未経験からIT転職を成功させる方法とおすすめ職種

ビル_151122341
IT業界に転職したいと思っているのですが、未経験でも転職できたりするんでしょうか?
キャリアコンサルタント
IT業界は、かなり需要が高いので、未経験でも転職できる求人がありますよ
キャリアコンサルタント
また、転職エージェントを活用することで、転職成功率をさらに上げることもできます
そうなんですか!IT業界についてまだ全然分かってないので、いろいろ教えてほしいです。
キャリアコンサルタント
この記事では、「IT業界について」や「未経験からの転職法」について詳しくご紹介していますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

“IT業界への転職はなんとなく難しそう”と感じている方はいませんか?特に未経験からIT業界に転職することは不可能と考えている人もいるでしょう。

しかし、実は未経験からでもIT業界へは転職可能です。IT業界はどのような環境であり、どうすれば未経験からでも転職できるのかをご説明していきます。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

未経験でもIT業界へ転職できる?

結論から言うと、次のようになります。

  • 未経験でもIT業界へ転職できる
    →IT業界は人手不足だから

IT業界は急激に進歩している業界ということもあり、年々多くの人が必要とされています。求められるITエンジニアの人数は増え続けているのです。

しかし、経済産業省の発表によると2020年頃にはITエンジニア不足が深刻になるとされています。必要とされる人数に実際のITエンジニア数は追いつかないのです。

この問題を解決するために企業は未経験の人材を育てる活動をしています。IT未経験でも転職で受け入れをして、ITエンジニアに育てようとしているのです。

このこともあり、今では未経験でもIT業界に転職しやすくなっています。全く知識が無くとも、転職してから実務の中でスキルを身に付けられるようになってきています。

IT業界の代表的な職種

続いて、IT業界と代表的な職種についてご紹介します。

代表的な職種は、次のようなものがあります。

  • プロジェクトマネージャー
  • ITコンサルタント
  • SE(システムエンジニア)
  • 社内SE
  • プログラマー
  • Webエンジニア
  • ネットワークエンジニア

まずは、IT業界の全体を見てから、一つ一つ見ていきましょう。

IT業界の全体像

先程ご紹介した職種を、IT業界の各工程に当てはまると、次の図のように示すことができます。

IT業界の職種を大きく大別するのに「上流工程」「下流工程」と言ったりします。

  • 上流工程:
    クライアントの問題等を分析して、どのようなシステム・ソフトを作れば良いかを考える
  • 下流工程:
    設計図を元に、実際に制作・テストをする

まずIT業界への転職を考えたら、上流工程が良いのか、下流工程が良いのかを考えましょう。

そして、さらに上流工程と下流工程は、次のように分けることができます。

上流工程
要件定義クライアントの問題等を分析して、それがどんな問題なのかを定義する
設計その問題を解決するためのシステム・ソフトを考える
下流工程
開発・テスト上流工程で決められた”設計”に基づいて、実際にシステムを開発して、しっかり運用できるかテストする
納品、運用・保守クライアントに納品をして、きちんと運用でき、故障しないように保守する上流工程

各工程において、どのような仕事をしたいか、しっかり明確にしましょう。

代表的な職種の紹介

では、それぞれ代表的な職種について見ていきます。

プロジェクトマネージャー

仕事内容プロジェクト全体の把握・管理・進行を行う
平均年収約670万円
勤務時間・ハードさ基本9:00~18:00だが、プロジェクトの進捗によっては残業もある / ハード

プロジェクトマネージャーは、プロジェクト全体の指揮を執る「責任者」です。プロジェクトのスケジュールや予算、チーム構成、他部門との調整などを行います。

プロジェクトマネージャーは、社内だけでなく、社外とも連携を取る必要があるため、コミュニケーション能力は欠かせません

また、全体の指揮を執る必要があるので、高度な統率力・マネジメント力なども問われます。

ITコンサルタント

仕事内容クライアントの問題をIT技術によってどのように解決できるかを提案する
平均年収約608万円
勤務時間・ハードさ基本9:00~18:00だが、会社やトラブルによっては大幅に超えることもある / ハード

ITコンサルタントは、クライアントの問題を発見し、それをIT技術によってどのように解決できるかを考え、提案します。

クライアントの問題をきちんと解決するために、IT全般の専門知識、クライアントとのコミュニケーション能力などが必要とされます。

ITコンサルタントについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

SE(システムエンジニア)

仕事内容全体的なITシステム・ソフトの開発を行う
平均年収約433万円
勤務時間・ハードさ基本9:00〜18:00だが、仕事内容によっては夜勤もある / ややハード

システムエンジニアは、ITシステム・ソフト開発を全体的に行います。クライアント企業のヒアリングから、システム・ソフトの設計、運営・保守まで幅広く行うのが特徴です。

システムエンジニアには、ヒアリングを行うコミュニケーション能力や、それらをまとめる文章力、システム開発を行うための技術など、総合的な能力が必要になります。

SE(システムエンジニア)については、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

社内SE

仕事内容社内のITインフラ整備やIT系の問題を解決する
平均年収約500万円
勤務時間・ハードさ基本8:30~18:00だが、仕事内容によって早朝・深夜もある / ややハード

社内SEは、とりわけ企業の社内に限って、ITインフラ整備やIT系の諸問題を解決します。社外との連携などはほとんどなく、基本的には社内のITシステムに対応します。

社内に限ってはいますが、システム開発や運用・保守を行うなので、ある程度のIT知識・技術、そして社内の人とのコミュニケーション能力は欠かせません

社内SEについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラマー

仕事内容設計書を元に実際にシステム・ソフトを制作していく
平均年収約414万円
勤務時間・ハードさ基本9:00〜18:00だが、残業となる日が基本 / ややハード

プログラマーは、SE等が作成した設計書を元に、実際にコードを書いてシステム・ソフトを制作していきます。プログラム言語はたくさんあるので、プログラマーによって得意とする言語が違います。

実際にコードを書いて制作していくので、基本的なIT知識・技術と、実際にコードが書ける能力が必要です。

フリーランス(個人)として活動する場合も、企業に雇われて活動する場合も、「自分で実際にコードを書いて作った実績(ポートフォリオ)が必要になる」場合がほとんどなので、注意が必要です。

プログラマーについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Webエンジニア

仕事内容Web上で動くソフトウェアの開発・運用・保守を行う
平均年収約532万円
勤務時間・ハードさ基本9:00〜18:00くらい / ゆるめ

Webエンジニアは、Web上で動くアプリケーションやソフトウェアの開発・運用・保守を行います。ソフトウェアなどの動作面の開発を行うことがほとんどです。

JavaやRubyなどのプログラム言語が扱える必要があります

Webエンジニアについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットワークエンジニア

仕事内容コンピュータネットワークの設計や運用・保守を行う
平均年収約546万円
勤務時間・ハードさ基本9:00〜18:00くらい / 普通

ネットワークエンジニアは、コンピュータネットワークに特化しており、その設計や運用・保守を行います

ネットワークエンジニアになるには、コンピュータネットワーク専門知識を豊富に持っていることが必要です。

ネットワークエンジニアについては、こちらの記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

職種まとめ

仕事内容平均年収勤務時間・ハードさ
プロジェクトマネージャープロジェクト全体の把握・管理・進行を行う約607万円基本9:00~18:00だが、プロジェクトの進捗によっては残業もある / ハード
ITコンサルタントクライアントの問題をIT技術によってどのように解決できるかを提案する約608万円基本9:00~18:00だが、会社やトラブルによっては大幅に超えることもある / ハード
SE(システムエンジニア)全体的なITシステム・ソフトの開発を行う約433万円基本9:00〜18:00だが、仕事内容によっては夜勤もある / ややハード
社内SE社内のITインフラ整備やIT系の問題を解決する約500万円基本8:30~18:00だが、仕事内容によって早朝・深夜もある / ややハード
プログラマー設計書を元に実際にシステム・ソフトを制作していく約414万円基本9:00〜18:00だが、残業となる日が基本 / ややハード
WebエンジニアWeb上で動くソフトウェアの開発・運用・保守を行う約532万円基本9:00〜18:00くらい / ゆるめ
ネットワークエンジニアコンピュータネットワークの設計や運用・保守を行う約546万円基本9:00〜18:00くらい / 普通

未経験でもIT業界へ転職する方法

未経験でもIT業界へ転職するには、大きく次の2つの方法があります。

  • 転職エージェントに登録する
  • 未経験でも学べるスクールを利用してみる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職エージェントに登録する

IT業界への転職を成功させたいのであれば転職エージェントに登録することが一番です。転職エージェントを利用することでスムーズに転職活動を進めることができます。

IT業界での転職で転職エージェントを利用した方が多い理由は一つです。IT業界は転職の求人数が多く、全てを自分で把握することは難しいからです。

しかし転職エージェントを利用することによって、求人を探す手間を大幅に減らすことができます。

どの転職エージェントに登録すればよいか分からない場合には、マイナビエージェントxITリクルートエージェントワークポートがおすすめです。

マイナビエージェントxITとワークポートはIT業界に強い転職エージェントです。また、リクルートエージェントは幅広い転職の知見を持つ転職エージェントです。

転職エージェントを利用するときには一つだけ利用することはおすすめできません。複数の転職エージェントに登録して、幅広く意見をもらうことをおすすめしています。

未経験からIT業界に転職したい場合には上記の3つに登録すれば大丈夫です。それより多く登録するとメールの対応などに時間が取られすぎてしまいます。

こちらの記事では、IT業界へ転職する上で利用したい転職エージェントについてご紹介しています。合わせて確認してみてください。

IT業界への転職前に未経験でも学べるスクールを利用してみる

世の中にはプログラミングスクールなどITの知識を未経験でも学べるスクールがあります。それらを利用して転職前に知識を身につけておくことも一つの手段です。

今やITの知識を学ぶスクールは非常に多くなってきています。未経験でも転職前に学べるスクールとはどのようなものかをここではご説明します。

スクールの大半はプログラミングスクール

ITの知識を学ぶスクールの大半はプログラミングスクールです。スクールと聞くと子供向けに感じるかもしれませんが、大人向けのスクールが多数存在しています。

これらのスクールにはIT業界の未経験者を対象としているコースが設置されています。未経験でもITの知識を一から身につけることができるように考えられています。

スクールですので決まった時間に講義を受けます。カリキュラムに沿って、未経験からIT業界で働けるだけの知識を少しずつ身につける仕組みです。

また、授業以外でも講師が質問を受け付けてくれていることも多いです。課題を進め、疑問を質問で解消しながらITのスキルアップが期待できます。

プログラミングスクールを利用するメリットは、転職で通用するレベルのスキルを身に付けられることです。スクールを卒業することで、未経験でもIT業界経験者並みのスキルが手に入ります。

スクールを利用すれば未経験でも転職に役立つスキルが手に入ります。時間が許すのであれば転職前にITのスキルを身につけておくことも一つの手段です。

独学での知識習得は挫折が多くおすすめできない

スクールに通うぐらいであれば独学で勉強すればよいと考えることでしょう。未経験でも独学でITスキルを高めることはできます。

ただ、ITは体系的に学ばないといけないことや未経験では理解しにくい概念などがあります。そのため、闇雲に独学しても挫折することが多いです。

もし仮に挫折しないとしても、スクールで学ぶよりも長い時間が必要であることは想像できることです。つまり、時間面・精神面から独学することはおすすめできません。

もちろん、独学することで未経験からIT業界に飛び込んでいる人も居ます。そのため、独学で転職できるほどのスキルを身につけることは不可能ではありません。

ただ、独学するぐらいならばスクールに通うか、未経験可の求人に応募して転職してから社内教育などを受けたほうが効率は良いでしょう。

未経験からIT業界へ転職するためのステップ

未経験からIT業界へ転職したい場合にはどうすれば良いのでしょうか。

IT業界へ転職するためにはある程度は王道のステップがあります。次のようなステップを踏んで、未経験からの転職を成功させましょう。

  • STEP1
    ITに対する興味を持つ
  • STEP2
    働きたい企業を考えてみる
  • STEP3
    求人を探して応募する

STEP 1:ITに対する興味を持つ

まず最初にITに対する興味を持っておきましょう。これは転職時の志望動機にも繋がります。なぜ未経験からIT業界に転職したいかの理由にもなる部分です。

ただ、興味を持つことはどのような内容でも良いのではありません。転職のことを踏まえて考える必要があります。志望動機とセットにするならば以下のようなものがあります。

  • プログラミングを学んで実際にプログラムを作ってみたい
  • ネットワークを学んで多くのサーバを自分で管理してみたい
  • 大規模なシステムを開発して、このシステムは自分が作ったとの優越感に浸りたい
  • 自分が学んだことを活かして、さらにIT未経験の人を育てられるようになりたい

専門用語が出てきて未経験の方には分からないことも多いかもしれません。ただ、そこは少しネットで調べるなどして自分が興味を持てるものを探すのが良いでしょう。

興味から失敗しない志望動機を持つことが大切

ITに全く興味が無い状態で未経験から転職するのは難しいです。「パソコンが好きだから」の理由ではなかなか採用担当者にも響きません。

実際にIT転職の現場を見てきた筆者からすると、「なんとなくIT業界へ転職したい」と考えている未経験者は多いです。しかし、これらの人は採用する決め手が無いのも事実です。

未経験からIT業界に転職したい場合、志望動機に以下の内容を盛り込んでみると良いでしょう。

  • 何かしらITに触れたことがあるのであれば、その内容と取り組んでみた結果
  • 転職を希望している企業の事業内容を踏まえて自分がやってみたいこと
  • 未経験ではあるものの、IT業界に転職しても活かせると考えるスキル

これらの志望動機を持っていると未経験でもIT業界に入りたい熱意が伝わります。そのため積極的にこれらの内容は志望動機に盛り込んでいきましょう。

未経験でもやってみたいことが明確であれば採用担当者に響きやすいです。そのためIT業界にも転職しやすくなります。

STEP 2:働きたい企業を考えてみる

IT業界には非常に多くの企業が存在しています。未経験では転職できないものもありますが、転職時の選択肢は多いものです。

そこで転職前にどのような企業で働きたいかを考えておくことも大切です。特に未経験からの転職は単なるイメージとのギャップを埋める必要があります。

ITを仕事にする場合、転職先には以下の選択肢が考えられます。

  • プログラミングを専門にしている会社
  • プログラムの設計を専門にしている会社
  • ITを使って企業の課題解決を提案する会社
  • 企業内のIT・システム管理部門
  • 他社のシステムを代理で管理する会社

IT企業はプログラミングをしている会社しか無いと初心者は思いがちです。しかし、実際にはプログラミングをしていないIT企業も多数存在しています。

未経験から転職する場合、実際のIT企業と思い浮かべるIT企業のギャップが大きい可能性があります。それを事前に埋められるようにしておきましょう。

STEP 3:求人を探して応募する

ITの知識を持ち、実際に転職したい企業のイメージも持てるようになれば転職活動を始めましょう。条件に合う求人を順番に探して応募をします。

最近は未経験を受け入れている求人が増えてきています。そのような求人を探し、条件に合致していれば応募して転職活動を前に進めましょう。

ただ、どのように求人を探すと良いのか思いつかない人も居るでしょう。そういう方は、上記でご紹介した「転職エージェント」を活用しましょう。

全くの未経験でも転職できる求人を募集している企業を紹介してくれる可能性があります。

未経験からのIT転職でよくあるQ&A

ここでは、未経験からのIT転職でよくある次の質問について答えていきたいと思います。

  • 特別な資格を取る必要はある?
  • そもそも転職ではIT系資格はあまり重視されない

特別な資格を取る必要はある?

未経験の人からするとIT業界には多数の資格があるとの印象があるようです。確かに、IT業界には多くの資格が存在していて複雑な体系の資格もあったりします。

そのため、未経験でもIT業界に転職するためには資格を取らないといけないと考えているようです。実際に未経験でもIT系の資格を取らなければ転職できないのでしょうか。

そもそも転職ではIT系資格はあまり重視されない

皆さんが考えているほど転職ではIT系の資格を持っているかどうかは重視されていません。そのため未経験だからと事前に資格を取ろうとする必要もありません。

その理由はIT業界において資格は実務とセットで意味を成すと考えられているからです。資格だけ持っていても意味がないのです。

IT業界には特定の資格がないと就けない仕事はほぼありません。つまり資格はなくともスキルがあれば仕事をするにあたり支障はありません。

資格を取得していることよりも重要視されるのは経験です。例を挙げると以下の通りです。

  • Aさん:Xプログラムの資格を持っているが経験は3年
  • Bさん:Xプログラムの資格は持っていないが経験は10年

資格を持っているという観点ではAさんのほうが優れています。しかし、実際に現場で重宝されることが多いのは経験の多いBさんです。

IT業界で資格を取得することは必須ではありません。そのため未経験の場合にはどうしてもIT系の資格を取得してから転職しなければならないこともありません。

資格にこだわりたい場合には基本情報技術者を取得

未経験からIT業界に転職するにあたり資格にこだわりたいのであれば基本情報技術者を取得しておきましょう。IT未経験者でもチャレンジできる資格です。

基本情報技術者は年に2回実施されている国家試験です。国家資格であることから業界的にも資格の価値が評価されています。未経験であればアピールの一つにはなります。

ただ、基本情報技術者を取得することで転職に大きく有利になるわけではありません。未経験でもITの基礎知識を持っているとのアピールになるだけです。

そのため、未経験でもやる気があるとのアピールをするためだけに労力を使うことになります。これは場合によっては時間がもったいなくなってしまいかねません。

未経験者がITの資格を取得するのにはそれなりの時間が必要です。そのため資格を取得することに時間を使いすぎることはあまりおすすめはできません。

特別な資格を取る必要はある?
  • 資格はなくても大丈夫!
  • 余裕があれば「基本情報技術者」の資格を取得しよう!

何歳でも未経験から転職可能?

これは理想論ですが未経験の場合には28歳までに転職することが理想的です。必須ではないものの28歳が一つの鍵です。つまり、転職は早いほうがスムーズであるということです。

IT業界は多忙であることも多いです。そのため体力面で30歳を過ぎると大変になってくると言われることがあります。そのため28歳ぐらいまでが体力面で転職しやすいです。

また、ITは常に新しい技術が開発される世界です。新しい技術が公開されれば、その技術を身につけて仕事に活かさなければならないこともあります。

新しい技術の習得は若いほど早いと言われています。このことも若い年齢のほうが転職しやすい理由になっています。

何歳でも未経験から転職可能?
  • 理想は28歳までに転職したい
  • 早いに越したことはないので、手遅れになる前に行動しよう!

現在は未経験からでもIT業界に転職するチャンス

現在は未経験でもIT業界に転職しやすくなっています。未経験者可の求人も多く掲載されるようになってきました。つまりIT業界を目指したい人にはチャンスです。

ただ、目指すとはいってもどう行動すれば良いか分からないかもしれません。その場合、まず転職エージェントに登録してみましょう。適切なアドバイスを受けられます。

IT業界はこれからさらに発展が期待されています。今から転職しても遅くは無いでしょう。