SIerからの転職でおすすめの職種4つとは?IT業界転職のプロが徹底解説

SIerを辞めて、新しい職場に転職したいと考えています。どうすれば良いでしょうか?
はい。SIerから新たな職場に転職したいと考えている人は増えてきていますよね。ですが、どのように転職活動を行っていけばよいか、分からない人も多いようです。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんなSIerから新しい職場への転職を成功させる方法について詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

一昔前、SIerはIT業界の中でも人気の転職先でした。業界の先端企業であり、それぞれの企業でSEが活躍しているような時代ももちろんありました。

しかし、現在では一部の大手SIerを除いてSIerからの転職を考えている人は多いです。ITコンサルタントの筆者もキャリアプランについて相談を受けることがあります。

SIerから次のキャリアプランはどのように考えれば良いのでしょうか。また、SIerから転職したい人はどのようなことを考えているのでしょうか。

この記事ではSIerから抜け出したい人向けにキャリアプラン構築のご提案をしていきます。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

SIerから転職したい3つの理由とは?

まずはSEの人がなぜSIerから転職したいと考えているのかをご紹介します。SIerから転職したいと考える理由は大きく分けて3つあります。SEはどのような思いを持っているのかをそれぞれご説明します。

SIerが転職したい理由①働き方がブラック

SEがSIerからの転職を検討する理由に多いものがこちらです。勤務時間に対して収入が上がらないと感じていることから転職を検討するようです。

SIerにも色々な種類があります。会社規模などによって受注できる工程なども変わってきます。そして下位の工程を受け持つSIerほど収入が低い傾向があります。

IT業界は多重下請け構造が基本です。そのためSIerの中でも下流の工程を受け持つ企業はそもそも上の企業から支払われる金額が少なくなる傾向にあります。

その結果、従業員に還元される金額も少なくなり勤務時間に対して年収が上がらないという現象が発生します。基本給も少なく残業代も出ないといったことが発生してしまうのです。

SIerの全てで年収が低いわけではありません。長時間勤務でも年収が高いもSIerも存在しています。ただ、年収が低い場合にはそれが転職理由になりえます。

SIerが転職したい理由②収入が低いのに責任が重い

収入と仕事で問われる責任はバランスが取れているべきだと考えられます。責任のある仕事をする人は収入も高くあるべきなのです。

しかし、SIerで働くSEの場合には収入は低いにも関わらず課される責任が大きいことが多々あります。つまり、精神的な負担が大きい状態で仕事を続けなければなりません。

収入が高ければ精神的な負担が大きい仕事でも耐えられるでしょう。しかし、収入が低ければストレスが溜まるだけでなんら良いことはありません。

このバランスの悪さが理由となり、SIerからの転職を考える人も多いです。収入が全てではありませんが、精神的な負担とのバランスは私生活への影響もありますので重視するべき部分です。

SIerが転職したい理由③自社のための開発がほとんどなくスキルが評価されにくい

SIerは他社のシステムを開発することが大半です。そのため自社開発のようにスキル面が具体的に評価されることはあまりありません。

エンジニアである以上、高いスキルを持っておきたいと考えるものです。自分の持つスキルが何かしら役に立ち、それが評価に繋がると考えるものです。

しかし、SIerは他社のシステム開発が中心であるため開発スキルが高くとも評価されることは少ないです。設計書通りにシステムが動けばよいと考えられることが多いのです。

自社開発であれば高速化などエンジニアのスキルで性能が大きく左右されます。しかし、SIerでは定められた条件さえ満たしていれば良いことが多いです。

つまり、高いスキルを持っていてもそれが高く評価されることは少ないです。そのことで転職を考える人も増えてきています。

SIerからの転職でおすすめの業界は?IT業界転職のプロが4つを厳選

それではSIerから転職したい場合にはどのように転職をすると良いのでしょうか。SIerから先のキャリアプランにはどのようなものが考えられるのでしょうか。

SEで働く以上、仕事の幅は幅広いです。ここではSIerでの経験を活かして活躍できる、おすすめのキャリアプランを皆さんにご紹介します。

おすすめ業界①開発スパンの短いWeb系企業のエンジニア

開発の技術力が高いSEであればWeb系企業でエンジニアになることをおすすめします。Web系企業は開発スパンも短く、能力のあるエンジニアはすぐに活躍することが可能です。

Web系企業でのキャリアプランはさらに技術力を高めてハイレベルなエンジニアになることが考えられます。適切な評価も受けやすく転職する価値のあるプランです。

また、技術力が高いと評価されると人材を育てるポジションになったり複雑な設計をしたりするポジションへのキャリアアップも考えられます。

ただ、エンジニアのキャリアプランは人によって大きく異なります。設計ができる人でも現場で開発を長年続けたいと考えていることは少なくありません。

そのため、転職時には自分が思い描くキャリアプランについて面接で伝えるようにしましょう。どのように自分は成長し、どのように貢献できるのかを説明できるとベストです。

また、Web系企業の場合にはエンジニア採用の際にプログラミング力が問われることも多いです。転職時に面接などと合わせてプログラミングテストが実施されることもあります。

適切な評価がされる代わりに、ハイレベルなエンジニアが求められていることは理解しておきましょう。

おすすめ業界②開発の現場から離れてITコンサルタントになる

開発の経験を活かして今度はITコンサルタントになる選択肢もあります。特にSIerで上流工程を担当する立場にいたのであれば、ITコンサルタントへの転職も一つのキャリアプランです。

ITコンサルタントの仕事内容も転職先によって微妙に異なっています。簡単にお客様の課題をITで解決できるように進めていくのがITコンサルタントだと考えてもらうと良いでしょう。

ITコンサルタントは場合によっては企業のIT戦略を策定する仕事を担当したりします。この場合、ITというよりも経営をITでどう助けるかが軸です。

ITコンサルタントへの転職は比較的難しいものです。IT面のスキルはもちろんのこと、コンサルタントに必要とされるスキルも持ち合わせる必要があります。

ただし、SIer時代に要件定義など上流工程に携わっていない人は転職できません。ただ、コンサルタントの素質があれば活躍できる転職先でもあります。

ITコンサルタントへの転職に興味がある方は、以下の記事も参考にしてください。

ITコンサル転職成功法をプロが徹底解説!

おすすめ業界③幅広い経験を活かして社内SEになる

既にSIerで幅広い経験を積んできているのであれば、社内SEになる選択肢もあります。社内SEは多くの会社で求められるようになっている人気の職業です。

社内SEの場合には特定のシステムだけを担当することは少ないです。社内のシステムを幅広く管理する立場にあることが多いのです。そのため知見も幅広いものが求められます。

SIerは仕事柄色々なシステムを担当することが多いです。特定の知識に偏らないシステム開発を経験していることがメリットでもあります。

その経験を最大限活かすことができるのが社内SEです。新しいことを覚える必要もありますが、今までの経験ベースで仕事ができることもあります。

ただ、社内SEを続けていると知識がどうしても偏ってしまいます。さらに新しい技術を求めるのであれば社内SEでも企画室などシステム導入などを担当する部署を希望してみましょう。

社内SEについて詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

社内SE転職で失敗しないためには?おすすめ転職エージェントも紹介

おすすめ業界④ITを裏で支えるインフラエンジニアになる

最近はインフラエンジニアの需要も高まっています。そのためSIerからインフラエンジニアへと転職する人も少なくはありません。

インフラエンジニアはどちらかと言えばITを裏で支える仕事です。ただ、インフラが無ければITは利用することができないことも間違いありません。

目立たない仕事であるためそもそもの人気は低めでした。それが今では需要の高まりによって年収も上がりつつある重要な仕事になっています。

インフラはクラウド化などによってこれからさらに進化が予想されます。仮想化の技術も進化してエンジニアにもさらにハイレベルなスキルが求められています。

地味な分野だと思われるかもしれませんが、インフラの経験があるのであれば伸びしろも大きい転職先です。

キャリアプランを考えるコツ

転職を考えるのであれば、上記のようにSIerから先のキャリアプランを考えることが大切です。ただ、キャリアアップは簡単に思いつくものでもありません。

キャリアプランを考えるときにはまずゴールから考えると良いでしょう。そこから逆算して何をするべきか思い浮かべるのです。

人によってゴールは異なります。エンジニアの道を進む人、上流工程に特化したい人、管理職で人材育成をしたいなどがその例です。

人それぞれ最後になりたい姿は異なって当たり前です。SIerを辞めて最後になりたいゴールはまず考えてみましょう。

SIerからの転職で失敗しないためのポイント4つ

SIerから転職したいと考えているのであれば、転職前に考えておくべきことがあります。何も考えずに逃げ出すような転職は失敗に繋がりかねません。

転職を希望するSEはどのようなことを考えておく必要があるのでしょうか。最低限考えてもらいたいことを4つ説明します。

失敗しないポイント①自分の経験の棚卸をする

SIerで働くSEにも色々な立場があります。転職するにあたり今までの経験が重要ですので、SIerでの立場を思い返してみましょう。例えば以下のような立場があります。

  • 企画の立案
  • IT戦略/要件定義
  • 設計開発
  • 維持運用
  • インフラ管理

これは一例ですので、全てのSEがこれらに当てはまるわけではありません。働いているSIerによって働く立場は変わってくるでしょう。

気にしてもらいたいことは、現在の立場は上流工程か下流工程かそれ以外かということです。この立場は転職先を考えるにあたり必要な情報です。

今まで経験してきた立場を踏まえ、SIer以外にどの企業へと転職するのかを考えなければなりません。

失敗しないポイント②自分の技術力の棚卸をする

立場と同時に意識してもらいたいことは、自分がどのような技術力を持っているかです。持ち合わせる技術力で転職先が異なります。

技術力は一つだけでも良いですし、複数を組み合わせて転職するのでも良いでしょう。持っている技術力が多ければ転職の幅は広がります。

ただSEが転職する場合に、何でも屋さんは好まれない傾向があります。特定の技術力を深く持っているほうが歓迎されることも多いのです。

ただ、まずは自分が持つ技術力を明確にしておかないと取捨選択もできません。SIerでの勤務で身に付けたものを、転職前にしっかりと洗い出しておきましょう。

失敗しないポイント③転職後のキャリアを明確にする

これはなかなかイメージしにくいかもしれません。SIerから転職し、その後自分はどのようなキャリアを歩んでいきたいのかも明確にする必要があります。

転職はキャリアプラン無しに進めることはできません。将来、自分がなりたい姿を考えながら転職を進めていくしかないのです。

これは自分自身のためでもありますし、転職時にキャリアプランの説明を求められたときにも必要です。その会社でどのように成長するのかが問われます。

SIerから逃げ出すことを中心に転職活動をすると、キャリアプランなど考えられていないこともあるでしょう。それでは転職で困ってしまいます。

そんな人のために、この記事では後ほどキャリアプランをご紹介します。SIerから転職するとどのようなキャリアプランがあるのか参考にしてください。

失敗しないポイント④年齢と技術力に見合った求人を探す

どのような業界の転職でもそうですが、年齢と積み上げてきた技術力のバランスも大切です。年齢に対して技術力が低いと不利なのです。

IT業界の転職では若い年齢が転職しやすい傾向があります。これには二つの理由があります。

  • 若い年齢のほうが体力的にIT業界で働きやすい
  • 新しい技術を身につけるのが早い

あくまでも一般論ではありますが、上記の理由から若い年代の方がSIerからの転職もしやすいです。

ただ、高い技術力があれば若くなくとも転職できるのも事実です。SIerで多くの経験を積んで、それが身に付いていれば転職可能です。

重要なことは年齢と技術力のバランスです。早い段階で転職に踏み切るか、ある程度の年齢で踏み切るかで求められる技術力は異なります。

SIerからの転職で利用すべきエージェントTOP5!業界のプロが厳選

具体的にSIerから転職したいときにどのエージェントを利用すると良いのでしょうか。エージェントにはいくつもの種類が存在しています。

ここではSIerから転職することを踏まえて、異なったタイプで転職先を見つけ出すことができる転職エージェントをご紹介します。

マイナビエージェントxIT

SEへの転職でまずは登録しておきたいのがこちらです。転職サイト大手のマイナビがITに特化して提供する転職エージェントですので、求人も担当者もITに特化しています。

マイナビエージェントxITは通常のマイナビよりも担当者がITに詳しいことが特徴です。IT業界の仕事は複雑な部分もあり、知識がない担当者だと頼りないこともあります。

しかし、マイナビエージェントxITを利用するとそのようなことはありません。ITに特化したエージェントが転職をサポートしてくれます。

SIerからの転職先は幅広いです。IT業界にも色々な仕事がありますし、人によって求めている仕事内容も異なります。つまり深い理解が必要とされています。

IT特化の転職エージェントを利用することによって、SIer以外への転職もスムーズに進められます。

登録する(無料)

ワークポート

WORKPORT

IT業界専門の転職エージェントで長らく地位を築いているのがワークポートです。知名度は低いかもしれませんが、SEの転職では実績十分です。

ITに特化した転職エージェントであるだけではなく、求人数の豊富さが魅力的です。また、エージェントもしっかりとそれらの求人を紹介してくれます。

求人数が多いほどSEは転職成功の可能性が高まります。ただ、求人数が多すぎると適切な紹介が無ければ応募が難しくなってしまいます。

ワークポートでは求人数の多さと、求人の紹介力のどちらも保有しています。紹介された中から選べば失敗は無いと言えるほどです。

IT業界の求人を幅広く保有している転職エージェントでもあります。SIerから抜け出すためにどこに転職すれば良いか悩んでいる人にもおすすめです。

登録する(無料)

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアもITに特化した転職エージェントです。IT特化ですので知名度は低いですが、IT業界では人気の高い転職エージェントの一つです。

ITに特化している転職エージェントですので、こちらもエージェントがITに詳しいという点がメリットです。幅広いSEの求人の細かな点にも応えてもらうことが可能です。

また、レバテックキャリアはIT特化の転職エージェントの中でも特に知識が豊富なエージェントが多いです。

注意しなければならないのは全国的に展開している転職エージェントではないということです。求人は首都圏や関西と福岡が中心です。

これらの地域で働いている人はもちろんのこと、転職で新しい地域で働きたいと考えている人はぜひ登録しておきましょう。

登録する(無料)

JAC Recruitment

SIer時代にハイレベルなスキルを身につけてきた自信がある人にはこちらがおすすめです。転職エージェントの中でもハイレベルに特化しています。

IT業界でハイレベルな仕事と言えばITコンサルタントなど上流をメインにする仕事です。また、経験を活かして管理職を目指す場合にもハイベルに該当します。

JAC Recruitmentには高額な年収を提示している求人が多数存在します。その分、求められるスキルもハイレベルなものばかりです。

せっかくスキルを持っていてもSIerの中では認められないことも多々あります。その場合には、JAC Recruitmentを利用して好条件の企業へと転職することをおすすめします。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職業界でも大手のリクルートが提供する転職エージェントです。圧倒的な求人数の多さが特徴の転職エージェントです。

リクルートエージェントの場合にはITに特化しているわけではありません。そのためエージェントの中にはITに詳しくない人もいるのは事実です。

ただ、リクルートエージェントは業界でも大手の転職エージェントです。そのため保有している求人数は他の転職エージェントよりも多いです。

SIerからのキャリアプランは必ずしもIT企業とは限りません。異なった企業でIT部門に転職するような選択肢も十分に考えられます。

転職において自分の希望する求人と出会うことは簡単ではありません。思うような求人が見つからないことも多々あります。

その点で、リクルートエージェントを利用すると思うような求人に出会える可能性があることはメリットです。

登録する(無料)

SIerからの転職でエージェントを活用する方法

転職エージェントはなんとなく登録をしても意味がありません。転職エージェントに登録する際には自分でもいくつかのことを考えておくことが大切です。

SIerから転職したいと考えているのであれば、いくつかの活用法があります。これを意識して転職エージェントを利用しないと効果が薄れてしまうのです。

具体的にはどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。SIerからの転職で意識しておきたいことをご説明します。

複数の転職エージェントから求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録する際には複数登録することを意識しましょう。一つの転職エージェントだけに登録することはリスクがありおすすめできません。

複数の転職エージェントへの登録をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 転職エージェント毎に保有するIT系の求人は異なっている
  • エージェントとの相性もあるため複数登録してリスクヘッジをする
  • 企業との繋がりが転職エージェントによって異なる

転職エージェントはSIerからの転職でほぼ必須とも言えるものです。ただ、どの転職エージェントにもいえますが、完璧なサービスを提供していることはありまえません。

どこを利用しても良い点と悪い点が見えてしまうものなのです。そのため、複数に登録しておき互いにカバーできるような状況を作っておく必要があります。

特にSIerからの主な転職先であるIT系企業は企業数が非常に多いです。全ての転職エージェントに同じように求人が掲載されているとは限りません。

複数の転職エージェントに登録することで、幅広い求人と出会える可能性が高まります。幅広い求人と出会えると、それだけ転職が成功するチャンスも広がります。

自分が転職に利用する「武器」について一緒に考える

転職するときには自分のスキルを「武器」にすることが大切です。SIer出身の人は何でも対応する人も多いのですが、転職では何かを軸にアピールした方が効果的です。

SIerから転職する人であれば武器になりえる色々なスキルを持っていることでしょう。人によって異なりますが、以下のスキルが考えられます。

  • プログラミングスキル
  • インフラ構築スキル
  • プロジェクトマネジメントスキル
  • クラウド関連スキル
  • 特定のアプリケーションスキル

SIerで身に付けたスキルの全てが転職に役に立つとは言い切れません。ただ、スキルを身に付けておけば何かしらは転職に役立つことは間違いありません。

重要なことはこれらのスキルからどれを武器にして転職するかです。自分の強みを武器にすることも良いですし、業界的に求められていることをスキルにしても良いでしょう。

どのスキルを武器とするべきかは転職エージェントと相談しながら決定することをおすすめします。相談することで、求められるスキルと自分のスキルのギャップも知れます。

転職時のアピール方法など文章作成についてアドバイスを受ける

SIerからの転職を考えている人は、転職理由が後ろ向きであることも多いです。ブラックである、多忙である、そのような理由で転職したい人も多いです。

ただ、仮にそれが事実だとしても転職理由にこれらを伝えるのは望ましくありません。採用担当者も良い印象を持つことは少ないでしょう。

そこで転職時には異なった観点から転職理由を考える必要があります。基本的には前向きな理由で転職しなければ転職は成功しません。

前向きな転職理由とは言われても、具体的に思いつけない人もいることでしょう。そこで活用してもらいたいものは転職エージェントです。

転職エージェントは今までにもSIerから転職した人を数多く見てきています。そのため転職で必要とされるアピール方法などの知識がエージェント内に蓄積されています。

転職エージェントを利用して採用担当者が興味を持つ文章つくりをしていきましょう。

採用担当に興味を持たれる書類作成のコツは、以下の記事を参考にしてください。

職務経歴書に志望動機が必要な理由&転職成功率を上げる書き方(例文付き)

SIerでのキャリア・経験が転職で役立つ場面

SIerからの転職についてご説明していることで、SIerで働くことは悪いことだと感じた人もいるかもしれません、ただ、必ずしもそういうわけではありません。

人それぞれ受け止め方は異なりますが、SIerで働くことは独自の経験を得られるチャンスでもあります。また、それを転職に活かせる可能性もあります。

SIerでの経験をマイナスのものと受け止めたまま転職しないためにも、SIerでの経験がどのように転職で活かせるのかをご紹介します。

SIerのキャリア・経験が転職に役立つ場面①大手SIerでしか受注できない大規模案件もある

大規模案件になると大手のSIerで無いと受注できません。自分が担当するのはその一部かもしれませんが、参画した経験は転職で活かすことができます。

SEが転職する際、今までのどのような規模の案件に参画してきたかは一つのアピールポイントになります。大規模案件に参画できることは貴重な経験です。

全てのSIerが大規模案件を受注できるとは限りません。ただ、そのような経験があるのであれば転職時にアピールしてみましょう。

SIerのキャリア・経験が転職に役立つ場面②特定の業界・業種に特化しない案件に触れられる

SIerは特定の業界や業種に特化していない企業であることが多いです。そのため受注している案件も様々なものであるSIerが多いことが特徴です。

様々な案件に触れられるということは、SEの中でも幅広い業界・業務の知識を持つ人間になれるということです。つまり転職後に対応する仕事にも幅がもてます。

SIerではない企業では業界や業種に特化した仕事をしていることもあります。それが悪いことではありませんが、どうしても知識が偏ってしまいます。

転職時には偏った知識でも深いことがアピールになることもあります。逆に幅広い知識があることがアピールになることもあります。

どちらが良いとは言い切れず、SIerの場合には幅広い知識があるとアピールできる点でメリットがあります。

SIerから転職する際に準備しなくてよいこと

転職前には何でもやっておいたほうが良いと考えるかもしれませんが、実は特に準備する必要が無いこともあるのです。

時間を無駄に利用することが無いように、しておきたいこととしなくてよいことの両方を把握しておきましょう。

転職のために資格を取る

SIerなどIT業界の転職では驚くほど資格にこだわる人がいます。しかし、転職時には資格はそれほど重要な意味を持ちません。

持っているのであれば問題ありませんが、わざわざ転職前の忙しい時期に資格を取る必要は無いです。転職してから資格を取るようにしてみましょう。

資格は実務と合わせて意味を成します。仕事で資格を取るのは、実務があり資格を持っている方が良いと考えられるだけです。

必要以上に仕事に力を入れる

転職前に実力を付けようとSIerでの仕事に必要以上に力を入れる人がいます。仕事をやりきることは大切ですが、通常運転で問題ありません。

エンジニアのスキルは簡単に身につくものではありません。転職を思い立ってから頑張ってもそこまで大きな差は出ないのです。

そこに時間を使うのであれば、スムーズに転職できるように転職活動に力を入れておきましょう。

SIerから転職すると新しい世界が見える

SIerで働き続けることが悪いことではありません。SIerでもハイレベルな仕事をしている人がいるのも事実です。

ただ、転職をしたいと考えているのでれば何かしらの不満があるということでしょう。他の働き方を探している状態でもあるはずです。

そんなときはまず転職エージェントに登録して転職すべきか相談してみましょう。同じような悩みを持つ人を知ることもできます。

転職を決断するのであればエージェントのサポートを受けることで失敗する可能性が低くなります。