外資系IT企業に転職する人が知っておきたい転職情報まとめ

IT企業の中でも「外資系」に転職したいんですが、やはり難しいですか?
外資系となると、英語力が必要だったり、それなりのスキルがあることが前提となるので、転職難易度は高くなります。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな外資系IT企業に転職する方法について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職を考えている方の中には、外資系ITの企業への転職を考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、「英語力が必要」「仕事内容がハード」など、外資系に対してこのようなイメージをもつ方が多く、転職に悩んでいる方もいるようです。

今回は、そんな外資系IT企業に転職をする人が知っておきたい転職情報についてご紹介していきます。

外資系IT企業への転職を考えている方は、ぜひ参考にして満足できる転職を行ってみてください。

IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

1位: レバテックキャリア、2位: マイナビIT、3位: レバテックエキスパート

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【2019年最新】おすすめのIT転職サイトを目的別に厳選!

外資系ってどんな企業?業種は?

そもそも外資系がどのような企業であるのか、どういった業種があるのかをみなさんは知っていますか?

人によっては外資系に対して間違ったイメージを持っている方が多いため、まずは正しい情報を知ることが大切です。

ここでは、外資系とはどのような企業なのか、どのような業種があるのかについてご紹介していきます。

「転職したいけど外資系についてよく知らない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本法人以外の企業は外資系と呼ばれている

外資系の定義は日本法人以外の企業となっていて、外国の法人や外国人が一定以上の出資をしている企業のことです。

出資に関しては明確な規定がないため、出資率がそれくらいなのかはわかっていないようです。

また、多くの方は外資系と聞くと、社員には外国人が多く、会話は常に英語というイメージを持ち方が多いようです。

しかし、実際は外国人の社員の割合は企業によって異なりますし、全社員が日本人という外資系企業もあります。

さらに、英語が苦手な方でも働いている方はたくさんいるので、必ずしも英語力が必要とは限らないようです。

外資系IT企業の業種は大きく分けて4つ

外資系IT企業では、「外資(またはIT)ベンダー」「ITメーカー」「外資WEBサービス」「ITコンサルティング」など、4つの業種に分かれています。

そのため、自分に合った転職先を見つけるためにも、これらの業種については知っておくべき情報だといえるでしょう。

それでは、それぞれの業種について一つひとつ見ていきましょう。

外資(IT)ベンダー

外資(IT)ベンダーは、海外に拠点を置く本社で開発された商品を日本で販売する企業のことです。

基本的には商品開発を日本で行なうことがないことが特徴で、営業やマーケティングが主な業務となっています。

また、企業によってはITエンジニアの経験を活かせる「プリセールス」を行っているところもあります。

 ITメーカー

ITメーカーは「ハードウェア」「ソフトウェア」など、これら2つのメーカーに分けられ、海外にある本社で開発された製品を国内で販売する企業のことです。

近年、海外メーカーが勢いを増しているため、国内メーカーとの地位が入れ替わりつつあります。

そのため、安定性を求めて外資系企業へと転職をされる方は多いといわれています。

外資WEBサービス

外資WEBサービスは、エンジニアをはじめ営業企画やマーケティングなどの職種に分かれていて、外資系IT企業の中でも特に人気の高い企業となっています。

アプリケーションの開発やその他WEB関係のサービスを提供しているため、最新技術を身に付けられるのが特徴です。

世界中に便利なWEBサービスを提供したいと考えている方は、こちらの業種への転職がおすすめでしょう。

 ITコンサルティング

ITコンサルティングは、企業が抱える経営や業務の課題に対し、最適なサービスの提供・導入・運用を行なう企業のことです。

ITに関する専門的な知識とスキルが必要な業種なので、ITエンジニアとして身に付けたことを存分に活かせるでしょう。

また、企業に対して導入してもらうために、高いレベルの提案力が必要とされる仕事でもあります。

人気の外資系IT企業No.1は「Google」

外資系IT企業へと転職をされるのであれば、人気の高い企業も知っておきたいのではないでしょうか?

技術やスキルに自信のある方であれば転職成功の可能性は十分に考えられるので、可能であれば人気の企業へと転職を考えることでしょう。

現在人気No,1といわれている外資系IT企業は、知らない人はいないほどの知名度を持つ「Google」です。

他にも、Appleや日本マイクロソフトなどがあり、人気の高い外資系企業の多くは知名度の高いものが上位となっているようです。

人気企業の業績はどんどん上がり続けているので、ぜひ転職先として選びたい外資系IT企業ではないでしょうか?

外資系IT企業と日本企業では大きな違いがある

外資系IT企業と日本企業では、仕事のやり方に大きな違いがあります。外資系IT企業では新人に対して研修期間などがなく、入社してからすぐに即戦力として働くことが求められます。

さらに、外資系は成果主義で収入が決まるため、成果を上げられない社員には支払う給料も少なく、場合によっては契約をきられることもあるそうです。

日本企業であれば入社するとまず研修期間が与えられ、基本給によって働いた分だけきっちりと給料をもらうことができます。

甘い考えで外資系企業に転職をすると後悔してしまいますが、頑張れば昇給や昇格も望める成果主義なので、やりがいを感じられる仕事だといえるでしょう。

外資系IT企業に転職をするメリット・デメリット

ここでは、外資系IT企業に転職をするメリット・デメリットについてご紹介していきます。

それぞれをしっかりと把握することで自分に合った転職ができるのかを判断できるので、外資系IT企業への転職に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

転職をする3つのメリット

まずは外資系IT企業に転職をする3つのメリットについて、一つひとつご紹介していきます。

転職をすることで自分にどんな利点があるのかを把握して、転職活動を行ってみましょう。

転職前に比べて高収入を得られる可能性が高い

外資系IT企業は成果主義なので、成果を上げれば上げるほど高い収入を得ることができます。そのため、転職前に比べて高収入を得られる可能性が高く、満足できる収入を得ることができます。

年功序列制の企業ではなかなか高収入を得ることができないので、収入に不満を感じている方にはおすすめです。

新しい技術の習得やトレンドを知ることができる

IT業界では最新技術やトレンドを積極的に取り入れる姿勢を取っています。

そのため、日本企業では知ることができない新しいIT技術やトレンドを知ることができるのは、外資系IT企業に転職をする大きなメリットとなるでしょう。

エンジニアとしてスキルアップを狙うのであれば、外資系企業への転職に向いているといえるでしょう。

成果を上げれば裁量権を与えてもらえる

成果を上げ続ければ裁量権を与えてもらうことができるのも、外資系IT企業に転職をするメリットです。

成果主義なので入社して間もない方でも裁量権を得られる可能性があるため、とても大きなやりがいを感じることができるでしょう。

転職をする2つのデメリット

次に、外資系IT企業に転職をする2つのデメリットについてご紹介していきます。

デメリットを知らずに転職をすると、「前の仕事の方が良かった…」と後悔することもあるので、しっかりと把握しておきましょう。

最新技術やトレンドの変化が激しい

メリットでもご紹介した通り、IT業界では積極的に新しいものを取り入れています。そのため、最新技術やトレンドの変化が激しく、追いつくのが大変だと感じることがあるようです。

ですが、IT業界がどういったものなのかをしておけば、このような変化があることは知っているはずです。

知識やスキルだけではなく、向上心や覚悟を持っていれば、転職後に後悔することはないでしょう。

成果主義による評価で安定性に欠ける

外資系IT企業は成果主義となっているため、評価によっては収入が少ない、契約をきられるなど、安定性に欠けることがデメリットとなります。

そのため、高収入を求めて外資系への転職を考えるのであれば、成果を上げるための努力が必要です。

少しずつでも成果を上げればきちんと評価してくれるので、積極的に取り組む姿勢が大切です。

外資系IT企業への転職を成功させる方法って?

IT業界なのでエンジニアとしての知識やスキルは必要ですが、それだけでは転職に成功するとは限りません。

また、希望する転職先によっては求人が見つからない場合もあるため、なかなか転職ができないという方もいるはずです。

そこで知っておきたいのが転職を成功させる方法です。

そんな外資系IT企業への転職を成功させる方法は、以下の通りとなっています。

  • 自分のキャリアやスキルをしっかりと見直す
  • 転職先の企業研究を入念に行なう
  • 英語力を身に着けておく
  • 外資系に強みを持った転職エージェントを利用する

転職を成功させるためには、まず自分のキャリアやスキルを見直すことが大切です。

外資系企業は即戦力となる人材を求めているため、企業に貢献できるキャリアやスキルを身に付けているのかを確認しておきましょう。

面接では業務内容に関する質問をされることがあるため、転職先の企業研究は必須です。また、企業の業績は将来的に安定して働くためにも知っておくべき情報なので、入念な下調べが大切です。

外資系IT企業は必ずしも英語力が必要というわけではありませんが、社員には外国人の方がいる企業もあります。

また、昇格して会議に出席するようになれば、会話は全て英語で行われることもあるため、英語力は身に付けておくことをおすすめします。

「求人が見つからない」「転職に不安を感じている」という方は、転職エージェントを利用してみましょう。

転職に関するさまざまなサポートやアドバイスを受けられますし、外資系に強みを持っているところであれば、より効果的に転職活動を進めることができます。

外資系IT企業の転職におすすめの転職エージェント

そこで、ここでは外資系IT企業の転職におすすめの転職エージェントについてご紹介していきます。

どれも外資系に強みを持った転職エージェントなので、自分に合った転職先を見つけることができるでしょう。

転職のプロが内定確定までしっかりとサポートしてくれるので、安心して転職活動に取り組むためにも、ぜひ参考にしてみてください。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

転職成功の秘訣は複数のエージェントを使うこと

外資系IT企業への転職成功率を上げるのであれば、複数の転職エージェントを使うことをおすすめします。

この転職成功の秘訣は職種を問わずにいえることで、複数のエージェントを利用することで、自分に必要な情報をたくさん得ることができます。

基本的な転職サービスはどこも同じですが、それぞれの担当アドバイザーから転職成功のノウハウやアドバイスを受けることができるため、転職を有利に進めることができます。

さらに、それぞれのエージェントから求人を紹介してもらえるため、転職活動を効率良く行えます。

外資系ITの企業に転職をされる方は、ぜひ複数の転職エージェントを使って、自分に合った転職先への内定を勝ち取りましょう!