indeedの評判は?レビューから問題の真相を徹底検証!

最近よくindeedのCMを見かけるんですが、indeedの評判って実際どうなんですか?
実際の評判って、意外に分からないですよね。

キャリアコンサルタント

でも安心してください。こちらの記事で詳しくまとめました。ぜひ参考にして、利用するか検討してみてください。

キャリアコンサルタント

最近よくCMなどでも見かける求人サイトのindeed、気になっている人も多いのではないでしょうか。ネット上では良い噂も悪い噂も存在しますが、実際のところはどうなのでしょうか。

この記事ではindeedの評判をリアルな口コミをもとに調査し、紹介していきます。評判だけではなく、indeedの使い方やよくある疑問などにも答えていくので、ぜひ最後までお読みください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

indeedの評判の実態は?2chをくまなくチェックした結果

最近CMでも見かけることが多いindeedですが、ネット上では何かと評判の悪さが目立ちます。例えばgoogleなどの検索エンジンでは、関連ワードに『苦情』という単語や『評判が悪い』と書かれたサイトが目立ちます。

実際のところindeedの評判はどうなのでしょうか、2chなどのリアルな口コミから探っていきましょう。

indeedの悪い評判

まずはindeedの悪い口コミから見ていきましょう。2chやyahoo知恵袋を中心にみてみると、indeedの悪い評判としてよく見られたのは以下のような口コミでした。

  • 怪しい求人が多い
  • 検索の精度が低い
  • 使いづらい
  • 抽象的な批判

怪しい求人が多い

indeedの悪い評判の中でもよく見られたのが、『怪しい求人が多い』というものでした。これは2ch以外でもyahoo知恵袋でよく目にする評判で、実際にindeedを見てみると、確かに少々怪しさを感じる求人も目に付きます。

しかしこれはindeedが『無料で掲載できる』という特性上仕方がないことかもしれません。indeedの特徴として、無料で求人を掲載できるので企業側の負担が少ない、というメリットがあります。

これによりコストをかけずに企業と人材との橋渡しが可能なため、『ブラックエージェント』のようなシステムが発生しにくいというメリットがあります。

その副作用として怪しい求人が増えてしまっている事実は否めませんが、これは特性上仕方がないことです。メリットがあれば当然デメリットも存在します。デメリットだけを取り上げて悪い評判とするのは、少し違うと考えられます。

検索の精度が低い・使いづらい

こういった『システム上の不満や使いづらさ』も、indeedの悪い評判には多かった理由です。

実際に利用した人の話では『検索した職種と全く違う求人がよく出てきてイラつく』『都内の求人を探していたのに地方の求人が出る』など、検索精度の低さにイライラしている人の声が多くみられました。

また『使いづらい』という理由には、『無駄な情報が多い』『旧い求人をそのままにしていて邪魔』『文字ばかりで写真やフォントがなくて見づらい』などの理由が挙げられます。

indeedは無料の求人掲載サイトなので、多少機能が劣るのは仕方がないことかもしれませんが、検索精度の低さや見づらさは求人を探すにあたっては不便といえます。

抽象的な批判

こちらもindeedの悪い評判の中ではかなり見られました。一例を挙げるとすれば、『あんなところ使う気が知れない』『indeed嫌い』『ろくなところじゃないよ』などです。

いずれにしても『どういうところが良くないのか』という具体的な『悪い点』についての記述がなく、言ってしまえばどんなサービスにも言える批判です。

もちろん何かしら原因があって言っているのかもしれませんが、2chという特性上、単純なケチ付けや難癖付けの類と考えることも出来ます。

単純にこれらを『悪い評判』と考えるのは早計でしょう。

indeedの良い評判

続いてはindeedの良い評判を見ていきましょう。良い評判の中でも特に多く見られたのが、以下の2つの評判です。

  • 求人数が多い
  • 結構レアな求人が見つかる

求人数が多い・一度に色々な検索ができる

indeedの良い口コミの中では多く見られるのが、この『求人数の多さ』です。無料で掲載できるという特性上、実に多くの企業や店舗がバイト、正社員を問わずに求人を応募しています。

2chなどでもこの求人の多さを評価する人は多く、中にはindeedの悪い口コミを載せている人でも、求人の多さそのものは便利だと評価していました。

求人の良し悪しはもちろんあったとしても、自分に合った仕事を多くの求人の中から探せるのは、メリットと言えます。

レアな求人が見つかる

こちらは逆に口コミ数は少なかったですが、indeedを評価する人の中には『レアな求人が見つかる』ことを理由に挙げていた人も存在しました。

どういったレアな求人だったかについてまでは記載がありませんでしたが、上記したようにindeedは求人数が多いため、その分レアな求人の掲載されやすいのかもしれません。

結果的にindeedの評判の真相は?

以上、2chやyahoo知恵袋などを参考にindeedの評判を探ってみたところ、indeedは『多くの求人の中から良い求人を探す』ためには使えますが、その分ブラック求人も多く、どちらかといえば上級者向けの求人サイトと言えるでしょう。

無料で掲載できるという特性のため非常に玉石混合で、しかも検索精度が高くないので時間がある人向けという欠点はありますが、中にはレアな求人も存在しているようなので、長期的なスパンで見れば使えるサイトでしょう。

以上をまとめるとindeedは

  • たくさんの求人を見たい人
  • 気長にゆっくり求人を探せる人
  • 今すぐに職探しをしていない人
  • ネットリテラシーのある人

には向いていますが、逆に

  • テキパキと求人を探したい人
  • せっかちな人
  • 今すぐ仕事が欲しい人
  • 情報をうのみにしてしまう人

には向いていないと判断できます。自分がindeedの利用に向いているかどうかを、きちんと考えたうえで使いましょう。

indeedの基本情報と使い方

indeedの評判が分かったところで、ここからはindeedを使いたい人向けに『indeedの基本情報・システム・使い方』を紹介していきます。

indeedの基本情報

indeedは元々2004年にアメリカで設立された求人媒体で、日本には2009年に運営が開始されました。その後2012年にリクルートホールディングスに買収されたことは記憶に新しい人もいるでしょう。

現在では日本とアメリカ以外でも、約50ヶ国以上の国で運営されており、28を超える言語での検索に対応しています。使い方はとても簡単で、フリーワードと勤務地を選択して検索するだけです。

またindeedはパソコンだけでなく、携帯端末などのモバイルからも検索ができるサービスも提供しています。

indeedの使い方

使いづらいという声もよく聞くindeedですが、使い方は非常にシンプルで一度覚えれば簡単に操作できます。以下に基本的な操作方法を紹介していきます。

indeedの基本操作

indeedは上記したように求人を検索する『検索エンジン』です。

公式サイトのトップページへ行くと、そこに『キーワード』と『勤務地』を入れる欄がありますので、そこに希望する勤務地や職種などを入力して検索ボタンを押すだけです。

上で取り上げたようにindeedは検索精度が低く、また求人数も非常に多いため気に入った求人を見つけたら『保存』することをおすすめします。

保存の仕方は求人の詳細ページ上部にある『ハートマーク』をクリックするだけなので、簡単に行えます。

レビューの見方

indeedでは、特定の企業への口コミレビューを見ることも出来ます。

レビューの見方はページの左側の一番上に『求人検索・企業レビュー・求人広告掲載』と、それぞれ書かれたリンクが3つありますので、その中の『企業レビュー』をクリックするとレビュー検索ページに飛べます。

また企業レビューのページには検索欄もあるので、特定の企業を検索することができます。レビューページには企業の魅力や口コミの他、給与や写真が載っている場合もあるので、企業研究の参考にしやすくなります。

他にも福利厚生やライフワークといった、カテゴリ別の評価もあるので、採用後のイメージが湧きやすいでしょう。

参考:indeedが求人広告を無料掲載できるからくり

上記したようにindeedは求人を無料で掲載することができますが、どうして無料で掲載できるのでしょうか。疑問に思ったことのある人は多いと思います。

実はindeedには無料で求人を掲載できるプランとは別に『有料プラン』も設けており、運営元はそれで利益を出しているため、無料での利用が可能となるのです。

無料プランと有料プランの違いは、一言でいうなら『露出度の高さ』の違いで、有料プランの方がよりユーザーの目に留まりやすくなるようになっています。

例えば有料プランで掲載した求人には『スポンサー』という表示が出て、検索結果の上位に表示されるようになります。

人材を募集している企業の方で、よりユーザーの目に留まりたいのであれば、有料プランを利用してみるのも良いかもしれません。

indeedとハローワークの違い

これもよく話題に上りますが、indeedとハローワークの違いとは何なのでしょう。

分かりやすく説明すれば、ハローワークとは厚生労働省が設置する機関であり、求職だけではなくセミナーや相談会、職業訓練なども行う公的な機関のことで、indeedは企業が運営する求人検索に特化したサイト・サービスのことを指します。

両者の違いを挙げるとすれば、ハローワークは

  • 全国に拠点と職員を持つ
  • 公的機関である
  • 基本的に企業の『社員求人』が多い
  • 失業給付金や職業訓練なども行う

機関であることに対して、indeedは

  • 正社員に外にもパート、バイトの求人を取り扱う
  • 企業が運営するサービスで、公的機関ではない
  • ネット展開のみで拠点がない
  • 基本的に求人検索のみ

であるところに違いがあります。より自分に合った方、もしくは状況によって両方を使い分けることが良い求人を探すうえでは大切になってくるでしょう。

indeedに登録するなら合わせて登録したい求人サイト3選

indeedは求人数が多く、バイトを含めて様々な求人を探せるのが魅力のサイトですが、世の中には他にも便利で魅力的な求人サイトがたくさん存在します。

そこでここからはindeed以外の、使いやすくておすすめな求人検索サイトについて紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

デメリットを考慮したうえで、効果的にindeedを利用しよう

indeedはネット上であまり評価が良くないですが、実際に口コミやメリット・デメリットを調べてみると、確かに機能的な面では面倒がありますが、利用するメリットも十分に存在することが分かります。

上記したように、indeedは怪しい求人も存在するのでネットリテラシーのある上級者向けではありますが、アルバイトから正社員まで、幅広い求人が存在します。

また無料であるがゆえに、中小のホワイト企業などの穴場な求人が見つかることもあります。大切なのは、きちんとindeedのデメリットを理解したうえで、効果的に利用していくことです。

評価が良くないから、と言うだけで嫌厭せずに、良い点も悪い点も踏まえたうえで、上手く活用していくことが良い求人と巡り合う秘訣ですよ。