サイボウズへの転職成功方法とは?中途採用・難易度・年収も徹底解説!

サイボウズへ転職したいんですが、どうすれば成功できますか?
サイボウズは中途採用においてエンジニアや営業を中心に幅広く募集しており、転職についてもチャンスがあります。

キャリアコンサルタント

しかし、人気企業であることには間違いないので、しっかりと対策をする必要があります。

キャリアコンサルタント

やっぱりそうなんですね。とても不安に感じてきました・・・。
安心してください。この記事でサイボウズに転職する方法についてご紹介しますよ。

キャリアコンサルタント

働き方改革でも注目されているサイボウズですが、よく新聞やネットで目にすることは多いのはないでしょうか?サイボウズは創業20年の若い会社ですが、東証1部に上場しており、グループウェアシェアNo1を誇る優良企業でもあります。

今後の働き方改革のモデルケースとしても注目されているサイボウズですが、サイボウズへ転職するための方法について紹介しています。 事業内容や社風などサイボウズの魅力も合わせて紹介していますので参考にして、転職活動に役立てましょう。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

サイボウズへの転職は可能?データから難易度を検証

人気企業であるサイボウズへの転職は可能なのでしょうか?公式HPではエンジニアを中心に幅広く募集をしています。東京だけではなく、大阪・松山・名古屋・仙台・福岡・広島での募集もあります。

採用人数についてはHPでは公開されていませんが、IターンやUターンを考えている人にも門戸が開かれています。東京でのサイボウズの転職はハードルが高いと感じたらあえて地方を狙ってみるのもひとつの方法です。

地域によってエンジニア職と営業職の募集が異なるため詳しくはサイボウズHP キャリア採用募集要項で確認しましょう。

中途採用は主にエンジニアだけ?サイボウズの求める人材を知る

転職するにあたり気になることは「サイボウズのキャリア採用はエンジニアが主体なのか」ということではないでしょうか。具体的な中途採用の人数については公表されておりません。

サイボウズ公式HPの社員紹介では、新卒・キャリア入社さまざまな人が紹介されていますが、エンジニアに限らず営業などのビジネス分野においてもキャリア採用の人が活躍されています。

新卒で10年以上勤務する人や最近入社されたキャリア入社の人など幅広くバランス良く配置されているため中途採用にありがちな「会社に馴染めない・とけこめない」といった心配はしなくても良さそうですね。

実際に公式HPからサイボウズの求める人材について見てみましょう。

キャリア採用募集要項から見るサイボウズの採用基準とは?

サイボウズキャリア採用募集要項を見ると、エンジニア職・ビジネス職・コーポレートスタッフの3つに分けて募集が行われています。セクションにおいて求められるキャリアや経験が異なるため、それぞれの特色を見てみましょう。

エンジニア職~理念に共感できるか

エンジニア職において、実務経験何年以上などの記載はありません。経験さえあれば経験年数問わず応募可能です。

それぞれの職種により求められるスキルは異なりますが、webアプリケーションエンジニア(JAVA)において必須スキルは特に明記されておらず、求める人材として「サイボウズのエンジニアが大切にしていることに共感し、自らも同様の取り組みを実践してきている方」とあります。

サイボウズのエンジニアが大切にしていることとして、以下の3つがあります。

  • チームで学習する
  • 自ら学習し改善する
  • 長期運用に耐える設計をする

エンジニアというと、個人的な職人の集合体と考える人もいますが、サイボウズはあくまでもチームプレイに重きを置いています。その理念に共感し行動できる人が望ましいとされています。

ビジネス職~ソリューション営業は人物重視

ビジネス職においては営業をはじめ、広報やプロダクトマネンジメント・その他の部門での募集があります。ビジネス職のキャリア採用においては経験が重視されるため、実務経験○年以上が求められる職種もあり、他の企業の採用条件とそう変わりはありません。

経験やスキルを具体的にアピールできるようにしておきましょう。ソリューション営業においては具体的な営業経験は問われず人物重視の採用条件になっています。勤務地も東京、大阪、名古屋、仙台、福岡と各拠点で募集しており、自分のなじみのある地域でサイボウズの営業として活躍したいという意気込みをアピールしても良いでしょう。

コーポレートスタッフ

コーポレートスタッフは財務・人事・法務統制の3セクションです。国内のみではなく海外展開も行っている勢いのある企業ですので、これらの部門においては相応のスキルが求められます。

  • 経理 上場企業での経理/会計部門経験3年以上もしくは監査法人や税理士法人での上場企業対応経験
  • 人事 企業での採用業務等3年以上
  • 法務 専門スキル

など、経験者重視の採用です。特に人事では会社の理念に深い共感を持てることが必要です。

サイボウズならではのユニークな部署として「感動課」なるものがあります。イベントの企画や研修の企画立案・実行、各種ムービーの制作など、イベントプロデュースを行う部署でもあります。

こちらの部署も「会社の理念に深い共感を持ち事業を理解できる人」を求めており、人物重視の採用基準です。我こそはと思う人は、チャレンジされてはいかがでしょうか。

U-29採用

サイボウズではキャリア採用の他にU-29なる採用枠があります。このU-29とは、文字通りアンダー29歳という意味合いと、独自な採用枠であるユニークを掛け合わせています。

実際にU-29制度で採用になった人は元公務員や銀行員など職種も幅広く在籍されています。それぞれが前職のキャリアを活かした活躍をしている点が興味深いですね。

業界・職種未経験でもチャレンジできるポテンシャル採用ですが、職種を限定せずに応募することができます。スキル・経験はないけれどサイボウズの理念に共感し、是非応募したい人は、このU-29の採用枠に挑戦してみることもひとつの方法です。

自分の今まで培ってきたスキルをサイボウズでどう活かせるのかアピールすることが、転職成功への鍵になります。

サイボウズの事業内容や職場環境は?

サイボウズに転職するにあたり、気になるのは福利厚生や社風、待遇などではないでしょうか。難関を突破して転職したとしても、福利厚生に不満を感じたり、年収が業務や経験にそぐわないなどのことがあれば、不満を感じながら働くことになるでしょう。

また業務内容や将来性においても気になるところです。

「サイボウズは働きやすい職場なのか?」「サイボウズの将来性は?」転職するうえでサイボウズの気になる点について、公開資料や実際働く先輩のクチコミを元に検証してみましょう。

会社概要

サイボウズは1997年に設立されています。2002年には東証2部に上場していますが、マザーズ上場が2002年なので約5年で東証に上場と、スピード感溢れる成長率です。

2006年には東証1部に上場し、名実共に一流企業の仲間入りを果たしています。そのネットワークは日本だけではなく、海外にも拠点をおくなどグローバルな展開をしていおり、世界中でサイボウズの製品が利用されています。

サイボウズとは、従業員468名を有する(2018 12月現在)創業から黒字経営を続けている将来性のある優良企業です。メインの商品であるサイボウズオフィス10は中小企業シェアNo1と、多くの企業で利用され着実な成長を遂げる会社です。

約20年余りでソフトウェア開発のベンチャー企業から、多くの企業で使用されるグループウェアを生み出す会社へと転身を遂げており、2001年に米国現地法人を設立するなど、早くから世界展開を視野に入れた事業展開を行っています。

日本1のグループウェアから世界で1番使われるグループウェアを目指して歩みを続けており、将来的にも期待できるでしょう。

年収

サイボウズの年収は平均年収595万円・平均年齢34.9歳です。(参照元:会社四季報)この年収を高いと見るか、低いと見るかはその人の価値観にもよりますが、一般的にIT・ソフトウェア業界は残業が多いとされているため残業代込みで平均年収がかさ上げされる傾向があります。

サイボウズは働き方改革を推進しており、在宅での勤務も可能です。そのため通勤時間も含めた実質労働時間で考えた場合はメリットも高いと言えるでしょう。

キャリコネに寄せられたクチコミを元に、実際に働く社員の年収データを検証してみましょう。

26歳 営業男性年収469万
26歳 技術男性年収445万
28歳 広告宣伝女性年収520万

この年収データから見ると、20代後半でも約400万~500万の年収があることがわかります。残業時間は職種によってまちまちですが、営業は残業時間が多い傾向があります。

逆に技術職でも残業が少ないケースもあり、配属されるポジションにより相違がある結果となっています。

福利厚生

サイボウズの福利厚生については、住宅手当や退職金がないため上場企業から転職した人から見ると手厚くないという感想を持つようです。いわゆる金銭的な手当についてはあまり充実はしていないと言って良いでしょう。

だからといってサイボウズでは全く福利厚生に重きを置いていないわけではなく、育児休暇を最長6年取得できたり、全社員が在宅勤務可能、複業推進などの取り組みがあり会社に縛られずゆとりを持ったワークライフバランスを取り入れることができます。

従来の満員電車に揺られ長時間勤務をするといった大企業スタイルではなく、自己裁量での働き方の工夫や年収アップが可能なため、これからの新しい働き方として注目をされています。

サイボウズは激務!?働きやすい!?

サイボウズは激務なのでしょうか?それとも働きやすい職場なのか、キャリコネに寄せられたサイボウズで働く社員の方のクチコミをもとに検証してみましょう。

休日出勤・残業について

  • ある程度自分次第、スムーズに対応していける人とそうでない人の違いが出る。どれだけ効率よく仕事ができるかが重要
  • 営業の数が足りないため夜中まで仕事をすることもある。
  • 社員の場合残業が多い傾向があるが早く帰っても問題は無い

残業や休日出勤の有無については個人の裁量による部分と、配属されたセクションによる部分が大きい傾向があります。部署を問わずいかに効率化できるかが鍵となるようです。

働き方について

  • パソコンを自由に使えるので外出の予定がなければどこでも仕事ができる
  • 業務はすべて自社ソフトを使用するが、慣れると快適に仕事ができる
  • 体調不良や急な私用による遅刻や欠勤、長期旅行などの有給休暇が非常に取りやすい
  • 出産・育児休業はかなり積極的に取り入れている

サイボウズの働きやすさを裏付けるクチコミが多く寄せられています。福利厚生については住宅手当などの金銭的な手当てはないものの、有給や出産・育児休暇が取りやすいなどのメリットがあります。

実際に出産・育児休暇を終えて復職する女性が多いとのクチコミもあり、女性にとって働きやすい職場とも言えるでしょう。

社風について

  • 社内結婚が多い
  • 部活動が盛んでクラブが20以上ある

平均年齢も30代半ばと若く、部活動も盛んなど活気のある社風が感じられます。女性が長く働ける環境も整っており、お互いの仕事環境も理解し合えるため社内結婚をして共働きをするカップルも多いのではないでしょうか。

男性の育児休暇も充実しているため、女性だけに負担にならない子育てできる環境は魅力的です。

サイボウズへの転職を成功させる方法

サイボウズで働きたいけれど採用されるにはどうしたら良いのでしょうか?サイボウズは勢いのある人気企業のため、転職するのは狭き門です。公式HPからの直接応募も可能ですが、誰でも応募が出来る反面、採用のハードルは高いと言えるでしょう。

そのような難関のサイボウズへの転職を成功させるには、転職のプロである転職エージェントに相談をすることです。転職エージェントは単なる求人紹介にとどまらず、企業の社風や求める人物像においても把握しているため、転職において必要なプロセスを教えてくれます。

転職活動を1人で行うと迷いや不安を抱えがちですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーが相談にのってくれるため心強く感じるでしょう。

サイボウズで働きたい!第二新卒の採用者数は?

サイボウズの第二新卒の採用者は正式に公表されておりません。第二新卒で応募する場合、条件に一致するのはキャリア採用かU-29採用です。サイボウズは東証一部に上場する優良企業のためキャリア採用の場合はそれなりのキャリアやスキルを必要とされます。

U-29採用の場合は職種やIT業界未経験でも、職種を限定せずに応募が可能です。応募条件は満たしていないけれど未経験でもサイボウズで働きたいという強い意欲があれば、応募できます。

しかしU-29採用での採用人数は明確には公表されておらず、採用されるのは狭き門であると言えます。

サイボウズの営業職で働くには?

会社の花形部署である営業職ですが、国内グループウェアのシェアNO1のサイボウズで、自分の力を試してみたいと思う人は多いのではないでしょうか。サイボウズの営業はソリューション営業と企画営業に分類されます。

ソリューション営業の応募条件を見てみると、ITに興味があることが歓迎スキルに挙げられていますが、実務経験については問われません。IT業界での就業経験がなくてもチャレンジ可能です。ソリューション営業の必須スキルは以下の通りです。

  • 目標に向かってチームで協力して最後まで取り組める
  • チャレンジすることを恐れず、柔軟な発想で変化を楽しめる
  • 物事を前向き・多面的に捉えられる
  • 提案資料作成能力(PPT)

サイボウズはチームで働くことに重きを置いています。営業といえば個人主義のイメージがありますが、あくまでチームでの営業活動であることを念頭に置くと良いでしょう。

サイボウズに転職を考えるなら、「チームで働くことの意義や必要性」「変化に柔軟に取り組める姿勢」などを具体的に伝えられるとよりあなたの意欲が採用担当者にも感じられるでしょう。

企画営業の場合、法人向けの営業経験5年が応募条件です。人事部門や経営者に対しての提案を行うため、歓迎スキルに人事業界経験者が挙げられているのもサイボウズの企画営業の特色です。

サイボウズへの転職で必ず登録すべきエージェント4選

サイボウズへの転職なら必ず登録しておきたい転職エージェント4選を紹介します。

どのエージェントも企業や求職者からの評価も高く、長年に渡る実績があるため安心して利用できます。

転職者はすべて無料で利用することができるので、エージェントを有効活用してサイボウズへの転職を成功させましょう。

次に、各エージェントの特色と実際に利用した人に対して当社が独自に調査を行った結果を紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントを複数利用したほうが良い理由とは

なぜ転職エージェントは複数登録するのがおすすめなのでしょうか。在職中の転職活動の場合、なるべくなら時間や手間をかけたくないというのが転職される方の本音でしょう。

複数転職エージェントを利用された方の実際の声を、当社が独自に調査しました。

25歳女性 電機メーカー経理

複数のエージェントを比較することで妥協せずに、自分に合った進め方ができる転職エージェントを見つけることができたことです。

51歳男性 国家公務員

同じ就職先でも年収の加減がエージェントによって違うという事が分かった。有利・不利と難易度も変わるという事が良く分かりました。

30歳男性 家電量販店販売

それぞれコンサルティングに違いがあり、セカンド・オピニオン的な考え方が可能になった。その結果転職に成功した。

その他複数の転職エージェントを利用するメリットとして

  • ひとつの偏った情報に惑わされない
  • それぞれの転職エージェントにより扱う案件が異なる
  • どちらのエージェントが自分に合っているのか比較できる

などの声が複数転職エージェントを利用された方から挙げられています。転職エージェントとの担当者との相性や、同じ企業の求人でもエージェントによってパイプの強さが異なるケースがあります。

転職活動は人生を左右する大事なものであるため、手間を惜しまずに自分が納得いく方向に導いてくれるエージェントを見つけることが、成功の鍵です。

転職エージェントに登録する時に知っておくと便利なポイントとは

転職エージェントに登録する時に知っておくと便利なポイントについて紹介します。在職中の社会人の方が転職活動を行うには時間との戦いですが、いかに時間を有効活用できるかが重要です。

エージェントに登録をすると、キャリアアドバイザーとの面談が行われますが、エージェントによっては休日や夜間も面談のセッティングが可能です。電話面談に応じてくれるエージェントもあるため、面談の都合がつかない場合には相談をしましょう。

転職はタイミングがすべてのため「このプロジェクトが一段落したら転職活動をしよう」などと考えていると、自分に合った求人を逃してしまう場合があります。チャンスを逃さないためにも、早めに登録をすることをおすすめします。

面接対策や履歴書・経歴書の添削サービスを積極的に活用する

転職エージェントでは、面接対策や履歴書・職務経歴書の添削サービスなどを行ってくれます。これらのサービスは是非積極的に活用しましょう。プロの目線で採用担当に伝わる履歴書・経歴書になるようにアドバイスをしてくれるためとても参考になります。

面接対策においても、しっかりとしたレクチャーを受けられるためいざ面接の時にも慌てません。これらの対策を事前にするかしないかで採用率に差が出ますので、活用するようにしましょう。

複数の転職エージェントに登録して情報収集を行う

転職エージェントは1社のみではなく複数社利用するとエージェントの特色や、強み、キャリアアドバイザーとの相性などを比較することができます。転職先企業において情報を集める時にも各エージェントで、情報量や企業との交渉力に差が出てきます。

それらを比較しより有利な条件で転職活動を進められるように、情報収集は念入りに行うことが大切です。

なぜサイボウズに転職したいのかをあらかじめ明確にする

転職エージェントに登録をする前に、なぜサイボウズに転職をしたいのかを明確にしておきましょう。転職エージェントがあなたという人を企業に紹介するにあたって志望理由が「ただなんとなく」では動機が弱いと感じられます。

自分の実績やスキルなどを第三者に伝わるように数字で表したり、サイボウズはチームプレイが主体なため、企業のチームの一員ととして、自分は今までどのような仕事を行ってきたのかなどをアピールできる材料を用意すると採用確立がぐっと高まります。

転職活動をするにあたり、自分の価値を高めるためにも志望動機はしっかりと準備しましょう。サイボウズの公式HPでは実際にサイボウズで働く社員の声やキャリア採用で入社した転職者のアンケートなどを見ることができます。

実際に入社して自分はどんな仕事をしたいのかをイメージしてみましょう。

サイボウズに転職するための具体的な方法について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?国内にとどまらず、海外でもネットワークを広げるサイボウズは将来性もあり、これからの成長が楽しみな企業です。

そんな成長性のある企業で働くための転職のハードルは決して低くはないですが、チャレンジしがいのある企業です。転職活動は一人で行うと、方向性を見失ったり不安に感じる時もありますが、転職エージェントを利用すればプロのアドバイザーがバックアップしてくれます。

転職活動においても、エージェントというチームを有効活用して成功を勝ち取りましょう。サイボウズへの転職を成功させるためには複数の転職エージェントへの登録が成功の近道です。