病院薬剤師へ転職はきつい?年収・仕事内容・キャリアなど総まとめ

薬剤師_743384119
病院薬剤師での転職を考えているのですが、平均年収や需要などが気になります。
キャリアコンサルタント
病院薬剤師の平均年収は、ドラッグストアなどの一般的な薬剤師より低い傾向にありますが、確かな経験を積めることから、人気のある職種でもあります。
では、病院薬剤師の転職では年収アップやキャリアアップは期待できないのですか?
キャリアコンサルタント
転職エージェントを最大限活用すれば病院薬剤師の転職においても年収やキャリアアップの可能性は十分にありますよ。

ここでは、病院薬剤師の平均年収などの転職市場から、病院薬剤師におすすめの転職方法や転職エージェントなどを紹介していきます。

【2019年4月:最新情報】

4月は薬剤師が転職するベストなタイミングです。多くの企業は、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が固まった4月に中途採用を開始します。これに合わせて、転職希望者も急増しますので、転職を成功させるためにも早急に準備を進めましょう。

  1. 複数の薬剤師転職サイト・エージェント(『ファーマキャリア』『ファルマスタッフ』『アプロドットコム』など)に無料登録する
  2. キャリアアドバイザーから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、自分に対するサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職サイト・エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期です。そのため、転職意欲の高い人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントに「すぐにでも転職したい」と伝え、優先的にサポートを受けられるよう対策をしましょう。

病院薬剤師は大変?年収・やりがいを体験談から検証

ここではまず、病院薬剤師の平均年収などの転職市場や、病院薬剤師のメリット・デメリットなどを、項目別に検証していきます。

薬剤師の年収ランキング

まずは薬剤師の職場別の年収ランキングを見てみましょう。おおよその平均年収は、以下の通りになります。

職種初年度の平均年収その後の平均年収
病院薬剤師300~350万円400~550万円
ドラッグストア350~450万円500~800万円
調剤薬局350~400万円450~700万円
製薬企業300万円前後600~1200万円

冒頭でもあったように、病院薬剤師の平均年収は、ドラッグストアや調剤薬局勤務などの薬剤師に比べ低い傾向にあります。

大きな要因としては、病院薬剤師は他の薬剤師に比べて製薬に関するさまざまな知識と経験が積める理由から、薬学生や若手の薬剤師からの人気が高く、給料を上げなくても就職・転職希望者が多いというのが挙げられます。病院側からしても給料を上げる必要がなく、初任給や年収が低く設定されています。

また、病院薬剤師はドラッグストアや製薬企業とは異なり安定性は高いですが、ビジネス色が薄いため、その後の平均年収も他の薬剤師に比べ低いと言えます。

薬剤師としての経験を積むためには環境の良い職業ですが、年収アップやキャリアアップを将来的に考えるのであれば、将来製薬企業や高収入を得られるドラッグストアに勤めるための、経験の場として選択するのも一つの手段と言えます。

国公立病院薬剤師の年収は?

病院薬剤師は、民間病院薬剤師と国公立病院薬剤師の2種類あり、国公立病院薬剤師の年収は上記で紹介した民間病院薬剤師とは大きく異なります。

国公立・民間病院薬剤師の平均年収の比較

職種初年度の平均年収その後の平均年収
国公立病院薬剤師300万円500~800万円
民間病院薬剤師300~350万円400~550万円

初年度の平均年収は民間の方が高いですが、その後の年収は国公立の方が大幅に高くなる傾向にあります。

これは、国公立病院薬剤師には「定期昇給」がしっかりと行われるため、これがその後の年収に大きな差が生れている要因となります。

また、国公立病院薬剤師の平均年収は、上記で紹介したドラッグストアや調剤薬局よりも高いので、病院薬剤師として長いキャリアを過ごしたいのであれば、国公立病院薬剤師への就職・転職がおすすめと言えます。

しかし、国公立病院薬剤師はあくまでも公務員であるため、調剤以外への異動や地方への転勤などといったデメリットも生じるので、メリット・デメリットを十分に理解した上で、国公立病院薬剤師への転職を目指しましょう。

病院薬剤師のメリット・デメリット

病院薬剤師に関する上記の情報を踏まえて、ここでは、病院薬剤師のメリット・デメリットを検証していきます。

メリット

  • 薬剤師としての経験が積める
  • 国公立病院薬剤師なら将来性も高い
  • 医学的な観点からも薬学についての理解が深まる

病院薬剤師として働いた場合は、これらのメリットが考えられ、特に、薬剤師としての経験が積めることが大きなメリットと言えます。

民間・国公立問わず、病院薬剤師として働いた場合は、入院しているさまざまな患者の方と直接コミュニケーションをとる機会が多いため、服薬の説明や相談などをされる機会も多く、そのため実戦形式で薬学についての理解が深まり、実用的な経験を積むことができます。

デメリット

  • 民間では平均年収が低い
  • 国公立は異動や転勤が多い

上記でも少し紹介しましたが、これらのことがデメリットとして考えられます。上記の平均年収でもありましたが、病院薬剤師は充実した多くの経験を積める反面、平均年収が他の薬剤師に比べ低い傾向にあります。

国公立の病院薬剤師の平均年収は他の薬剤師と比べても年収は多い方ですが、その分異動や転勤が多い傾向にあるため、これはデメリットとして考えることができます。

近年では、病院薬剤師を経験を積む場と考え、将来は製薬企業や高収入のドラッグストアに転職される薬剤師も増加傾向にあるようです。

病院薬剤師になるのは大変?難易度と転職成功法

病院薬剤師の平均年収やメリット・デメリットはわかりましたが、病院薬剤師の転職難易度はどのようになっているのでしょう?ここでは、病院薬剤師の実情などから、転職難易度を検証していきます。

病院薬剤師は人気の職業

病院薬剤師は、薬剤師にとって有益になる知識や経験を積める職業として、薬学生や若手薬剤師の方などに人気のある職業です。病院の数だけ働く場も多いですが、競争率もその分高いと考えられます。

競争率が高い分、転職難易度も高くなりますが、情報収集や転職準備を事前にしっかりと行えば、高いハードルも可能な限り下げることができます。

病院薬剤師の仕事内容をしっかり把握

病院薬剤師の働き方には、患者の方の症状の移り変わりが激しい急性期病院と、症状の落ち着いた患者の方が長期入院する療養型(慢性期)病院の2種類があり、それぞれを把握することが転職を成功させるポイントと言えます。

急性期病院での病院薬剤師の仕事は?

怪我や急な病気などで、患者の症状の移り変わりが激しいため、その病院で働く薬剤師には、高度で専門的な知識と経験が求められます。

急性病院を利用されている患者のほとんどの方の症状は日々変化するため、投与する薬や処方箋も当然ながら日々変化します。

変動的で大変な仕事ですが、対応力が身に付き、また、やりがいと成長を実感できることが、急性期病院の特徴であり、働くメリットと言えます。

療養型(慢性期)病院での病院薬剤師の仕事は?

療養型病院で長期入院されている患者の多くが、病状が急性期を脱しているため容態が安定し、継続的な治療と療養が前提となります。

投与される薬や処方箋の変動の少ないため、ワークバランスの調整も取りやすく落ち着いた環境で働くことができます。

ただし、療養型病院の場合は、治療だけではなく患者や医師とのコミュニケーションが重要になるため、薬剤師の知識と経験に加えて、高いコミュニケーション能力も求められます。

2種類の主な働き方を把握することが大事

これら2種類の働き方を十分に把握して、自分のどの現場でどのように活躍できるのかを自己分析して、それに適した病院に応募することが転職を成功させるポイントと言えます。

臨機応変な対応力やチャレンジ精神が強い方であれば、急性期病院に向いている傾向があり、コツコツ地道に仕事することが得意でワークライフバランスを重視する方であれば、療養型病院が向いていると言えます。

2種類の働き方を十分に理解し、自分がどれに適しているかをしっかりと自己分析して、転職活動を行いましょう。

転職エージェントの利用がハードルを下げる最大のポイント

転職活動とは、一般的にハローワークや、求人・転職サイトを利用して、選んだ求人応募にエントリーし、書類選考や面接を経て、無事採用されれば活動が終了となりますが、難易度が高い転職を成功させるためには、一般的な転職方法よりも、転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。

書類選考に必要な履歴書や職務経歴書の作成サポート

転職難易度を下げる大きな要因の一つが、書類選考に必要となる各書類の作成サポートを行ってくれることです。

選考書類の完成度は、転職難易度を上げる大きな要因となっていて、書類選考の段階で落とされてしまうケースが多くあります。

人事経験や経営経験があれば、履歴書や職務経歴書の書き方のノウハウはありますが、転職が初心者の方や、書類作成が苦手な方などは、選考書類のノウハウがないため、ある意味この書類選考が転職成功への最大の壁とも言えます。

しかし転職エージェントを利用した際は、キャリアアドバイザーと呼ばれる転職のプロが、求職者の経歴や、応募先に適した選考書類の書き方などを、適確にアドバイスしてくれるので、書類選考の通過率が大幅に上昇します。

本格的な面接対策

無事書類選考を通過すれば、次は面接です。面接の回数は応募した企業にもよりますが、ここが最後の関門と言えます。

転職エージェントでは、応募企業や病院に合わせた面接対策を実施してくれ、面接のポイントなどを教えてくれたり、質疑応答がある実戦形式の模擬面接の実施などを行ってくれたりなど、面接を通過するためのサポートを徹底して行ってくれます。

非公開求人の取り扱いもポイント

非公開求人とは、応募への殺到防止・即戦力の確保・人材の選定など、企業や病院側の採用作業の効率化を目的とした特殊な求人です。

非公開求人は企業側にメリットの多い求人情報ですが、傾向的に高収入・好条件の求人の多いため、企業側だけではなく求職者にもメリットは多いです。

病院薬剤師は年収が低い傾向がありますが、転職エージェントの非公開求人を経由して転職すれば、年収の低い病院薬剤師の転職でも高収入・好条件の転職ができる可能性が大きく上昇します。

薬剤師に特化した転職エージェントを利用

転職エージェントには、幅広い業種や職種を取り扱う総合型と、専門的な業種や職種を取り扱う特化型の2種類のタイプがあり、ほとんどの転職エージェントは無料で登録することができます。

病院薬剤師の転職を目的とした場合は、薬剤師に特化した転職エージェントに複数登録し、病院薬剤師をメインに求人案件を紹介してもらいましょう。

病院薬剤師の転職におすすめの転職エージェント

ここからは、病院薬剤師の転職におすすめの、特化型転職エージェントをいくつか紹介していきます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

人材サービスの大手、マイナビ転職が運営する薬剤師特化型の転職エージェントです。

マイナビ転職は、総合型の大手転職エージェントであるマイナビエージェントを運営していることもあり、求人量と質、サポート力などは、薬剤師特化型の転職エージェントの中でもトップクラスと言えます。

また大手なだけあり、病院とのパイプも太いため、病院薬剤師の求人案件も多く取り扱っています。

病院求人の傾向

  • 全国の病院の求人がある
  • 高収入案件多数

全国さまざまなエリアの病院の案件が豊富で、幅広く転職先を選ぶことができます。また、紹介される求人の中には高収入案件もあるので、年収アップを目指した転職も可能です。

薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは、医療業界に特化したビジネスをメインに事業を展開するエムスリーグループが運営している、医療業界に特化した転職エージェントです。

エムスリーグループは圧倒的な知名度を誇り、そのため病院や医療施設などとのパイプも太く、取り扱っている求人の質も特に高いとされています。

病院関連の求人を豊富に取り扱っているため、病院薬剤師におすすめの転職エージェントです。

求人の傾向

  • 正職・正社員だけではく全雇用形態の求人がある
  • 非公開だけではなく公開求人も質が高い

薬キャリが取り扱う求人にはこれらの傾向があります。正職・正社員だけではく全雇用形態の求人があるため、パートや派遣などさまざまなワークスタイルを選ぶことができます。

医療関係とのパイプの太さが薬キャリの最大の特徴であり、高年収・好条件案件が公開・非公開問わず豊富にあるので、幅広い転職先から条件の良い転職先を選ぶことができます。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、薬剤師の転職や派遣を得意とする、株式会社メディカルリソースが運営する薬剤師に特化した転職エージェントです。

地域と業界に精通したキャリアプランをアドバイスすることをモットーとしているため、病院との関係も強く、病院薬剤師の転職におすすめです。

求人の傾向

  • 公開・非公開共に求人数が多い
  • 交渉力が高いため条件が良くなることもある

ファルマスタッフの求人にはこれらの傾向があります。最大の特徴とも言えるのが、交渉力の高さで、それによって一般的な求人案件であってもより条件が良くなることもあります。

給料面だけはなく、採用後の条件交渉などに不安がある場合でも、交渉代行を行ってくれるので、安心して入職の準備を行えます。

病院薬剤師の転職を成功させるには複数の転職エージェントに登録するのがポイント

病院薬剤師の転職を成功させるためには、病院とのパイプが太い薬剤師を専門とする転職エージェントに複数登録を行い、併用して利用するのが大きなポイントと言えます。

転職エージェントは、求人案件やサポート内容、得意とするエリアなど、それぞれ特徴が異なるため、幅広く転職活動を行うためには、複数登録を行って併用して利用することが最も重要です。

病院薬剤師の仕事についてさらに具体的に知りたい!という方は、病院薬剤師の転職理由や大変だった仕事について、経験者が執筆したこちらの体験談も是非お読みください。