会社を辞める前に知っておくべきこと総まとめ・後悔しない選択を

最近、今の会社のストレスから「辞職」を考えています。ですが、なかなか辞める決断ができません。どうすれば良いですか?
就職してみたけれど合わなかった、上司からのパワハラがある、人間関係など、会社を辞めたいと考える人は多いです。

キャリアコンサルタント

ですが、会社を辞めるタイミングなどを間違えると、損をしかねません

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。
この記事では、会社を辞める前に知っておくべきことについて詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

他に、辞める手続き活用したい転職エージェントもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

上司からのパワハラ、人間関係が良好でない仕事場、就業規則とかけ離れた労働条件で働かされるブラック企業など、今は会社の環境に恵まれず、会社を辞めたいと考える人が多くいます。

一昔前までは、転職は良くないとされてきましたが、今では特に従業員数の多い会社では、転職者のいない会社はないと言っても良い程、転職希望者の増加や転職市場の活発化が起こっています。

そこで、今回は、会社を辞めると決めた人へのアドバイスとして、会社を辞める前にするべきことや、転職のタイミングについて紹介したいと思います。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

それは逃げじゃない!会社を辞める決断をすべきタイミング4つ

会社を辞めると決断しても、次の瞬間にはまた迷ってしまう…。そんな方に、「会社を辞めると決断すべき」タイミングをお教えします。

  1. キャリアアップしたい
  2. 業種を変えたい
  3. 会社に問題がある
  4. 人間関係に問題がある

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

①キャリアアップしたい

自分が働いている会社では自分が思い描くキャリアプランが実現できない場合や、今の仕事の専門性を高められない、と判断した時には、会社を辞める決断をしてしまいましょう。

やりたいことがあるのに、ダラダラと会社に居座るのは、時間の無駄です。

キャリアアップの転職では、今いる会社より規模の大きな会社や仕事のレベルが高い求人へ応募することになるため、内定率が下がりレベルの高い転職活動になります。

しかし、転職が決まった場合の喜びは大きく、よりやりがいを感じながら新たな会社で働くことができるため、転職市場が活発な時には特にこの理由での転職希望者が増加します。

②業種を変えたい

会社の仕事内容が自分には合わなかった場合や、勤務体系に夜間勤務や土日祝日の勤務がある業種でそれらを変えたい、という場合も、迷っているのは時間の無駄です。

業種を変える転職の場合、転職先でこれまでの自分の経験をそのまま活かすことはできないため、転職先で研修が必要になる場合や給与などの条件面がこれまでより下がる可能性があります。

しかし、特に20代、30代の世代であれば、今後の自分自身の人生プランなどを考えて業種を変えることも必要になり、特に転職市場が活発な時には好条件での転職が可能になるため挑戦して欲しい転職です。

③会社に問題がある

会社の福利厚生が充実していない場合や、残業が正規の金額で支払われないなど、会社自体が社員を大切にしない体質である場合、その企業に在籍し続けることのほうがリスクです。早く辞めてしまいましょう。

特に中小企業で多い事例ですが、会社自体の売り上げが少ない場合や家族が経営をやっている場合などでもこのような問題が生じることがあります。

例え小さな会社でも親会社が大手企業の場合には、福利厚生などが同じ場合があるため、会社に問題があって転職をする場合、転職先の会社の制度についても良く調べて転職することをお勧めします。

④人間関係に問題がある

社会人として働く上での人間関係には、上司、同僚、取引先の人など様々な人間関係があります。これらに問題がある場合、心身に悪影響を及ぼす可能性があります。すぐに辞めるべきです。

転職の面談の際の理由としては、あまり好まれない理由のため、別の理由を答える方が多いですが、転職後に実は人間関係に悩んで転職をしたということを人事担当者が聞くことは良くあることです。

会社での人間関係が上手くいっていない場合、仕事が上手く進まないだけでなく、精神的にも参ってしまいます。現代社会ではメンタルヘルスに悩む人が多くいます。その多くの理由が人間関係になります。

大手企業や条件面の良い会社で勤めている場合、人間関係で転職を考えるのは勿体無いような気がするかもしれません。

しかし、うつ病などの病気に一度なってしまうと一生その病気と付き合って生活をしていかなければならないこともあり、人生で損をすることは言うまでもありません。

会社の人間関係で転職を考えることは、甘えや自分に問題がある訳ではありません。人間関係で悩み、精神的につらいと感じた時には転職の道を考えることをお勧めします。

会社を辞めると決断したらすること&手続きを詳しく解説

会社を辞めると決めても、すぐに辞められるわけではありません。会社で働く人の多くは成人であり、仕事を辞めると無職になってしまいます。

自立して生活する場合には、税金や光熱費、家賃などの生活費を支払う必要があり、生きていくためには無職の期間をできるだけ短くし、新たな就職先をできるだけ早く見つける必要があります。

そこで、考えられるのが転職ですが、転職をするためには、下記のようなことが必要になります。

退職するタイミングを決める
転職エージェントに登録する
退職交渉をする

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

①何ケ月前に言うべき?退職するタイミングを決める

会社を辞めると決めた場合、退職するタイミングを決める必要があります。そして、退職するタイミングを決める場合には下記の点を注意する必要があります。

1.就業規則の退職に関する事項
2.自分が受け持っている仕事の契約や納期
3.周りの人の動き
4.自分の気持ちや体調

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

就業規則の退職に関すること

多くの会社の場合、社員がいつでも確認できるパソコン上などに職規則が掲載されており、その中に退職に関する規定が定めれています。

この中には、退職の申し入れや退職に必要な書類、退職金、年金制度などについての記載がありますが、転職活動を開始するにあたって最も重要になるのは、退職の申し入れについての部分になります。

ここでは、会社を退職することを希望する場合には退職日の何日前までに誰に会社を退職したい旨を伝えなさいということが書かれています。

そのため、転職活動を開始する時には、まず、この会社の退職に関する定めを確認し、十分に期間に余裕をもって転職活動を進めるようにしてください。

具体的には、例えば退職を希望する場合には1ヶ月前までに所属の部署の上長に退職したい旨を伝えることという記載があった場合、

転職活動期間を3ヶ月として考え、3ヶ月以上前から転職活動を開始、内定をもらった時点で1ヶ月以上余裕がある日にちを転職先の入社日に設定し、現職に1ヶ月前までに退職の申し入れをする形になります。

退職交渉は多くの場合、そのまますんなり認めてもらうことができますが、人手が足りていない部署などの場合、引き止められることもあります。

しかし、会社の就業規則などに退職に関する事項に規定が定められている場合、引き止めはお願いレベルになります。

円満退職にできる限りする必要はありますが、会社の就業規則を確認している旨を伝え、転職先の入社日を最も優先させて対応することが必要になります。

自分が受け持っている仕事の契約や納期

新入社員で会社を辞めると決めた場合以外の人は、大抵の人が自分一人で進めているプロジェクトや契約があります。

いくら自分が今働いている会社に問題があり、すぐにでも転職をしたいと考えていても、社会人として自分の仕事には責任を持つことが必要になります。

そのため、今の仕事が自分の転職希望日までに終わらない場合には、誰かに継続してもらえるようにすることや、マニュアルを作成するなど、引き継ぎを確実にする必要があります。

上長への退職交渉時にも、このあたりについては会社の利益や責任にも関わってくるので、かなり確認をされることが予測されます。

また、退職規定の中に、確実に引き継ぎを行うことと明記されている会社もあるため、第三者がみても漏れを指摘されないレベルで引き継ぎを行える準備を転職活動と同時進行で行うことをお勧めします。

周りの人の動き

会社が業績不振や合併などの理由から早期退職者を募っている場合や、自分の部署がなくなる場合などには会社にいる周りの人の退職のタイミングにも注意が必要です。

特に9月末や3月末には退職者が増えるため、自分が退職することを会社に伝えにくくなることや退職を引き止められる場合があります。

また、先に退職を申し入れた人の業務を引き継いでしまうと自分の仕事量も増えてしまうため、周りの人の動きがある場合には注意しながら会社を辞めるタイミングを決める必要があります。

自分の気持ちや体調

前までの項で会社を辞めるタイミングを決めるために必要な確認事項を書きましたが、会社を辞めるタイミングで最も重視するべきことは自分の気持ちや体調です。

確かに、会社にはそれぞれ、退職に関する決まりごとが規定されており、その規定を守ることが原則です。

しかし、国が定めている退職に関するルールは、退職の申し出は退職日の2週間以上前にするべきという規定になっており、通常の会社の規定より短いルールが決められています。

そのため、自分の気持ちが会社で働き続けることでひどく落ち込む場合や睡眠不足などがある場合には有給休暇などの消化なども活用し、できるだけ早いタイミングで会社を辞めることが必要になります。

②退職前に済ませるのがおすすめ!転職エージェント&サイトへの登録

転職活動をする場合、多くの人が利用するのが人材紹介会社が運営する転職エージェントです。

転職エージェントは様々なサービスを無料で提供しており、会社を辞めると決めた人でも会社を辞めることをまだ迷っている人でも利用できるサービスが豊富にあります。

ここでは、転職エージェントに登録した場合に利用できるサービスや複数の転職エージェントへ登録することのメリットについて紹介したいと思います。

転職エージェントを利用することで利用できるサービス

転職エージェントを利用することで下記のサービスを利用することができます。

  • 転職に関する相談
  • 自分にあった求人の紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 面接日程の調整
  • 退職交渉のポイントなどのアドバイス

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

転職に関する相談

会社を辞めたいと考えた人が転職エージェントに登録をすると、1人の転職希望者に対し、専任のキャリアアドバイザーがつきます。

このキャリアアドバイザーは、転職希望者の初期登録での転職希望先の業界などに応じて選任されるため、転職希望者が希望する業界や業種についてとても詳しい知識を持つ人です。

そして転職希望者は、転職活動の開始時にこのキャリアアドバイザーと面談を行い、自分が転職に関して不安に感じていることについて相談をしたり、今の転職市場についてなどの情報を得ることができます。

特に転職に慣れていない転職初心者や初めての業界に挑戦しようとする転職希望者は転職活動をするにあたって、転職市場の現状を把握し、下調べや面接対策などが必要になります。

キャリアアドバイザーとの面談や相談が転職希望者が希望すればいつでも対応してもらうことができるので、このサービスを利用することで安心して転職活動を進めることができます。

自分にあった求人の紹介

転職エージェントに登録をし、キャリアアドバイザーとの初回の面談が終わると、求人の紹介をしてもらえます。

紹介される求人は、キャリアアドバイザーが転職希望者が登録の際に入力した情報や面談で確認した希望の条件やキャリアプランを元に選定がされます。

そのため、ある程度自分の希望と自分のこれまでの経験やスキルを活かせることができる転職先を紹介してもらうことができます。

求める条件があまりにも高い場合など、希望の求人を紹介してもらえず、不満に思うことがあるかもしれませんが、キャリアアドバイザーは何人もの転職希望者の転職を成功させてきた転職のプロです。

紹介された求人が自分の条件と合わなかった場合には、自分の意向をしっかり伝え、新たな条件での求人選定をしてもらうようにしてください。

応募書類の添削

転職希望者の多くは、働きながら転職活動をするため、転職先へ提出する応募書類書類の作成に時間がかけられないという人が多くいます。

しかし、応募書類は企業との面接にたどり着くための重要な書類であり、内定率を大きく左右させます。
そこで利用したいのが転職エージェントの応募書類の添削サービスです。

ここでは、一般的な転職活動で必要になる履歴書、職務経歴書の基本的な書き方や応募する企業や業界に応じて必要な経験やスキルについてより詳しく記載した方が良いものなどのアドバイスをしてくれます。

キャリアアドバイザーとの転職相談と同様に、応募書類の添削サービスも何度も対応してもらえるため、応募の企業が変わる前などには積極的に活用することをお勧めするサービスです。

面接対策

転職エージェントでは、転職希望者が希望した場合に、面接対策をしてくれます。

応募先の企業で聞かれそうな質問、または過去の候補者が聞かれた質問などの受け答えについてのアドバイスももらうことができ、内定率を上げるサービスになります。

転職希望先での書類審査に合格すると面接が開始されます。

転職活動の場合には、一次選考とされる書類選考が終わると1週間~2週間以内に面接が開始されるところが多くあります。

そのため、書類選考が通った時点でサービスを利用することも良いですが、時間に余裕がある場合には、書類選考前から利用しておくことが転職の効率化にもつなげることができます。

面接日程の調整

転職エージェントを利用すると転職活動における様々なスケジュール管理を転職希望者に代わって行ってくれます。

また、働きながら転職活動をしている場合、応募先の企業からの依頼される面接日程で予定を空けることが難しいこともあります。

そのような場合には担当のキャリアアドバイザーが責任をもって応募先に連絡をし別日程での調整をしてくれるため、転職希望者は余計なストレスを抱えずに転職活動を進めることができます。

退職交渉のポイントやアドバイス

応募先から内定をもらうと、今の会社での退職交渉が必要になります。

転職活動は普段の仕事をしながらすることや慣れていない面接に対応することがあり体力的にも精神的にも疲れます。そのため、希望していた応募先から内定をもらうと気が抜けてしまう人も多くいます。

しかし、今の会社への退職交渉は、円満退社に向けた重要な過程のため、ここまでは気を張って頑張ることをお勧めします。

転職エージェントでは、現職への退職交渉を進める時に、相談する相手や報告の仕方についてのアドバイスをしてくれます。

転職希望者の中には、会社に対し大きな不満を感じており、円満退社を望まない人もいますが、同じ業界への転職の場合にはその後転職先で働く中でその会社や同僚と付き合うことになることもあります。

転職をするために会社を辞めることは問題ありません。

しかし、社会人として、そして今後の自分のためにも、キャリアアドバイザーからの退職交渉におけるアドバイスをしっかり参考にし、できるだけ円満退職をするように心掛けることをお勧めします。

複数の転職エージェントを利用する

会社を辞めようと考えた場合に、転職エージェントを探すとたくさんのエージェントがありどのエージェントを利用するか迷う転職希望者も多くいます。

転職エージェントは各企業ごとに持っている求人の種類や提供しているサービスに違いがあり、転職希望者の多くは複数の転職エージェントに登録している人が多くいます。

そのため、会社を辞めると決めて転職エージェントに登録をする場合には、複数の転職エージェントに登録することをお勧めします

③退職交渉をする。円満退社を実現する伝え方は?

転職活動が上手く進み、内定をもらうことができたら、今働いている会社での退職交渉が必要になります。特に、人手不足の部署で働いている場合には退職日を決める際に、もめてしまうことがあります。

そのため、自分の今の仕事上での役割が自分が辞めた後でも問題なく進められるように、マニュアル作成や引き継ぐ人をある程度決めておき退職交渉が上手く進められるようにすることをお勧めします。

円満退社を実現する伝え方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

会社を辞めるならまず相談を!親身な対応が評判のエージェント5選

転職希望者が利用する転職エージェントの中でも、「会社を辞めたい」と思っている人への対応が親身なことで評判の高いエージェントを5社紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳・男性 小売販売員

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳・女性 一般事務

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

会社を辞める人に”転職エージェントを使った転職法”がおすすめな理由

上で紹介した転職エージェントは、当社が独自調査した口コミでも「面倒見がいい」と評判がよく、どこに登録しても後悔しないとおすすめできますが、人対人のサービスなので、当然相性はあります。

転職エージェントを使った転職を成功させるコツは、面倒でも最低3社のエージェントに登録することです。相性が良いキャリアアドバイザーを探せるだけでなく、次の3つのメリットもあります。

紹介される求人を比較することができる
担当のキャリアアドバイザーを比較することができる
転職活動をよりスピーディーに進めることができる

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

①紹介される求人を比較することができる

紹介される求人は、転職希望者のサイトへの初期登録情報や面談での条件やキャリアプランの確認に応じて行われるため、複数社の転職エージェントを利用してもあまり違いがないように思われます。

しかし、転職エージェントは、各企業ごとに持っている求人数が違い、強い業界も違うということがあります。

そのため、複数社の転職エージェントに登録をすることで、全く違う求人を紹介してもらえることもあり、自分が比較できる求人をたくさんみることができるというメリットがあります。

また、転職エージェントの面談での受け答えが初めての場合、あまり自分の意図を上手く伝えられない場合もあります。

キャリアアドバイザーに対し、求人を選定する条件を追加することはいつでもできますが、やはりキャリアアドバイザーの面談での感触はその後の求人紹介にも影響を受けます。

そのため、複数社の転職エージェントに登録をすることで、自分の面談スキルがあがりより自分の希望にあった求人を紹介してもらうことにもつなげられます。

②担当のキャリアアドバイザーを比較することができる

転職エージェントを利用した際に、どんなに評判の良い転職エージェントを利用しても自分の性格と合わないキャリアアドバイザーが担当につくことは良くあります。

実際に転職エージェントを比較する口コミサイトでもキャリアアドバイザーへの不満を良くみますが、キャリアアドバイザーが誰になるかは、転職希望者の運です。

キャリアアドバイザーは、所属している企業で転職に関するノウハウや転職支援についての研修を受け、転職希望者のサポート業務を専門に行っているため、転職のプロであることは間違いありません。

しかし、キャリアアドバイザーも人間であるため、それぞれがそれぞれの方法で転職支援を行うため、転職希望者の希望とは違う転職活動の進め方を勧めるキャリアアドバイザーがいます。

そのような時には、転職の不安要素となり、転職への意欲も下がってしまう可能性があります。

そのため、複数社の転職エージェントに登録をし、キャリアアドバイザーを比較し依頼する転職サービスを選びながら自分の転職活動を進めることをお勧めします。

③転職活動をよりスピーディーに進めることができる

複数社の転職エージェントに登録することでのメリットとして最も大きなメリットが転職活動をよりスピーディーに進めることができるということです。

キャリアアドバイザーから紹介される求人は一度に多くても10社程度になります。

そのため、複数社の転職エージェントに登録をしていればその分だけ多くの求人を紹介してもらうことができ、その後の書類選考や面接も同時進行で進めることができます。

会社を辞めると決めた人は、できるだけ早く会社を辞めたいと考えます。転職をより効率的に進めるためにも複数社の転職エージェントへの登録をお勧めします。

会社を辞めたいけどまだ決断できない…そんな人へのアドバイス

会社を辞めると決めて転職することには、メリットもデメリットもあります。まだ、辞める決断ができず迷っている方向けに、実際に転職を経験した人が考える「転職のメリット・デメリット」を紹介します。

両方の視点から、最終的にどうするのか考えてみてください。

転職をすることでのメリット4つ

会社を辞めると決めて転職をした人達が考える転職のメリットには下記のようなものがあります。

社会人生活を1からやり直すことができる
自分が働きたい環境で働くことができる
給与や勤務体系など条件面をアップさせることができる
人間関係をリセットすることができる。

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

①社会人生活を1からやり直すことができる

新卒や20代の人で会社を辞めると決める人の中には、新卒時の就職活動で失敗をした人や社会人生活のスタート時点で大きな失敗をしてしまい会社を辞めると決めた人も多くいます。

特に若いうちでの転職の場合には、新しい環境に移ることで社会人生活を1からやり直せることができ、転職の大きなメリットだといえます。

②自分が働きたい環境で働くことができる

中途採用での評価は学歴などよりその人が社会人として働く中でどのような経験をし、どんなスキルが身についているかになります。

そのため、転職では、新卒時では内定をもらえなかった企業からでも内定をもらうことができ、自分が働きたい環境で働くことができるというメリットがあります。

③給与や勤務体系など条件面をアップさせることができる

会社を辞めると決めた多くの人は給与や勤務体系などの条件面に不満を持っている人が多くいます。

転職では、キャリアアドバイザーが転職希望者の叶えたい転職条件を把握した上で求人紹介をしてくれるため、自分が今の不満に感じている条件面をアップさせることができるといったメリットがあります。

④人間関係をリセットすることができる

会社を辞める理由が人間関係の場合、転職をすることで、多くの場合には、その人達と日常業務の中で関わることはなくなります。

人間関係が悪い状況で働き続けることは大きなストレスにつながります。

転職をし、新たな人間関係をつくることで自分の仕事に対するモチベーションやスキルもあげることができるというメリットがあります。

転職をすることでのデメリット3つ

会社を辞めると決めて転職をした人達が考える転職のデメリットには下記のようなものがあります。

転職を失敗する可能性がある
給与などの条件面が下がる場合がある
転勤など生活環境を変える必要がある場合がある

一つずつ詳しくみていきたいと思います。

①転職を失敗する可能性がある

転職活動において転職市場についてあまり調べていなかった場合や、とにかく早く会社を辞めることを優先させて転職活動をした場合、転職に失敗する場合があります。

しかし、基本的には転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーのアドバイスを聞きながら慎重に転職活動を進めれば大きな失敗をすることはありませんので、心配することはありません。

②給与などの条件面が下がる場合がある

業種を変えて転職をする場合やこれまでのその業務に対する経験年数やスキルが企業側が求める条件より劣っている場合には、今の年収より下げての転職になる可能性があります。

年収は気になる部分ですが、入社後の昇級などは、その会社の基準で上がっていくことが多いため、内定後の条件交渉時に、キャリアアドバイザーと確認を行うことで今後の不安は取り除くことができます。

③転勤など生活環境を変える必要がある場合がある

応募する企業によっては、転職を機に今の住んでいる場所から転居が必要になることがあります。

こちらに関しては求人票へ記載されている場合や面接時などに確認がありますが、不安な人はキャリアアドバイザーとの面談時などに相談することをお勧めします。

このように、転職をするにあたってはメリットもデメリットもあることが分かります。

しかし、デメリットに関しては、事前の準備をしっかりすることや転職エージェントのキャリアアドバイザーと良く相談をしながら転職を進めることで解消できるものが多いことも分かりました。

現代は会社を辞めると決めて、転職をする人が増えてきています。しかし、自分が一度勤めた会社を辞めるというのは、どのような形であったも本人の人生において大きな転機となります。

転職がより良い転機となるように、転職市場が活発な今、今回紹介したように複数社の転職エージェントへ登録し、転職活動を開始してみてください。