薬剤師が企業で働くのはどう?仕事内容やメリット・デメリットまとめ

「企業で働く薬剤師」が気になるのですが、普通の薬剤師とは違うのでしょうか?
“薬剤師”ということには変わりありませんよ。ただ仕事内容などは違います。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、そんな企業薬剤師について詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアコンサルタント

薬剤師が活躍する職場といえば、調剤薬局やドラッグストア、病院などを思い浮かべる人が多いでしょう。

ですが、企業に勤める企業薬剤師も注目を集めています。

ここでは、企業の薬剤師の仕事内容や年収、そしてメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。

薬剤師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

薬剤師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】薬剤師転職サイトランキング!人気58社の口コミ・評判を比較
  1. 薬キャリエージェント ロゴ
  2. ファルマスタッフ ロゴ
  3. リクナビ薬剤師 ロゴ

薬剤師が企業で働くのはどう?まずは基本情報から確認!

まずは製薬企業の仕事内容について詳しくご紹介します。

仕事内容

企業で働く薬剤師と一言で言ってもさまざまな職種があります。

ここでは、主な企業で働く薬剤師の仕事内容についてご紹介します。

  • 管理薬剤師
  • 研究職
  • 開発職(治験・品質管理(CRC))
  • 薬事
  • 学術(DI)
  • 営業(MR)
  • 企業内診療所

職場によって作業内容はさまざまな「管理薬剤師」

管理薬剤師
仕事内容職場全体の管理・監督
メリット責任感がある / 年収がアップする
デメリット副業ができない / 負担が重くなる
平均年収300〜800万円

調剤薬局や製薬企業、ドラッグストアといった医薬品を扱うような職場では、この管理薬剤師を配置しなければならないと定められています。

ただ、この管理薬剤師の仕事内容は、その職場の状況によって大きく異なります。

たとえば調剤薬局やドラッグストアの管理薬剤師は、商品を管理し、従業員をまとめることが仕事です。

一方、企業で働く管理薬剤師は、品質管理、在庫管理、情報管理が主な仕事です。

品質管理とは、医薬品や医薬部外品の品質が基準通りに守られているか、原料から調べてどうかをチェックする仕事です。

そして同じ企業であっても、職場が企業の本社である場合は薬事申請に関する書類を扱う仕事が多く、倉庫勤務の場合は在庫管理が中心の仕事が多くなります。

年収にもまちまちであり、300万円台であることもあれば、800万円ほどとなることもあります。

これは、職場に入社してからの年数や、貢献度によって年収が大きく変わるためです。

新薬に携わることができる「開発職(治験・品質管理)」

開発職(治験・品質管理)
仕事内容研究の段階とされている薬を扱い、安全性を確かめたり、治験データを集めたり、副作用について調べたりする
メリット残業が少なく、週末・祝日は休みが多い / 未経験でも転職しやすい
デメリット精神的なストレスを抱えやすい / 仕事にやりがいを見いだしにくい
平均年収700万円~1000万円

開発職は、製薬企業、治験受託開発機関、化粧品や食品のメーカーなどの研究・開発部門において新薬の開発を行なう仕事です。

まだ研究の段階とされている薬を扱い、安全性を確かめたり、治験データを集めたり、副作用について調べたりするのです。

ちなみに、これらの仕事を自社内で行なう場合はメーカー勤務となり、外部委託機関として行なう場合は治験受託開発機関においての勤務です。

開発職はこのような仕事をするため、薬に関して深い知識を求められますし、求人数もあまり多くはありません。

年収も経験によって左右されることが多く、未経験であれば300万円台、平均でも500~600万円台、キャリアがあれば1,000万円以上になることもあります。

新しい医薬品の開発に携わる「研究職」

研究職
仕事内容製薬メーカーや化粧品メーカー、食品メーカーなどで新しい医薬品の研究を行なう
メリット年収が高い / 忙しくないときは定時で帰れる
デメリット自分のしたい研究ができないことがある / 少ない労働時間で結果を出さないといけない
平均年収700万円~1000万円

研究職は、製薬メーカーや化粧品メーカー、食品メーカーなどで新しい医薬品の研究を行なうことが仕事です

研究とは、薬理、分析、毒性、合成についての実験を繰り返す作業のことをいいます。

研究範囲によってチームに分かれ、それぞれのチームの研究内容に沿った実験を繰り返し、成果を得ていきます。

ときには会議または学会で発表をすることもありますが、基本的には研究をすることが日々の中心作業といえます。製薬企業に大きな利益を出すことも可能な、重要な仕事といえるでしょう。

ただ、研究職の仕事に就くことは、そう簡単なことではありません。

6年生の大学を卒業していることはもちろん、どの大学を卒業したのかということが選考基準になる場合もあるほか、さらに博士課程の修了が必須となることもあります。

なお、研究職の年収は高く、大企業での研究職になれば1,000万円を超える場合も珍しくはありません。

最新の医療情報を提供「MR」

MR
仕事内容製薬企業で扱われている薬について詳しい知識をもち、医療現場への営業を行う
メリット成果次第で年収がアップする / 薬学部を卒業しなくても良い
デメリット転勤がある / 自己管理能力が求められる
平均年収660万円〜700万円

MRは、製薬企業で扱われている薬について詳しい知識をもち、それを医療現場に伝える広報担当者のような業務をおこなっています。

それゆえに常に最新の情報を入手し、それに関わる勉強を怠らない姿勢が求められます。

けれど、この努力に見合ったやりがいや収入を得られるため、人気は高いです。

MRの平均年収は731万とされており、大手企業で働く場合は年収1,000万円となることもあります。

医薬品の知識を付けることができる「学術(DI)」

学術(DI)
仕事内容医薬品についての情報を薬剤師や医師に提供
メリット仕事を通して医薬品の知識が深まる / 残業が少ない
デメリット常に最新医療についての勉強が必要 / 責任が重い
平均年収700万円〜900万円

学術・DI(Drug Information)は、医薬品に関する情報収集を行い、その情報を薬剤師や医師に提供する業務を行っています

そのため、自社の医薬品や関連した深い専門知識を身につけることができ、薬剤師の中でも非常に優位に立てるというメリットがあります。

また、デスクワークが中心で、残業も比較的少ないため、プライベートとの両立ができるというメリットもあります。

医薬品について詳しくなれる一方で、常に最新医療について勉強しなければならないという点や、薬剤師や医師に提供する情報の重さゆえに、責任が重いというデメリットもあります。

平均年収も700〜900万円と高いことや、扱う情報など、かなりやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

医薬品を販売するのに必要な手続きを行う「薬事」

薬事
仕事内容医薬品を販売するために厚生労働省に申請を行う
メリット年収が高い /
デメリット高度な資格と知識が必要
平均年収300万円〜800万円

薬事は、医薬品や医薬部外品を販売するために、厚生労働省に申請を行う申請業務を行います

薬事申請は、製品の品質、治験データについて、きちんと薬事法に従ってまとめる必要があり、高度な資格と知識が必要になります。

そのため、年収も300〜800万円と幅はありますが、比較的高めとなっており、場合によっては1000万円を超えることもあります。

社員が利用する診療所で貢献「企業内診療所の薬剤師」

企業内診療所
仕事内容企業内にある薬の管理や調剤、社員のメンタルヘルスなども行う
メリット忙しくない / 残業が少ない
デメリット年収が高くない / 求人数が非常に少ない
平均年収400〜500万円

大きな企業になると、その企業で働いている社員用の診療所が設置されていることがあります。

このような診療所を企業診療所といい、ここにも薬剤師がいます。

近年では社員のメンタルヘルスが重要視されており、企業診療所の薬剤師はこういった問題についても知識を深めておく必要があります。

企業内診療所の薬剤師の仕事は、主に薬を管理したり、調剤をしたりすることです。

企業内のすべての社員が訪れるわけではないので、とても忙しいということもなく、働きやすい環境であるといえます。

ただ、企業内診療所での薬剤師の収入は、400~500万円ほどとなります。

働く環境が整っている反面、なかなか高収入にはつながらないというのが現状です。

平均年収

製薬企業で働く薬剤師の平均年収は、500〜700万円ほどで、他の業種よりも比較的高めです。

職場平均年収
企業500〜700万円
調剤薬局400〜500万円
ドラッグストア400〜600万円
病院350〜400万円
公務員400〜700万円

製薬企業の場合、どの企業に転職するかによっても年収が変わってくるので、年収アップがかなり期待できます。

薬剤師として企業で働く場合のメリット

企業薬剤師として働くうえでメリットだと感じるところは、どのようなところなのでしょうか。

実際に働いた人の声を参考にご紹介します。

福利厚生が充実している

調剤薬局や病院などで働く薬剤師に比べれば、企業薬剤師の福利厚生はとても充実しています。

特に製薬企業の福利厚生は手厚く、会社によっては9割もの家賃補助が出る場合もあるほどです。

ほかにも旅館やアミューズメントパーク、スポーツジムなどを安い価格で利用できるというメリットもあります。

正しく評価してもらいやすい

調剤薬局で行われる調剤や監査、そして服薬指導を例にしてお話しましょう。

これらの業務は、薬剤師として「正確にこなして当たり前」として評価されることが多いものです。つまりなにか形として実績を証明することがとても難しいのです。

また、調剤薬局やドラッグストアでは上司のエリアマネージャーが普段は職場におらず、限られた時間しか顔を合わせることがないため、正当な評価が得られないことも考えられます。

けれど企業薬剤師であれば、こういった心配はいりません。上司は同じ職場にいるので、企業内での実績や仕事に対する姿勢もきちんと評価してもらえます。

薬剤師として企業で働く場合のデメリット

企業薬剤師にはメリットもあれば、デメリットも存在します。

企業薬剤師として働くデメリットには以下のようなものがあります。

出張や転勤が頻繁にある

臨床開発モニターの仕事は、出張が多いことで知られています。

また、製薬企業のMRも5年ほどで全国転勤が繰り返されます。

独身のうちは身軽なのでまだいいですが、結婚して家庭をもつと転勤はとても大変です。

企業薬剤師から企業薬剤師への転職が大変

自分のそれまでの経験を活かすため、できれば同じ企業薬剤師のまま転職をしたいと思う人は多いものです。

けれど、企業薬剤師の求人というのは、新しいプロジェクトのための増員または欠員がでた際の補充のみです。

つまり、求人そのものが少なく、待遇もそれほど好条件とはいえないものが多いのです。

薬剤師として企業で働くのに向いている人

企業の薬剤師に向いている人とは、どのような人なのでしょうか。企業の薬剤師として充実した毎日を過ごすことができる人の特徴は、以下の通りです。

常に上昇志向をもって仕事に取り組む人

企業薬剤師の仕事内容からもわかるように、企業薬剤師が携わる業務はとても専門性が高いものばかりです。

そのため、専門的な知識を得たい、スキルアップをしたいという上昇志向をもっている人は、企業薬剤師に向いているといえます。

評価体系も整っているので、仕事の取り組み方も適切に評価してもらえるでしょう。

週末に休みをとりたい人

企業薬剤師の場合、基本的には土日が休みとなります。

調剤薬局で働けば病院に合わせた休日になり、多くは日曜日と平日に1日休みがあることが多いです。また、ドラッグストアで働いた場合は、営業が年中無休となるので、シフト制となることが多いです。

そのため、週末に2日続けてしっかりと休みをとりたいと考えている人や、家族や友達に休みを合わせたいという人は、企業薬剤師が向いているといえます。

調剤業務が苦手だと感じる人

薬剤師といえば、病人や調剤薬局などで調剤業務を行なうことが基本となります。

調剤業務はミスが許されないというプレッシャーが大きく、これを大きな負担だと感じることもあるでしょう。

また、毎日毎日、狭い調剤室で調剤業務を続けることに、ストレスや飽きを感じてしまう場合もあります。

このような調剤業務を苦手と感じる人は、企業薬剤師であれば、より働きやすい環境で仕事をすることができます。

薬剤師として企業で働くことについてよくある質問

ここでは、薬剤師として企業で働くことについてよくある質問をご紹介します。

一通り確認してみてください。

製薬企業で働く薬剤師のやりがいは?

製薬企業で働いている薬剤師が感じるやりがいは、やはり

  • 患者さんに手助けできる

というものが多いです。

ある病気で苦しんでいる患者さんに対して、間接的ではあるけれど、治すための薬を開発しているというのは、非常にやりがいを感じるようです。

未経験でも企業で働ける?

未経験でも製薬企業で働ける職種があります。

MRと呼ばれる営業職では、そこで作った医薬品を営業するだけで、調剤は行わないので、薬剤師免許は必要ありません。

薬剤師として企業で働く新卒はどのくらいいる?

製薬企業は、そもそもの設けられている枠が少ないので、他の職場に比べて、倍率が最も高いです。

倍率が高いので、数としては他の職場よりいませんが、人気であることは間違いありません。

薬剤師として企業で働く上で必ず利用したい転職エージェント

企業の薬剤師の求人は多くはないため、複数の転職エージェントに登録をして、少しでも多くの情報を手に入れるようにしましょう。

こちら特におすすめの転職エージェントをご紹介していますので、参考にしてくださいね。

薬剤師専門の最大手サイト!薬キャリエージェント

薬キャリ

薬キャリエージェントは、企業薬剤師への転職をスタートさせる上で、まず最初に登録をしておいてもらいたい転職サイトです。

すぐに求人を紹介してもらえるので、短期間で転職したいとお考えの方にもおすすめです。

薬キャリエージェントの転職エージェントはチーム制になっており、提案力や交渉力が高いことに定評があります。

転職を成功させることができるかどうかは、転職エージェントの質によって左右するともいえますので、これは非常に魅力ある強みです。

また、薬キャリエージェントには「ママ薬剤師」専門のサイトがあり、子どもを育てながらでも働くことができる職場を紹介してもらうこともできます。

たとえば「産休や育休の実績がある職場や「託児所がある職場」といった条件で求人を検索することができるのは、薬キャリエージェントならではといえます。

相談満足度が高い!ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

5万件以上もの求人を取り扱っているファルマスタッフも、人気の転職エージェントです。

大手の調剤薬局、日本調剤と経営者が同じであるため、このようなことが実現しているのです。

求人数が多ければ、それだけ少数といわれている企業薬剤師の求人に巡り合える確率も高くなります。

また、ファルマスタッフの交渉力の高さも評価されています。

企業に対して給料の交渉を代わりに行なってくれるため、転職者の年収がアップしている事例が多く見られることも特徴と言えるでしょう。

もちろんコンサルタントの対応は親身であり、質問への受け答えも現場のことをよく知ったうえでの回答で、とても参考になったという声が多く見られます。

人材紹介会社で最大手!リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師を運営しているのは、人材紹介事業で最大手といわれているリクルートです。

そのためリクナビ薬剤師は多くの企業と深いパイプをもっており、好条件の求人を多く取り扱っています。

そして一般には公開されない非公開求人の割合も多く、リクナビ薬剤師の求人の約75%が非公開求人となっています。

転職エージェントとしての提案力も高く、安心して転職を進めることができると人気です。

5年連続満足度1位!マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

楽天リサーチのマイナビ薬剤師の利用者を対象にした満足度調査において、5年連続で満足度が1位となっている大手転職エージェントです。

「分からないことがあれば、なんでも言ってくださいね!」「土日であっても、電話してきてください!」など、対応がとても丁寧だという口コミが多く見られます。

また、高いマッチング力も評判です。これは企業側とのコミュニケーションが密におこなわれており、現場のことをよく知っているからこそできることだといえます。

非公開求人も多く、もちろんこれらの求人については詳細も分かりやすく説明をしてもらうことができます。

最後に

現役薬剤師からの人気が高く、求人数が少ないといわれている企業薬剤師ですが、それだけやりがいのある憧れの仕事でもあります。

複数の転職エージェントや転職サイトを使い、効率よく企業薬剤師への転職を進めていきましょう。