忙しすぎる総合病院からクリニックへ!転職に大成功した私の体験談

今の職場が辛くて、転職しようか迷っています…。どうすれば良いですか?
こんにちは。私も同じように辛い時期があって、実際に転職をしたのですが、今考えると転職して本当に良かったと思っていますよ!

ここでは、私の転職体験談についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較
  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ

簡単に自己紹介

わたしは看護学校を卒業後、総合病院の消化器科病棟に4年勤務し、その後クリニックへ転職しました。転職したきっかけは、とにかく病棟がつらかったから…。体力的にも精神的にも、日々、自身を削るに削って頑張っていました。

でも、ある出来事がきっかけで、ふっと「こんなにがんばらなくてもいいや」と思うようになったのです。そして、目にとまった転職支援サイトに登録して、トントン拍子に転職。クリニックに転職後、「ああ・・・早く転職しておけばよかった・・・」と思うほど、自分に合った働き方ができています。そんなわたしの体験談を紹介しますね。

病棟がつらくて仕方なかった…。

わたしの病棟時代は、まさに暗黒時代でした。新卒で入った当初は、「この病院は市内でも大きいし、たくさんのことを学べるんだろうな」と思っていました。確かに、新人研修は充実していて、学ぶことも多かったです。しかし、日々の業務に加え、看護研究やら委員会やら勉強会やら、とにかくやることがいっぱい

しかも、これらはノーギャラです。勉強することは大事ですし、自分のためでもありますが、やることが多すぎる上報酬ももらえないなんて、モチベーションは下がるいっぽうでした。

日々の業務はというと、介護士さんはいなかったので介護も看護もすべて看護師が行っており、人も亡くなる病棟だったので、いろいろ(主に、腰やメンタル)やられてしまいました。当然、時間外は当たり前です。しかしそうはいっても、時間外は月に申請できる時間が決まっていたので、働いている分もらえないことも多々ありました。これもひどかったです。

そして、一番つらかったのは人間関係。この病棟にはボスがいて、誰もさからえません。この方、理不尽に怒鳴ったり、業務を押し付けたり、やりたい放題でした。わたしもターゲットにされたこともあり、その時期は毎日ブルー。気づけば「仕事辞めたい・・・」が口癖になっていました。

転職のきっかけ

そんな私でも、ブルーなときって辞めることを考えなかったんですよね。「ここは耐えなきゃいけない」と謎の踏ん張りを見せ、4年も働いてしまいました。

なぜここで辞めたかというと、例のボスが異動になったのです。ボスの活躍ぶりは有名でしたので、病院の方でも配慮してくれたのかもしれません。

しかし、そんなボスがいなくなった途端、なんだかすーっと肩の荷が下りた気がしたんです。そして、「ああ・・・もうがんばらなくていいんだ・・・」と思うように。今考えると、ブルーなときにこそ辞めて転職すればよかったと思うのですが、不思議とボスがいなくなってから張り合いのようなものがなくなったからなのかもしれません。

転職支援サイトを使ったら意外と良かった

仕事を辞めてから、しばらくゆっくりしようと思っていましたが、ネットをみていると転職支援サイトが目にとまりました。「失業保険はもらいたいなぁ」なんて思っていたのですが、時間もあるので軽い気持ちで転職支援サイトに登録してみることにしました。

すると、そそられる仕事をタイムリーに紹介されたので、「あ、なんだか働きたくなってきた!」と思うように…。

転職支援サイトの方も、とても親身に相談に乗ってくれたので良かったですし、話しているうちに自分の働きやすい職場を考えるきっかけにもなりました

そこで、わたしが選んだのはクリニックでした。非公開の案件で、場所良し、条件良し、働きやすさ良しだったので、すぐに転職することに決めました。転職支援サイトの方は、他の病院もすすめてくれましたが、あえてそこだけにして、面接を受けてみることになりました。

就職時の試験や面接は、あらかじめ転職支援サイトの方から内容をざっくり教えてもらえていたので、何も難しいことはありませんでした。「え、こんなんでいいの?」という感触でした。そして、合格しその後の手続きなども転職支援サイトが手伝ってくれたのでこれまた楽でした。こうして新しいスタートを切ることになりました。

【人気ベスト10】看護師転職サイトのおすすめランキング&賢い選び方

わたしに合った働き方ができるクリニックに大満足

クリニックに転職してからどうかというと、「毎日が明るくなった!」の一言に尽きます。病棟時代は8時半からの業務のところ、7時に行っても遅いくらいでしたが、クリニックでは8時半から仕事がはじめられればOKですし、時間外もほぼありません。

勉強会も時折ありますが、ちゃんと時間外がもらえます。仕事の内容もクリニックということもあって、きつくないですし、何より人間関係が良いです!(ちなみに、ここにボスはいません。)

毎日、バタバタ走り回っていた病棟時代とはちがって、クリニックではゆったり患者さんと向き合えます。夜勤がないからか、お肌の調子もあがりました。

給与は少し下がりましたが、それでも働いた分の給与がしっかりもらえることと、時間外もちゃんとつくということで満足しています。毎日が本当に楽しくて、「看護師を辞めないでよかった」と思っています。きっと、あの病棟にいたらつぶれていたことでしょう…。

この経験から、つらいところで頑張るのも良いのですが、自分に合った働き方もできるんだなと実感しました。一歩踏み出す勇気が大事なんだと思います。

キャリアコンサルタント

総合病院からクリニックへ転職した方の体験談、とても参考になりましたね。

辛い時期を「耐える」という選択肢もありますが、転職をして「心機一転して頑張る」という選択肢もあります。もちろんこれは勇気がいることですが、『一歩踏み出す勇気が大事』なんですね。

この記事を読んで、転職をしてみようかな?と思った方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

【2019年最新】看護師必見!転職エージェントランキング