大企業に転職するには?大企業に転職する方法やメリット・デメリットなどを紹介!

大企業に転職したいと考えているのですが、どのような転職活動を行えばいいのですか?

キャリアコンサルタント

転職活動の方法としては、一般的にハローワークや求人・転職サイトなどを使って、希望する求人情報を探してエントリーするのですが、大企業の求人情報は一般公開されていることが少ないため、困難だと言えます。
では、どうすれば大企業への転職活動を行えますか?

キャリアコンサルタント

転職エージェントの利用がおすすめですよ。この記事では、大企業への転職方法について詳しく紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ここでは、大手企業への転職に関する基本情報や転職活動の方法、大手企業への転職活動におすすめの転職エージェントの特徴や口コミ情報などを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

大企業の定義や大企業に転職した際のメリットは?

大企業への転職方法やポイントについての解説の前に、まずは大企業の定義や、メリットなどを解説していきます。

大企業と中小企業との違い

大企業と中小企業の定義はそれぞれ異なります。

中小企業の定義

中小企業は、中小企業基本法に則って中小企業庁によって定義されています。

中小企業の定義は業種ごとに条件が異なり、以下の表にある条件を満たすことによって、中小企業及び小規模企業者であると定義されます。

業種別の中小企業基本法の条件 卸売業

中小企業資本金の額または出資の総額が1億円以下

常時いる従業員の数が100人以下

小規模企業者常時いる従業員の数が5人以下

業種別の中小企業基本法の条件 サービス業

中小企業資本金の額または出資の総額が5000万円以下

常時いる従業員の数が100人以下

小規模企業者常時いる従業員の数が5人以下

業種別の中小企業基本法の条件 小売業

中小企業資本金の額または出資の総額が5000万円以下

常時いる従業員の数が50人以下

小規模企業者常時いる従業員の数が5人以下

業種別の中小企業基本法の条件 製造・建設・運輸・その他業種

中小企業資本金の額または出資の総額が3億円以下

常時いる従業員の数が300人以下

小規模企業者常時いる従業員の数が20人以下

業種によるこれら条件が当てはまる企業や企業者を中小企業や小規模企業者と言います。

大企業の定義

中小企業とは異なり、大企業にはこれといった定義は明確には定められていませんが、上記で紹介した中小企業・小規模企業者の条件以上の企業が、大企業の定義であると考えられます。

これら条件の他にも、業界内での知名度が高い企業や、業界内でのシェア率が高い企業も、大企業に当てはまると考えられます。

大企業への転職の際は上記の条件を目安に

有名な企業であれば、そこまで考える必要はありませんが、「求人内容の条件は良いが大企業かどうかわからない」などといった場合は、上記で紹介した条件を目安に企業を選定すれば、大企業と中小企業の区別ができます。

大企業への転職を考えられている場合は、上記の表を目安として転職活動を行いましょう。

大企業に転職するメリットは?

大企業に転職した際は、どのようなメリットが生じるのでしょう?ここでは、大企業に転職した際に考えられるメリットを解説していきます。

福利厚生の充実

企業によってそれぞれですが、大企業は福利厚生が整っていて充実しているのが一般的な認識としてあり、社会保険や年金制度の充実性だけではなく、企業によっては社宅の完備や家賃保証、資格支援など、さまざまな恩恵を受けられる企業も存在します。

社会的信用

大企業の多くは社会的な実績を積んでいるため、対企業や個人だけではなく、社会的にも信頼を得られやすい傾向にあります。

また、仮に大企業から転職する際も、職歴に大企業の社名を載せることができるので、職務経歴のステータスアップにもなります。

将来性や安定性

大企業の大きなメリットの一つで、大企業は市場における影響力が高いため、将来性や安定性が高いと考えられます。

また、その業界の市場での認知度が高ければ高いほど、対企業や個人に対しての信頼度も高くなるため取引自体が安定し、やりがいのある仕事や、安定したビジネスライフを送ることもできます。

報酬や待遇

大企業の報酬は、基本給や各種手当、賞与や昇給など、高い傾向にあるため、全国平均よりも高い年収を得られる可能性が高いです。また、多くの大企業が退職金制度を設けているため、安心して定年を迎えることができます。

労働時間に関しても適正レベルを保つための努力も行っており、また、産休・育休・介護休暇と言った休暇制度も充実している傾向があるので、大企業の多くが「従業員が働きやすい職場環境」を目指していると言えます。

ハードルは高い?

大企業への転職は、一般的にハードルが高いとされていますが、実際はどうなのでしょうか?

大企業でも中途採用は大きな戦力

「大企業で働く人は新卒採用のエリートばかり」「中途採用でも大企業からヘッドハンティングされた人が多い」などとイメージしがちですが、実際にはそうでもなく、ほとんどの大企業が毎年のように中途採用を実施しており、それなりの採用実績もあります。

確かに、大企業は大卒の新卒採用の人数が多いですが、新卒採用した全ての従業員が定年までその企業で勤めるわけではなく、途中でやめてしまう人も多く、空きが出た部分には人員を補充する必要があります。

特に大企業の場合は、採用人数が多く、その分やめてしまう人も多くなるため、毎年のように各大企業は人員確保のため、中途採用を実施します。

中途採用は欠員を補充することを目的としているため、即戦力が好まれます。そのため、確かに人材の選定は行われますが、企業も人材を確保することが優先ですから、応募者の職歴やアピールなどに必要性を感じれば、意外とすんなりと採用されることもあります。

新卒採用と比べ、中途採用の場合は社会経験がある方が応募するので、新卒採用に比べ中途採用の方が、ハードルが低いと考えられます。

総合職は中小企業出身者が有利

中小企業では予算が限られているため、多くの業務を一人でこなしている方も少なくはないですが、これが大企業への転職における中小企業の出身者の有利な点と考えることができます。

大企業の課題でもあるのですが、大企業は豊富な予算が設けられており、部署や部門に対しての人材や設備などを手厚く確保することができます。しかし、システムが充実している分、総合的に業務を行える人材が育たないというデメリットもあります。

分かりやすく言えば大企業の人材は「作業」、中小企業の出身者は「運営」とイメージすればわかりやすく、即戦力確保を目的とする中途採用の場合は、「運営」に強い中小企業出身者が有利と考えることができます。

大企業に転職するには?転職する方法やポイント

ここまでで、大企業の定義やメリット、大企業への転職のハードルの高さなどを解説してきましたが、実際に大企業へ転職するのには、どのような方法やポイントがあるのでしょう?ここからは、大企業に転職する方法やポイントについて解説していきます。

中小企業から大手企業に転職するには?

キャリアアップや安定性を求めて、中小企業から大手企業への転職を目指す方も多くいますが、知名度の低い中小企業から大手企業へ転職することは可能なのでしょうか?

中小企業ならではのメリットを生かす

上記でも少し紹介しましたが、中小企業には大企業にはないメリットや強みがあります。

知名度の高い中小企業の場合は、大企業をモデルにした業務システムを採用しているため、従業員が取り組む業務内容や作業方法は、大企業に似ている面が多くありますが、大企業や知名度の高い中小企業にはないメリットや強みが知名度の低い中小企業にはあります。

中小企業の場合は、人材が少ないため、分業制が採用されているケースが少なく、1人あたりの業務の幅が広い傾向にあります。

そのため、キャリアの年数を問わず、実力さえあれば若くして裁量権を与えられたり、責任のある役職に就いたりできるので、これは知名度の低い中小企業出身者の大きなメリットと言えます。

未経験者でも大企業に転職できる?

大企業に勤めた経験が未経験であっても、その業界での経験が豊富であれば、未経験であっても業界の経験値を最大限にアピールすれば、大企業に転職できる可能性は十分にあります。

しかし企業の中には、あえて業界未経験者を選んで採用する場合もあるので、応募の際は企業の採用傾向を分析する必要があります。

同じ業界内での経験を求められた場合は、これまでの経験をどのように活かせるのかを分析し、その企業にどのようなメリットが生じるのかを、徹底的にアピールしましょう。

大企業に転職して後悔しているエピソードや事例から考える後悔しない方法

転職することによってキャリアアップや安定性に期待ができる大企業ですが、「大企業への転職は成功したけど、後悔している」という方も多くおられます。

ここでは、大企業に転職して後悔しているエピソードや事例を分析し、大企業に転職して後悔しない方法を考えてみます。

大企業=ホワイトとは限らない

大企業は給料面や福利厚生などがしっかりとしているため、「大企業=ホワイト企業」とイメージしがちですが、「部署によっては仕事量や予算が異なりハードワークで体を壊してしまった」「嫌な上司に仕事を押し付けられた」などといったケースも多数あります。

年下の人間が先輩になることが多く仕事がやりづらい

大企業の人材確保のベースは、毎年行われる新卒採用が基本としてあり、中途採用は新卒採用者が辞めた際の欠員補充を目的としていることが多いです。

ですので、いくらその業界での経験が豊富でその企業に勤めることになっても、先輩社員の多くは経験の浅い年下社員になることが多いので、悔しい思いをすることも少なくありません。

失敗例やエピソードを事前に調査することが重要

上記の事例は一部ですが、大企業に転職して失敗したと思わないためには、大企業に転職して失敗した事例やエピソードを事前に分析し、それを踏まえて応募企業を選定する必要があります。

大手口コミサイトの「キャリコネ」では、企業ごとの口コミ情報が、給料・職場環境・評価制度・女性の働きやすさなど、カテゴリー別に公開されているので、企業の選定の際は大きな参考になります。

人気大手企業一覧

ここでは現在転職先として人気のある大企業を少し紹介します。

サイバーエージェント

アメブロやアメバTVでお馴染みの、メディア・広告業界に多大な影響力を持つ日本の大企業の一つです。

サイバーエージェントへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

任天堂

業界に限らず知らない人はいないほどの大企業で、ゲームなどをはじめとした、さまざまなおもちゃを手掛けている、日本を代表する世界的な大企業です。

任天堂へ転職するには?難易度から職場環境まで徹底調査

電通

日本が誇る世界的な広告代理店で、グルーバル体制を強化することで2017年の収益では世界第5位にまでなった超一流企業です。

電通へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

バンダイ

ゲームやプラモデルなどのさまざまおもちゃを網羅し、おもちゃだけでなくアニメ制作や映画製作などメディア関連の事業も手掛ける、世界的な大企業です。

バンダイへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

エントリーは転職エージェントがおすすめ

上記でも少し紹介しましたが、大企業の求人情報の多くが非公開求人によって応募されています。非公開求人は、一般的な転職・求人サイトでは取り扱われていない特種な求人であり、非公開求人のほとんどは転職エージェントで取り扱われています。

転職エージェントでは非公開求人の他にも、選考書類の作成サポートや、面接対策など、転職に関わるあらゆるサポートを無料で利用することができるので、大企業への転職活動におすすめです。

非公開求人がポイント

転職エージェントの利用が大企業への転職に有利な最大のポイントは、非公開求人の取り扱いにあります。

上記でも少し紹介しましたが、大企業の求人情報は非公開求人として取り扱われることが多いため、非公開求人を多く取り扱う転職エージェントの利用は、転職・求人サイトを利用しての転職活動よりも有利であると言えます。

非公開求人とは、企業側に対して「応募の殺到防止」「即戦力の確保」「人材の選定」などといった、採用工程の簡略化を目的とした求人情報であり、「高給料の案件」「高待遇の案件」「大企業の案件」の求人が多い傾向があります。

選考書類や面接対策

転職エージェントでは、非公開求人の紹介の他にも、さまざまな転職サポートを無料で利用することができ、特に「書類選考に必要な書類の作成サポート」や、求職者や応募企業に応じた「面接対策」は、転職エージェントを利用する大きなポイントと言えます。

書類選考に必要な書類の作成サポートとは、選考書類に必要となる履歴書や職務経歴書の書き方やアドバイス、添削作業などを行ってくれるサポートサービスです。

特に職務経歴書の作成は、求職者の経歴に沿ったオリジナルのフォーマットや書き方など、作成方法が人のよって異なるため、転職が初めてな方や、書類作成の苦手な方などにとっては、大変困難な作業になります。

転職エージェントでは、選考書類に必要な書類の作成のアドバイスや書き方などを丁寧に教えてくれます。

また、面接対策では、求職者と応募企業にあった本格的な模擬面接などを行ってくれるため、質問される内容の傾向、質疑応答のやり方、面接の心得など、事前に対策して準備することができます。

実績にあったマッチング

大企業に転職するためには、求職の実績や経験に合った企業に応募することが最も重要で、そのためには、応募企業の事業内容や企業がどのような人材を求めているのかを把握し、求職者の実績や経験に合ったマッチングをする必要があります。

転職エージェントでは、求職者に適した企業の非公開求人を、経歴や実勢に合わせて紹介してくれるので、これも転職エージェントを利用する大きなポイントと言えます。

大手企業へ転職したい女性にもおすすめ

転職エージェントの中には、「女性が活躍する仕事」を特集した求人カテゴリーもあります。また、近年では「女性が活躍できる職場環境作り」を目指した企業も多くあり、大企業になればなるほど、率先して女性が活躍できる職場環境作に取り組んでいます。

転職エージェントはそんな大企業の非公開求人を多く取り扱っているので、転職エージェントの利用は、大手企業へ転職したい女性にもおすすめと言えます。

大手口コミサイトの「キャリコネ」では、女性の働きやすさに関する口コミ情報が、企業ごとに公開されているので、そちらも合わせて確認しましょう。

大企業への転職におすすめの転職エージェント

ここからは、大企業への転職におすすめの転職エージェントの、基本情報や特徴、メリット・デメリット、口コミ情報などを紹介していきます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、古くから人材派遣業界で実績を積んだ転職エージェントで、取扱い求人数は大手より少ないですが、豊富な経験と実績を武器にしたサポートサービスの充実度は業界トップクラスです。

特に企業との交渉力には定評があり、採用後の給料や待遇などの企業との交渉を得意としており、年収アップやキャリアアップを目的とした転職活動にもおすすめです。

パソナキャリアを利用された方の口コミには、以下のような意見が多数ありました。

37歳男性・人事 総務系

企業との交渉がかなりスムーズに行ってくれたため、応募から面接までスムーズに進むことができ、無事に転職することができました。

45歳男性・製造業

選考書類に必要な履歴書と職務経歴書の書き方を丁寧に教えて頂きました。面接対策も適確なアドバイスをしてくれたので、面接本番も戸惑うことがありませんでした。

などと、交渉力やサポートに関する意見が多くありました。求人情報を多く取り扱う転職エージェントと併用して利用すれば、効果的に利用できそうです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手人材サービス企業のリクルートグループが運営する転職エージェントサービスです。

大手というだけあり、取り扱われている非公開求人の数は国内最大級で、また、幅広い業界の求人情報を取り扱っており、大企業案件も豊富に取り扱っています。

サポート内容も充実しており、書類の添削や、本格的な面接対策など、求職者のより良い転職を徹底的にサポートしてくれます。

リクルートエージェントを利用された方の口コミには、以下のような意見が多数ありました。

30歳女性・美容関係

取り扱われている求人の量が他のエージェントに比べて豊富な所は、転職エージェントを使うにあたっての大きなメリットと感じました。

34歳女性・食品メーカー営業

自分の経歴などを、順を追ってヒアリングしてくれるので、どのような転職先が自分に向いているのかなど、転職活動の準備をスムーズに行えました。また、転職先が決まったあとでも丁寧に対応してもらえたので、そこも好印象です。

これらのように、求人の量やサポートの充実度についての評価が多くありました。転職活動が初めてな方や、幅広い転職活動を希望されている方にはおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材サービス企業のマイナビが運営する大手転職エージェントです。

総合転職エージェントながら各業界出身のコンサルタントが多数在籍しているため、専門的な業務に関する相談も可能です。

&Careerが独自に集めた口コミによると

34歳男性・メーカー開発

提示される求人が希望に合っていた

36歳女性・一般事務

求人の量がとても豊富だった

など、特に求人の内容や量について高評価となっていました。

また、マイナビエージェントはIT・通信関係の求人を多数保有しているため、そういった業界に興味があるという方は積極的に登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントは複数に無料登録して併用して利用することがポイント

上記で紹介した転職エージェントは一部であり、国内にはまだまだ多くの転職エージェントが存在します。

上記の転職エージェントの紹介でもわかるように、転職エージェントにはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあるので、それらを把握して自分に合ったサービスを利用することがポイントです。

転職エージェントのほとんどが無料で登録し利用できるので、幅広く充実した転職活動を行うためには、複数登録を行い併用して利用することが重要です。