みずほ銀行へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

転職を考えていて、「みずほ銀行」が気になるのですが、やはり転職難易度は高いですか?
みずほ銀行は、知名度が非常に高いことから転職志望者からの人気もかなり高いです。

キャリアコンサルタント

そのため、転職難易度は上がってしまうと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は厳しいですか?
簡単ではありませんが、ポイントを押さえれば、転職することはできます。

キャリアコンサルタント

この記事では、みずほ銀行への転職を成功させる方法についてご紹介しています。活用すべき転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

みずほ銀行への転職は可能?難易度を検証

まずは、みずほ銀行の転職の難易度を各種データから検証してみたいと思います。

公開されている求人は少ない

みずほ銀行の公開求人は2019年2月現在ではありませんでした。

各種転職サイト・転職エージェントでも求人は掲載されておらず、みずほ銀行のキャリア採用サイトでも「現在募集している職種はない」と記載されています。

非公開求人で掲載されている可能性が高い

みずほ銀行の求人情報は、公開求人よりも非公開求人で掲載されている可能性が高いです。

非公開求人とは、企業が求人サイトや転職サイト、求人誌等に公開せずに募集する求人で、主に転職エージェントだけを通して応募することができます。

みずほ銀行などの大企業では、求人サイトに公開してしまうと応募が殺到しすぎてしまう、選考に時間を取られすぎるなどのデメリットがあるため、公開を控えることが多いです。

そのため、求人サイトや企業ホームページに求人がなくても、非公開で求人を出している可能性が十分にあります。

転職倍率や難易度は高い

みずほ銀行への転職の難易度は高いことが予想されます。

みずほ銀行に在籍する社員の学歴は高く、新卒の内定者でも早慶・MARCH・関関同立以上の学歴の方が多くを占めています。

その学歴に届かない大学の方もいらっしゃいますが、少数派であることは間違いありません。

また公開求人も少ないため、倍率・難易度共に高いと予想されます。

みずほ銀行へ転職するなら知っておきたい年収・事業内容・職場環境

みずほ銀行への転職難易度は高いことが予想されますが、絶対に就職できないというわけではありません。

みずほ銀行の事業内容や制度等をしっかりと理解して、自分にはどのようなことができるのかをアピールすることで、採用される可能性も高くなります。

ここでは、みずほ銀行の事業内容、福利厚生や残業時間などの職場環境を説明していきます。

会社概要

社名株式会社みずほ銀行
代表取締役頭取
藤原 弘治(ふじわら こうじ)
本社所在地〒100–8176
東京都千代田区大手町1–5–5(大手町タワー)
発足日2013年7月1日
資本金1兆4,040億円
従業員数30,301人
平均年齢41.0歳
平均年収745万円
事業内容預金業務
貸付業務
商品有価証券売買業務
有価証券投資業務
内国・外国為替業務
社債受託および登録業務

みずほ銀行は、2013年に設立された3大メガバンクのうちの1行の大手都市銀行です。

みずほ銀行は、2013年にみずほ銀行とみずほコーポレート銀行が合併し、新しいみずほ銀行として設立されました。

現在はみずほフィナンシャルグループの中核として、国内・国外共に強固な事業基盤を築いており、メガバンクで唯一全国47都道府県に支店をかまえています。

事業内容

みずほ銀行は具体的にどんな業務を行っているのでしょうか。ここでは、実際のみずほ銀行で行われている主要な業務内容を解説していきます。

One MIZUHO戦略

みずほ銀行の事業内容を知る上で欠かせないのが『One MIZUHO』戦略です。

One MIZUHOとは、みずほフィナンシャルグループが中期経営計画のビジネスモデルを表した姿です。

みずほフィナンシャルグループが抱える銀行・信託銀行・証券会社の3つのネットワークを強化し、お客様第一を念頭に、金融に関する課題を解決するベストパートナーとなることを目指しています。

お客さまと社会の持続的成長を支える総合金融コンサルティンググループとなるために、5つのカンパニーを設立しています。

リテール・事業法人カンパニー

主に、個人のお客様と中小・中堅企業に向けたサービスになります。

個人のお客様にはコンサルティング営業を通して、貯蓄・投資・資産形成・資産継承へのニーズを強化していくと共に、ITを活用し利便性の高いサービスの開発・提供を行っています。

中小・中堅企業には、経営戦略、事業の拡大・継承、グルーバル展開などコンサルティングを通して最適なソリューションを提供しています。

大企業・金融・公共法人カンパニー

国内の大企業に対して、事業戦略・財務・海外・人事など幅広い分野に関して、みずほの持つ強固なネットワークと機能を活かし、トータル金融ソリューションサービスを提供しています。

様々な経営課題に対して、みずほフィナンシャルグループが持つ幅広いサービスを通してサポートを行い、企業価値を向上させています。

グローバルコーポレートカンパニー

日系企業に対しては、みずほの持つ多くの海外進出に関する情報提供や事業戦略のサポートを行っています。そのため、世界各地で拠点を開設し、海外政府などとのつながりの強固にも力を入れています。

また、非日系企業に対しては、全世界で約300グループの優良企業にフォーカスするGlobal300戦略を推進しています。非日系の優良企業と長期的な関係を築き、成長を目指します。

グルーバルマーケッツカンパニー

個人・金融・投資家など国内外の幅広いお客様に対して様々なリスクヘッジ・運用ニーズのサポートを行っています。

そのため、金融業界の市場動向の調査・分析・予測を行い、投資戦略に最適なソリューションを提供しています。

アセットマネジメントカンパニー

銀行・信託銀行・証券会社が一体となって、多様な運用ニーズに対してグループの抱える資産運用のノウハウを集結させた最高水準のサービスを提供しています。

具体的には、確定拠出年金・確定給付年金・ラップ口座などの運用のサポートを行っています。

みずほ銀行の平均年収

みずほ銀行で働く場合の平均年収を見てみましょう。

過去9年分の平均年収から見ると、みずほ銀行の年収は745万円となっています。(有価証券報告書より)

ちなみに他のメガバンクと比べると、三井住友が883万円、三菱UFJが774万円となっており、メガバンクの中では一番低いですが、銀行員の平均年収は650万円ほどなのでみずほ銀行は高い水準と言えるでしょう。

また年齢別に年収を見てみると、

20~24歳313万円
25~29歳537万円
30~34歳595万円
35~39歳615万円
40~44歳689万円
45~49歳779万円
50~54歳845万円
55~59歳837万円
60歳~700万円

 

となっており、年齢が上がるにつれて給与も上がっていきます。

ちなみに役職がつくと年収がぐっと上がるようになっており、係長で830万円、課長で1000万円、部長まで行くと1200万円まで年収が上がるそうです。

みずほ銀行の福利厚生

みずほ銀行の福利厚生は充実してると言えます。

各種社会保険や持株制度、有給制度、交通費支給、住宅関連制度、産休育休制度など基本的な制度は整っています。

更に、設備は比較的新しくきれいに保たれているほか、テーマパークに安く行けたり、社員食堂で安く昼食を食べれたりと嬉しい制度があります。

みずほ銀行の労働環境

みずほ銀行の残業時間は平均月20時間前後です。

近年では残業に対する施策も施されており、残業時間を年で120時間以内に抑えるような制度もあるそうです。

また、職場にもよりますが比較的有給は取りやすい環境です。

みずほ銀行への転職を成功させる3つのポイント

みずほ銀行は採用の枠が狭いこと、さらに選考倍率も高いことから、内定を獲得することは容易ではないでしょう。

下手をすれば、書類を通過できず面接すら受けることができないことも十分にあり得ます。

そのため、みずほ銀行への転職を考える際は、しっかりと対策を練る必要があります。

キャリアビジョンを明確にする

まず、自身のキャリアビジョンを明確にする必要があります。

キャリアビジョンとは、1年後・3年後・5年後など自分の将来にどんな仕事をしていたいか、どんなキャリアを歩みたいかを具体的にしたものです。

キャリアビジョンをしっかりと定めることで、志望動機への深みを出すことができ、また一貫性を持たせることができます。

なぜみずほ銀行に入社したいのか、またそのためにどんな行動を取るのか、みずほ銀行でなくてはいけないのか等まで、しっかりと答えられるようにキャリアビジョンを明確にしましょう。

自身のスキルを確認する

次に、自身の持っているスキルを確認しましょう。

あなたの持っているスキル・経験がみずほ銀行でどう生かすことができるのか、またみずほ銀行にとってそれはどうメリットがあるのかを考えましょう。

またそのためにみずほ銀行を知ることも大切です。自分の持っているスキルがみずほ銀行のどの事業に役に立つのかは、みずほ銀行自体を知らないと話せません。

HPやIR情報などにしっかりと目を通しておくようにしましょう。

転職エージェントを利用する

最後に、採用の確率を上げるためには転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントでは、上記で挙げたような対策を、転職のプロがマンツーマンで行ってくれますし、みずほ銀行への非公開求人を抱えている可能性もあります。

また転職エージェントは、過去にみずほ銀行の選考を受けたデータ等を所持しており、そこから採用されやすい回答などを導くこともできます。

さらに、みずほ銀行以外にも似ている会社や希望する条件を満たす求人案件を一緒に紹介してくれるため、思わぬ企業との出会いもあるかもしれません。

みずほ銀行への転職で必ず登録すべき転職エージェント・サイトTOP6

それでは、みずほ銀行への転職を考える際に利用するべき転職エージェントを6社紹介いたします。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

コトラ

「コトラ」は、東京都内の金融系に強い転職エージェントです。また、企業の経営幹部(CEO・COO・CFOなど)にも強く、ハイキャリアの転職をしたい方にもおすすめです。

コトラの求人案件は金融・コンサルタント・ITに特化されており、特に金融系においては幅広い職種の求人案件を保有しています。

金融系に特化している分、キャリアアドバイザーも金融系に精通しており、専門的な知識や提案力が高い転職エージェントです。

また、求人案件の大半が東京都内であるため、関東圏以外で転職を考えている人には向いていないので注意が必要です。

登録する(無料)

ウィルハーツ

「ウィルハーツ」は、代表が外資系金融機関出身であり、その知識とスキルを活かした金融系特化型の転職エージェントです。

メガバンク・証券会社・投資信託銀行・生命保険会社・M&Aファーム・投資ファンド・アセットマネジメント・外資系金融機関など幅広い求人案件を保有しています。

また、同社のキャリアアドバイザーは、金融機関で豊富な実績を持った金融業界のスペシャリストが多く、実務経験を活かしたアドバイスを受けることができます。

サポート面も充実しており、金融系に特化したキャリアの提案、書類選考のアドバイス、面接対策などポジションに合ったアドバイスを行ってくれます。

しかし、同社はハイキャリア向けの転職エージェントとなっており、金融業界未経験者だとあまり求人を紹介してくれない場合があるので注意が必要です。

登録する(無料)

転職エージェント利用の流れ

転職エージェントに実際に登録してからの流れはどうなっているでしょうか。実際に登録してから、内定までの流れを見てみましょう。

①転職エージェントに登録する

まずは、転職エージェントのホームページから登録します。

転職エージェントによって項目は異なりますが現在の職業や年収、希望する職種や勤務地、基本的なプロフィールなどを記入すればすぐに登録を行うことができます。

②転職エージェントから連絡が来る

登録後、1週間程度で担当のキャリアアドバイザーから電話かメールで連絡が来ます。希望する転職先の条件の確認や、面談日の調整などを行います。

③担当のアドバイザーと面談

面談日の調整を行った後、実際に来社して担当のキャリアアドバイザーと面談を行います。

転職希望者のスキル・キャリアの棚卸から、希望する企業の条件までヒアリングを行い、早ければその場で求人情報を紹介してくれる場合もあります。

※来社が難しい場合は、電話での面談も受け付けている転職エージェントもありますので、しっかりと確認しましょう。

④書類・面接対策

ヒアリングを行った後に、希望に合った求人情報の紹介を行ってくれます。その中にはもちろん非公開求人も含まれています。

そこに、行きたい企業があれば、早速申し込み、キャリアアドバイザーが手続きを進めてくれます。

その後、その企業の傾向・特徴をもとに、転職希望者と共に職務経歴書などの書類や面接対策を一緒に行ってくれます。

また、企業に応募する際には、担当のキャリアアドバイザーが推薦状を書いてくれます。

推薦状とは、なぜその企業に応募することになったのかが書かれており、面談でアドバイザーと話した内容がもとになっております。

この推薦状が選考で有利に働くケースも多々あるので、推薦状もしっかりと確認するようにしましょう。

⑤面接・内定

実際に応募したら、面接が行われます。面接日などの調整も、キャリアアドバイザーが間に入り、転職希望者の代わりに調整を行ってくれます。

また、自分では聞きづらい年収や入社日の調整などもすべてキャリアアドバイザーが行ってくれるため、面接対策にだけ集中して取り組むことができます。

転職エージェントを上手に活用するコツ

転職を成功させたいと誰もが思っているはずです。そこで、転職に失敗しないためのコツを紹介します。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントには、一つではなく、複数社に登録するようにしましょう。なぜなら、

  • 転職エージェントによって抱える求人が異なる
  • 担当のキャリアアドバイザーとの相性が異なる
  • 強い業界が異なる

といったような理由があるからです。

転職エージェントに登録すると、基本的にまず担当のキャリアアドバイザーが付きますが、会社によってキャリアアドバイザーとの相性が違います。

一方のキャリアアドバイザーとはうまくいかなかったのに、もう一方のキャリアアドバイザーとはうまくいったというような話はよくあるため、

1つで満足せずに、必ず2社以上の転職エージェントに登録するようにしましょう。

担当とうまくいかない様だったら申し出る

担当のキャリアアドバイザーとかみ合わない様だったら、恐れずに変更を申し出るようにしましょう。

転職エージェントによっては、担当のキャリアアドバイザーを変更してくれるところがあります。

転職活動において、キャリアアドバイザーの存在は非常に重要なので、遠慮せずに自分に合った担当に出会えるように変更を申し出ましょう。

定期的にログインを行う

中には、転職をしたいけど忙しくて今すぐに転職活動を行えるわけではない。といった方も多いでしょう。

そういった方でも、転職エージェントに定期的にログインするようにしましょう。

なぜなら、転職エージェントには日々新たな求人情報が入ってきます。そういった求人の案内を転職希望者に連絡するわけですが、

連絡をする優先順位が、最終ログインや更新日が近い人に優先的に送るようにしている会社が多いからです。

最終ログインが昔になればなるほど、もう転職活動が終わったとみなされ、求人の案内を送る頻度が少なくなってしまいます。

忙しくても、最低週に一回は転職エージェントの会員ページにログインを行い、最新の求人情報を獲得するようにしましょう。

みずほ銀行への転職まとめ

いかがだったでしょうか。今回はみずほ銀行への転職に関する情報を紹介してきました。

みずほ銀行への転職は採用枠が少なく、ライバルが多いことから転職難易度は高いことが予想されます。

そのため、転職エージェントをしっかりと活用し少しでも確率を上げるようにしましょう。