会社に行きたくない…6つの原因別対処法&休むべき基準を解説

最近すごく会社に行きたくなくて、転職するべきかどうか悩んでいるんです。
それは辛いですね。でもそう思っている人はあなただけではないんですよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですか?
はい。会社に行きたくないと思う理由によっては転職した方がいい場合もあるので、色々なケースを紹介していきますね。

キャリアコンサルタント

「会社に行きたくない。」そんな風に思うことは、どんなに仕事にやりがいを持って取り組んでいる人にだってあるものです。

「会社に行きたくない。」という気持ちは、ほんの一時的なものなのか、それとも慢性的に続いてしまうものなのかに分かれます。

会社に行きたくないという気持ちが慢性的に続いてしまった場合、精神的・肉体的に本当に会社に行けなくなってしまうこともあるようです。

そこで今回は、会社に行きたくないと思ったときに、どう対処していくのがベストなのかについて説明していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

会社に行きたくない…理由別・対処法6選

会社に行きたくないという気持ちが強くなってしまうと、自分だけがツライと感じてしまったり、自分自身を責めてしまう人もいると思います。

しかし、社会に出ている大多数の人は、「会社に行きたくないなぁ。」という風に思う瞬間が誰にでもあるのです。

会社を休む理由で多いのは?

転職サイトの「マイナビ」の調査によると、以下のような結果となっています。「自分と同じ気持ちの人がいるんだ。」と安心するのではないでしょうか。

【男性編】朝起きて、会社に行きたくないと思った理由ランキング
Q. 朝起きて会社に行きたくないと思った理由を教えてください。(複数回答)
1位 休み明けで気分が乗らないとき 50.4%
2位 疲れているとき 47.3%
3位 職場の人間関係に悩んでいるとき 35.9%
3位 自分の仕事に自信が持てないとき 35.9%
5位 天気が悪いとき 33.6%
出典:マイナビニュース

【女性編】朝起きて、会社に行きたくないと思った理由ランキング

Q. 朝起きて会社に行きたくないと思った理由を教えてください。(複数回答)
1位 休み明けで気分が乗らないとき 64.5%
1位 疲れているとき 64.5%
3位 天気が悪いとき 49.9%
4位 職場の人間関係に悩んでいるとき 47.0%
5位 自分の仕事に自信が持てないとき 38.1%

誰もが経験する「会社にいきたくない。」という気持ちは、ちょっとした気持ちの持ち方や行動によって乗り切ることができる場合がほとんどです。

そこで気持ちの乗り切り方と、会社にいきたくないという理由や状態によっては無理せずに転職を考えた方がいい場合がありますので、その境界線について説明していきたいと思います。

自分に当てはまる気持ちと照らし合わせて是非考えてみてくださいね。

①休日明けに会社に行きたくないと思ってしまう

休み明けに会社に行きたくないと思ってしまう気持ちは、どんなに職場環境がよく、仕事が充実している人でも感じる感情です。

休み明けに会社に行きたくないと思ってしまう些細な要因を少し排除するように行動し、意識することでかなり軽減させることができます。

休日明けに会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法

休日空けに会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法は、

  • 休日の前に仕事を溜めた状態にしない
  • 嫌な仕事や面倒な仕事を先延ばしにして休日を迎えない
  • 休日だからと不規則すぎる生活を過ごさない
  • 休日明けの仕事終わりの楽しみを1つ設定しておく

などがあります。

休日前に仕事はキレイに片付けてしまう習慣をつけることや、休日明けの仕事終わりの楽しみを見つけるようにすることは、日々の行動を少し意識することで改善させることができるのではないでしょうか。

休日の過ごし方も、休日だからと極端にダラダラしすぎてしまったり、逆にリフレッシュと予定を詰め込み過ぎてしまっては、いつものペースが極端に狂ってしまい辛くなってしまいます。

休日だからと、普段のペースを極端に崩してしまうのではなく、休日の朝は、せいぜいいつもより1時間程度遅く起き、ゆっくりと朝食をとりながら午前中を過ごしてみてはどうでしょう。

そして、休日明けとなる前の晩は、早めの夕食をとり、ゆっくり入浴して、夜はのんびりと過ごして早寝すると、休日明けの朝の辛さが軽減され、また頑張ろう!という気持ちになれると思います。

②毎日忙しくて疲れが取れない!だから会社に行きたくない

毎日忙しくてどんなに休日に寝たり、休養をとっても疲れが取れなくて体がキツイ。だから会社に行きたくないと思ってしまうときもあると思います。

このような場合は、体と心の状態にもよりますが、病気がない限りは乗り切ることができるので大丈夫!!

乗り切るためにできる方法として2つあるので紹介していきます。

毎日忙しくて疲れが溜まり会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法

忙しさのあまり疲れが取れないことが理由で会社に行きたくないという場合は、

  • しっかり疲れを取るために無理せずに思い切って休んでしまう
  • 最低限の仕事をこなし早めに帰宅することにして、とりあえず出社する

この2つのどちらかを疲労度合いや精神状態に合わせて選択すると良いと思います。思い切って休んでしまいたいけれど、休みの取りづらい会社で働いている場合は、その決心がなかなかつかないと思います。

しかし、疲れが取れずに会社に行きたくないと思うほどの状態のまま、無理して会社に行くのは心身ともに良いことではありません。

会社の業務状況や、今自分が携わっている仕事の状況によっては、休める状況ではないかもしれません。そのような場合は、ある程度目処が立つ時期を予測して有給の申請を出しましょう。

有給の申請を出す場合は、上司に体調が優れないこと、仕事の目処が有給申請日あたりにつくことを伝えてみてはどうでしょう。

素直に伝えることで、有給申請日前に「休みなさい。」と言ってもらえるかもしれませんし、有給までの期間「あと少しだから頑張ろう!」と乗り切ることができると思います。

それでも、有給を取るのが難しく、あまり良い対応をしてもらえないという会社なら、転職を考えた方が得策です。

1日もしくは2日しっかり休養をとることができたら、「また頑張ろう!」という気持ちが自然と湧いてくると思います。

③上司や先輩・同僚との人間関係が上手くいかないから会社に行きたくない

仕事は好きだけど、上司との関係や先輩・同僚との関係など、会社内の人間関係が難しくて会社に行きたくないという人もいると思います。

このような場合は、人間関係が上手くいかない相手や理由によって乗り切ることができるから大丈夫!という場合と、その会社にこだわらずに転職した方がいい場合があります。

特に上司との関係は、携わっている仕事の問題とも密接に関わってくるため、自分の気持ちだけではなく、少しでも良好な関係になるような努力も必要です。

人間関係が難しくて会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法

人間関係が原因で会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法として、

  • 細かい人間関係は気にせず仕事に没頭する
  • なぜ人間関係が上手くいかなくなったのかの原因を見つけ改善する

会社へは仕事をしてお給料をもらうために来ていると割り切って仕事に没頭できる環境があるなら、仕事に没頭してみましょう。

細かな人間関係は気にしないようにすることで、仕事の成果もあげることができるようになり会社に行きたくないという気持ちを乗り切ることができます。

また、これまで人間関係は良かったのに急に悪化してきたという場合は、なぜそうなったのかの原因を見つけ改善していくことで改善することもあります。

特に、上司との関係がもともと良くない、急にうまくいかなくなってしまったという場合、

  • 冷たくあたられる
  • 仕事内容に対して自分にだけ厳しい、評価されない
  • 仕事を与えてもらえない
  • あえてキツイ仕事ばかりふられる

などがあり、自分に思い当たる原因がない場合は、先輩や別の上司に相談し改善方法を模索するようにしましょう。

何をしても人間関係が上手くいかず本当にツライと感じたら、思い切って会社を休んでしまいましょう。

そして改めてそのまま会社で頑張るのか、思い切って転職するのかを考え行動することをおすすめします。

④仕事ができない。モチベーションが保てないから会社に行きたくない

一生懸命仕事に取り組んでいるものの、成果を上げることができない。同じ作業ばかりで仕事への意欲を高めることができないから会社に行きたくないという人もいると思います。

そのような気持ちになってしまった場合は、仕事への取り組み方や意識を変えることによって乗り切ることができます!

ただし、仕事の内容が自分に合っているかどうか、仕事に対する価値観や業務内容によっては転職した方がいい場合もあります。

「仕事ができない」という気持ちを乗り切る方法

頑張っているのに仕事ができないと悩んだことはありませんか?

仕事ができないという思いから、会社に行きたくないという気持ちを乗り切るためにできることは、

  • 仕事を早く終わらせるためにどうすればいいのかを考え実践してみる
  • なぜ仕事ができないと思ってしまうのか。その理由を模索し分析してみる
  • 思い切って部署の移動を申し出てみる
  • 自分が会社で働くことでどのような成果を上げることができるのかを考え実行してみる

などがあります。

どれもまずは、目の前にある仕事にどう取り組み、消化していくのかということを考え実践してみましょう。その中でまた違う、失敗してしまったという場合は、改善点を考え再チャレンジという風に取り組むことが大切です。

何をしても仕事が思うようにこなせないという場合は、その仕事自体が向いていないのかも知れませんので、転職を検討することをおすすめします。

⑤新入社員で会社に慣れない・・・だから会社に行きたくない

新入社員として入社。毎日覚えることがたくさんある中、なかなか会社に慣れることができないし、上司や先輩が怖い。

同僚となった人たちとも上手くコミュニケーションが取れないし、疲れるばっかりで居心地が悪すぎて会社に行きたくない。

そう思う新入社員は、自分だけがいつまでも会社に慣れることができないという風に追い込んでしまうことも少なくありません。

新入社員が気持ちを乗り切る方法

新入社員で会社に行きたくないという場合は、なぜ行きたくないのかという今のその気持ちを思い切って誰かに話をしてみましょう。

同じ会社でまだ親しくなれていない同僚でもいいですし、いつも指導してくれている先輩や、会社とは関係のない友達、家族誰でもいいので、まずは自分の気持ちを何人かに話をしてみることをおすすめします。

そうすることで、今の状態を改めて客観視することができ、時間が解決してくれるものなのか、それとも何か問題点がありそれを解決する必要があるのかが見えてくるはずです。

年齢や性別、立場の違う人たちからの話を聞くことで、共感できたり、反発心を覚えたりと色々な感情が湧き上がる中で、自分の答えを見つけることができると思います。

「会社に行きたくない!」と人に話すことだけでも、気分が晴れることがほとんどなので、自分の心の中だけでおさめずに口に出してみるといいかもしれません。

⑥雨が降っているから会社に行きたくない

天気に左右されて会社に行きたくないと思うなんて自分はどうなってるんだろう。社会人としてありえないと思うかもしれませんが、天気によって気分が左右される人は、案外多いものです。

天気が原因で会社に行きたくないという場合は、ちょっとだけ意識を変えるだけで乗り切ることができるので大丈夫!

意識を変えて乗り切るためにできることをお伝えしていきます。

天気が悪いから会社に行きたくないという気持ちを乗り切る方法

雨がすごく振っているから会社に行きたくないと思ってしまうという場合は、いつもよりもちょっと贅沢に天気に左右されない通勤方法を考えてみてはどうでしょう。

例えば、最寄り駅までタクシーを使ってみる。駅から会社までもタクシーを使ってみる。という風に、雨や風をしのいで通勤できる方法を考え思い切って実行してみることをおすすめします。

また、会社が終わってからの楽しみを見つけておくというのもいいかもしれません。

仕事だけではなくいつもとはちょっと違う意識で行動すると会社に行きたくないという気持ちを乗り越えることができるのではないでしょうか。

会社に行きたくない。転職するべき人とそうでない人の違い

会社に行きたくないと思う理由と乗り切る方法についていくつか挙げてみましたが、自分に該当するものはあったでしょうか。

気持ちの持ち方や行動でなんとか気持ちを乗り切ることができれば良いですが、そんな簡単なことではない!と思う人もいると思います。

会社にいきたくないという気持ちの重さがどのくらいなのか、その気持ちを尊重して転職した方がいい人とそうではない人います。

ここからは、転職すべき人とそうではない人の違いについて説明していきたいと思います。

会社に行きたくない! もう少し頑張ってみた方がいい人とは?

会社に行きたくないという気持ちを、毎日やり過ごしながら現状維持でもう少し頑張ってみた方がいい人は、

  • いつも休み明けに会社に行きたくないと思ってしまう
  • 疲れがたまっててどうもやる気がでない
  • 同僚や上司などいまいち上手くコミュニケーションが取れない
  • 日頃の業務のプレッシャーがキツイ
  • 仕事上のトラブルを抱えてしまっている

以上の状態に陥っている人です。

疲れが溜まっていて、やる気が出なくなり会社に行きたくないって思ってしまのは、ただ単に疲れているだけで、ゆっくり眠りたい。休みたいという気持ちが強く出ているだけの場合がほとんどです。

疲れさえ取れればまた会社に行こうかなという気持ちになるのではないでしょうか。

日頃の業務や仕事上のトラブルは、会社に行きたくないと思いながらも、日々を重ねていくことで解消していくことがほとんどですし、社内のコミュニケーションの取りづらさもちょっとしたことで解消される可能性が高いと言えます。

このような場合は、自分でできる範囲の改善点を見つけつつ、もう少し頑張ってみることをおすすめします。

会社に行きたくない! 転職を考えた方がいい人とは?

会社に行きたくないと思ってもたいていは、乗り切ることができるものですが、その中でも転職を考えた方が良いという人もいます。

転職を考えた方がいい人は、

  • 過剰な長時間労働や過重労働を強いられている
  • 上司からのパワハラがひどい
  • 先輩や同僚からのいじめなどの仕打ちに合っている

と言った状態に陥っていている状況の場合は、今すぐにでも転職を考え行動に起こすことをおすすめします。

会社に行きたくない…涙が出る…症状が現れたら要注意

会社に行きたくないという気持ちになるのは、おそらく仕事をしている人のほとんどが感じる感情のひとつです。

しかし、会社に行きたくないという気持ちが全く薄れることなく日に日に強く思い、なおかつ体に何かしらの症状が出ていることはありませんか?

そのような場合は要注意です。まずは病院を受診し、専門家の適切な治療と休養を取るようにしましょう。

頑張りすぎてしまったために、今の会社に行きたくないというだけではなく、仕事そのものに就くことができなくなってしまうくらい、心と体が疲れてしまっては大変です。

体に現れる症状によって、どのぐらい注意しなくてはいけないのかを説明していきたいと思います。

思い切って会社を休むべき?それとも頑張るべき?気になる体と心の症状

会社に行きたくないと思っても、頑張って出社してしまえば大抵は、なんとかやり過ごすことができるものですが、休むべきか、頑張るべきかの判断基準が欲しい!という人もいると思います。

自分がどのような状態になったら無理しないで休むと、自分の中の基準を一度考えてみるのもいいかもしれません。

そこで、ほんの一例ですが、会社を休むべき時と、頑張るべき時をあげてみますので、「自分の中の基準」として参考にしてくださいね。

休日明けに「会社に行きたくない」という気持ちは頑張って出社する!

特に理由はないけれど、休日明けとなる朝や前日の夜に、会社にいきたくないと思ってしまうのは、誰もが一度は思う感情で、休日のたびにそう思ってしまうという人も多いです。

休日明けにいつも会社に行きたくないという気持ちが強くなるったとしても、その気持を乗り切る方法を考えながら頑張って出社しましょう。

涙が出るほど辛いときは思い切って会社を休む!

会社に行きたくないと思うと涙が出てきてしまうという人や、特に意識していないのに涙が止まらないという場合は、ちょっと注意が必要です。

「無意識に涙が出てきてしまう。」という体の症状は自律神経を乱している可能性が高いです。

その症状が一時的なものなら少し様子を見ても大丈夫ですが、継続的に続いている場合は、思い切って休んでみるなどストレスを解消することを心がけて過ごしてみましょう。

それでも涙が出てしまうという場合は、我慢せずに病院を受診することをおすすめします。

無理せず病院に行くべき体の症状

ここからは、これ以上は我慢せずに会社を休んで病院に行くべき体に現れる症状について説明していきます。

毎朝、腹痛や吐き気といった身体的症状が現れる

会社に行きたくないという気持ちと、頭痛や腹痛、吐き気などの症状が体に現れてしまったら、もう自分の気持ちで乗り切ることは難しい段階に来てしまったと思ってすぐにでも病院を受診しましょう。

その症状は、うつ状態によって起こっている可能性があります。これ以上、症状が深刻化しないためにも早めの受診と休養をとり、症状改善のためにできる最善のことを行うようにしましょう。

朝、目が覚めても体が思うように動かなくなるなどの身体的症状が現れてしまった

朝、目が覚めたのはいいけれど、支度をしようとベッドから起き上がろうとしても起き上がれない。このような状況になってしまったら、会社に行くどころか日常生活もままならなくなってしまいます。

すぐに病院に行き、治療をスタートさせましょう。

自分の気持ちや、家族などの身内の叱咤激励ではどうにかできる状態ではないので、専門家の力を借りることが、早くその状態を乗り切る一番の方法です。

少しでも早い行動が、うつ病の症状を軽くし、長引くことにならないので我慢は不要です。

もしかしてうつ病?典型的なうつ病の症状とは?

会社に行きたくないという気持ちに対して、周りの人は普通に会社に出社しているのに自分だけがそういう気持ちになってしまうと思ったり、自分が甘いだけだろうかと思うこともあると思います。

会社に行きたくないという気持ちは、誰でも当たり前のように思うことで甘えでもなんでもありません。そして、会社に行きたくないという理由によっては、うつ病を発症してしまう事態に陥ることもあるのです。

今の自分の症状が「もしかしてうつ病なのでは?」と思ったら、すぐに病院を受診することをおすすめしますが、その前に典型的なうつ病の症状から、自分に該当するかどうかを見てみることをおすすめします。

典型的なうつ病と言われる症状は、

  • 気分が沈んでしまって何をしても楽しめないし、興味も湧いてこない
  • これまでと食欲が極端に低下したり増加したりして、体重の増減がひどい
  • 布団に入ってもなかなか眠れない、眠っても夜中や早朝に目が覚めてしまう
  • 思うように体が動かない、言葉も出てこない
  • イライラしてしまう
  • 落ち着きがなくなってしまう
  • すぐに疲れてしまう
  • 自分はダメな人間だと思ってしまう
  • 簡単なことにも集中できず、物事を決められない
  • こんな自分は最低だと思って消えてしまいたいと思ってしまう

どれかひとつでも当てはまるようなら、うつ病を発症しているかもしれませんので早めに病院に行きましょう。

うつ病かも…と不安な方は、以下の記事も参考にしてください。

うつ病から転職に成功する3ステップ|経験者が具体的な方法を紹介!

会社行きたくない、辞めたいと思ったら転職エージェントを利用しよう!

会社に行きたくない、辞めたいと思ったら、転職エージェントを利用してみてはどうでしょう。転職エージェントを利用したからといって、すぐに転職しなければいけないということはありません。

会社の環境に問題がある場合は、良いところがあったらいつでも転職することができるという気持ちの余裕が生まれますし、実際に今よりも良い環境・条件の職場を見つけることができれば転職することもできます。

何か行動を起こしておくことで「会社に行きたくない。」「会社を辞めたい。」という気持ちが前向きになり、心と体に良い作用を生み出すと思います。

ここからは、おすすめしたい転職エージェントをいくつか紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

最後に

会社に行きたくないという気持ちは、誰もが感じる感情です。

だからと言ってそのまま放置するのではなく、なぜ会社に行きたくないと思うのかの理由を探すことと、心と体に何か症状が現れていないかを確認しながら、そのときにベストな選択をするようにしましょう。

ただがむしゃらに頑張れば良いというものではありませんので、心と体のバランスを第一に、たまには「会社に行きたくない」という気持ちのまま行動してみるといいかもしれませんね。