高収入な転職を実現!年収の高い業界や資格と登録するべき転職エージェント

転職をして、年収を上げたいのですが、どうすれば良いですか?
高収入な転職を実現するためには、いくつかポイントがあります。

キャリアコンサルタント

この記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

あなたが仕事に求めるものは何でしょうか。

現代ではやりがいやワークライフバランスを求める方が増えているといわれていますが、そうはいっても給与を優先し転職を希望される方も多いでしょう。

この記事では、高収入を目指す転職活動を成功させるためのポイントについてご紹介していきます。また、転職の際に活用するべき転職エージェントについても紹介していますので、ぜひご覧ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

高収入で転職できる業種や職種は?

まずは高収入を目指せる業種や職種にはどのようなものがあるのかについてみていきましょう。

高収入の業界ランキング

大学卒業したての初任給ではどの業界でもそこまで差はないものです。しかし、残念ながら入社して何年も経つと業界によって大きく差が生まれてしまいます。

給与のことですから各企業の手当や評価制度によるところも存在しているのは確かです。しかし、実はそれぞれの業界が扱うサービスの違いから収益率が異なることも大きく影響しています。

では一体、どんな業界の仕事が高収入を得られやすいでしょうか。以下にまとめてみましたのでご覧ください。

順位業界名40代平均年収
1コンサルティング1,316万円
2総合商社1,232万円
3放送879万円
4携帯電話事業者839万円
5投資事業・投資ファンド815万円
6メガバンク798万円
7石油784万円
8海運776万円
9証券755万円
10総合重機745万円
業界平均600万円

40代の平均年収で調査をすると、1位はコンサルティング会社となりました。2位の総合商社とコンサルティング会社は平均年収ランキングの1、2位を常に争う高収入の業界です。

3位以下に目を移すと放送業界や携帯事業、投資ファンド、メガバンク、石油と続いています。

どの業界も利益率が高かったり、限られた事業者にしか提供できないサービスを行っているため経営も安定しています。

また、繰り返しになりますが初任給に関していうとどの企業も大きな差はありません。しかし、業界によってその後の年収の増加率が大きく変わりますので転職の際には選ぶ業界についてもこだわると良いでしょう。

高収入を狙える職種とは

続いては職種別の年収ランキングをみていきましょう。

順位職種平均年収
1専門職(監査法人/コンサルティングファーム)588万円
2企画/管理系510万円
3技術系(電気/電子機械)467万円
4技術系(IT/通信)456万円
5営業系444万円
6技術系(建築/土木)415万円
7技術系(メディカル/化学/食品)400万円
8クリエイティブ系379万円
9事務/アシスタント系330万円
10販売/サービス系327万円

大まかに見てみるとこのように職種によっても平均年収に差が生まれていることが分かります。

専門的な知識を要するコンサルティングファームや監査法人の専門職の年収のほかに近年、企業の内部監査部門やプログラマーの待遇も良くなっています。

反対に一般事務や小売の販売/サービス業は平均年収が低い傾向にあるといえます。

高収入を狙える資格とは

最後に高収入を狙える資格にはどんなものがあるのかについてまとめてみました。

順位資格平均年収
1会計士、税理士1,042万円
2弁護士1,029万円
3不動産鑑定士777万円
4一級建築士642.6万円
5薬剤師543.8万円
6社会保険労務士526.2万円

 

高収入を狙える資格は上記のようなものがあげられます。高収入を得られるだけあって難関の資格がほとんどであり取得するのにも時間を要してしまうものが多いです。

資格取得を目指す場合にはキャリア形成を前提とした転職活動を行って、会計事務所や弁護士事務所などのアシスタントとして入所し、上記のような資格を取得するのも高収入を実現する方法の一つといえるでしょう。

ただし、やはり高収入を手にするまでに相応の時間がかかってしまうため転職後すぐに高収入を望むことは難しいです。あくまでも高収入を目指し転職を行う場合には業界や職種に影響を受ける部分が大きいため応募企業が高収入をもらえるような業界なのかを把握すると良いでしょう。

高収入を狙った転職で失敗しないためには?気をつけるべきポイント

さてここまで高収入を狙える業種や職種、資格について紹介してきましたが、高収入を目指す転職で起こる失敗とはどのようなものがあるでしょうか。また転職に後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、そのポイントについて見ていきましょう。

自身のキャリアやスキルの棚卸しを徹底的に行う

まず、最初のポイントは「自身のキャリアやスキルの棚卸し」です。自身のキャリアやスキルの棚卸しをすると今までの職歴から自分がどのようなことを学んできたかがあらためて理解できるからです。

また、一方で今まで挑戦したかったけど手つかずのままになっている資格や自己学習についても見直す良い機会となるでしょう。自己分析を十分に行っていないと結局自分の希望する働き方や得意分野、苦手分野が分からないまま転職活動を行ってしまう可能性があります。

特に収入を前提とした転職を行う場合には、年収ばかりに目が行きがちなため、この自己分析をしっかり行うことが重要です。

自身にできることは何か、希望する年収を手にするためにはどんなキャリアやスキル、資格が必要なのか、さらに自身がやりたいことは何なのかといったことを主軸に置き、年収を考えることで転職後のミスマッチを未然に防ぐことができるでしょう。

生活に本当に必要な年収はどのくらいかを知る

次に心がけておきたいポイントは「あなたの生活に必要な年収がいくらかについてあらためて考えてみる」というものです。

高収入と一口に言っても、年代や地域によって生活に必要な収入は大きく異なります。自身の生活で本当に必要な年収を知ることで仕事を選ぶ幅も広がるでしょう。

さらにいうと年収だけでなく必要生涯所得くらい長い目で見てみることもオススメです。

もちろん誰でも月給が高い方が良いと考えるものですが、トータルで見ると多少給与が劣っていても生涯に必要な所得が手に入れられるのであれば居心地の良い環境が優先されることも十分に考えられます。

自力だけではなく転職エージェントを活用する

最後のポイントは転職エージェントサービスを活用するというものです。ハイクラスな求人の場合、一般に公開されていることは少ないため非公開求人となっていることが多いです。

そのため自力で応募できる求人には限りがあります。そんな時にこそ転職エージェントに登録し非公開求人の中からハイクラス求人を紹介してもらうのがオススメです。登録するだけであれば基本的に無料ですし、メリットがたくさんありますのでぜひ活用するようにしましょう。

また、エージェントによって抱えている求人内容が異なることもありますので複数のエージェントを利用し、自身に合うエージェントを探してみることをオススメいたします。

高収入を目指す転職におすすめな転職エージェント

では、高収入を目指す転職にオススメのエージェントを目的別にご紹介いたします。ぜひご覧ください。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

40歳女性・アウトソーシング会社スタッフ

希望条件に近い案件を、その案件の担当者が紹介してくれるので求人の質が高く、希望とかけ離れている求人を紹介されることはなかった。面接や書類対策も適格で役にたった。

50歳男性・流通

案件の数が他のエージェントよりも多く保有している。そのためいろいろな可能性を探ることができるため、自分で探すよりもメリットが多い。

など、求人の質、サポート面で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望者に提供しています。求人数は約6万件以上あり、この転職エージェントの利用者の約半数以上が、30代~40代のキャリアを持っている人です。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

日本全国での転職活動に対応しており、料金はほかの転職エージェントと同様で無料ですが、有料プランも用意していてより手厚いサポートを受けたいという人に人気があります。

今までのスキルを活かした転職をしたいという場合は、まずは無料プランでの登録をした後で、自分に合っているなと思った場合は有料プランも検討してみてはどうでしょう。

当サイトが独自に調査を行ったところ、

40歳男性 食品営業

面接対策が万全だったことが要因だと思います。 転職についての相談ができたことが多かったと思います。満足しています。

33歳男性 銀行システム部

企業人事担当者から直接スカウトが来る場合がある。スキルに自信がある場合は、求人の質が高いため、登録必須と言える。

26歳男性 ITシステム運用

求人の量は普通ですが、やはりハイクラス向けのエージェントサイトだけあって求人の質はとても高かったです。

と求人の質の高さやサポート力について高評価となっていました。特にハイクラス求人の取り扱い数が多いため高収入を目指す方には登録必須といえるでしょう。

キャリアカーバー

業界最大手のリクルートが提供するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向け転職サービスです。リクルートの強みである求人数の多さもさることながら高年収な求人をメインに扱っています。

キャリアカーバーに登録すると登録した匿名レジュメを見てヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。ヘッドハンターは約220社、1400名おり、自分では探せなかった企業や気づかなかった業界なども紹介してくれ、転職の可能性を広げてくれるかもしれません。

口コミの評判も良いものが多く、

  • 自分では探せないようなハイクラスな求人をヘッドハンターがスカウトで紹介してくれる
  • 一度登録するだけでヘッドハンターから求人情報を紹介してもらえるので時間がない人にこそオススメできる
  • ヘッドハンターを自分で選ぶこともできて便利。
  • サイトの求人検索もフリースペースがあって企業名でヒットするので探しやすい

など、質の高い非公開求人に出会えることやサイトの使いやすさ、利便性について好意的な意見が多く見られました。

しかしヘッドハンターというサービスの特性上、スキルや経験によってはあまり紹介されないこともあるようです。より幅広い求人をチェックするという意味では他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

登録する(無料)

転職エージェントを活用しながら着実に行っていこう

今回は高収入を目指す転職についてどのような業種や職種が狙い目なのかや気をつけたいポイントについてご紹介しました。

業界や職種によって平均年収が大きく変わるのでぜひ参考にしていただき高収入の転職を実現していただけたら幸いです。

高収入の仕事は休日が少なかったり残業が多かったり、業務自体がストレスフルだったりすることはよくある話です。

ひとくちに「高収入」や「高インセンティブ」という理由だけで転職先を選んでしまうと結果的に失敗してしまう可能性があります。転職を考える際には「自分はどんな事に興味があるのか」「犠牲にできるものはなんなのか」を今一度精査しましょう。

また、転職の際には転職エージェントを利用をすることをオススメします。複数のエージェントに登録しサービスを受けると、より多くの非公開求人や自身にあったサービスを見つけることができるでしょう。

それぞれのエージェントの強みや自身と合う合わないなどもありますので複数のエージェントをうまく活用することでより納得できる転職活動が行えるようにしましょう。