デザイナーが登録すべき転職エージェント3選・クリエイティブに強い!

Webデザイナーでの転職を考えているのですが、Webデザイナーの需要や転職方法などが気になります。
最近は、Webデザイナーの需要は高まっています。しかしWebデザイナーの数は圧倒的に少ないため、企業は採用に苦戦しているのが現状です。

キャリアコンサルタント

未経験者でもWebデザイナーへの転職は可能なのでしょうか?
最近はWebデザイナーへの応募条件のハードルが下がり、未経験の方でも知識とスキルがあれば転職が成功しやすい傾向にあります。

キャリアコンサルタント

この記事では、Webデザイナーへの転職方法についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キャリアコンサルタント

ここでは、デザイナーの転職における需要などの市場情報や、デザイナー転職を成功に導く方法、デザイナー転職におすすめの転職エージェントなどを紹介していきます。

IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

1位: レバテックキャリア、2位: マイナビIT、3位: レバテックエキスパート

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【2019年最新】おすすめのIT転職サイトを目的別に厳選!

デザイナーは今転職できる?エージェントは使うべき?市場動向を解説

WebクリエイターやWebデザイナーなどの職種は、専門的な知識やスキルを必要とするのですが、デザイナー経験やスキル・知識を持つ求職者が少なく、採用する側の企業が採用に苦戦しているのが現状です。

タイミング的には今がチャンス

一昔前のIT・Web関連の求人情報では、「実務経験2~3年以上」などといったハードルの高い応募条件が設けられていました。

しかし、近年ではIT・Web関連の企業が急激に増加し、それに伴いWebデザイナーの需要が高くなったことと、Webデザイナーの求職者の数が圧倒的に少ないなどの要因から、応募条件のハードルが低く設定されている傾向にあります。

人員確保のため企業側も妥協しなければならない現状にあり、これはデザイナー志望の求職者にとっては大きなチャンスと言えます。

未経験者でもデザイナーで転職できる?

IT・Web関連の求人では基本的に「実務経験ありの経験者」が応募条件の前提でしたが、上記の理由から、最近では「知識とスキルがあれば実務経験がなくてもアリ」といった求人も増えてきました。

高い応募条件を設けて求人を掲載していた企業も、しばらく経つと応募条件が緩和されていたりなど、実務経験のないデザイナーの方も転職がしやすい環境になってきました。

また、デザイナーの需要が高くなったことにより、企業側がWebデザイナーを一から育てることを目的とし、あえて未経験者を採用するといったケースもあります。

デザイナーは転職エージェント登録前に「ポートフォリオ作成」が必須

デザイナーの転職においてポートフォリオの作成は必要不可欠とされています。

ポートフォリオとは、クリエイターやデザイナーが実績を相手にアピールするための作品集のことを表します。

IT・Web業界への転職には、このポートフォリオが最大のアピールポイントになり、履歴書や職務経歴書と同じくらい重要なPRツールです。

ポートフォリオは自分の個性や強みをアピールする最大の武器

デザイナー経験のある方であれば、便利で役に立つポートフォリオの作成を難なく行うことができますが、転職用のポートフォリオは少し意味合いが異なります。

転職用に作るポートフォリオでは、自分の特徴や強み、個性などを最大限に表現し、それを企業側にアピールする必要があります。

その作品の活用性はもちろんのこと、仕事に対するビジョンや、その作品がこの企業にどのように役に立つなどを明確に伝えることが大事です。

ポートフォリオは、作品ごとにディスクリプションをしっかりと記載し、応募企業に合った作品のコンセプトに沿って、自分の仕事のスタイルやビジョンなどをインパクトを重視して表現しましょう。

デザイナー転職を成功に導くポイント

デザイナーのような特化した職業に限らず、転職活動において必要なポイントやノウハウは押さえておく必要があります。

転職のノウハウは転職エージェント

転職活動とは、「求人検索→応募→面接→採用」この流れが一般的な転職活動して認知されがちですが、ただ単にこの流れに沿って転職活動を行えばいいというわけではありません。

この一連の流れにはポイントやノウハウが存在し、それを踏まえて転職活動を行わなければ、採用されるものも採用されません。

求人検索では自分の経歴や職歴に適した求人情報を探す必要がありますし、応募に必要となる履歴書や職務経歴書は、業界の市場や応募企業に合った書類を作る必要があります。

また、転職の最大の難関である面接では、過去の質問傾向や、応募企業の事業内容の調査など、万全な準備が必要となります。

転職活動をしながら、これらのことを個人一人で行うことは大変ですが、DODAやリクルートといった人材サービス企業が運営する、転職エージェントと呼ばれる転職活動支援サービスを利用すれば、効率よく質の高い転職活動を行うことができます。

転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントでは、転職に関するありとあらゆる充実したサポートを、基本無料で利用することができます。

エージェントを運営する人材サービス企業によって、サービスの内容はさまざまですが、以下では、転職エージェントで利用できる主なサービスを紹介していきます。

非公開求人の紹介

非公開求人とは一般的な転職サイトや求人サイトで公開されている求人情報とは異なり、「応募殺到の防止」「人材の選定」「即戦力の確保」など、企業側の採用効率を上げることを目的とした求人情報です。

非公開求人は上記の理由から、「好条件」「高給料」「高待遇」の案件が多い傾向にあり、企業側だけではなく、求職者にとってもメリットのある求人です。

転職エージェントに無料登録すると、このようにメリットの多い非公開求人を無料で紹介してくれます。

選考書類の添削

転職エージェントでは、履歴書や職務経歴書などの書類選考に必要な書類の作成を、求職者と応募企業に合った書き方をアドバイスしてくれたり、添削作業などを行ってくれます。

書類選考の通過は、転職活動においてある意味最大の難関であり、履歴書や職務経歴書などの正しい書き方がわからずに、面接以前に書類選考で落ちてしまうケースが多くあります。

転職エージェントの書類作成サポートでは、求職者の職歴や経歴に合った職務経歴書のフォーマットの作り方や書き方を教えてくれたり、また、求職者が作成した書類を正しく添削してくれたりします。

面接対策

転職エージェントでは必要に応じて、求職者の転職活動に合った面接対策をしてくれる所もあります。

エージェントを運営する企業によって、面接対策の内容は異なりますが、電話による模擬面接から、対面による本格的な模擬面接など、さまざまな形で面接対策を施してくれます。

デザイナーは特化型転職エージェントに登録すべき

転職エージェントには、職種や業種に拘らず幅広い求人を取り扱う「総合型転職エージェント」と、デザイナーなどの専門的な職種を取り扱う「特化型転職エージェント」の2種類があります。

書類サポートや面接対策などの転職支援サービスの内容は、総合型・特化型にあまり違いはありませんが、非公開求人の内容や、業界とのパイプの太さなどに大きな違いがあります。

また、IT・Web業界に特化した転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者は、IT・Web、転職のどちらの業界にも精通した人材が多いため、どのようなポートフォリオが好まれるかなどのアドバイスにも期待ができます。

デザイナーで転職を検討されている求職者の方は、IT・Web業界の求人情報を専門的に取り扱う、特化型の転職エージェントがおすすめです。

デザイナーが転職で履歴書・職務経歴書を作成する際のポイント

履歴書や職務経歴書は、応募する業界によって適した書き方があり、それはIT・WEB業界においても同様です。

以下では、デザイナー転職における履歴書・職務経歴書の作成ポイントをまとめてみました。

履歴書

履歴書は一般的な転職活動と同様に、学歴・職歴を正確に記載し、それに加えIllustrator、Photoshopといった必要となるスキルの詳細や、ソフト開発経験などをより細かく記載しましょう。

一緒に提出するポートフォリオの簡単な詳細なども書いておくと、面接の時に紐付けしやすいので、これもアピールポイントと言えます。

自己PR・志望動機欄には、デザイナーとしての長所や強み、これまでの経験などポイントを要約して記載し、未経験の場合は経験を補うと意味も込めて、仕事に対する情熱や意欲をアピールしましょう。

職務経歴書

職務経歴書は、履歴書とは異なりこれと言ったフォーマットはありませんが、「わかりやすい」「見やすい」をポイントに丁寧に作成すれば、それに比例して完成度も上がります。

デザイナーの職務経歴書で大きなポイントとなるのは、

  • 保有スキルの詳細を明確に伝える
  • これまでの実績や業務内容を明確に伝える
  • 応募企業での将来のキャリアビジョンを具体的に伝える

これらのことがポイントになります。

保有スキルの詳細や、これまでの実績や業務内容は、履歴書と照らし合せて箇条書きでまとめておき、その情報量を基にしてフォーマットを作成して、「わかりやすい」「見やすい」を意識して経歴をまとめましょう。

職務経歴書の最後には志望動機や自己PR欄を設けて、応募した企業での将来のキャリアビジョンや、自身の経験が具体的にどのような場面で役に立つかなど、より細かく具体的に記載しましょう。

デザイナーが登録すべき転職エージェント3選!クリエイティブに強い

ここからは、デザイナー転職におすすめの、クリエティブに強い転職エージェントをいくつか紹介していきます。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界に精通したキャリアアドバイザーが多く在籍する、IT業界特化型の転職エージェントです。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、求人掲載を行う各企業に出向いて、職場環境や企業の社風、開発方針などを独自に調査しています。

調査の質が高いため、企業ごとに対策を練ることができて、それによって高い内定率を誇ります。

企業ごとに対策が練れるため、職務経歴書などの必要書類のサポートの質も高く、面接対策も適確なので、転職を初めてされる方も安心して転職活動を行うことができます。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代の若年層をターゲットにした転職サイトで、20代特化型ともいえるエージェントでもあります。

若い人をターゲットにしているだけあり、全体的に未経験・第二新卒歓迎の求人が多いのが特徴です。

またフリーターのような社会人経験のない人でも応募できる求人や、熱心にサポートしてくれるエージェントも在籍しているため、転職未経験の人や職歴に自信のない人でも利用しやすいのが魅力でしょう。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターは、大手人材サービス企業である「マイナビ転職」が運営するWeb・ゲーム・IT業界専門の転職エージェントです。

大手人材サービスが運営しているだけあり、取扱い求人情報数・サポート体制は業界トップクラスで、デザイナー転職を希望した際は、登録しておいて損はしない転職エージェントです。

在籍しているキャリアアドバイザーも、求人案内だけはなくクリエティブ系の請負業務も担当しているため、現場の実情や専門知識に詳しく、それに伴った転職サポートをしてくれるため、安心してサポートを任せられます。

また、取り扱っている求人も、デザイナー案件だけではなく、業界の一般事務や営業などを対象とした求人も多くあるため、業界未経験者の方にもおすすめと言えます。

登録する(無料)

転職エージェントは複数登録して併用して利用するのがポイント

ここまで、デザイナー転職におすすめの転職エージェントをいくつか紹介しましたが、転職エージェントは無料で複数登録を行い、併用して利用するのがポイントです。

転職エージェントはサービスを運営する企業によって、強みや特徴、メリット・デメリットなどが異なります。

これら転職エージェントの特徴やメリット・デメリットを十分に理解し、自分の転職活動に適した組み合わせで、上手に活用するのが転職成功への大きなポイントと言えます。