外資系IT企業へ転職するために必要な知識と方法をプロが徹底解説

IT企業への転職を考えているのですが、その中でも「外資系」に興味があります。転職を成功させるためにはどうすれば良いですか?
外資系企業は、かなり魅力的に映るかもしれませんが、文化の違いなどの前提をしっかり理解しないと、転職に失敗してしまうことがあります

キャリアコンサルタント

そうなんですね。外資系企業については、まだよく分かっていないので、ぜひ詳しく教えてください!
はい。この記事では、とりわけ「外資系IT企業への転職」についてご紹介しています。転職を成功させる方法などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

外資系のIT企業に転職したい人が増えています。日系のIT企業よりも外資系のIT企業の方が魅力的に感じるのでしょう。IT企業に限らず、外資系企業は独自の魅力があります。

ただ、外資系にはならではの文化などがあります。それらを理解して転職しなければ、転職に失敗してしまうこともあるのです。

この記事ではITコンサルタントで日系も外資系も幅広く見てきた筆者が、外資系のIT企業への転職を解説していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

外資系IT企業の転職事情

簡単に外資系IT企業の転職事情をご説明します。日本においてIT人材は全体的に不足しています。経済産業省からの発表でも2019年をピークにIT人材は不足すると発表されています。

外資系IT企業でも同様にIT人材は不足する傾向にあります。特にスキルを重視する外資系企業では人材が確保できない現実も筆者は現場で感じています。

これを踏まえて外資系IT企業への転職はどのような状況であるのかを掘り下げてご説明します。

人材不足でも転職の難易度は大きく変わらず

外資系IT企業でも人材不足は間違いありません。ただ、人材不足ではあるものの転職難易度には大きな変化が見られない印象があります。相変わらずスキル重視の転職市場です。

日系のIT企業では未経験でも転職できる求人も公開されています。人材不足に合わせてスキル面のハードルは大きく下がっている印象です。

しかし、外資系IT企業の場合にはスキル面での妥協は見られません。多少ハードルが下がっていることもありますが、未経験でも転職できるほどには下がっていません。

そのため外資系IT企業への転職は今まで通りスキル重視となっていて、特段転職の難易度が下がっているようなことは感じられません。

転職を受け入れる大手企業

具体的に転職を受けているIT系企業にはどのようなところがあるのでしょうか。外資系企業の中でも転職を受け入れている有名な企業には以下のものがあります。

  • 日本IBM(ITベンダー)
  • 日本マイクロソフト(ITベンダー)
  • Google
  • 日本オラクル
  • アクセンチュア

システムを開発している会社もあれば製品を作っている会社もあります。それ以外にもITコンサルと呼ばれるコンサル分野を専門に扱っている会社もあります。

つまり外資系IT企業の中でも転職先の選択肢は幅広くあります。どのような企業に転職するかは現職を踏まえて考えることが大切です。

転職先によって求められるスキルは異なります。外資系IT企業はスキル重視ですので、今まで培ってきたスキルが活かせる企業への転職を基本的には考えておくようにしましょう。

外資系IT企業に転職するメリットとデメリット

外資系企業と日系企業には同じIT企業でも大きな差があります。具体的などのような差があるのでしょうか。その差に注目しながら外資系企業のメリットとデメリットを説明していきます。

外資系企業のメリット

まずは外資系企業に転職するメリットについて理解しておきましょう。

実力が評価され年収が高まりやすい

外資系企業は全体的に実力主義が多いです。そのため、IT企業でも実力があれば評価され年収アップにつながります。日系企業のように年功序列の傾向が強いわけではありません。

日系企業では実力があっても評価されにくいことも多いです。会社への貢献度、勤続年数で評価がある程度決まってしまうことが多いです。これが嫌で日系のIT企業を辞める人もいるぐらいです。

外資系企業であれば実力がしっかりと評価されます。そのため実力がある人であれば、転職によって年収アップが見込めるメリットがあります

最先端の技術を取り扱う企業もある

外資系企業は日系企業よりも先端の技術を取り扱うことが多いです。どうしても日系企業では技術に関して保身的な部分があります。そのため先端技術よりも安定して利用されている技術を利用する傾向にあります。

しかし外資系IT企業では、競争に打ち勝つために最先端の技術も取り扱っています。そのため。転職することでエンジニアは最先端の技術も取り扱えるメリットがあります。

もちろん転職先によっては最先端の技術を取り扱うとは限りません。すでに利用されている技術をさらに高めていく場合もあります。
ただ、外資系IT企業に転職することで今までに使ったことがない最先端技術を扱える可能性があることはメリットです。

デメリット

外資系IT企業に転職することはメリットだけではありません。外資系IT企業だからこそのデメリットも存在しています。日系企業と比較してどのようなデメリットがあるのかもご説明します。

業界に追いつけないと評価が下がる

ITに関する技術は常に進化し続けています。外資系IT企業ではこれら最新の技術を常に追い求めることが要求されています。そして最先端の技術に追いつけない場合には評価下がる可能性があります。

今やITは半年で大きく進化すると言われています。少し前まで最新だった技術も、いつのまにか古い技術となっていることも少なくありません。

古い技術のままでいては外資系IT企業で評価されることなかなかありません。常に成長し続けなければ評価に繋がらないです。この点で外資系IT企業にはデメリットがあると考えられます。

外資系IT企業高い評価を得るためには、他の人に負けない成長が必要です。常に最先端を追い求めて成長し続けることが必須である点で精神的な負担もありデメリットになってしまいます。

外資系IT企業だから残業が少ないとは限らない

日系企業と比較すると外資系IT企業は残業を好まない傾向にあります。外資系は全体的に定時内での業務で結果を残すことが高評価に繋がるからです。

ただ、残業が全く無いわけではありません。IT業界の仕事柄でもありますが繁忙期には残業が必須となってしまうこともあります。

残業時間を短くするために外資系企業への転職を希望する人もいます。しかし、実際には外資系企業でもIT業界である以上、残業が必須となるタイミングもある点はデメリットです。

IT転職で外資系を選ぶ時に知っておくべきこと

転職で外資系IT企業を選ぶのであれば気をつけておくべきことがあります。これを知らずに転職てしまうと転職後に後悔する可能性もあります。

外資系IT企業に転職するにあたり、知っておくべきことをまとめています。

日系企業よりもとにかくスキルが重要視される

外資系IT企業では個人のスキルがとても重要視されます。単純にスキルが高い人は評価されやすいです。逆にスキルの無い人は退職を求められることもあります。また評価が止まってしまうことも少なくありません。

日系企業の場合には個人のスキルよりもチームのスキルが重視されます。上司がいて、その人にぶら下がるチームで実績を残すことが大切だと考えられている企業もあります。

しかし、外資系企業では良くも悪くも個々が尊重されています。個人でスキルを持っているかどうかが、自分の評価を勝ち取れるかを左右しています。

英語力も求められる

IT企業であってもビジネスレベルの英語力が求められます。英語力が無ければ転職できないとまでは言われません。ただ、できないことで不利になる場面も多々あります。

特に上司が英語しか話せない場合、英語を話せないとスムーズにコミュニケーションを取れません。コミュニケーションが取れないとそれだけ仕事が止まってしまう可能性があります。

また、IT業界の文章は英語で書かれていることもあります。最先端の技術を求める外資系IT企業では、この文章を読んで最先端技術を身につけることも求められます。

文章が読めなければスキルを身に付けることもできません。その点でも最低限読み書きできるぐらいの英語力は必要であると考えておきましょう。

年齢は早い方が転職しやすい

日系企業に転職する場合と比較して、外資系IT企業の転職では年齢は早いに越したことありません。

外資系IT企業は皆さんもイメージされている通り多忙であることが多いです。外資系企業は残業しない傾向がありますが、それは高いスキルで定時内に仕事を終わらせることが求められているからです。

ただ、場合によってはどうしても残業が発生してしまいます。また定時内で仕事を終わらせるために常にハイパフォーマンスで仕事に対応することも求められています。

仕事の多さに耐えなければならないという点で、外資系IT企業では若い年代の人の方が転職の成功率は高めです。

外資系IT企業への転職を成功させる方法

外資系IT企業への転職を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか。成功させるために意識しなければならないことがいくつかあります。

外資系IT企業に転職するにあたり、どこに意識すればいいのかについても説明します。

早い年齢で転職に踏み切る

上記でも説明した通り、外資系IT企業では若い年代の方が転職の成功率は高いです。そのために外資系IT転職したいと考えているのであれば、早い年代で転職に踏み切ることが大切です。

悩んでいる間にどんどんと時は過ぎてしまいます。いつのまにか外資系IT企業への転職には適していない年齢になっている可能性もあります。

そうなってしまっては、せっかくスキルが高くとも転職を成功させにくくなります。外資系IT企業に転職したいと考えている場合、早期に決断して転職に踏み切ることをおすすめします。

自信の持てるスキルを2つは用意する

外資系IT企業に通用すると思える自信の持てるスキルを2つは用意しておきましょう。1つでも良いですが、2つあるほうが転職の幅が広がります。

転職の応募書類や面接などでは、自分が持つスキルについて注目されることも多いです。また、その部分を深く掘り下げて質問されるようなこともあります。

自信が持てる部分があれば、質問に対しての対応も良くなります。また、自分を採用することで企業側にメリットがあると強気にアピールできます。

具体的な外資系IT企業への転職方法

外資系IT企業に転職するために何をすれば良いのかについてご説明してきました。それでは具体的にどのように行動すれば外資系IT企業に転職できるのでしょうか。

実際に皆さんがやらなければならないことを順番に説明していきます。

外資系IT企業に強い転職エージェントに登録する

外資系IT企業に転職する場合、転職エージェントを利用することが基本です。転職エージェントなしに転職を成功させることは難しいと考えておきましょう。

転職エージェントの中にも外資系に強いところとそうではないところがあります。外資系IT企業への転職は、外資系に強い転職エージェントを利用することが大切です。

具体的におすすめしたい転職エージェントはJAC Recruitmentビズリーチリクルートエージェントです。転職エージェントは1つではなく2つ以上登録しておきましょう。

2つ以上登録しておくことで、幅広く求人を得られる可能性が高まります。外資系IT企業も全ての転職エージェントに求人を出してはいませんので、複数登録すると重なりの無い部分も求人が得られます。

そのため上記の2つもしくは3つの転職エージェントに登録することをおすすめします。

外資系にウケる書類

外資系企業は日系企業とは異なり外資系にウケる書類作りが大切です。日系企業と外資系企業では面接も書類の書き方も異なります。

またそもそも日本語ではなく英語で書類を書かなければならない場合もあります。転職後に英語を中心に使う仕事がなくとも、応募書類は英語で作成しなければならない場合もあります。

英語も含めて外資系企業向けの書類など作ったことはない人が多いでしょう。この場合にも転職エージェントのサポートを受けるべきです。

転職エージェントのサポートを受けることで、仮に外資系向けの応募書類の書き方が分からなくても採用担当者が興味を持つ書類を作成できます。

外資系IT企業の特徴を理解して転職活動は進めるべし

外資系IT企業は年収が高まりますいですが、転職することのデメリットもあります。外資系ですので日系企業とは違う働き方が求められます。

場合によっては日系企業と外資系企業のギャップで転職に失敗したと感じてしまうこともあるくらいです。本当に外資系IT企業が良いかはよく考えることも大切です。

ただ、外資系IT企業に転職することで自分のスキルを伸ばせることは間違いありません。自分自身を成長させるチャンスでもあるのです。

外資系IT企業での働き方が自分にあうかを確認し、それを踏まえて転職するならばすぐに行動していきましょう。