30代の転職で失敗しないためには?注意点や成功のポイントを解説!

30代で転職を考えているのですが、失敗しそうで不安です。どうすれば良いでしょうか?
30代になると、家族がいたりして、考えるべきことが多いですよね。そんなときは、転職エージェントに相談しましょう。

キャリアコンサルタント

どの転職エージェントがおすすめですか?
ビズリーチなどがあります。この記事では、そんな30代の転職について解説しています。

キャリアコンサルタント

おすすめの転職エージェントについてもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

30代になると、20代のときに培ったキャリアやスキルを活かして、さらに高みを目指したいと考える方は多いのではないでしょうか?

大学卒業後すぐは、そこまで将来について深く考えていなかったという方も、30代になってからはしっかりと考え始め「転職」ということも考えると思います。

全くの未経験の業界へ転職する場合や、海外企業へ転職する場合などもありますよね。

しかし、30代ならではの問題や注意しなければいけないポイントもあります。

この記事では、30代の方が転職をする上で注意しなければいけないポイントやよくある失敗を取り上げ、それらを踏まえて、転職を成功させるためにはどうすれば良いのか、について詳しくご紹介していきます。

ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: キャリアカーバー、2位: クライス&カンパニー、3位: ビズリーチ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介

30代の転職でよくある失敗とは?

まずは30代の転職でよくある失敗について見ていきましょう。転職を考えている方はぜひ確認してみてください。

転職理由があいまい

まず挙げられる失敗は「転職理由があいまい」というものです。これは、転職理由があいまいであること自体に問題があるというよりも、その動機で新しい転職先に就いてしまうということが問題となっています。

例えば、「今の給料に満足していないから転職しよう」や「周りの同期や友人が転職しているからしよう」など、「今の会社から別の会社、ないし別の仕事に転職する明確な理由・目的」がない場合は、高い確率で転職に失敗します。

転職に成功するかどうか、というのは「自分が描きたいキャリアデザインをきちんと描けているか」によってきます。

「周りが転職しているから」や「そういう風潮だから」という理由で転職すると、失敗してしまうのは当たり前のことなんですね。

「どうして転職をしたいのか?」「今の会社に居続けることと転職することを冷静に考えたときに、転職することのほうがベターなのか?」について考えてみましょう。

家族の理解が得られず、転職できない

次は、「家族の理解が得られず、転職できない」というものです。30代ともなると、結婚をして、家族を持っている場合がかなり高いと言えます。

そんな状況で、今いる会社から新しい会社へ転職するというのは、収入の問題が発生してしまいます。

日本企業は年功序列賃金が基本なので、収入が勤続年数に比例してきますが、転職をしてしまうと、それがリセットされてしまうので、収入の問題につながってしまいます。

自分が実現したいビジョンと、現実的に考えなければいけない問題を客観的に捉える必要があると言えるでしょう。

転職したは良いけれど、周囲のやり方・スピードについていけない

次は、「転職したは良いけれど、周囲のやり方・スピードについていけない」というものです。

収入の面でもそうですが、転職というのは、職場が心機一転ガラッと変わることですから、周囲の人も変われば、やり方も変わります。

それについていけない場合は、高い確率で失敗してしまいます。

例えば、転職先が「海外企業」である場合、日本企業とは環境も異なれば、やり方・考え方も違うので、かなりついていけない部分が多く出てくるでしょう。

日本企業においても、大企業・中小企業やBtoB・BtoCなどによっても、かなりやり方等は違ってくるので、場合によってはついていけないということも考えられます。

ですので、転職先企業について徹底的に調べる必要があると言えるでしょう。ですが、”働きながら転職活動をする”となると、なかなか時間がないでしょうから、そういう場合は「転職エージェント」を積極的に利用するようにしましょう。

人間関係で問題が起きる

続いてのよくある失敗は「人間関係で問題が起きる」というものです。やはりどこに行っても「人間関係」における問題はつきもので、今いる会社でも、転職先の企業でも、どこでも発生する可能性がある問題です。

今いる会社はそこまで問題ではないにしても、転職先企業でかなり問題になってしまう場合もあります。

「転職したけれど、人間関係で問題が起きたから、前の会社に戻ります」ということはできませんから、この点も徹底的に調べておく必要があると言えるでしょう。

即戦力じゃないから、そもそも転職先が見つからない

最後に「即戦力じゃないから、そもそも転職先が見つからない」という失敗があります。

「転職したい」と思うことは自由ですが、そもそも別の会社側にあなたを採用するメリットがなければ、転職することはできません。

「こういうキャリアを積んできた」「こういうスキルがある」というのを、しっかりと振り返り、伝える必要があると言えます。

逆に言うと、「即戦力としてまだまだだな」と思える場合には、今の会社でもう少し頑張るという選択肢も生まれます。ここはシビアに、かつ客観的に判断するようにしましょう。

30代の転職で失敗しないためには?転職のポイント

ここまで30代の転職でよくある失敗を見てきましたが、失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、そのポイントについて見ていきましょう。

徹底的な自己分析と持っているスキル・キャリアの棚卸し

まずは「徹底的な自己分析と持っているスキル・キャリアの棚卸し」です。これは転職活動に限らず、今後の人生を考える上でもかなり大切になってくる部分です。

やはり自己分析が甘いと「どういう仕事がしたいのか?」「どういう働き方をしたいのか?」というのが分からないので、転職をするにも、満足の行く転職を行うことができない可能性があります。

そして、今の自分が持っているスキルや培ってきたキャリアについての理解も甘いと、それらをうまく活かすことができません。

こと、転職に関しては「今の自分は会社に対してどういう貢献の仕方ができるのか?」というのがかなり重要になってくるので、徹底的な自己分析と持っているスキル・キャリアの棚卸しは必ず行いましょう。

転職先を見つけてから、今の会社をやめる

続いてのポイントは「転職先を見つけてから、今の会社をやめる」というものです。

よくある失敗で「家族の理解が得られない」というのを挙げましたが、転職先が見つかっていないのにも関わらず、今の会社を辞めてしまうと、当然のことながら収入は「0」になってしまいます。

これは自分も苦しいし、家族も苦しいですよね。もちろん、今の会社を辞めないと転職活動に集中できないというのもあると思いますが、そこは転職エージェントを最大限活用するようにして、転職先が見つかってから、今の会社はやめるようにしましょう。

今の会社に残るという選択肢も十分に考えてみる

「今の会社に残るという選択肢も十分に考えてみる」というのもかなり大切な視点です。

やはり「周りが転職している」「転職が当たり前」な風潮があると、「今の会社に残るという選択肢」を考えない傾向になってしまいます。

冷静に考えてみると、今のタイミングで転職するよりも、あと何年かして転職する方が良い場合もあるでしょうし、このままずっと今の会社にいるというのが良い場合もあるでしょう。

ここも、しっかりと自己分析と客観的な判断に基づいて、決めるようにしましょう。

転職エージェントを活用して、客観的に判断していく

最後のポイントは「転職エージェントを活用して、客観的に判断していく」というものです。

転職エージェントというのは、無料で利用することができる転職サービスですが、転職活動をする上で、このサービスを利用しない手はありません。

やはり、就業しながらの転職活動には限りがありますし、自分ひとりだけで転職先を探すのにも無理があります。

そんなときに有効なのが「転職エージェント」です。転職エージェントは、その人に合った会社を探してくれるほか、その会社との面接セッティングや転職の手続きもすべて行ってくれます。

就業しながら転職活動をする方にとっては、かなり強い味方になってくれるでしょう。

ですが、完全に転職エージェントに頼ってしまうというのは危険です。転職エージェント側としては、とにかく転職してもらいたいと考えているので、雑に処理されてしまうことがあるからです。

「活用はするけれど、最後はしっかりと自分の目で判断する」というのが大切です。自分のペースで転職活動は行っていきましょう。

また、この記事の後半で「30代の転職におすすめな転職エージェント」をご紹介するので、ぜひ利用を考えてみてください。

よくある30代の転職Q&A

ではここから「よくある30代の転職Q&A」をご紹介していきます。ぜひ確認してみてください。

未経験の業界へも転職することができるのか、その場合の年収は下がるのか?

30代で転職を考えている方の中には「全くの未経験の業界への転職」を考えている方もいるでしょう。ですが、未経験ともなるとかなり不安な部分も多いのではないでしょうか。

まずそもそも未経験の業界になんか転職できるのか?そして、転職できたとして年収はどうなのでしょうか。

結論から言うと、未経験の業界へも転職することはできます。ですが、業界が限られてきてしまう場合があります。

例えば「デザイン系の業界」へ転職を考えている場合は、全くの未経験の場合、かなり難しいと考えたほうが良いでしょう。

デザイン系への転職には、自分でポートフォリオを作っていることが必要になるからです。このように、転職先の業界はある程度絞られてきてしまう場合がありますが、未経験の業界へ転職することは決して不可能ではありません。

また、その場合の年収ですが、未経験の業界の場合、年収は下がってしまう可能性が高いと言えます。同じ業界・業種であれば、今までのスキル・キャリアがそのまま活かせるので、逆に年収アップが期待できるのですが、未経験の場合だとそうは行きません。

転職エージェントを利用すると、今の年収からどのくらいの動きがあるのかという予想を出してくれるので、積極的に活用しましょう。

家族がいるが、転職できるのか?

30代の方の中には家族を持っている方も多く、そういった人は転職できないのではないか?と考えると思いますが、家族がいても、転職することはできます。

しかし、闇雲に転職をしてしまうことはおすすめできません。やはり今の会社を辞めて、新しいところへ移るというのは、家族側からすればかなり心配になってしまうでしょう。

転職をしたいということや収入のことなど、家族を不安にさせないような説明・配慮は十分に取る必要があると言えます。

場合によっては、”ある程度貯金をする”ということが必要になることもあるでしょうし、いろいろなケースを考えてから行うようにしましょう。

地方転職はどうか?

30代で転職を考えている方の中には「地方転職」を視野に入れている方もいるでしょう。地方転職、とりわけ「Iターン・Uターン転職」を行う場合にはいくつか注意点があります。

まず絶対に頭に入れて置かなければいけないのが「地方での採用職種は圧倒的に少ない」ということです。つまり、「地方での転職先はなかなか見つからない」ということです。

地方転職をするのは良いけれど、なかなか採用してくれるところや、そもそも選べる選択肢が少ないことから、転職活動が終わらないということも考えられます。

そして、「年収が高い確率で下がってしまう」というのもあります。

やはり、東京と比べてしまうと、地方での年収は下がってしまいます。30代前半の方だと、同じような業種なのにも関わらず、年収が下がってしまうことを受け入れられないことも多く、転職に失敗してしまう場合があります。

これらの注意点を踏まえた上で、地方転職を行うかどうか、判断してみてください。

30代の転職におすすめな転職エージェント

では最後に、30代の転職におすすめな転職エージェントをご紹介します。転職エージェントは活用しない手はありません。ぜひ利用してみてください。

①キャリアカーバー

ヘッドハンター経由の高待遇なエグゼクティブ向け案件を狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

多数の有力なヘッドハンターを保有しています。

キャリアカーバーはヘッドハンター型のサービスを完全無料で利用できる点が大きな強みと言えます。

また登録されているコンサルタントは、全て運営会社であるリクルートキャリアが厳選したヘッドハンターばかりです。

4,000件程度登録されているエグゼクティブ向け求人の情報を検索して応募することもできますが、ヘッドハンターが登録しているエグゼクティブに見合った案件を提案してくれるので、「待ちの転職」をしたい方におすすめしたいサービスと言えます。

デメリットは短期間で転職を完了させたい方には不向きな点です。

登録する(無料)

②クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは1993年に設立された株式会社クライス&カンパニー社が運営している転職エージェントです。

設立当初はIT業界のエグゼクティブクラスの人材のヘッドハンティングを中心としていましたが、現在では30代の人材を中心とした転職のサポートを行っています。

評判や口コミを調査したところ

  • キャリアコンサルタントのレベルが高い
  • 非公開求人の質が高い
  • 返事や対応のレスポンスが早い

など、特に求人の質が良いという評判が多く見受けられました。

クライスアンドカンパニーでなければ出会えない優良な情報も多数あるため、高収入を狙う方であれば登録しておいて間違いないでしょう。

登録する(無料)

③ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはヘッドハンターやスカウト方式によって求人情報を転職希望者に提供しています。

求人数は約6万件以上あり、この転職エージェントの利用者の約半数以上が、ハイレベルなキャリアを持った30〜40代の人です。

これまでの経歴から、管理職や専門職を経験していたり、マネジメント力のある人、語学力の堪能な人など、これまで以上にキャリアアップしたいという人にピッタリの職種をピックアップし紹介してくれます。

日本全国での転職活動に対応しており、料金はほかの転職エージェントと同様で無料ですが、有料プランも用意していてより手厚いサポートを受けたいという人に人気があります。

当サイトが独自に調査を行ったところ、

40歳男性 食品営業

面接対策が万全だったことが要因だと思います。 転職についての相談ができたことが多かったと思います。満足しています。

33歳男性 銀行システム部

企業人事担当者から直接スカウトが来る場合がある。スキルに自信がある場合は、求人の質が高いため、登録必須と言える。

26歳男性 ITシステム運用

求人の量は普通ですが、やはりハイクラス向けのエージェントサイトだけあって求人の質はとても高かったです。

と求人の質の高さやサポート力について高評価となっていました。

特に、ハイクラス求人の取り扱い数が多いため高収入を目指す方には登録必須といえるでしょう。

転職エージェントを活用しながら着実に行っていこう

いかがだったでしょうか?今回は「30代の転職」というテーマで、よくある失敗や注意しなければないことを踏まえ、成功させるにはどうしたら良いのか、どの転職エージェントを利用すべきかなどについて見てきました。

30代は前半と後半でもかなり変わってきますし、家族もいたりと、かなり人生の中でも転換期となるポイントが多い年代だと言えます。

ですが、キャリアにおいても、今まで培ってきたものやスキルを活かして、さらなる高みを目指したいという年代でもあります。

自分が実現したいビジョンと、きちんと見なければいけない現実のバランスを取りながら、満足の行く転職活動を行ってください。