35歳の転職が難しい3つの理由と成功に導くために知っておくべき全知識

今35歳なのですが、転職を考えています。この歳で転職するのは難しいですか?
一般に「35歳は転職の限界」なんて言われています。その理由は、年齢を重ねるごとに求人がなかったり向き不向きがあるからなんですね。

キャリアコンサルタント

そうなんですか…。転職はできないということでしょうか…?
いいえ。安心してください。35歳の方も転職できますよ。この記事では、35歳の方が転職に成功するための方法について詳しくご紹介しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

年齢を問わずさまざまな理由で転職をされる方は多いですが、35歳は転職の限界といわれていることをみなさんは知っていますか?

年齢を重ねれば経験や実績を積むため、企業にとっては大きな即戦力になると思っている方もいるようですが、実は35歳で転職に成功されている方は少ないようです。

そこで、今回は35歳で転職を成功させる方法についてご紹介していきます。転職に向いている・向いていないという人もいるので、自分はどうなのかと改めて考えてみることが大切です。

35歳で転職を考えている方は、ぜひこちらの記事を参考にして転職を成功させてみてください。

ハイクラス転職の成功確率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
エグゼクティブ・ハイクラスの転職に強い転職エージェントをご紹介
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

35歳での転職は難しい?その理由は?

「35歳は転職の限界」という言葉をよく見かけますが、その理由には一体どのようなものがあるのでしょうか?

若い世代の方と比べ、35歳であれば経験豊富で企業から求められるイメージがありますが、実際のところは転職に失敗している方は多いようです。

そのため、35歳で転職を考えている方は、なぜ転職の限界といわれているのかという理由を知っておことが大切です。

ここでは、35歳の転職が限界といわれている理由についてご紹介していきますので、一つひとつ見ていきましょう。

①年齢を重ねるごとに求人が減少している

現在の転職市場では35歳以降の転職成功は難しいといわれていますが、人材が不足している企業は多く、転職をできる年齢が高くなっている傾向があるようです。

しかし、どんな企業でも若い世代の人事を求める企業が多いことには変わりがないため、年齢を重ねるごとに転職できる求人が減少していることから、35歳の転職が限界だといわれています。

また、「管理職へと進む道を選ぶべきなのか」「このまま現職の社員として働く方が良いのか」など、35歳にもなれば会社から自分に対する期待があるのか・ないのかも察している年齢でしょう。

そういった理由から、35歳の転職が年齢的にも丁度よい区切りとして考えている方もいるようです。

いずれにせよ、若い世代の方に比べて転職が難しいということには変わりがないため、転職の限界や区切りとなるのが35歳となっているようですね。

②満足できる年収を所得できない

35歳での転職が難しいといわれている理由には、満足できる収入を取得できる転職先が見つかりにくいというものがあります。

実際に35歳で転職をされた方の多くは、「転職をしたことで年収が下がってしまった…」という意見が数多く挙がっていました。

そのため、転職をしたことに後悔してしまい、転職に成功できなかった方は少なくありません。

また、転職をするということは、新しい職場では再び1からのスタートとなるため、管理職から一般社員になったことで収入が減った方も多いそうです。

転職先で役職に就くためにはハードな道を進むことになるため、当然ですが簡単に元々の収入を得ることは難しいものです。

このように、満足できる収入の取得を考えると、35歳での転職は難しいといえるでしょう。

③安定性を求めていると転職先が見つからない

転職経験の少ない35歳の方は、これまでの経歴や会社でのポジション、プライベートと仕事のバランスなどを転職に希望する方が多い傾向があるようです。

そのため、転職の大きな希望条件として転職先に安定性を求める方が多いようです。

家庭を持っている方であれば、購入した家のローン・子供の教育・介護が必要な家族ことを考える方もいるため、安定して働ける転職先を求めるのは当然のことでしょう。

しかし、この安定性を重視し過ぎてしまうと、35歳での転職がとても難しくなるといわれています。

上の章でもご紹介した通り、現在の転職市場では若い世代の人事を求める企業が多く、35歳での転職が難しくなっています。

そこに安定性を求めてしまうと、転職の幅を大きく狭めてしまうことになってしまいます。

35歳の方はただでさえ転職が難しい年齢となっているため、希望条件を全て満たそうとしてしまうと、転職を成功させることは難しいといえるでしょう。

35歳の転職には向き不向きがある

人には何をするにしても向き不向きというものがありますが、35歳で転職をされる方にも向き不向きがあります。

当然ですが、曖昧な理由で転職をされる方は向いていませんし、転職についてしっかりと考えている方でも、理由によっては向いていない場合があります。

先ほどご紹介した安定性で例えるなら、求める条件に全て当てはまる企業への転職を考えている方の場合は、転職に向いているとはいえないでしょう。

しかし、再び希望する条件を見直して必要最小限の条件に絞れる方であれば、転職に向いている傾向があります。

これは年齢を問わずいえることでもありますが、自分が求める条件を全て満たした求人はほぼ存在しないため、現職での勤務によほどの理由がない限り、転職成功は難しいものです。

年齢を重ねるごとに求人が減少しているため、自分の希望条件は転職に向いているのか・向いていないのかをきちんと考えることが大切でしょう。

35歳で転職に向いている・向いていない人の特徴って?

上の章で35歳の転職には向き不向きがあることをご紹介しましたが、それぞれに当てはまる特徴には何があるのでしょうか?

実際に自分が向いているのか向いていいないのかを考えても、それぞれの特徴を知らなければ、転職条件を見直すことができません。

そこで、ここでは35歳で転職に向いている・向いていない人の特徴についてご紹介していきます。

35歳で転職を考えている方は、ご紹介する転職への向き不向きの特徴を参考にして、転職成功を目指してみてください。

35歳での転職に向いている人

まずは、35歳での転職に向いている人について、調査の結果からわかった2つの特徴をご紹介していきます。

ご紹介する2つの特徴には、現職の継続では実現できないことばかりなので、転職に向いているといえるでしょう。

転職をする明確な目的や理由を持っている方であれば、転職に向いているようですね!

それでは、35歳での転職に向いている人の2つの特徴について、一つひとつ見ていきましょう。

スキルアップを目指している

スキルアップを目指している方の多くは、現職では自分の成長ができないと感じているため、転職を考える方が多いです。

会社の経営状態や将来性はもちろんのこと、自分自信が成長できる環境がない場合、向上心のある方であれば目的を実現できる企業への転職を考えることでしょう。

このように、35歳での転職でもスキルアップを目指しているのであれば、転職に向いているといえるでしょう。

しかし、これまでの経歴や習得したスキルを客観的な視点できちんと整理して、将来的にどのようにやっていくのかを計画することが大切です。

35歳で転職をして、「10年後までには〇〇を身につけたい」など、スキルアップという目的を達成するための計画をしっかりと立てておきましょう!

家庭の事情で転職をしなければならない

転職をされる方にはさまざまな理由がありますが、中には家庭の事情で転職をしなければならないという方もいるでしょう。

例えばですが、介護が必要になった両親がいる場合は同居が必要になり、住んでいる地域によっては転職や引っ越しなどが必要になってしまいますよね?

こういった明確な転職理由がある方であれば、35歳でも転職に向いているといわれています。

しかし、転職先となる企業側は個人的な理由が採用を決める元ではないため、自分の経験やスキルを活かせる求人を探すことが転職を成功させるポイントです。

もしも、自分の経験・スキルを活かせる求人を見つけられないという方は、転職のプロである転職エージェントを使うと、転職に成功しやすくなりますよ!

35歳での転職に向いていない人

次に、35歳での転職に向いていない人について、調査の結果からわかった2つの特徴をご紹介していきます。

ご紹介する2つの特徴には、明確な理由を持っていても年齢的に難しいといわれているものなので、自分に当てはまるという方は転職の目的や理由を考え直す必要があるでしょう。

それでは、35歳での転職に向いていない人の2つの特徴について、一つひとつ見ていきましょう。

未経験の職種へ転職を考えている

未経験の職種への転職を考えている35歳の方は、転職に向いていないといわれています。

実際に新しい職種へのチャレンジを目的として転職をされた方の中には、年齢にふさわしいポジションに就くことができず、自分よりも年齢の若い社員と仕事をすることに精神的につらいと感じる方が多いようです。

また、若い世代の社員よりも新しいことに対する吸収性が劣るため、自分がイメージするような業務ができないことに嫌気がさすという方もいるようです。

そのため、35歳で転職をされるのであれば、これまでの経験を活かせる仕事ができる転職先を選ぶことをおすすめします。

年収を下げたくない

上の章でもご紹介しましたが、35歳で転職をされると年収が下がる傾向があります。そのため、年収を下げたくないと考えている方は、転職に向いていいないといえるでしょう。

転職先では当然新人として扱われるため、高収入を得られる役職に就くまでの道のりも長く、元々得ていた収入を得るまでにも時間がかかります。

安定した収入を取得するのであれば、現職を続けた方が良いかもしれませんね。

または、転職エージェントを使って、満足できる転職先を探してみるのも1つの方法といえるでしょう。

35歳で転職を成功させる方法とは?

35歳での転職は難しく、向き不向きがあるようですが、転職を成功させる方法には何があるのでしょうか?

調査の結果、35歳の方が転職を成功させるには、3つの方法があることがわかりました。

ここでは、そんな転職を成功させる3つの方法についてご紹介していきます。これから転職を考えている、または転職をしなければならない35歳の方は、ぜひ参考にしてみてください。

経歴や実績にとらわれない

転職をされる方の多くは、前職と同じ職種となる企業へと移動する方が多いそうです。

経験されている職種だからこそ自分の経歴や実績を活かすことができるため、転職に成功する確率が高いというイメージを持つ方が多いようです。

しかし、採用を決める企業側は確かに経歴や実績は必要としていますが、重要視されるのは協調性や問題に対する解決力、新しいことでも率先して学ぶ姿勢となっています。

そのため、経歴や実績だけにとらわれてしまうと、転職の幅を狭くしてしまう可能性があるので注意しましょう。

タイミングと行動力が大切

35歳で転職を成功させるには、転職をするタイミングと行動力が大切だといわれています。

特に転職経験の少ない方や初めて転職をされる方の場合は、転職をするタイミングを慎重に伺いすぎてしまい、会社の事業失敗やリストラによる急な転職を求められる場合があるようです。

また、タイミングを間違うことで何度も転職を繰り返す方もいるそうです。

35歳で転職を成功させるのであれば、転職の目的や理由を明確にして、機会を伺うのではなく自分から行動することが大切です。

転職をすることについてしっかりと考えた結果、転職をすべきと判断できるときが来た場合は、すぐに転職活動を始めてみてください。

自分に合った転職エージェントを使う

35歳での転職は厳しいといわれているため、安心して転職をされるのであれば「転職エージェント」を使った転職活動をおすすめします。

転職者の希望条件に合った求人を紹介してくれますし、転職を成功させるための丁寧なサービス・サポートを受けることができます。

さらに、さまざまな転職手続きは担当してくれるアドバイザーが行ってくれますし、内定確定後は給料や年収アップの交渉もしてくれます。

誰でも無料で利用できる転職サービスなので、35歳での転職を成功させたいと考えている方は、ぜひ転職エージェントを使って転職活動を行ってみてください。

35歳の転職におすすめの転職エージェント

ここでは、35歳での転職におすすめの転職エージェントを2つご紹介していきます。

転職のプロによって転職活動をしっかりとサポートしてくれるので、個人で転職活動をされるよりは成功する確率が高くなるので、ぜひ参考にしてみてください。

①キャリアカーバー

ヘッドハンター経由の高待遇なエグゼクティブ向け案件を狙いたい人におすすめの転職エージェントです。

多数の有力なヘッドハンターを保有しています。

キャリアカーバーはヘッドハンター型のサービスを完全無料で利用できる点が大きな強みと言えます。

また登録されているコンサルタントは、全て運営会社であるリクルートキャリアが厳選したヘッドハンターばかりです。

4,000件程度登録されているエグゼクティブ向け求人の情報を検索して応募することもできますが、ヘッドハンターが登録しているエグゼクティブに見合った案件を提案してくれるので、「待ちの転職」をしたい方におすすめしたいサービスと言えます。

デメリットは短期間で転職を完了させたい方には不向きな点です。

登録する(無料)

②ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

③クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは1993年に設立された株式会社クライス&カンパニー社が運営している転職エージェントです。

設立当初はIT業界のエグゼクティブクラスの人材のヘッドハンティングを中心としていましたが、現在では30代の人材を中心とした転職のサポートを行っています。

評判や口コミを調査したところ

  • キャリアコンサルタントのレベルが高い
  • 非公開求人の質が高い
  • 返事や対応のレスポンスが早い

など、特に求人の質が良いという評判が多く見受けられました。

クライスアンドカンパニーでなければ出会えない優良な情報も多数あるため、高収入を狙う方であれば登録しておいて間違いないでしょう。

登録する(無料)

転職成功率を上げるなら複数の転職エージェントを使おう!

ご紹介した転職エージェントはハイキャリア向けなので、どちらを利用しても35歳での転職を成功へと導いてくれるでしょう。

しかし、転職成功率を上げるのであれば、複数の転職エージェントを使うことをおすすめします。

それぞれのエージェントからさまざまなサポートやアドバイスを受けられるので、転職成功のノウハウをしっかりと学ぶことができるので、ぜひ試してみてください。