30代後半で転職するには?転職のポイントとエージェントを紹介

30代後半なのですが、この歳でも転職できるでしょうか?
年齢が上がるにつれ、転職は難しくなっていきますが、決して不可能なことではありません

キャリアコンサルタント

この記事で、30代後半の方の転職法について紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

30代後半で転職をしようと思うと、まず年齢で企業が求める条件にはじかれてしまう可能性があります。

20代の転職とは大きく違うわけです。30代の転職は不利な状態にあるので工夫が必要です。

しかし諦める必要はなく、転職に有利な方法を知れば30代後半の転職の可能性は広がります。

この記事では、そんな30代後半の方の転職法について詳しく紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

30代後半の転職事情

30代後半の転職の現状はどのような感じなのでしょうか。平均年収や厚生労働省によるデータをお伝えします。転職する際の参考にしてください。

30代後半の平均年収

30代後半の平均年収は440万円です。ちなみに、30代前半の平均年収は400万円ほどです。転職を機に年収がアップする方もいるので、現在の年収に不満がある場合にも転職をするのは良い判断だと言えます。

30代後半の平均年収を参考にして転職先を選びましょう。お金が全てではありませんが、平均年収を知り、それ以上のところに受かりたいというのは一つのモチベーションにつながります。

どうせ転職するなら転職を機に現状より良い労働環境にしたいですね。

厚生労働省による退職者データと退職理由

厚生労働省のデータによると年間718万人もの人達が退職をしています。その理由で最も多い理由は労働条件が悪いというものでした。残業が多かったり休みが少なかったりというものです。

労働条件が悪いと労働意欲が削がれるのも当然です。他にも、会社の将来が不安、人間関係、仕事の内容に興味が持てないなどの理由が挙げられました。

30代後半の転職者に企業は何を求めてる?

結論から言うと、30代後半という年齢でも転職は可能です。しかし、企業は誰でも採用してくれるわけではありません。

30代後半で企業に受け入れてもらおうと思ったなら、20代の従業員と差別化できているかが大切になってきます。

即戦力となる人材なら、新卒や20代の従業員を育成するためのコストを削減できるのでむしろ喜ばれるわけです。

重要なのは年齢ではなく能力なので、30代後半でも能力が高いと企業に認めてもらえれば転職は可能です。

30代後半の転職者に持つ企業側のマイナスな印象

30代というのは20代の時にどのような経験を積んできたかによって能力に大きな差が生まれてしまいます。そこが企業が30代後半の転職者を扱いづらいと思う部分です。

給与のバランスが難しい

30代ともなると、やはり能力が高くない人材に対してもそこそこの給料を支払わなければならなくなります。これは企業にとってはマイナスでしかありません。

30代後半の転職者を受け入れる際に使えない人材を雇ってもしょうがないので企業の考え方によっては敬遠されることがあります。

20代に比べて30代後半の転職者は伸び代が少ない

20代の頃は吸収率も高いですし、柔軟な考えを持てますが30代になると自分の仕事のやり方が固まってきます。その分、企業からすれば扱いづらい存在になるわけです。

転職者ともなれば、前職のやり方に大きな影響を受けているので矯正するのにも時間とコストがかかることが予想されます。

30代後半の転職のメリットとデメリットは?

30代後半で転職するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。30代後半だからこそのメリットを活かせれば転職も有利になるので振り返ってみましょう。

30代後半の転職でのメリット

30代後半で転職をするメリットとしては、すでに前職で仕事の経験を積んでいるという部分が大きいです。前職と同じ業種の企業に転職をする際には実務経験を考慮される場合があります。

前職で取得した資格も使えますし、即戦力だと判断されれば扱いが変わってきます。

30代後半の転職でのデメリット

やはり年齢はネックになってくるでしょう。30代前半までの募集や、30代なかばまでの募集に応募ができない分、30代後半という年齢はデメリットになり得ます。

正社員の採用を35歳までとしている企業もあるので、正社員として転職したいと考えた場合に転職先は少し限定されてしまいます。

どうしても20代に負けてしまう部分は出てきてしまうので、上述したように企業の立場に立って考え、新卒を採用するよりも使えるというアピールが必要になってきます。

30代後半の転職の際におすすめな資格

不動産関係の会社に転職をするのであれば宅地建物取引士を取得していれば転職が有利になるでしょう。

医療関係であれば介護福祉士がおすすめです。具体的にどんな職種につくかによって必要な資格が違ってくるので、転職候補の業種に沿った資格を取得してください。

希望の転職先に転職できるかは分かりませんが、ある程度方向性を決めて資格を事前に取得しておけばかなり役に立ちます。

資格が全てではありませんが、企業からしてみればあなたの実力が分からないので一つの目安になるのは間違いないでしょう。資格がないとできない仕事内容もありますので、転職先によっては重宝されるかもしれません。

30代後半で公務員に転職は可能!2つの選択肢がある

30代後半でも公務員に転職は可能です。一般的に国家公務員に転職ができるのは30歳未満の人だと言われています。

30代後半で公務員になりたい場合は、地方公務員の一般募集を受ける方法と民間企業経験者枠で申し込む方法があります。地方公務員の一般募集は年齢制限に引っかかる可能性があります。

もし年齢制限に引っかかったなら民間企業経験者枠を受けて下さい。地方公務員の平均年収は約730万円です。公務員は年功序列なので、30代後半の地方公務員の平均年収に限って言えば730万円を下回りそうです。

30代後半で退職してから転職をするのはキツイ?まずやるべきことは?

転職をする際に、できれば会社に在籍したまま次の仕事を探すのが理想ですが、退職してから探さないといけない場合もあります。そんな時は、まず職業訓練校に通うのも一つの手です。

入学金は無料のところもありますし、格安で行けます。職業訓練を受けている間は失業給付金が延長されるというメリットは大きいです。

失業給付金をもらえない人でも、条件を満たしていれば生活給付金を受給できます。焦って転職先を見つけるよりも、いったん落ち着いて準備を整えるのも一つの手です。

しっかりと準備をして企業に採用されやすい状態を作ることは時間がかかったとしても長期的に見ると近道だという可能性があります。

職業訓練校でスキルを身につけることで、今狙っている転職先よりもうワンランク上の企業を狙えるようになるかもしれません。

30代後半での転職に有利な転職エージェント3選

30代後半での転職に使える大手の転職エージェントをご紹介します。どの転職エージェントも業界では名の知れた存在なので、あなたの転職を力強くサポートしてくれるでしょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

30代後半の転職の近道は複数の転職エージェントに登録すること!

30代後半での転職はどうしても20代での転職に比べて不利になってしまうので、独自のやり方で転職することを考えるより転職のプロに任せてしまった方が確実です。

転職エージェントは無料で利用できますし、弱点を補ってくれるので強い味方になってくれます。複数の転職エージェントに登録することでより効果的になります。

最低でも2〜3個は登録して万全の体勢で求職活動を行いましょう。30代後半での転職は気軽にできる物ではありませんが、転職方法を間違わなければ不可能ではありません。

ご自身の転職の弱点は転職エージェントの担当のキャリアアドバイザーがプロの目からアドバイスをしてくれます。何社か落ちたとしても諦めず、希望を捨てずにやっていきましょう。

あなたが希望の転職先に採用されることを願っています。