採用の決まる職務経歴書とは?書類のサイズから具体的な書き方まで解説

職務経歴書の書き方が分かりません・・・。サイズの選び方から、具体的な書き方まで教えて下さい!
この記事では、採用の決まる職務経歴書の書き方をまとめています。ぜひこの記事を参考に、作成してみてください。

キャリアコンサルタント

転職を希望し応募する場合に提出する職務経歴書は、履歴書以上に採用の合否に関わる大切な書類です。

しかし、職務経歴書は履歴書とは違って決まった書式というものがありません。

今回は、採用担当者から好印象を与え、採用となる職務経歴書の書き方について説明していきます。

何度も書類選考の段階で落ちてしまうという人や、職務経歴書を初めて作るという人はぜひご参考にしてくださいね。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

職務経歴書の書き方

早速、職務経歴書の書き方を紹介していきます。

職務経歴書は、応募者本人がこれまでどのような仕事に携わり、どんな経験をし、どのようなスキルを身に着けて現在に至っているのかという点を、誰が読んでもわかりやすく簡潔に作ることが大切です。

用紙にして、A4サイズ1枚~2枚にまとめると読みやすい職務経歴書が出来上がります。

職務経歴書を作る前の準備は重要!

職務経歴書は、ただ漠然とこれまでの職歴を羅列する書き方では良いものは出来上がりません。

少しでも読みやすくこれまで社会人としてどのように過ごしてきたのかを表現するためには、まずこれまでの仕事について振り返りながら書き出してみましょう。

書き出す内容は時系列でこれまで勤務した企業ごとに、

  • 企業の業種
  • 勤務した部署
  • 仕事内容
  • 仕事での実績や成果
  • 評価を受けたもの

を思い出して具体的に書き出します。実際に書き出してみるとこれまで自分では気づくことのできなかったものが見えてきます。例えば、

  • 得意とする分野
  • 仕事を通じて身についたスキル
  • 仕事に対する取り組み方や考え方

など自分が意識せずに行動してきたことに共通点を見出すことができます。自分自身の社会人としてのこれまでを棚卸することができたら、次に行うのが、応募先企業との接点があるかどうかを冷静に判断し、書き出してみましょう。

この応募先企業との接点は、

  • これまでの経験を本当に活かすことができるかどうか。
  • これまでの経験をどう活かすことができるのか具体的にイメージできるか。
  • 入社後、どう成長し企業に貢献していきたいと思っているのか。

など、より具体的にイメージし書き出すことができれば、採用される可能性もかなり高いと言えますし、ミスマッチも起こりづらくなります。

職務経歴書を作成する時に心掛けたいポイント

職務経歴書を採用へと導く意味のあるものに仕上げるためには、心掛けたいポイントがいくつかあります。そのポイントを抑えているかいないかで、大きな違いが現れます。職務経歴書を実際に作り始める前に、心掛けたいポイントをしっかり理解した上で作り始めるようにしましょう。

職務経歴書を作成するきに一番重要視すべき点は、目を通す採用担当者の立場に立ったものを作ることです。

そのためにできることは、職務経歴書の内容の前に、

  • 見出しを入れて見やすいレイアウト構成を考える
  • A4サイズの用紙1枚~2枚までにまとめる
  • 簡潔な文章もしくは、箇条書きにし、長文は避ける

以上の3つのことを意識しましょう。忙しい業務の合間に職務経歴書に目を通す採用担当者が、読みやすくスッと頭に入ってくるような構成や分量、文章にするだけで書類選考の通過率を高めることができます。

次に、内容の部分で意識したいことは、

  • 採用担当者の目を引き会ってみたいと思わせる経験や知識に関するキーワードを盛り込む
  • 具体的な数字を交えることでよりリアルにイメージすることができる
  • 誠実さや働きたいという意気込みを感じさせる

という風に、わかりやすく簡潔に、そして魅力的に感じるように心掛けて作ってみましょう。

職務経歴書に盛り込みたい基本的な内容と書き方

職務経歴書を書くための準備と、心掛けたいポイントを理解したら実際に職務経歴書を書いていきましょう。職務経歴書は、これといった決められた書式や様式はありませんので、まずは盛り込みたい基本的な内容と書き方について説明していきます。

職歴をあらすじとして書く(職務要約)

職歴をあらすじとして、わかりやすく時系列で書いていきます。これは「職務要約」という項目にして、職歴ごとにキャッチフレーズをつけながら、100文字程度でまとめていくのが理想です。

職歴の中に職務内容を具体的に書く

どのような業務に携わっていたのかなど、業務内容をわかりやすくより具体的に職歴のあらすじの中に盛り込む。

具体的には、

  • 勤務した企業の会社名
  • 規模
  • 事業内容
  • 在籍期間
  • 自分がどんな仕事に携わってきたのかの業務内容

などを数字を交えながら具体的にイメージできるように仕上げていきます。

資格やスキルなどアピールポイントを記載する

職歴について詳しく記入することができたら、次に行うことはこれまで取得した資格やスキルなど自分自身をアピールするポイントについて書いていきましょう。

これまで携わった仕事の中で、成果を上げるために意識したことや工夫した点などを簡潔に記載し、そのうえで自分の持つ資格やスキルがどのように役立てることができたかを表現できれば良いですね。

特に、採用となった場合に関連する資格やスキルを保有している場合は、絶好なアピールポイントとして記載することが大切です。

最後に自己PR文を作成する

職務経歴書を締めくくりとして自己PR文を作成します。文章で書く場合は、5行程度で書くのがおすすめですが、アピールしたいことを箇条書きで3つほど書くとよりわかりやすく、相手に伝わりやすくなります。

職務経歴書をパソコンで作るときのポイント

職務経歴書をパソコンで作る場合、まずは用紙の種類や書式と体裁を確認し、枚数はどのくらいになるのかも確認するようにしましょう。

パソコンで文書を作成する場合は、ビジネス文書のマナーにも直結するため、あまりにも不備が目立つ場合は内容以前に「不採用」となってしまうこともあるので注意が必要です。

使用する用紙・枚数は?

職務経歴書を作成する場合は、A4サイズの白無地の用紙にプリントアウトするようにしましょう。枚数は、2枚~3枚が適当です。少なすぎても多すぎても不自然に思われる可能性が高いです。

使用フォントは?

使用フォントは、ごく一般的な明朝体を使用すれば間違いありません。

職種別 職務経歴書を書く時のポイント

職務経歴書は、職種によっても最適な書き方というものがあります。そこで職種を書く時に意識したいポイントについてお伝えしていきます。

営業職の場合

営業職へ転職する場合の職務経歴書を書くポイントは、どの業界の営業でも基本的な部分は共通しています。

まず、これまでの職歴や経験を書く場合は、

  • どのような商品をサービスを取り扱う仕事をしていたのか
  • 相手先となる顧客や担当エリア
  • 新規営業もしくはルート営業など営業の手法
  • これまでの販売実績や社内表彰など

を簡潔に記載し、どのよに工夫して活動してきたかという部分(提案力や交渉力、課題を解決力など)について数値などのデーターを加えながら、エピソードを交えながら伝えるようにします。

販売・サービス職の場合

販売・サービス職の場合は、どのような商品やサービスを扱い販売していたのかということを中心に、これまでどのような取り組みをしてきたのかという部分に触れて書いていくことが大切です。

オフィスワークの場合

一般事務から秘書などのオフィスワークの職業に応募する場合の職務経歴書を書くポイントは、いかに見やすくてわかりやすい職務経歴書を作成するのかということが大切です。

職務経歴書という書類から、その人の事務スキルと読み取ることができさらには、どのような事務経験などを積んできたのかがわかるようにするとよいです。

IT系・通信系の技術職の場合

IT系・通信系の技術職の場合、職務経歴書はかなり重要です。履歴書には書くことが難しいこれまでの経験や専門性の部分にどのくらい携わり、精通しいているのかを表現するためには、わかりやすく簡潔に記載するようにしましょう。

電気・機械・自動車系の技術職の場合

これまでどのような実務経験を積み、どんなスキルを持っているのか、またその経験とスキルはどのくらい企業のニーズにマッチしているのかを表現するように職務経歴書を作成します。

採用担当者にいかに興味を抱いてもらうことができるかどうか。わかりやすくこれまでの経験や技術を時系列で表形式などを使用しながら作ることをお勧めします。

また、仕事をする中で他の部署との連携や提案改善などにも取り組んだという経験談を交えるとさらに好感度の高い職務経歴書を作ることができます。

メディカル・化学系や食品系の技術職の場合

メディカル・化学系や食品系の企業では、実務経験とそれにマッチしたスキルがどのくらいあるのかを職務経歴書から判断していきます。

そのため、企業が求めるであろう自分の持つ実務経験とスキルをアピールしながら書くようにしましょう。

金融系・不動産系の専門職の場合

金融系や不動産系の職業の場合は、取り扱うものが特殊なものとなるため仕事内容的にも専門職ともいえる業種です。そのため、それぞれ求める人材と職務経歴書の見方も少し違いがあります。

金融系の場合

金融系の場合は、応募者がこれまでどのような専門性を発揮して仕事してきたのかという部分を職務経歴書を見て判断していきます。そのため、

  • 携わってきた専門分野について
  • どのようなプロジェクトに携わってきたのか
  • これまでどのような成果を上げたのか

などをわかりやすく簡潔に表現するとよいでしょう。

不動産系の場合

不動産系の場合は、知識や技術という部分よりも、どのような仕事にどんな風に携わってきたのかという仕事の「質」を職務経歴書から見ることが多いです。そのため、

  • 職場での立場や役割
  • 仕事の幅

といった部分をわかりやすく記載し、携わった物件数はもちろんですが、物件に関してはより具体的な施設名や物件名を記載するとわかりやすく、興味を持ってもらうことができるようになります。

職務経歴書が完成したら必ずチェックしよう!

職務経歴書が完成したら、応募先へ提出する前に最後のチェックをしっかり行いましょう。この最後のチェックではいくつかチェックすべき点があります。

  • 誤字脱字がないことは基本中の基本
  • 入社や退職などの年月日を間違えていないかどうか
  • 日付、氏名と言った必要不可欠な項目に抜けがないかどうか
  • 見出しなどを入れ、読み手の立場に立ったレイアウトになっているかどうか
  • 数値などでより具体的な内容となっているか
  • 誰が読んでも理解できる文章となっているか

以上の点をチェックして、不備がある場合は修正しましょう。

特に注意をしたい点

特に記載内容に注意が必要となる点としては、

  • 保有している資格の取得年月日の間違い
  • 入社していた企業や職務経験をあえて申告しない
  • 勤務期間(入社日、退職日)の年月日の間違い

といった主に、日付の間違いです。この間違いによって職務経歴に関するつじつまが合わなくなってしまうと、虚偽の申告をしているのでは?と思われ、応募条件は十分満たしていても不採用となる場合も少なくありません。

職務経歴書を書くうえでの注意点

職務経歴書を書く場合、基本的なことですが見落とさないように注意しておきたい点があります。

正式名称での記載と年号を統一する

記載する企業名や取得した資格などは、略称ではなく正式名称で書くのが一般的です。また、日付の書き方も、和暦もしくは西暦のどちらでもよいので、どちらかの形式で揃えるようにしましょう。

これらの統一した記入方法は、職務経歴書だけではなく、応募に必要な書類すべてで統一することが大切です。

専門用語などは説明を加える

これまで携わった仕事内容を伝える中で、専門用語やその企業で使用されてきた用語を使用する場合があります。そのような場合は、( )を用いて簡単な説明を加えるようにしましょう。

守秘義務のあるものを伝えてはいけない

これまで勤務してきた企業の情報として守秘義務のあるものを職務経歴書などで記載するのは絶対にNGです。守秘義務を守らなければならない企業や商品を表現しなければいけない場合は、「大手の・・・」「トップクラスの〇〇商品」という風に記載し、補足の説明を加えるようにするとわかりやすいです。

完成した応募書類の送付方法にも注意

応募書類を送付する場合は、職務経歴書・履歴書と必要書類のみを送付するのではなく、送付状(添え状)も一緒に送付するようにしましょう。

送付状(添え状)には、

  • 応募(希望職種)することを明記し、簡単なアピール文を記入する
  • 同封している書類の内容を記入する

メールでの応募の場合は、書類をPDF形式にして添付することで、閲覧環境に関係なく利用することができます。

こんな場合は、どう書く?

職務経歴書を書く場合、「え?こんな時はどうすればいいの?」と思うこともあると思います。多くの人が疑問に思う点について説明したいと思います。

職務経歴書の書き方 パート・アルバイトの場合

職務経歴書は、パートやアルバイトでも求められる場合があります。特に、販売関係の職種へ就く場合に多いのですが、そのような場合でも基本的には、これまで説明してきた職務経歴書の書き方と同じです。

職務経歴書は複数社同じものでもOK?

どこかの企業への応募のために時間をかけて作り上げた職務経歴書は、1社だけに使用して終了というのは、なんだか勿体ないような気がするという人多いと思います。

せっかく作った職務経歴書を複数の企業に使いまわしたいという場合は、応募先にマッチするように自己PR文の部分を差し替えるなどすると使いまわすことも可能です。

職務経歴書のテンプレートは販売している?

職務経歴書は、履歴書のようにこの形式で書かなくてはいけないというものはありません。そのため、人によっては手書きで書く人もいますし、パソコンを使用してExcelで作成する人もいます。

何の形式もない状態から職務経歴書を作るのは難しいという人のために、インターネット上では無料でダウンロードできる職務経歴書のテンプレートもありますので、活用してみるのもいいですね。

職務経歴書の添削におすすめなエージェント

採用者の目に留まり、興味を持ってもらえるような職務経歴書を作りあげるためには、最後に利用している転職エージェントを利用してプロの添削を受けるようにしましょう。

数ある転職エージェントの中でも、手厚い添削と書類審査通過に定評のあるおすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

採用者の目に留まる職務経歴書を書いて採用を勝ち取ろう!

せっかく作成する職務経歴書は、できるだけ採用者の目に留まり採用となるものを作成したいですよね。

同じような内容の職務経歴書でも、ほんの少し工夫するだけで格段に読みやすく、採用担当者にとって興味を持つことができるものとなるので、ひと工夫加えて作成してみましょう。