サイバーエージェントへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

サイバーエージェントに転職したいです。ですが、こんな人気な企業に、中途で転職なんかできるんでしょうか?
もちろんできますよ。サイバーエージェントの公式HPで、キャリア採用の募集はいつも行われています転職難易度は比較的低いと言えるでしょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!安心しました。
この記事では、そんなサイバーエージェントへの転職方法についてご紹介しています。ぜひこの記事を参考にして、確実な転職活動を行っていきましょう。

キャリアコンサルタント

サイバーエージェントは、誰もが耳にしたことがある「アメブロ」や「アメバTV」などの運営を中心に、メディア・広告業界において現代の日本を代表する大企業です。

ここではそんな大企業であるサイバーエージェントへの転職方法・難易度の解説や、転職に役立つおすすめ転職エージェント・サイトなどを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

サイバーエージェントへの転職は可能?データから難易度を検証

サイバーエージェントの公式ホームページによると、常時人材募集をしていて、以下はその内容です。

  • ビジネスコース(新卒採用)
  • エンジニアコース(新卒採用)
  • デザイナーコース(新卒採用)
  • キャリア採用

サイバーエージェントの現在の採用情報は、大きく分けてこの4つのコースがあり、キャリア採用以外のコースは全て新卒対象になります。

キャリアコースでは常時募集がされていて、サイバーエージェントの公式ホームページでも、直接エントリーすることができます。

ここでは常時募集されているキャリア採用の詳細を紹介していきます。

キャリア採用の募集職種は?

サイバーエージェントでのキャリア採用では、さまざまな事業や職種の募集が行われていて、以下は募集職種と業種の一覧です。

  • 事業 メディア、ゲーム、広告・アドテクノロジー、その他(法務、財務、経営など)
  • 職種 エンジニア、デザイナー、プロデューサー・ディレクター、営業・その他

メディア・広告に関する営業や、ネットTV事業に関するプロデューサー・ディレクターだけではなく、ゲーム開発やソフトエンジニアと言った、業界ならではの事業や職種からも常時募集されていて、幅広い分野で活躍できるチャンスがあります。

サイバーエージェントの出身大学の傾向は?

サイバーエージェントで採用された方の出身大学の傾向としては、文系・理系共にバランスよく、幅広い大学から採用している傾向があり、毎年150人前後の採用実績があります。

「慶応から○名」と「早稲田から○名」に対して「○○大学は少ない」など大きな偏りがあるわけではなく、さまざまな大学から、まんべんなく人材を確保している傾向があり、そのことからも学歴よりも、人間性や個性などを注視して採用していることが伺えます。

また2016年に立ち上げられた、地方学生採用強化プロジェクト「FLAT」によって、新入社員3割だった比率を5割にするという目標も掲げています。

それにより今後は、さらに学歴や地域に偏りのない大学での採用が強化することが予想され、その分多くの方に入社のチャンスが巡ってくることも予想されます。

キャリア採用ではどのような傾向?

上記は新卒向け採用の傾向でしたが、常時募集されているキャリア採用ではどのような傾向があるのかを見ていきます。

  • 学歴 特に指定なし
  • 給料 経験・能力を考慮の上、規定により優遇

サイバーエージェントの公式ホームページのキャリア採用情報を確認してみたところ、業種・職種に限らず、学歴の条件も特になく、各業種・職種の経験さえあれば誰でもエントリーできる仕組みになっています。

このことから「即戦力の確保」「実力の人材の確保」などを目的にしていることが伺え、誰にでもキャリアアップのチャンスがあると言えます。

キャリア採用のエントリーはサイバーエージェントの公式ホームページや、サイバーエージェントを取り扱う転職エージェントやサイトでいつでもエントリーできます。

キャリア採用の難易度は?

キャリア採用において誰にでもチャンスがあることはわかりましたが、ここで肝心になるのは、サイバーエージェントに転職するための難易度です。

サイバーエージェントの社員は90%が30代、中途採用の割合は50~60%とされています。

この中途採用の割合と、上記の「キャリア採用の傾向」、公開されている求人の事業や職種の多さ、過去数年の採用人数の実績から考えれば、サイバーエージェントは中途採用に関して積極的であると言えます。

サイバーエージェントに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

ここではサイバーエージェントの事業内容や職場環境など、サイバーエージェントに関する基本情報やニュースなどを紹介していきます(企業概要、事業内容、採用情報などは公式HPから)。

企業概要

社名株式会社サイバーエージェント CyberAgent, Inc.
本社所在地東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
代表者代表取締役社長 藤田 晋
設立 1998年3月18日

設立は1998年と以外にも古くからある企業で、社長の藤田晋氏は多くのメディアに度々登場する時の人でもあります。

一般人から著名人御用達のコミュニティサービス「アメバブログ」で一気に事業業績は右肩上がりとなり、その知名度は瞬く間に全国区となります。

その後も、動画配信サービス「FRESH!」や、インターネットテレビ局「アメバTV」の開局など、その時代に対応したソーシャルメディアサービスを続々とヒットさせ、現在に至ります。

2018年10月には新規事業「シーエーアニメーション」を設立し、アニメ制作事業に本格参入することを決定しました。

今後はオリジナルアニメの製作、それを元にしたゲームの製作なども行っていく方針を発表しています。

最近ではサイバーエージェントが運営するネットTV「アメバTV」にて、麻雀のプロリーグである「Mリーグ」を立ち上げたことが話題になり、各方面から多くの注目を集めました。

事業内容

  • メディア事業
  • インターネット広告事業
  • ゲーム事業
  • 投資育成事業

ブログサービスの「アメブロ」やネットTVの「アメバTV」以外にも、ゲーム開発や投資育成事業など、幅広く事業を展開していて、各事業それぞれの職種で人材を募集しています。

メインとなるのはメディア事業やインターネット広告事業を基軸としていますが、ゲームアプリの開発や配信なども活発的に行っていて、自社が配信しているゲームアプリの実況番組などをアメバTVで連日配信していたりなど、積極的に他事業も展開しています。

2018年10月に開幕した「Mリーグ」によって、「アメバTV」の視聴者数も右肩上がりし、サイバーエージェントは現在最も勢いのある企業の一つと言っても過言ではありません。

採用情報

上記でも紹介した新卒採用のビジネスコース、エンジニアコース、デザイナーコースと、キャリア採用、これら4つが主な採用コースとなっていて、キャリア採用は常時募集をかけています。

また、新規で事業も立ち上げていることから、今後さらに積極的に人材の確保を行うことが予想されます。

公式ホームページに掲載されている求人情報の多さから、展開する事業の豊富さ、それに伴う各部署の人材確保などを積極的に行っているのが伺え、給料・条件面も「能力に応じて」と強調されていることから、学歴よりも実力主義であることが伺えます。

平均年齢・平均年収

サイバーエージェントのスタッフ比率、平均年収推移などは以下になります。

役員・正社員1,509名
男女別比率男性69% / 女性31%
年代別比率40代10% / 30代48% / 20代42%
管理職の男女別構成男性81% / 女性19%
新卒・キャリア採用の比率キャリア58% / 新卒42%
平均年収の推移 607万円~780万円

この一覧からも、働いている男女比率のバランスよく、また平均年齢は31歳と発表されていることからも、サイバーエージェントは若くてパワーの溢れる企業というこことがわかります。

また、管理職の男女比率も女性が19%と高水準であること、女性社員の3割が「ママ社員」、産休育休後の復帰率が100%など、これらのことから、サイバーエージェントは女性が働く環境も整っていると言え、時代に柔軟に対応できる企業とも言えます。

従業員の58%がキャリア採用ということもあり、中途採用を即戦力確保の手段として積極的に活用していることが伺え、これは業務や職種における多少の経験があれば、極端に言えば誰にでもキャリアアップのチャンスがあるとも言えます。

サイバーエージェントのここ数年の平均年収の推移は、年代別、職種別によって差はありますが、年収の推移は607万円~780万円と高水準で、これは各事業の営業職や、プロデューサー職などの管理職の報酬が高いことも要因としてあります。

女性に対しての手厚い待遇や手当、高水準の給料、中途採用に積極的、これらの要素からサイバーエージェントは優良かつ将来性があり、おすすめの転職先と言えます。

サイバーエージェントの職場環境は?

ここでは、その職場で働く際に最も重要となる、サイバーエージェントの職場環境を項目別に見ていきます。

オフィス環境

サイバーエージェントの公式ホームページで職場環境を調べたところ、各事業それぞれオフィス環境が整っていて、各施設や設備など、どれも綺麗で使いやすそうです。

また、事業・職種、それぞれの目的に応じたスペースも各自用意されていて、ワークスペースがそれぞれ確立されているので、従業員が働きやすい環境を意識した会社作りがされていると言えます。

サイバーエージェントでは、綺麗なオフィスの維持や、使いやすい設備や施設など、従業員がストレスなく働ける環境を心掛けた会社作りをしています。

社風・評価制度

現代を代表する大企業である、サイバーエージェントの成長を支えているのが、ユニークな社風と、独自の評価制度である「人事評価制度」と言われています。

「目標」「役割」「評価」を基本コンセプトにし、それをベースにしたユニークな評価制度が、サイバーエージェント独自の人事評価制度です。

人事評価制度の肝となるのは「GEPPO」と呼ばれるシステムで、これは個々の目標の達成を可視化し、それと同時にシステム利用することによって、面談記録や、コメントフォローなど、評価に必要となるデータを作り、それを人事データとして活用するシステムです。

つまり「GEPPO」を使い、個々の評価をデータ化することによって、人事評価を平等に行い、また目標を見えやすくする効果が期待できます。

この「GEPPO」の他にも、サイバーエージェントではさまざまな人事評価が取り組まれています。

  • 捨てる会議 「決めた時は良いと思ったが、効果がなかったもの」や「過去には上手くいっていたが、今は機能していないもの」などの廃止を、社長に対してプレゼンする会議です。
  • あした会議 役員対抗で行われるバトル形式の決議案で、ホテルを使った合宿形式で新規事業を作り上げる会議です。

これらは多くある人事評価の一部ですが、サイバーエージェントでさまざまな取組が日々行われていて、それらに積極的に参加することによって、評価に反映されます。

サイバーエージェントで働く社員の口コミは?

ここでは、実際にサイバーエージェントで働かれている社員さんの口コミを紹介していきます。

ここでの口コミ情報は、転職・就職に役立つ情報サイト「キャリコネ」から、各項目で多かったキーワードを抽出してまとめてみました。

給料に関しての口コミ

  • 実力主義で成果によって給料が増える
  • 職種によって給料が異なる

給料に関しての口コミによると、実力・成果次第で給料が変わるといった口コミがほとんどで、仕事にやりがいを求めている方や、仕事に対して平等な評価を求める方には、おすすめの転職先と言えます。

やった仕事に対して正当に評価され、それに伴った報酬を得る事はある意味当然なのですが、現代社会ではその当然なことが難しい面も多くあるので、その当たり前のことをできるサイバーエージェントは、口コミからも良い印象を感じ取ることができます。

しかし、サイバーエージェントの給料や評価は、確かに高評価でしたが、職種によっては基本給が異なるという口コミも一部見かけましたので、応募の際には希望職種の情報をしっかりと把握する必要があります。

働く環境に関しての口コミ

  • 女性に対してのより良い環境が作られている
  • 社内イベントなどが定期的に開催されている

「女性が働きやすい環境」というキーワードが最も多く、エステ制度や育休復帰率90%など、女性に関して寛容的で、独身者から子育て世代まで、女性が働きやすい環境を企業が率先して作っていることが口コミからも伺えます。

女性に対しての手厚いサポート体制や待遇など、時代に必要とされる手当を手厚く行ってくれる点は好印象です。

また、福利厚生の充実さや、数万円の住宅補助など、性別に問わず手厚くサポートしてくれるなどの高評価も口コミには多くありました。

また社内イベントもよく開催されているようで、大きいイベントから、部署ごとの小さいイベントまで、さまざま開催され、社内コミュニティーを大事にしていることも伺えます。

やりがいに関しての口コミ

  • フィールドが大きいので活躍の場が多い
  • 評価がしっかりしているのでやりがいがある
  • 積極的にアピールすれば仕事を回してもらえる

上記の給料に関する口コミでもありましたが、サイバーエージェントでは、自分がやった仕事に対しての成果や実績が、正当に報酬に反映されるという口コミが多くありました。

これら評価や報酬に関しての口コミを全体的に見た限りでは、サイバーエージェントは非常にやりがいのある職場であると言えます。

口コミで最も多かったのは「成果と評価によって給料が増える」といった口コミで、仕事に対しての正当な評価と報酬が、社員のやりがいにつながっていると、口コミから分析できます。

また積極的にアピールすることによって、仕事がどんどんと回ってくるので、それをさらにこなせば評価につながるなど、いい循環で仕事を回していることも高評価です。

経営陣だけでなく、従業員一人一人が積極的に動くことによって、会社全体でサイバーエージェントを成長させていると言えます。

社風・評価まとめ

これまで紹介した社風・評価、口コミなどをまとめると

  • やった仕事に対して正当に評価される
  • 従業員一人一人にスポットを当てた評価制度
  • イベントなど従業員が息抜きできる
  • 女性が働きやすい環境

これらがポイントとしてあり、このことから、サイバーエージェントは、従業員一人一人が主役になれる職場作りを心掛けていると言えます。

働く者にとって、正当な評価や働きやすさは重要なテーマであり、それをできている企業はある意味貴重な存在で、サイバーエージェントには他の企業のモデルとなってもらいたいい企業でもあります。

サイバーエージェントへの転職を成功させる方法   

ここでは、サイバーエージェントへ転職するためにはどのような転職活動が必要になるのかなど、サイバーエージェントへの転職の手順や方法を、項目別に解説していきます。

サイバーエージェントに直接エントリーする

上記でもありましたが、サイバーエージェントの公式ホームページでは、常時キャリア採用を実施していて、そこで各事業、各職種に直接エントリーすることができます。

サイバーエージェントのトップページから「採用」をクリックすれば、各事業や職種の採用情報をいつでも見ることができます。

しかし直接エントリーをすることはできますが、この方法はおすすめできない方法であり、ハードルが非常に高いです。

理由は、転職活動においての情報収集が困難であること、それによって的確な書類作成や面接対策ができないことにあり、ほとんどが書類選考の段階で不採用になることが多いと予想できます。

転職エージェント・サイトを活用する

上記の直接エントリーに比べ最も効率的で、多く利用されているのが、転職エージェントや転職サイトを使った転職方法で、上記の直接エントリーよりも成功率が高く、また好条件、高待遇で転職できることもあります。

特に転職エージェントは、現代の転職活動においては不可欠なツールの一つとされていて、転職エージェントを上手く使うか使わないかで、転職の成功を大きく左右すると言っても過言ではありません。

これら転職エージェントや転職サイトを通じての転職成功率が高い理由は、「転職活動のサポートが手厚い」「面接対策が充実している」「選考書類の添削をしてくれる」「自分に合った求人を紹介してくれる」など、さまざまな要因があります。

サイバーエージェントに限らず、大手企業から優良な中小企業への転職活動の際に、最も多く活用されている転職方法であり、転職活動において不可欠なツールと言えます。

転職エージェントでは、「非公開求人の案内」「履歴書や職務履歴書の添削サポート」「各種面接対策」など、転職活動には不可欠な事を的確にアドバイス・サポートしてくれますので、サイバーエージェンとなど、有名企業や優良企業への転職の際にはおすすめです。

成功させるポイントは転職エージェント・サイトの活用

サイバーエージェントへの転職を成功させる最大のポイントは、転職エージェントや転職サイトを有効的に活用することです。

確かにサイバーエージェント公式ホームページで直接エントリーをすることはできますが、転職に関しての知識や、面接に対しての知識、さらに面接に至るまでの履歴書や職務履歴書の書き方などを的確に把握しておかなければ、せっかくエントリーしても不採用になる可能性の方が高いです。

しかし、転職エージェントや転職サイトを活用すれば、書類の添削や面接対策といった、転職活動に関するありとあらゆるサポートを、的確に行ってくれるので、サイバーエージェントに直接エントリーをするよりも確実に成功率は上がります。

サイバーエージェントをはじめとする優良かつ大手企業では、書類選考や面接内容が重要視されるので、このことからも転職エージェントや転職サイトの利用は特におすすめと言えます。

特にサイバーエージェントの藤田社長は「実績以上に人格重視」「やる気を引き出す組織風土の作り方」などをインタビューで語っているので、人間性を測る面接を特に重要視していると考えることができます。

サイバーエージェントへの転職を成功させるポイントは、サイバーエージェントの求人の取り扱う、転職エージェントや転職サイトを上手く活用するのが、サイバーエージェントへの転職を成功させる最大の手段でありポイントと言えます。

サイバーエージェントへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4

以下は、サイバーエージェントへの転職で、必ず登録すべきおすすめ転職エージェントと転職サイトです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントやサイトに登録して、サイバーエージェントの転職成功率を高めよう!

上記の転職エージェントやその他のサイトには、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、それらを上手く活用することがより良い転職成功の鍵となります。

そこでおすすめしたいのは各転職エージェントやサイトの特徴やメリット・デメリットを理解し、複数の転職エージェントやサイトに登録して併用して利用することです。

例えばA社とB社と併用して利用する際、「A社は豊富な求人量」「B社は充実したサポート」などと、他社のデメリットを上手く補うように活用すれば、転職活動に大いに役立ち、転職活動もスムーズに進めることができます。

転職エージェントやサイトの特徴やメリット・デメリットを把握し、併用して上手く活用しましょう。