転職を考える美容師が進むべき道と後悔しないための全知識

美容師をしているのですが、転職を考えています。どうしたら良いでしょうか?
美容師になったとしても、自分に合っていなかったなんてこともありますよね。転職エージェントを活用しながら、転職活動を進めていくようにしましょう。

キャリアコンサルタント

この記事では、美容師が転職を決意する理由やおすすめの転職エージェントについて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

ヘアカットやヘアアレンジなど、お客さんをキレイにする美容師さんですが、自分には向かない職種だと感じて転職を考えている方は多いのではないでしょうか?

一見すると華やかな職種で憧れを感じるお仕事ですが、実際に働くと「思っていた仕事内容と違った…」という理由から、転職を考える方がいるようです。

今回は、転職を考える美容師さんが知っておきたい、転職を成功させるための方法についてご紹介してきます。

美容師さんが転職を考える理由や、転職に人気となっている職種についてもご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

手荒れ・激務…美容師が転職を決意する理由6つ

転職を考えたとき、同じ境遇の美容師さんが転職をする理由について気になることはありませんか?

「こんな理由で転職をしていいのかな?」「他の美容師さんはどんな理由で転職しているのだろう?」など、自分の転職理由と照らし合わせたい方は多いはずです。

というのも、転職をする理由というのは転職を成功させるための大切なポイントなので、他人の意見を参考にすることで、自分の転職理由を再確認することができます。

それでは、美容師さんが転職を考える理由について、一つひとつ見ていきましょう!

①休日が少なく健康面が心配

一般的な企業に勤める会社員の方であれば週休2日制が基本となっていますが、美容師さんの休日は週に1回が基本となっています。

そのため、若い世代の方であれば特に何も感じることがなくても、年齢を重ねごとにもう少し休日が欲しいと感じる美容師さんは多いようです。

また、お客さん目線で美容師さんを見ると華やかなイメージがありますが、実際の仕事内容はとてもハードだといわれているため、健康面を気にされる美容師さんも少なくありません。

さらに、憧れだった美容師の仕事に就いたものの、「自分には合わない職種かもしれない…」と感じる方も多いといわれています。

このような方は上司や先輩からの指摘が増えてしまい、精神的なダメージを感じることから転職を考えるそうです。

美容師の仕事は身体的な問題を抱えることがあるため、健康面を考えて退職をされる方がいるようですね。

②研修が多く休日が仕事になることがある

美容師さんは新しいファッションに関わることはもちろんですが、シャンプー・ヘアカット・カラーリングやパーマなど、全ての業務を訓練するために研修制度が設けられています。

この研修は業務中のトラブル防止や新しい技術を身につけるといったことが目的となっていて、サロン内で行なうところもあれば別の場所で合宿が組まれることもあるそうです。

しかし、勤めている美容院によっては研修の頻度が多く、場合によっては休日が研修(仕事)になる場合があるため、プライベートを充実させたい方は転職を考えるようです。

ただでさえ休日が少ない職種ですし、しっかりと疲れを取ることができないことを考えると、転職を考えてしまうのは仕方のないことかもしれませんね。

③ハードな仕事内容に比べ収入が少ない

少ない休日や研修はもちろん、時期によっては大忙しとなる美容師さんの仕事内容はとてもハードだといわれています。

ですが、仕事内容に比べて収入が少ないと感じる美容師さんも多いため、仕事内容に対して納得できる収入が得られる仕事へと転職される方も多いそうです。

美容師の仕事も一般的な企業と同じく、勤続年数が長くなれば昇給する仕組みとなっているようですが、勤める美容院によっては満足できる収入を得られない方がいます。

そのため、他の美容院への転職、または他の職種への転職を考え、安定した収入を得たいと考えているのでしょう。

④休憩時間がバラバラで休憩にならない

一般的な企業であれば決まった時間に休憩を取るというのが基本ですが、美容師さんの休憩時間にはバラつきがあり、しっかりとした休憩を取ることができないそうです。

休憩中でもお客さんが来れば、お昼ご飯を食べている途中でも業務に参加することになるため、次第に「仕事がつらい…」と感じてしまう美容師さんが多いようです。

そのため、自分の働き方に合った職へと転職をする、または転職を考える方が多いといわれています。

⑤人間関係やクレームによるストレス

どんな職場でもありがちな理由ですが、職場内での人間関係が上手くいかず、退職を考える美容師さんは多いようです。

仕事が忙しくなると先輩の機嫌が悪くなり、八つ当たりを受けるという意見もあり、お客さんの目の前で怒られたという方もいるようです。

また、対応したお客さんがサービスに不満を感じた場合はクレームを受けることがあるため、対応することにストレス感じるという意見もありました。

人間関係はもちろんですが、接客業にはクレームがつきものですが、人によって転職を考えるほどのストレスを感じているようですね。

⑥シャンプーによる手荒れがつらい

アシスタントとして働く美容師さんの仕事は、ヘアカットやカラーリングではなく、スタイストのサポートやシャンプーが主な業務となっています。

ですが、そのシャンプーによって手荒れが悪化してしまうため、見た目や痛みによって「仕事がつらい…」と感じるようです。

美容院によっては専用のグローブを着用して作業をするところもあるようですが、中には使用を禁止しているところもあるため、耐えられずに退職や転職をされる方が多いそうです。

美容師が今より良い生活を手に入れるための4つの選択肢

転職を考えている美容師さんについて調査した結果、転職をするにあたって4つの選択肢があることがわかりました。

転職と聞くと別の職種へと移行することを想像しがちですが、選択肢の中には美容師を続けるというものもあります。

そこで、ここでは美容師さんが転職をするときに考える4つの選択肢について、一つひとつご紹介していきます。

転職について悩んでいる美容師さんにとってはとても役立つ情報なので、ぜひ参考にしてみてください。

別の美容院へ転職をする

転職を考えたときの選択肢として、まだ美容師を続けたいという方であれば、他の美容院で働くことを考える方がいるようです。

基本的な仕事内容は同じでも、それぞれの美容院によって細かい仕事内容は異なります。

そのため、自分が理想とする働き方ができる美容院の求人を見つけることができれば、美容師の仕事を辞めることなく転職することができるでしょう。

自分がオーナーとして独立をする

美容院に雇われて働くのではなく、自分がオーナーとして独立をするというのも、転職を考える美容師さんの選択肢となっているようです。

自分がオーナーであれば収入や休日に不満を感じることがなく、好きな美容師の仕事も続けることができるため、独立をする美容師さんは少なくありません。

しかし、独立をするということは自分の力で人気を集めなければいけないため、余裕を持った資金がなければ生活が困難になってしまいます。

中にはアルバイトをしながら美容院のオーナーを勤めている方もいるそうなので、独立をする場合はしっかりとした計画を立てつつ、経営に関することをきちんと学んでおくことが大切です。

収入面を考えて現職を続ける

収入面を考えたとき、転職をすると収入が減ってしまうことから、現在の職場を変えないというのも選択肢の1つとして含まれていました。

特に美容師以外の仕事経験がないという方は、他の職種へと転職をしても安定した収入が得られないと考えるため、現職を続けることで昇給を目指す美容師さんもいるようです。

また、勤続年数が長くなれば昇格することも考えられるため、収入面において不安を感じることがなくなります。

「今すぐ美容師をやめたい!」という方にはおすすめできませんが、そうでない方であればこのような選択肢も視野に入れておくと良いかもしれませんね!

別の業界や職種ヘ転職する

美容師の仕事自体を辞めたいと考えている方は、他の職種へと転職を考える選択を取るようです。

健康面・収入・福利厚生などのさまざまなことを考えたとき、美容師の仕事を辞めて他の職種へ転職される方は多いそうです。

最近では「未経験者歓迎」という求人もたくさんあるので、美容師の経験しかないという方でも転職ができる時代です。

仕事に対する不満や将来的な不安を抱えたまま美容師を続けたくないという方は、他の職種への転職を考えた方が良いといえるでしょう。

美容師が転職するならこの職種!

他の職種への転職を考えている美容師さんの中には、「美容師から異業種に転職って、例えばどんな仕事があるのだろう?」と考えている方は多いのではないでしょうか?

転職はしたくてもどんな職種に就くか迷っているという方は、転職先が定まらないため、思うように転職活動が進まないという方もいるでしょう。

そこで、ここでは転職をする美容師さんに人気の4つの仕事についてご紹介していきます。

転職先で悩んでいる美容師さんは、ぜひ参考にして自分に合った転職先を見つけてみてください。

①美容商材を販売する営業職

美容商材を販売する営業職は、美容師としての知識を活かせる仕事なので、転職をされる美容師さんがとても多い職種だといわれています。

また、美容商材の知識に詳しいことから採用確率も高いため、未経験の職種に転職をするよりも転職に成功しやすいといえるでしょう。

美容師が美容業界に転職するなら、転職エージェント「パスキャリ」への登録がおすすめです。これまでの強みを企業にどうアピールしていくべきか、的確なアドバイスをもらうことができます。

②ファッション・アパレル業界

美容師さんは流行りのファッションについても詳しいので、ファッションやアパレル業界への転職も人気を集めているようです。

しかし、有名なブランドを取り扱う企業への転職は難しく、まずは洋服や雑貨の販売員から始めることになるといわれています。

とはいえ、ファッション関係でいえば同じ部類の職種なので、採用確率が高く転職しやすい職種となっています。ファッション・アパレル業界に転職したいなら、転職エージェント 「ファッショーネ」または「クリーデンス」には必ず登録しておきましょう。

③介護師・ケアマネージャー

介護師やケアマネージャーは資格が必要になりますが、美容師の仕事をしながらでも勉強ができるため、このような職種へと転職をされる方もいるようです。

ちなみに、将来性を考えている方は、介護師ではなくケアマネージャーを目指す方が多いといわれています。

試験の合格率は約20%と簡単に取得できる資格ではありませんが、介護師と比べて収入が高く需要の高い職種なので、安定性を求める方にはおすすめでしょう。

④受付・事務職

受付や事務職は特別な資格を必要としないため、未経験者でも働きやすい職種となっています。

そのため、美容師から他の職種へと転職をされる方は、このような職種へと転職される方も多いといわれています。

しかし、入社する企業によっては給料や福利厚生は良くても、残業が必要になることもあることを理解しておきましょう。

⑤公務員

公務員は美容師と比べて福利厚生や待遇が充実していますし、将来的に受け取れる年金額に圧倒的な差があります。

そのため、仕事内容に対しての収入に不満を感じている、将来性を考えて転職をされる美容師さんの中には、公務員へと転職をされる方もいるそうです。

しかし、転職をするには資格が必要ですし、公務員になれる年齢は30歳までと決まっています。公務員への転職を考えている美容師さんは、できるだけ早めに行動に移して、転職を成功させましょう。

公務員の転職については、元公務員の採用担当者が執筆したこちらの記事を参考にしてください。

公務員への転職は難しい?成功方法と後悔しないための知識

⑥工場勤務

転職を考える美容師さんの中には、転職先として工場勤務を希望する方も多いといわれています。

決して楽な仕事ではありませんが、福利厚生や待遇は美容師に比べて充実していますし、接客業ではないためお客さんから直接クレームを受ける心配がありません。

また、直接雇用・正社員・派遣社員など、さまざまなポジションでの募集が多い職種でもあるため、転職しやすいといった利点もあるようです。

休憩時間もきちんと確保できますし、残業がなければ定時で帰宅できるため、プライベートを充実させたいという方にはおすすめの転職先といえるでしょう。

しかし、工場での仕事には向き不向きがあるといわれていて、ブラック企業に入社してしまうときつい労働をすることになるため注意が必要です。

他の職種へと転職するなら転職サービスの利用がおすすめ!

美容師さんの多くは美容師以外の仕事経験が少ない方が多いため、他の職種への転職となると、未経験の職ばかりとなるでしょう。

そのため、企業に応募してもなかなか採用してもらえない、または自分に合った求人情報を見つけられないなど、転職活動に苦戦している方はいるでしょう。

そんなときは、転職のプロである「転職サイト」や「転職エージェント」などの転職サービスの利用がおすすめです!

転職サイトの利用であれば、自分のペースで転職活動ができますし、公式サイトから豊富な求人情報の閲覧が可能です。

転職エージェントの利用であれば、担当アドバイザーが転職成功までしっかりとサポートしてくれるので、安心して転職活動に取り組めます。

あなたの希望条件にピッタリの求人情報を紹介してくれますし、さまざまな手続きはアドバイザーが代わりに行ってくれるので、気楽に転職活動ができるといった利点もあります。

転職に不安を感じている、転職を成功させたいという美容師さんは、ぜひ転職サービスを利用して、転職活動を行ってみてください。

美容師さんの転職におすすめの転職サービス4選

ここでは、美容師さんの転職におすすめする転職サービスを4つご紹介していきます。

自分では見つけられない求人情報の紹介はもちろん、あなたにピッタリの転職先を親身になって探してくれるので、納得できる転職を期待することができます。

転職を成功させたいという美容師さんは、ぜひご紹介する転職サービスを活用して、転職成功を目指してみてください!

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、国内最大級の総合転職エージェントです。

約36000件もの求人を扱っており、従業員数も9000人を超えているので、サポートが手厚いです。

パソナキャリアは、総合転職エージェントなので、自分の適切な業界や転職先を客観的に判断することができます。

一度キャリアを見直したい、今までとは違う業界に転職したいと考えている方は、利用してみてください。

ファッショーネ

ファッショーネは、アパレル・ファッション業界に特化した主に正社員への転職を支援する人材サービス企業です。

経験豊富なキャリアコンサルタントが、あなたの悩みやキャリアに応じて、適切なアドバイスをしてくれます

さらに、あなたの適性を理解し、よりあなたが働きやすい会社の求人を紹介してくれます。

また、関東圏の求人を多く取り扱っているので、東京で働きたいという人は、登録をお勧めします。

アパレル・ファッション業界に転職したいけど、どうやって転職活動を進めてよいかわからないといった方や正社員になりたいという方にお勧めの転職エージェントです。

クリーデンス

クリーデンスは、アパレル・ファッション業界への転職を検討しているなら、登録必須の転職エージェントです。

「doda」や「an」などを運営するパーソルキャリア株式会社が管理しています。

アパレル・ファッションのサービスにおいて、業界最大級です。

これまで130,000人以上の転職実績を誇り、業界出身者のキャリアコンサルタントが丁寧に相談にのってくれたり、アドバイスをしてくれます。

掲載求人は、外資のラグジュアリーブランドをはじめ国内トップクラスのブランドや、安定した老舗商社の求人まで幅広く取り扱いがあります。

受かるための応募書類の書き方から、面接対策、転職サイトではわかりにくい企業情報の共有、転職後のフォローまでしてくれます。

複数のエージェントを使えば転職成功率がアップする

転職を成功させるのであれば、複数の転職エージェントを使うことで、転職成功率をアップさせることができます。

それぞれのエージェントで担当するアドバイザーからさまざまなアドバイスを受けられるので、1社だけを利用するよりも転職を有利に進めることが可能。

さらに、複数のサービスを利用することでたくさんの求人情報を紹介してもらえるため、早急に転職をされたい方にとっては効率の良い転職活動ができますよ!

転職に自信がない、または初めての転職で不安を感じている方は、複数の転職エージェントを使って転職を成功させてみてください。