「仕事したくない…」はただの甘えじゃない!原因と8つの対処法

「仕事したくない」という気持ちになってしまい、とても困っています。転職という手も考えているのですが、なかなか次への一歩が踏み出せなくて…。
最近では「仕事をするのは当然のこと」と思いつつも、「仕事をしたくない…」という気持ちになってしまう方が多いですね。

キャリアコンサルタント

そうなんですか?それは改善できるのでしょうか?
「仕事したくない」という自分の心理状態や原因、対処法を知っていれば改善できます。この記事では、働きたくない人の心理や対処法などについてご紹介していきます。

キャリアコンサルタント

社会人になれば仕事をするのは当たり前のことですが、「仕事したくない」「やる気が全くでない」という方も多いようです。

人によっては一時的に仕事が嫌になっているだけですぐに解決できますが、長期間仕事をしたくないという気持ちに悩んでいる方も少なくありません。

そこで、今回は仕事をしたくない人の心理や原因、長期休暇や転職といった改善法などをご紹介していきます。

また、新しい社会人生活をスタートさせるために、おすすめの転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

「仕事したくない」は甘えなのか、病気なのか?誰かに相談すべき状態5つ

「仕事したくない」という気持ちは、単なる甘えだと自分を責めていませんか?

以下の特徴に当てはまる場合は、誰かに相談したほうが良い可能性があります。

①仕事に対してだけ無気力になってしまう

遊びや趣味などはやる気満々なのに対して、仕事に対してはやる気が全くでない状態になってはいませんか?

初めは仕事に対してのみやる気を出せない状態ですが、次第には自分がやりたくないと感じたこと全てにやる気を出せなくなってしまうようです。

社会人になれば自分が嫌だと思ってもやらなければならないシーンは多いため、このままでは普段の生活もまともに過ごせなくなってしまう方もいるようです。

たまに「今日は仕事したくないな」「なんかやる気でないな」というときはありますが、このような感情が頻繁に出てしまう方は、できるだけ早く対処しましょう。

②出勤時間のギリギリまで動く気になれない

会社に入社したばかりの頃は、朝もしっかりと起きて時間に余裕を持った行動ができていたのに、次第に出勤時間ギリギリにまで動く気になれない状態になってはいませんか?

「早く準備しなきゃ」「ゆっくりしていたら遅刻してしまう」など、頭では理解できていても体が付いてこず、時間ギリギリまで動けないといわれています。

朝に弱い方であればたまにこのような状況になることがありますが、重症になると毎日ギリギリの時間まで動けなくなります。

しかし、このような行動は気持ちを焦らせてしまい、心に余裕を持てなくなることからムダなストレスを抱えてしまうことになります。

ストレスが重症化し、病気を発症する前に専門家に相談しましょう。

③準備や身だしなみが適当になる

出勤前の準備や身だしなみを整えることが適当になってはいませんか?

仕事をしたくないという気持ちが強くなると、仕事に関すること全てにやる気を出せなくなってしまうので、身支度も適当になってしまうといわれています。

初めは前日に出勤の準備をして、毎朝きちんと身だしなみを整えていたのに、最近になって最低限のことだけしかやらなくなったという方は、「仕事をしたくない」という気持ちが徐々に強くなっている可能性が高いといえるでしょう。

入社直後と現在の自分の行動を見直して、準備や身だしなみが適当になっているという方は、働きたくないという気持ちが強くなる前に改善することをおすすめします。

④休日をゆっくり過ごしても疲れが残る

休日に自分の好きなことややりたかったこと、または身体の休息を取っているにも関わらず、疲れが残っていることはありませんか?

本来であれば、きちんと食事と十分な睡眠をとれば、1日の疲れをスッキリと取り除くことができます。

しかし、仕事をしたくないという気持ちが強い方は、肉体的な疲れは食事や睡眠で癒せても、精神的な疲れを取り除くことができません。

そのため、いくら休日をゆっくり過ごしても体に疲れが残ってしまい、仕事をしたくないという思いが徐々に強くなってしまうようです。

ちなみに、仕事をしたくないという気持ちを自覚しても、数日間の休養では疲れ切った心を癒すのは難しいようです。

⑤出勤時間が近づくにつれて体調不良を起こす

出勤時間が近づくにつれて、腹痛・頭痛・吐き気などの体調不良を起こすことはありませんか?

このような症状は精神的な疲れや日々のストレスが溜まっている方に多く、珍しい症状ではないので、誰もが一度は経験していることでしょう。

しかし、仕事をしたくないと思っている方は、ほぼ毎日といって良いほど頻繁にこのような症状を起こしてしまいます。

というのも、「出勤しなければならない」という状況が強いストレスになってしまうため、出勤前の体調不良を頻繁に起こしてしまうのです。

また、体調不良のまま出勤する生活を続けることによって、さらに精神的なダメージをため込んでしまうようです。

「そもそも仕事したくない」というわけではないケースも多い

働きたくないと思っている方は多いですが、そのほとんどは本心から働く意欲がないというわけではないそうです。

働きたくないの原因は人それぞれで異なりますが、「今の仕事は好き」「同僚とは仲が良い」「安定した収入が欲しい」など、何かしらの働く意欲は持っている方が多いといわれています。

しかし、心と体のバランスが均等に取れていないため、自分の考えに対して行動が伴わず、上記で紹介したような症状を引き起こしてしまいます。

しかし、社会人になれば仕事をするのが一般常識となっているため、誰にも共感してもらえないことから、家族や友人に相談できないと悩む方も少なくありません。

そのため、なかなか仕事したくない状態から抜け出せず、最悪の場合は心の病気になってしまう方も多いといわれています。

20~30代の約30%が働きたくないと思っている

社会人として働く20~30代の方に仕事をするという意識に対するアンケートを取った結果、約30%の人が「できることなら仕事をしたくない」と答えているそうです。

ちなみに、同じ世代の40%は「社会人になって働くのは当然のこと」と回答しているようです。

しかし、働きたくないと答えている方の全てが「仕事したくない」と思っているわけではありません。

「仕事をせずに好きなことをして生活したい」そう考えるのは、誰にでもあることです。

ですが、その思いが人一倍強くなってしまうと、仕事や私生活に影響が出てしまうので注意が必要です。

40代以降はうつ病を発症しやすいので、すぐに専門家に相談を

仕事をしたくない病は若い世代だけではなく、中高年にも多いことを知っていますか?

40~50代の方の多くは、家庭を持っている方が多く、家族を養っていくためにどんなに辛くても働かなければなりません。

しかし、加齢による体の衰えに加えて大きな精神的ストレスを抱えているため、次第に「仕事をしたくない」という気持ちが強くなる方が多いといわれています。

また、中高年の世代はうつ病を発症しやすいといわれていて、これまでの仕事に対するやる気が突然失われてしまうこともあるようです。

若かった頃の比べて背負うものが多くなった40~50代の方は、強いストレスを抱えてうつ病になりやすいので、定期的にストレス発散を行うことや、専門家への相談をおすすめします。

仕事したくない理由を属性別に調査!

ここでは、仕事したくない理由を属性別にまとめています。

年齢はもちろん、一度働くことから離れた方など、仕事をしたくないと思う理由は人によって異なります。

それでは、それぞれの理由について、一つひとつ見ていきましょう。

20代

20代の方の多くは、将来のことを考えてキャリアアップを考えている方が多いでしょう。

しかし、上司から正当な評価をもらえないという方も多く、仕事をする意味ややりがいを感じられないという方も少なくありません。

また、学生時代は良好な人間関係を築いていた方でも、社会人になってから人間関係が上手くいかないという方も多いです。

20代で仕事をしたくないと思っている方の多くは、これらが原因となっているようです。

30代

30代になると役職に就く方も多いため、20代の頃に比べて仕事量が増える、またはライフワークが変化するという場合があります。

そのため、仕事とプライベートが両立できない生活リズムが崩れるなどが原因となり、仕事をしたくないと思うようになってしまう方が多いようです。

40代

社会人としての経験が長い40代の方は、仕事による疲れやストレスが若い世代にの方に比べて溜まっています。

また、加齢による体力の衰えも感じてくる年齢なので、心と体の疲れがピークに達してしまい、仕事をしたくないという気持ちになってしまうようです。

さらに、40代の方は心の病気になりやすい傾向があるため、うつ病が原因で働く気になれない方も多いです。

主婦

女性の方は結婚をすると、家庭と仕事の両立が難しいと感じる方が多いです。

特に、子供を持つ方であれば「育児」という仕事が加わるため、さらに両立が難しくなってしまうでしょう。

そのため、仕事をしたくないという気持ちになってしまいがちです。

また、専業主婦になって働くことから離れている方であれば、「これ以上自分の仕事を増やしたくない」という理由から、仕事をしたくないと考える方も多いでしょう。

新卒

近年、若い世代の方の多くは、仕事をする意味を見つけられない方が多い傾向があります。

また、楽をして生活したいと考える若者が多いため、仕事をしたくないという方が多いようです。

仕事したくない場合の対処法8つ

仕事をしたくないという気持ちは、以下でご紹介する8つの方法で改善できます。

心と体のバランスが崩れたままでは、何をやっても楽しいと感じられず、1度しかない人生を謳歌することができなくなってしまいます。

「充実した生活を送りたい」「もっと前向きに考えられるようになりたい」という方は、ぜひ8つの対処法を参考にしてみてください。

①仕事をしたくないと思う理由をすべて書き出す

まずは、あなたが仕事をしたくないと思う理由をメモに書き出してみましょう。

頭の中で考えるよりも書き出した方が自分自身で整理しやすくなるので、明確な原因を見つけやすくなります。

どんなことでも原因がわからなければ改善のしようがないので、仕事をしたくないという気持ちのままになってしまいます。

ですので、まずは仕事をしたくない理由を全て書き出して、なぜ自分がそう思うようになったのかという明確な理由を見つけてみましょう。

②長期休暇をもらって心と体の疲れを癒す

仕事をしたくないという気持ちが芽生えてしまうのは、仕事による疲労の蓄積や溜まったストレスによるものが多いです。

どんなことをしても気持ちが前向きにならないときは、一度長期休暇をもらって心と体の疲れを癒してあげましょう。

主な原因である仕事を一時的に生活の一部から省くことで、疲労もストレスも改善できます。

休暇中は仕事のことを一切考えず、好きなことや趣味などに没頭して、働くやる気を取り戻しましょう。

③一旦退職して心をリセットする

仕事そのものに嫌気がさしているのであれば、退職をするという方法もあります。

完全に仕事というものを生活から省いてしまい、一定期間の間は好きなことをしながら過ごすのも一つの手です。

しかし、退職をすると仕事を再開するまでの間の収入が一切なくなるので、安易に仕事を辞めてしまうのはおすすめできません。

退職をするという方法を選ぶ方は、きちんと計画を立ててから実行に移しましょう。

④趣味や好きなことを見つけて始める

ストレスが原因で仕事をしたくないと思っている方は、楽しく続けられる趣味や好きなことを見つけてみてください。

仕事や職場環境ではコミュニケーションが必須なので、相手のことや話の内容を考えることで脳が疲れてしまいます。

また、苦手な人との関わりも避けることができないので、ストレスも溜まってしまいがちです。

しかし、楽しいと思える趣味や好きなことすることで、良いストレス発散になるといわれています。

ですので、休日は趣味や好きなことをして、仕事をするやる気と活力を養ってみてはいかがでしょうか?

⑤自分が楽になる働き方を身に付ける

きつい仕事に嫌気がさしているという方は、自分が楽になる働き方を身に付けることをおすすめします。

つまり、自分が受け持つ仕事の全てに全力を尽くすのではなく、力の入れどころを少し工夫するだけで、同じ仕事でも楽に働くことができます。

いくら仕事内容の楽な仕事に就いたとしても、常に全力を尽くしていればどんな人でも疲れてしまいます。

重要な仕事には全力を尽くす必要がありますが、仕事内容によって力加減を行うことで、前向きに働くことができるでしょう。

⑥病院でしっかりと治療を受ける

ネガティブな思考が強くなっている方は、うつ病になっている可能性が高いです。

うつ病になってしまうと自分で対処するのは難しいので、病院でしっかりと治療を受けることをおすすめします。

きちんと治療を受けて入ればどんなことでも前向きに考えられるようになるので、仕事をしたくないという気持ちもなくなるでしょう。

⑦同じ立場の人のブログを読んでみる

ネット上には、同じように仕事をしたくないという気持ちをブログで紹介している方がいます。

その当時にやっておけばよかったこと、やっても意味のない行動など、筆者の実体験を公開しています。

また、体験者だからいえるアドバイスや改善法なども紹介されています。

そのため、現状を改善したいと考えている方は、同じ立場の人のブログを一度読んでみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「どんなブログを読めばいいの?」と悩んでいるかたは、以下のおすすめブログをぜひ読んでみてください。

参考 朝、会社(仕事)に行きたくない病だった僕が気づいたこと「休む、遅刻は意味ない」らふらく

⑧転職をして新しい仕事を見つける

働く意思はあるけど仕事に不満を感じている方、転職をして新しい仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?

仕事をしたくないという思いの原因が現在の仕事にあるのであれば、それはあなたに合っていない職なのかもしれません。

自分に合わない仕事を続けても嫌になる一方なので、転職をしてやりがいのある仕事をしてみてください。

仕事したくない人が転職する際の注意点

仕事をするやる気を取り戻すために転職をされる方は、いくつかの点に注意が必要です。

適当な転職活動では改善できませんし、転職を繰り返す可能性もあります。

実際に、転職活動を適当に行った方の中には、より仕事をしたくないと思うようになった方もいますし、長く働ける職を見つけられない方もいます。

転職活動は新しい社会人生活を始める第一歩となるので、これからご紹介する注意点を参考にして転職をしてみてください。

適当な転職活動は再び働きたくない病の再発になる

適当な転職活動を行っていると、自分の希望に合った転職先を見つけられず、再び「仕事したくない」という気持ちが蘇ってしまいます。

自分はどんな仕事をしたいのか、その仕事に見合った経験・スキルを持っているのかなど、真剣に転職活動に取り組まなければ意味がありません。

ですので、現状改善のために転職をする場合は、しっかりと計画を立ててから行いましょう。

自分に合った職種や業界の求人を探す

世の中に仕事にはさまざまなものがあり、人によって向き不向きがあります。

そのため、転職をする場合はやりたい仕事を見つけるだけでなく、自分に適性があるのかも考えながら求人を探してみましょう。

というのも、「好きな仕事なら絶対にできる」と考える方が多い傾向がありますが、そのような確証はないからです。

なぜなら、未経験の職種であれば覚えることもたくさんありますし、技術職なら技術の習得に時間がかかります。

新しい仕事をするということは仕事を覚えるまでが大変なので、好きな仕事の中でも自分に合った求人を探してみてください。

転職が不安な人は転職エージェントを使ってみる

転職が初めての方やあまり経験の少ない方は、思うように転職活動を進められず、希望に合った求人を見つけるのは難しいでしょう。

また、誤ってブラック企業を選んでしまうと、仕事をしたくないと思うのはもちろんのこと、心の病気になってしまう場合もあります。

そんな転職に不安を感じている方は、転職エージェントを利用してみてください。

転職エージェントは、無料で利用できる転職サービスとなっていて、転職者にピッタリの求人を紹介してもらえます。

取り扱っている求人の中には、福利厚生や待遇の良い優良企業の求人も取り扱っているので、安心して働くことができます。

転職成功のノウハウも学べますし、内定確定までしっかりとサポートしてもらえるので、ぜひ利用してみてください。

仕事したくない人におすすめの転職エージェント4選

ここでは、転職活動におすすめの転職エージェントを5つご紹介していきます。

どれも評判が良く有名な転職エージェントなので、安心して転職活動に取り組むことができます。

それでは、それぞれの転職エージェントについて、特徴や口コミなどを一つひとつ見ていきましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

仕事したくない気持ちを改善して充実した社会人生活を送ろう!

「仕事したくない」という気持ちになる原因は、人によってさまざまですが、前向きに過ごせるように改善することができます。

そのためには、まず自分が仕事をしたくないと思う原因を把握して、それにあった対処法を行うことで、明るい社会人生活を送ることができるでしょう。

どんな仕事でも楽にできるものはないので、つらいと感じることもあるはずです。

ですが、働かずに生活を送ることは難しいので、仕事をしたくないという気持ちを改善して、充実した社会人生活を送ってみてください。