品企画」という部門もあります。この「商品企画」というのは、「研究開発」に似ていますが、少々異なります。研究開発というのは、「研究を行っていたら、このような食感のものができた」というように、具体的なイメージを持って研究を行っていません。

それに対して商品企画では「こんな食感や味のお菓子は売れるのではないか?」と具体的にイメージを膨らませて、それを研究開発チームに作れるようにお願いするのです。

商品企画の部門は、研究開発部門の人たちと上手に協力する必要があると言えるでしょう。

物流

そして「物流」という部門もあります。ここでは「受注から納品までのプロセスを時間通りに進める」ということを行っています。新作のお菓子を作る段階において、「材料がない」などの問題は致命的です。

そういった「あるべきものがない」という物流の問題が起きないように管理するのが、物流部門の仕事になります。

購買

最後に「購買」という部門です。購買というのは、「“カルビーの活動に必要なもの”を選定・調達する」部門になっています。つまり、お菓子を作るのに「じゃがいも」が必要になったとしても、「とにかく安いじゃがいもを選べばよいのか?」と言ったら、そうではありません。

もちろん安さも大切ですが、味が美味しく、質の高いじゃがいもであることも大切なわけです。

そういった「必要なものを選定・調達する」という大切な役割を担っているのが「購買部門」になります。

このように、カルビーには「素材調達」から「開発・生産」、そして「販売」まで、幅広く業務が存在し、それぞれが協力して業務を行っています。

自分は「どの部門で力を発揮したいか?」というのを考えて、転職を進めていってみてください。

カルビーの仕事は大変なのか?

ではそんな大企業のカルビーの仕事は大変なのでしょうか?

残業等が多いのは大企業にありがちですが、カルビーはそのようなことはないようです。

もちろん、部門によっては残業となってしまうこともあるようですが、それでも比較的早い時間で退社することができるようです。

特に、カルビーの会長松本晃さんが次のようなことを仰っています。

『長時間労働が日本をダメにしている。昔と同じ働き方で競争力が上がるわけがない。』

最も上の立場にいる方がこのような考え方をしています。「とにかく残業をしてまで働く」ということは、絶対にないと言って良いでしょう。

転職先としてカルビーはどうなのか?

ではカルビーは転職先としてはどうなのでしょうか?カルビーの口コミや年収、働きやすさなどについて詳しく見ていきましょう。

カルビーに勤めている方の口コミ

Vorkersが行った調査にある、カルビーに働いている方の口コミですが、会社全体としては非常に優良な企業で、細かい部分で修正が必要な企業、ということでしょう。

良い点

まずは良い点についてですが「女性の育児休暇などが非常に取りやすくなった」という口コミが多かったです。やはり女性にとってはこの「育児休暇」や「一時退社」ということができるか、というのは非常に大きいですよね。

カルビーはそういった制度をしっかりと取っているようです。

また、フレックスタイム制があり、有給取得率も高く、リフレッシュ休暇制度も充実しており、仕事のバランスも非常に取りやすいようです。

他の会社から転職してきたという方も、「カルビーは非常に働きやすい」と満足している方が多いようです。

悪い点

続いて悪い点についてですが、「正社員との待遇差」を挙げている方が多かったです。例えば「男性・女性の育児休暇」についてですが、これは”正社員のみ”の適用だそうで、それ以外の雇用者の方には適用されないようです。

これは会社としても難しいことなのかもしれませんが、雇用者としてはそういった制度が、どんな雇用形態を取っている場合にも適用されるほうが嬉しいですよね。

また、各部門が大きすぎるのか、「部門間のコミュニケーションが他の会社と違って遅れている」というのを挙げている方もいました。

こういった問題は「事業部制組織」を取っている会社によくありがちですが、カルビーもその例外ではなく、その問題に苦しんでいるようです。

カルビーの年収

ではカルビーの年収はどのくらいなのでしょうか?

平成28年3月期の有価証券報告書によると、カルビーの平均年収は「761万円」でした。

また、年代別に見てみると、

20代前半:336.0万円、30代前半:647.5万円、40代前半:752.9万円

でした。

東京商工リサーチが行った「上場2,681社の平均年間給与」を見てみると、平均給与は「599万円」だったので、この年収とカルビーの年収を比較しても、日本の企業の中では比較的良い方だと言えるのではないでしょうか?

カルビーの働きやすさ

ではカルビーの働きやすさはどうなのでしょうか?

Vorkersの調査を参考に、働きやすさというのを「待遇面」「社員の士気」「風通しの良さ」等で判断していくと、全体的に「そこまで高い数値ではない」ということが分かりました。

もちろん大企業ですので、一般的な企業と比較すると働きやすいのですが、「社員の士気」などはそこまで高くなかったり、部門間でのコミュニケーションがスムーズに行えなかったりと、大企業ならではの働きにくさが現れてしまっているようです。

それを打開するために、社員に課題を設けて「クリアすると昇給できる」といった対策を行っているようですが、ここに関しては自分が求める「やりがい」をもう一度考える必要があると言えるでしょう。

カルビーではどんな人が働いているのか?

ではカルビーにはどのような人が働いているのでしょうか?カルビーで働くと言っても、社員やそれ以外など、いろいろな雇用形態があります。

社員であれば、大卒の方がほとんどで、生産部門では「理系大学出身者」、それ以外では「文系大学出身者」が多いです。

また、カルビーの社員には非常に学歴の高い大学の出身者が多く、東京大学、東北大学、国際基督教大学、早稲田大学、慶応大学出身の方が多いようです。

カルビーは、もちろん新卒採用以外にも、中途採用を行っています。学歴だけに縛られず、どのようなキャリア・スキルを持っているか、ということについてもしっかりと考えるようにしましょう。

カルビーへの転職は可能なのか?

ではカルビーへ転職することは可能なのでしょうか?

カルビーへの転職率

カルビーというのは、多くの方がご存じの通り、非常に有名かつ人気な企業です。ですので「転職しにくい会社」であることは間違いありません。

新卒採用に関しても、毎年すべての部門を合わせて「10名ほど」しか採用しないようですが、中途採用に関しては「若干名」と、さらに少ないと言えるでしょう。しかし、その枠に対する応募は凄まじく、倍率も非常に高いと言えるでしょう。

なかなか転職することが厳しい会社でありますが、「転職エージェント」というものを利用することによって、転職成功率を上げることができます。

カルビーへの転職におすすめな転職エージェントのご紹介!

カルビーへの転職は非常に難しいですが、不可能ではないということは分かりました。ここではそんな転職を成功させる上で欠かせない「おすすめの転職エージェント」をご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

カルビーへの転職を成功させる!転職エージェントを120%活用するポイント

では上記の転職エージェントを利用する際に、絶対に押さえたいポイントについてご紹介します。転職成功者の方は例外なく押さえていたポイントなので、皆さんも守るようにしてみてください。

複数の転職エージェントを利用する

そのポイントというのは「複数の転職エージェントを利用する」というものです。理由として、大きく2つ挙げることができます。

より客観的に判断することができる

まず1つ目の理由として「より客観的に判断することができる」というのが挙げられます。もし1つだけの転職エージェントを利用した場合、当然担当者の方も1人になってしまうわけですが、どうしても提案に「偏り」が出てきてしまいますよね。

利用する転職エージェントによって扱っている求人も違うわけですし、どうしても偏りが出てしまいます。

しかし、複数の転職エージェントを利用することで、より客観的にその提案について考えることができます。

これは自分に合った転職をする上で、非常に大切になる部分なので、守ってみてください。

悪質な転職エージェントを避けることができる

2つ目の理由として「悪質な転職エージェントを避けることができる」というのが挙げられます。世の中には、本当にたくさんの転職エージェントがあるわけですが、中には非常に悪質な転職エージェントもあります。

先程「転職エージェントは、企業からの紹介料で成り立っている」という話をしましたが、それが原因で悪質な転職エージェントが出てきてしまうんですね。

例えば「倒産寸前の会社を紹介してくる」だったり、「転職希望者に全く合っていない会社を紹介してくる」と言ったことを平然と行ってくるところがあるのです。

そんなときに有効なのが「複数の転職エージェントを利用する」ということです。

複数の転職エージェントを利用することで、悪質な転職エージェントは一発で悪質であると判断することができます。

そういった理由からも、転職エージェントを利用する際には「複数」利用してみてください。

カルビーへの転職の流れ

では次に「カルビーに転職するまでの流れ」についてご紹介します。転職エージェントを利用しながら、転職を有利に進めていってください。

1.転職エージェントへの登録

まずは利用する転職エージェントの登録から始まります。上記でご紹介した転職エージェントのサイトに行って、案内に従って登録してみてください。

注意したいのは「似たような名前の他のサービスに登録しないこと」です。リクルートなどは、非常に似たような名前のサービスを多数行っています。

転職エージェント以外のサービスに登録しないように気をつけましょう。

2.担当者の方と面談

無事に登録が終わると、転職エージェントから連絡が来て、面談を行うことになります。ここでは転職希望者の分析やどういった転職を希望しているか、というのをヒアリングします。

ここでは「素直に答える」ということを徹底するようにしましょう。

3.求人探し

無事面談が終わると、次は本格的に転職先を探す段階に入ります。今回はカルビーと決まっていますが、他にはどのようなものがあるのか、どのような企業が合っているのかなどについて聞いてみても良いでしょう。

4.カルビーへエントリー

無事に転職先を探すことができたら、履歴書を送ってエントリーをすることになります。履歴書作成においては、しっかりとした添削を担当者の方が行ってくれますから、そのフィードバックをもらいながら、きちんとしたものを作っていきましょう。

5.選考

エントリーが終了し、書類選考が通れば、次の「選考」へ進むことができます。ここではSPIなどの「筆記試験」の他、「面接」が行われます。

面接では次のようなことを聞かれることが多いようです。

前職の職務経歴について

カルビーの中途採用面接では、前職の職務経歴について詳しく聞かれることがあるようです。

「どんなことをしていたのか?」「どうしてこの業績を出すことができたのか?」など、非常に細かいところまで聞かれるそうです。

これは職務経歴書をベースに聞いてくるようなので、前職の職務経歴について整理ができていない場合は、事前に行っておく必要があると言えるでしょう。

6.内定

ここまでの選考を突破すると、晴れて内定をもらうことができます。内定をもらうことができたら、その場もしくは数日以内に「入社の意志があるのか」というのを伝えましょう。

カルビーと言えど、転職までのプロセスは他の企業と変わりません。こちらの流れを参考に、カルビーへの転職をイメージしてみてください。

カルビーへの転職に有利なスキル

では最後に、カルビーへ転職をする上で、持っておくべきスキルについてご紹介します。カルビーの人事部の方はどのようなスキルを持っている方を採用したいと考えているのでしょうか?

英語

カルビーはこれから特に「海外事業」へ力を入れていくようです。

もうすでに「香港、タイ、中国、韓国、台湾、インドネシア、フィリピン、シンガポール、オーストラリア、アメリカ、カナダ、英国、スペイン」で事業を行っていて、今後ますます展開をしていくようです。

ですので、こういった海外への進出・商品開発支援・原材料調達などができる人を採用したいと考えているようで、その上で「英語は必須」だそうです。

ネイティブの方ともしっかりと話せる英語力を持っていると、転職に非常に有利だと言えるでしょう。

基本的なITスキル

英語以外にも、「Word、Excel、Power Point」などの基本的なITスキルも持っておくべきでしょう。

カルビーへの転職は難しい。複数の転職エージェントを活用しよう

いかがだったでしょうか?今回は「カルビーへの転職」というテーマで、「カルビーはどういった会社なのか」「カルビーへの転職は可能なのか」など、いろいろな視点からご紹介してきました。

カルビーは非常に人気な企業で、なかなか入職するのが難しい企業ではありますが、転職エージェントを上手に利用することで、転職することも可能になります。

是非複数の転職エージェントを利用して、転職を有利に進めていってください。