日本電産へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日本電産に転職したいです。こんな人気企業に中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
日本電産は、日本を代表する企業の一つであり、かなり転職難易度は高いと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は難しいでしょうか…?
簡単ではありませんが、転職エージェントを活用し、しっかりと対策をすれば、転職できますよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!ちょっぴり安心しました。
この記事では、そんな日本電産への転職方法について解説しています。事業内容職場環境についてもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

日本電産(Nidec)は京都府発祥の世界一の総合モーターメーカーであり、日本を代表する憧れの超一流企業です。

ここでは、そんな超一流企業である日本電産への転職は可能なのか?その難易度は?などの検証を行い、日本電産への転職におすすめの転職エージェントを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

日本電産への転職は可能?データから難易度を検証

公式ホームページにアクセスしてみたところ、現在日本電産の中途採用では、さまざまな職種や分野での求人情報が公開されています。

日本電産の採用情報

現在日本電産では、「新卒採用」「中途採用」どちらも人材を募集しています。ここでは、日本電産の「中途採用」に関する情報をメインに紹介していきます。

中途採用の職種など

  • 製品開発・設計
  • 製作技術
  • 品質管理・監理
  • 営業
  • 企画
  • 管理部門
  • 研究

主にこれらの分野が募集の対象で、これらは日本電産のホームページの「採用情報」から、いつでもエントリーすることができます。

日本電産の求人情報は随時更新されるので、日本電産への転職を考えられらている場合は、常に採用情報の「中途採用情報」をチェックしましょう。

カムバック制度について

日本電産の採用には「カムバック制度」と呼ばれる制度が設けられています。このカムバック制度とは、育児や介護などといったやむを得ない事情によって、日本電産を退職した元社員が、日本電産に復帰できるという制度です。

もちろん日本電産元社員が対象となる制度ですが、例えば「日本電産を退職し新しい会社に転職したが、再び転職を考えている」、「育児が落ち着いたので転職活動をしている元社員」このような理由で転職活動をされている方は、一度日本電産のカムバック制度をチェックしてみて下さい。

日本電産の今後の採用方針や目標

日本電産ではイベントやプロジェクト、好調な部門に関しての、今後の採用方針や目標を、公式ページで一般公開していて、それによって今後の採用傾向を分析することができます。

女性管理職(候補)採用

日本電産では「2020年女性管理職比率8%」という目標を掲げていて、女性管理職の採用を積極的に行っていると、公式ホームページで公開しています。

これは建前だけではなく、実際に2018年8月4日には女性管理職向けキャリアイベントを大阪で開催し、また過去には、グローバル購買統轄部の女性課長が日経ウーマノミクス主催のイベントに登場したりなど、女性を積極的に採用する方針を世間に向けて発信しています。

日本電産では、女性が管理職として働きやすい環境作りと、それに伴った女性管理職の積極採用を行っているので、女性の方で日本電産への転職を考えられている方は、チャレンジするにはいいタイミングであると言えます。

車載エンジニアの積極採用

日本電産の次の主力事業として急成長している車載事業に関する採用情報です。

日本電産には2030年10兆円という大きな目標があり、その目標を達成するためのキーとなる事業が、日本電産の次の主力事業となると言われている車載事業です。

この車載事業をさらに強化することが発表されていて、それに伴い車載事業のエンジニア募集も強化すると発表されました。

日本電産の採用に関する方針・施策

以下は日本電産が公開している、日本電産が求める人材の採用方針です。

  • 「三大精神(情熱・熱意・執念)」に共感しそれを体現出来る人
  • グローバルな視点を持ち世界の変化を的確に捉えて、さらに自ら変革を起こしていきたいという気概を持った人
  • 職務や役割に応じた高度な専門性を身に付け、それらを発信出来る人

この3つが公開されていて少し難しい表現ですが、柔らかく言うと「情熱・熱意・執念を持って物事に取り組める人」「日本だけでなく世界を基準にし、自分発信で何かをやりたいと思える人」「状況に応じたスキルや専門性を身に付けて、それを武器に率先して仕事ができる人」このように解釈できます。

これらは特に難しい事ではなく、その会社で働く上では必要不可欠となる条件であり、ある意味一般常識のようなものなので、特にハードルが高いということはないと考えることができます。

情報やデータから見た日本電産への転職難易度

日本電産公式ホームページや現在の採用情報や、今後の計画等を調べたところ、日本電産は活発的・積極的に採用を行っていることがわかりました。

従業員の数も年々上昇していて、2012年の従業員数1749人に対して、2017年の従業員数は2576人と大幅に伸びていて、このことからも業績は成長し、採用の間口も大きくなっていると言えます。

各職種・分野によってそれぞれ事情は異なりますが、日本電産もその他の企業と同様に即戦力を確保できる中途採用、人材育成を目的にした新卒採用を随時取り入れていることからも、難易度はその他企業とあまり変わらないことが考えられます。

しかし、転職活動の成功率は難易度でそのまま表れるものではないので、例え難易度が低いと言われていても、それ相応の準備をしなければ、採用されるものも採用されません。

転職活動においてその企業の難易度は確かに大切ですが、それよりも、その企業に相応しい人間性であったり、能力・スキル・専門性であったり、選考書類や面接対策などの準備の方が、より大切であると言えます。

次項でも紹介しますが、日本電産の中途採用では、どの分野も経験やスキルが必要となり、またそれら経験やスキルに加えて、英語や中国語など、一定の語学力が求められるので、未経験者や語学力に自身のない方などには厳しい転職先と言えます。

しかし、語学力に関しては事業や部署によって必須条件ではなく、あれば歓迎といった場所もあるので、一定の語学力があり該当するスキルや経験があれば、採用されやすいとも捉えることができます。

日本電産に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

ここからは、日本電産の事業内容や業績など、企業に関する情報と、職場環境や評価制度などといった働く環境について紹介していきます。

日本電産 企業概要

正式名称日本電産株式会社(Nidec Corporation)
本社所在地京都府京都市南区
設立1973年7月23日
業種電気機器
事業内容精密小型モーター 電子・光学部品製造

京都に本社を置く、電気機器を取り扱う老舗メーカーで、2018年3月期の売上高は1兆4,881億円、営業利益は1,676億円と、この数字だけでも日本を代表する超一流企業であることがわかります。

特に、精密小型モーターの開発・製造においては、世界一のシェアを維持し、これを現在も継続していて、名実共に日本の経済を支える大企業です。

現在募集されている日本電産の採用情報

上記でも少し紹介しましたが、日本電産では現在さまざまな業種や分野で人材募集がされていて、以下は日本電産公式ホームページで募集されている職種や分野の詳細です。

情報システム(管理職~非管理職)

ネットワーク運用管理のリーダーである「アーキテクト」、そのアーキテクトを補佐する「エンジニア」を募集しています。これらは共に実務経験が必要です。

購買(管理職~非管理職)

購買施策を実践していくリーダーと、購買担当者を募集しています。原価低減活動の活動を行ったり、モーターに使用する加工部品や間接材、設備なども担当します。

メーカー購買の経験の他に、一定のコミュニケーションやTOEIC800点レベルの英語や中国語の語学力も求められます。

車載用制御設計エンジニア(非管理職)

日本電産の次の主力事業となる車載に関する採用情報で、車載用回路設計や車載用制御ソフト設計などを行う車載用制御設計エンジニアの募集情報です。

車載用回路設計実務経験やモーター駆動の制御(アルゴリズム)設計経験など、制御設計に関するさまざまなスキルや経験が求められます。

車載用制御設計エンジニア(管理職)

上記の管理職部門で、アナログ、デジタル回路設計やソフトウェア設計に関する管理の仕事が主な内容です。

アナログ、デジタル回路の確認及び承認経験やソフトウェアの確認及び承認経験など、制御設計を監理する上の知識や経験、スキルなどが求められ、その他にもTOEIC600点ほどの英語中級レベルも求められます。

車載用機械設計エンジニア(非管理職)

クライアントが求める製品の提案、見積もり、受注獲得、量産に向けての開発を主とする事業で、製品開発リーダー経験、モーター設計経験、機械設計経験などが求められ、こちらもTOEIC600点ほどの英語中級レベルも求められます。

モーター部品生産用プレス金型の技術設計(非管理職)

モーター部品のプレス金型技術設計が主な業務内容で、絞り・曲げ金型の設計経験などが求められ、TOEIC600点ほどの英語中級レベルも求められますが、技術レベルによっては不問とされています。

モーター部品生産用プレスの生産技術(非管理職)

モーター部品のプレス生産技術が主な業務内容で、絞り金型の経験が求められ、こちらもモーター部品プレス金型の技術設計と同様にTOEIC600点ほどの英語中級レベルも求められますが、技術レベルによっては不問とされています。

家電・産業用ソフトウェア開発(非管理職)

モーターを組込んだ家電用商材やロボットなど、モジュールのソフトウェア設計開発などが主な内容で、C言語での組込み系ソフトウェア開発知識、製品への組込ソフトウェア開発経験、電子回路技術、これらの経験やスキルが求められ、TOEIC600点ほどの英語中級レベルも、あれば歓迎されます。

品質保証(管理職~非管理職)

海外製造拠点の品質改善活動や、新機種の品質保証計画の策定と品質保証業務が主な内容で、日本電産の各拠点や関連企業の監査なども業務になり、コミュニケーション能力が高いことが必要となるため、英語力は必須条件とされています。

英語力の他にも中国語、スペイン語が堪能であったり、海外駐在経験など、これらに該当する方はさらに歓迎されます。

日本電産の平均年収や平均年齢は?

2018年に公開された日本電産の2017年の平均年収と年齢は、平均年収が6,630,076円、平均年齢が39.5歳となっています。

2012~2017年の平均年収・年齢

年度平均年収平均年齢
2017年約663万円39.5歳
2016年約643万円39.6歳
2015年約655万円39.0歳
2014年約636万円38.6歳
2013年約600万円38.1歳
2012年約583万円37.5歳

平均年齢はほぼ横ばいですが、平均年収に至っては2012~2017年の6年間でおよそ80万円近く上昇しています。

日本電産が取り扱う小型モーターのシェアが世界一でありそれを維持・継続していること、2030年10兆円目標を掲げていること、表にあるように平均年収が年々上がっていることなどを踏まえると、日本電産は今後も安定した企業であり、安定した年収が望める企業でもあると言えます。

日本電産に関する口コミから職場環境を分析

その企業の職場環境を調べる上で、実際にその企業で働かれている方の口コミは、大きな参考となります。

ここからは、日本電産の職場環境を、企業に関するクチコミ情報を提供するウェブサイト「キャリコネ」に掲載されている口コミから、項目別に分析していきます。

職場環境・待遇

  • 産休・育休後にすんなり復帰できる
  • 福利厚生はわかりやすくて良い
  • 禁煙手当など独自の試みがある
  • 全体的に手当が充実している

これら意見が特に目立っていました。

特に多かった意見は、女性社員の産休や育休に寛大的で、すぐに職場復帰できるなど、女性が働きやすい環境が整っていると言えます。

それ以外には、手当に関しての口コミが多く見られ、禁煙手当で月1万円支給されたり、30歳を超えて寮に住んでいない場合は、勤務地手当で3万円支給されたり、扶養の配偶者がいる場合はさらに2万円支給されたりなど、社員の状況や環境に合わせた手当が厚めに支給されている印象です。

仕事のやりがいや評価

  • 実力主義で結果次第で評価がなされる
  • 手を挙げればさまざまなプロジェクトに参加できる
  • 年齢に関係なく重要な仕事が回ってくる

年齢に関係なく、全ての社員にチャンスがあり、その結果や成果に応じて正当に評価されるようです。

また、海外プロジェクトや重要な案件でも、手を挙げれば年齢や経験に関係なくチャレンジできるので、その点も仕事にやりがいが持てる要因と言えます。

しかし、部署によっては仕事量と評価が合わないなどといった意見も多かったので、どのような部署が自分に向いているか、どのような部署がどのような仕事量であるかなどは、事前に調査する必要があります。

女性の働きやすさ

  • 産休後復職している女性社員がたくさんいる
  • 女性管理職を目指すには良い会社

採用情報でも少し紹介しましたが、日本電産は女性が働きやすい環境、女性管理職の増員を大々的に掲げていて、それは実際に日本電産で働かれている女性社員の方々も実感しているようです。

企業の事前調査は転職エージェントを活用

これら口コミでもわかるように、転職活動において事前に企業の情報収集を行うことは、日本電産に関わらず、どの企業への転職活動においても重要です。

一般人が企業の情報を入手するのは簡単ではありませんが、転職活動で転職エージェントを利用すれば、掘り下げた情報を入手することができます。

転職エージェントを利用した際は、転職希望者である登録利用者に専属のキャリアアドバイザーが担当することになります。

キャリアアドバイザーは企業側との信頼関係によって仕事が成り立っているため、一般人では知りえない企業の情報をいくつも持っています。

キャリアアドバイザーは、転職活動に有利になる情報を、必要であれば登録利用者に提供してくれるので、企業情報を入手したい場合は、担当するキャリアアドバイザーとの関係を大事にしましょう。

日本電産への転職を成功させる方法

では、実際に日本電産への転職を成功させる方法は、どのような方法があるのでしょう?

ここからは、日本電産への転職方法や手順、転職を成功させるポイントなどを紹介していきます。

エントリー方法は2パターン

日本電産の求人情報にエントリーできる方法は2パターンあり、日本電産のホームページや、日本電産の求人を取り扱う転職サイトから直接エントリーする方法と、転職エージェントを通じてエントリーする方法の2パターンです。

以下では各パターンの方法や詳細について解説していきます。

日本電産の選考フロー

各パターンの解説の前に、まずは日本電産の選考フローを紹介します。

  1. 希望の職種や分野を選んでエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接
  4. 採用されれば、配属先や処遇などをメールで提示
  5. 入社(日本電産の入社日は原則として毎月1日)

日本電産の公式ホームページによると、採用作業はこの手順で行われ、エントリーから面接までの流れは、一般的な企業と同じと言えます。

直接エントリー

日本電産のホームページや、日本電産の求人を取り扱う転職サイトから直接エントリーする方法です。

特徴
  • 自分でじっくり選べる
  • 上手くいけはすぐに転職できる
  • 自分のペースで転職活動を行える

これらメリットが考えられますが、転職活動にかんする全ての工程を自分で行わないといけないため、転職に関する知識やノウハウが必要です。

人事出身の方や、どこかの企業の元幹部であれば、スムーズに転職が成功することもありますが、書類選考用の書類作成や、面接対策などを独自で行う必要があるので、転職活動の効率は非常に低くなります。

有名企業や、競争率の高い企業の場合は、直接エントリーのほとんどが書類選考の段階で落ちてしまうことが多いので、日本電産への転職活動にもあまりおすすめできる方法ではありません。

転職エージェントを通じてエントリー

人材サービス企業が運営する転職エージェントを通じてエントリーする方法です。

特徴
  • 非公開求人の紹介を受けられる
  • 書類作成や面接のサポートをしてくれる
  • 企業への後押しをしてくれる
  • 企業の情報を入手しやすい

転職エージェントは、簡単に言えば転職希望者の「転職活動をサポート」してくれる転職活動支援サービスで、近年転職市場で大きな注目を集めています。

DODA(デューダ)やリクルートなどをはじめとする、人材サービス企業が運営するサービスなのですが、基本的に無料でサービスを利用することができます。

特に大手企業などの転職の際に使われることが多く、大手企業を対象とした「非公開求人」の案内や、その企業への応募の際に必要となる選考書類の作成サポートなど、転職活動に関するあらゆるサポートを行ってくれます。

転職エージェントでは、特に面接対策や書類作成サポートに力を入れていて、書類選考を通過しやすい書類の書き方や、企業の特徴に合わせた本格的な面接対策など、キャリアアドバイザーが持つ企業の情報を元にこれらサポートを行い、万全の準備で面接本番に挑むことができます。

これら本格的なサポートは、転職にも大きな助けとなるので、日本電産への転職は、自分で直接行うよりも、転職エージェントを活用して行う方がおすすめです。

日本電産への転職で必ず登録すべきエージェント

ここからは、日本電産への転職におすすめの転職エージェントの、特徴やメリットを順番に紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

日本電産の転職は、複数の転職エージェントに登録するのがポイント

日本電産への転職活動に限らず、転職活動をスムーズに行いかつ成功率をあげるポイントは、転職エージェントを複数登録することです。

ここで紹介した転職エージェントには、それぞれ特徴やメリット・デメリットがあり、それらをしっかりと把握して上手く活用することが、転職成功への大きなポイントです。

転職エージェントには、非公開求人を多く取り扱っているところや、サポートが充実しているところなど、それぞれ強みが異なります。

自分の転職活動とマッチした転職エージェントを複数登録して、併用して活用しましょう。