ハローワークでブラック企業を回避する方法は?嘘の見分け方も

職業紹介_692037112
『ハローワークはブラック求人だらけ』『まともな求人がない』とよく聞きますが、本当なのでしょうか?
キャリアコンサルタント
すべての求人がブラックというわけではなく、中には良い求人もあります。

ハローワークはたくさんの求人が寄せられていることがメリットですが、その分しっかりとホワイト企業の見極めをすることも大切です。

ハローワークで良い求人に出会えることはあるのでしょうか?
キャリアコンサルタント
求人の記載内容をしっかりと読み込むことがブラック企業回避には大切です。ハローワークを利用した効率的な転職活動について考えてみましょう。

「ハローワークの求人はブラックだらけ」との声はよく聞きますが、噂をすべて鵜呑みにしてしまうとせっかくのホワイト企業の求人を見逃してしまうことがあります。

ハローワークの上手な使い方を知れば、思わぬお宝求人に出会えることがあります。ハローワークを有効活用して転職を成功させる方法を紹介します。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

ハローワークの求人がブラックだらけと言われる理由

ハローワークの求人はブラックだらけというのは本当でしょうか。平成29年度7月に厚生労働省が発表した「ハローワークの取り組みと実績」の資料によると、平成28年度の新規求職者数518万人に対して就職件数162万人と数多くの人がハローワークで就職を決めています。

新卒者を対象とした新卒応援ハローワークの利用者数約51万人に対し就職件数約19万と約3割、フリーター等の就職支援数約38万人と数多くの実績を誇っており、若年層も多くの人が利用されています。

「ブラックだらけ」などネガティブなイメージの強いハローワークですが一概にハローワークの求人がブラックというわけではありません。ハローワークの求人がブラックと言われる理由として以下の2つがあります。

  1. 無料で求人を出すことができる
  2. 法令に反するものでなければどんな業種や職種でも掲載可能(職業安定法第5条の6)

ハローワークは公的な職業紹介所のため無料で求人をだすことができます。そのため採用にお金をかけられない中小や零細企業、人の入れ替わりが激しい企業などが多い傾向があります。

求人不足とされる飲食・サービス業・介護福祉業界などの求人も多く寄せられるため一見すると「ブラック企業ばかり」な印象も否めません。実際には良い求人もあるけれど、数多くの求人に埋もれてしまいブラック企業の求人が目立ってしまうのが実情です。

ハローワークには企業のブラックリストが存在する?ブラック企業に対する取り組みとは

ブラック企業対策としてハローワークを管轄する厚生労働省が、2017年より労働基準法に違反する企業一覧を公表しています。長時間労働や残業代不払いなどの法令違反を行う企業についてはハローワークでの求人は受理しないなどの取り組みを行っています。

これがネットでは厚生労働省のブラックリストなどと呼ばれています。ここに公開されている企業は氷山の一角にしかすぎず、すべての違反企業が網羅されているわけではありません。

また、ハローワークに寄せられた求人内容と実際の労働条件が異なるという苦情申し出の件数は平成28年度で9,299件と決して少ない数字ではありません。(参照元 厚生労働省HP)あくまで申し出があった件数なので、申し出がされていないケースを含めると実際はもっと多いと言えます。

求職者よりこのような申し出があった企業に対して、ハローワークでは求人取り消しや求人内容の変更などの対応を行っていますが、残念ながらブラック企業に対する取り組みは未だ発展途上の段階でしょう。

まともな求人も多いのに…ハローワークの求人がダメと言われる理由は?

ハローワーク=ブラック求人というイメージがつきまといますが、数多くの就職実績もあることから決してハローワークが駄目だということはありません。

特に若年者向けの雇用促進については「ジョブカフェ」や「わかものハローワーク」など厚生労働省から委託を受けた事業所が就職支援を行っており実績も豊富です。

ハローワークは公的な職業紹介所のため法令違反がなければどんな求人でも受け付けるので、民間の紹介所と比べると求人の質に偏りが出てしまうのは当然ともいえます。

ハローワークのブラック企業を回避!「求人票の嘘の見分け方」2つ

ハローワークでよい求人を見つけるためには求人票を正しく読み取る必要があります。トラブルを避けるためにも求人票の正しい読み方を知っておきましょう。求人票で勘違いをしやすいケースとして、いくつかの事例を紹介します。

求人票の嘘の見分け方① 休みの表記

  • 週休2日制なのに月に1回しか週休2日ではない
  • 8時間以上働いたのに残業手当がでない

上記のようなケースの場合、「求人票の内容に嘘がある」「騙された」と思いがちですが、実はそうではありません。その理由について見てみましょう。

休日表記には「週休2日制」と「完全週休2日制」があり、この2つの定義は以下の通りです。

  • 週休2日制 月1回以上週2日の休みがある
  • 完全週休2日制 毎週2日以上の休みがある

単なる週休2日なのか完全週休2日なのかで、休日数が異なるためしっかりとチェックしましょう。

求人票の嘘の見分け方② 残業の表記

また8時間以上働いても残業手当が出ない場合は「裁量労働制」「変形労働時間制」などのケースが考えられます。まず裁量労働制とは「業務の遂行方法を労働者に委ねる」働き方のことを言います。

裁量労働制は、業務時間を実労働時間ではななく一定の時間としてみなすため、8時間以上勤務したとしても残業代は支払われません。裁量労働制はエンジニアや研究開発、弁護士などの資格職に限定されています。

一方変形労働時間制とは労働時間を月単位・年単位で決めることです。通常は1日8時間、週40時間と労働時間は法律で定められています。変形労働時間制を採用している業種として介護職などの長時間勤務を伴うシフト制の職種が挙げられます。

夜勤勤務の場合10時間から14時間などの長時間にわたりますが、通常の労働体系の場合残業代が大幅にかかることになります。人件費削減のため1日8時間勤務ではなく月ごとや年ごとでトータルで労働時間を設定することにより、残業代が発生しなくなります。

求人票を見る時は「裁量労働制」や「変形労働時間制」ではないかしっかりとチェックしましょう。

ハローワークと転職サイトの違いとは

ハローワークと転職サイトの違いは以下のようなものがあります

  • ハローワークは求人掲載が無料だが転職サイトは有料
  • 転職サイトは担当者が企業を取材して求人を掲載する

ハローワークの場合基本的には来るもの拒まずなスタンスです。法令に違反していなければいかなる企業でも求人が掲載できます。一方転職サイトは有料のため掲載するにはお金がかかるため採用に関する予算が必要です。

また転職サイトは求人広告会社を通じて求人を掲載するため、会社の内容や紹介文についてもハローワークの求人よりも魅力的なものが多いでしょう。転職サイトでは希望条件や職種、条件を細かく設定して検索も可能なため、より効率的な求人探しができます。

ハローワークでまともな求人・安心な企業を見つけるためのプロセス3つ

ハローワークでは求人数はたくさんありますが、その中から優良企業の案件を見つけるのは至難の技です。ハローワークでは求職者にとってメリットのあるさまざまなサービスが受けられるので、単なる職業紹介の場と考えるのではなく、就職支援サービスを有効活用して転職を成功させましょう。

ハローワークでまともな求人・安心な企業を見つけるためのプロセス3つを紹介します。

2chや口コミサイトでホワイト企業の情報を調べる

ハローワークの使い方のひとつとして、「数多くの求人から一握りの優良企業を探し出す」のではなく、ネットなどでホワイト企業と称されている企業がハローワークで募集をしていないかを探すのも効率的です。

あまり認知されていない隠れホワイト企業に的を絞って探すと優良企業の掘り出し物が見つかるかもしれません。その他口コミサイトでおすすめなのがキャリコネです。登録企業数62万社と数多くのクチコミが寄せられておりあなたの気になる企業のクチコミも見つけやすいでしょう。

わかものハローワークや新卒応援ハローワークなど若者就労支援を活用する

ハローワークでは若者の雇用促進に力を入れており、さまざまなサービスを受けることができます。第二新卒の就職支援や、おおむね45歳未満の正社員を目指す人を対象としたわかものハローワークなどがあります。

わかものハローワークでは85%の人が正社員での就職に成功しており、就職後のフォローもしてくれるので安心です。

まずは転職に必要なスキルを身に付ける

職業訓練支援が充実していることもハローワークの特色です。就転職に有利なスキルや資格を身に付けることができれば、需要が高まりホワイト求人への応募もしやすくなります。

転職に有利なスキルとして、ITや経理、福祉関係などがあります。失業保険を受けながら受給できるコースもあるため自分の適性などを考えて資格取得を検討しましょう。

ハローワークでブラック企業に引っかからないためのたった1つの方法

転職を成功させるなら、ハローワークでブラック企業を避けるよりも、転職エージェントを有効活用することをおすすめします。転職エージェントをおすすめする理由として以下のものがあります。

  • 非公開の優良求人がある
  • 転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職のサポートをしてくれる
  • 年収や待遇面での交渉を行ってくれる
  • 希望に沿った条件の求人が見つけやすい

ハローワークで優良求人を探すには時間も手間もかかりますが、転職エージェントを利用するとおすすめの求人を紹介してくれるだけではなく、社風や人間関係、待遇や給与などの聞きにくいことについても間に入って対応してくれます。

自分の客観的な市場価値を知ることができ、転職についてのサポートを行ってくれるため希望に沿った転職をかなえることができます。

次に、転職を成功に導くおすすめの転職エージェント3選を紹介します。どのエージェントも実績、信頼共に高い評価を得ているため、あなたの転職活動をバックアップしてくれるでしょう。

転職を成功に導くおすすめ転職エージェント3選

転職を成功させるには、自分に合った転職エージェント選びが大切です。1社だけではなく複数登録をするとそれぞれの独自案件を紹介してくれたり、違った視点からアドバイスがもらえたりと、転職において有利になるため複数のエージェントに登録をし、計画的な転職活動を行いましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人数、転職実績共に業界1位の転職エージェントです。幅広い業界や職種の求人があり、プロのキャリアアドバイザーがあなたに合った転職活動をサポートしてくれます。

&キャリアが独自に調査したリクルートエージェントを利用した人の口コミを見てみましょう。

26歳女性 団体職員
コーディネーターとの事前面談を元に、自分に合った仕事を選別して紹介してもらえるので、効率的で楽だと思った。
24歳女性 小売業
初めての転職でしたので、サポートがあると1人ではないという安心感がありました。また経歴書の添削は本当に有難かったです。自身の将来と向き合う時間となり、今は満足のいく職場に就職できています。

転職活動を1人で行うと迷いや不安を感じたりしがちですが、エージェントを利用すると相談しながら転職活動をすることができます。後悔しない転職をするなら実績数No.1のリクルートエージェントに登録しましょう。

doda

doda

企業からのスカウトメールが多いことで定評のあるdodaです。利用した人からは「スカウトメールが来ると必要とされていると感じモチベーションが上がる」などの声も寄せられています。

&キャリアが独自に調査したdodaを利用した人の口コミを見てみましょう。

32歳男性 営業
一人ではわからない、企業情報など詳しく教えてくれた、専任の担当者さんが親身になって助言してくれます。
29歳女性 介護職
求人量が多いと感じます。一般的な転職サイトには出ていない非公開求人もあるのはエージェントならではだと思いました。

求人票を見ただけではわからないような情報についてもプロのアドバイザーが教えてくれることがエージェントのメリットです。サポート力に定評のあるdodaなら、満足の行く結果が得られます。

パソナキャリア

パソナキャリア

求人数は上記2社に比べて劣りますが、高い顧客満足度で定評のあるパソナキャリアです。転職者の約67%が年収アップに成功するなど、求人の質の高さも人気の理由です。

&キャリアが独自に調査したパソナキャリアを利用した人の口コミを見てみましょう。

41歳男性 食品製造販売業
自分ではめぐり会えない求人応募の案件を紹介してくれることだと思います。主に転職となればまずハローワークを利用することが多いと思いますが、そのハローワークにすら掲載されていない案件が多く驚きました。
30歳男性 機械メーカー営業
企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

豊富な求人の中から自分に合った求人を見つけることができます。パソナキャリアは企業との交渉力が高いことでも定評があるため、希望の転職を叶えることができます。顧客満足度の高いパソナキャリアに登録して転職を成功させましょう。

最後に

ハローワークの求人はブラックしかないということはありませんが、優良求人を見つけることは大変なことです。効率よく転職活動を行うなら就職支援サービスを利用したり転職エージェントを活用して効率の良い転職活動を行いましょう。

複数の転職エージェントに登録をすると成功のチャンスが広がります。エージェントを有効利用して希望に叶った転職をしましょう。