ネットワークエンジニアの転職はこれを読め!転職事情からおすすめエージェントまで

未経験なのですが、ネットワークエンジニアに転職したいです。そんなことはできるのでしょうか?
この記事でまとめていることを参考にすれば、可能ですよ。ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

『未経験だけどネットワークエンジニアになりたい』『ネットワークエンジニアとして働いているけど、転職でもっとキャリアアップしたい』そう考えている人はいるでしょうか。

ネットワークエンジニアは仕事の範囲が広く、また専門知識などの難しい知識が必要なイメージがあり、ジョブチェンジにしてもキャリアアップにしてもいまいち踏み出しにくいですよね。

そんな人たちの後押しに役立つように、ネットワークエンジニアでの転職に必要な情報を一通りまとめておきました。経験者から未経験者まで、転職を視野に入れている人はぜひ頭に入れておいてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

ネットワークエンジニアの転職市場

ネットワークエンジニアでのジョブチェンジを考えるのであれば、まずは転職市場について知っておく必要があります。以下にネットワークエンジニアの転職事情について、いくつか重要なポイントを紹介していきます。

ネットワークエンジニアの転職年齢

巷では『エンジニア35歳限界説』という、ネットワークエンジニアは35歳を過ぎると経験・未経験問わずジョブチェンジできなくなるという話が存在します。はたしてこれは本当なのでしょうか。

大手転職サイトの『リクナビ』によれば、エンジニアが35歳で限界と言われたのは昔の話であり、少なくとも年齢は関係ないとして、いくつかの企業を取り上げていました。

また同サイトでは大切なのは『今すぐ始めるスピード感』や、業務への知識や理解であるとも述べており、年齢はあくまでのひとつの指標でしかないという意見も見られました。

確かに若いほど知識や経験は身に付きやすいかもしれませんが、少なくとも年齢にふさわしいだけの知識や経験・能力を持っていれば、35歳を超えても転職に支障はないと考える企業も多いようです。

未経験での転職には要注意

35歳を過ぎてもそれなりの知識や経験があれば、ネットワークエンジニアとしてのジョブチェンジは可能であると考えられます。しかし未経験の場合はどうでしょうか。

ネットワークエンジニアは未経験でもなりやすい職種ですが、例えば大手転職サイトの『マイナビ』を例にとると、ネットワークエンジニアを未経験で応募している企業で『35歳以下』を条件としている企業は多く存在しました。

もちろん全ての企業がそうという訳ではないでしょうが、ネットワークエンジニアに限らず多くの職種は若いほうが未経験でジョブチェンジしやすいのは確かなことです。

またネットワークエンジニアの多くは40代になるとシステムエンジニアや、上級職であるITコンサルタントなどにキャリアアップしていくパターンが多く、40代になってもネットワークエンジニアをしている人は少なくなっていきます。

未経験でネットワークエンジニアへの転職を考えているのであれば、なるべく早く行動したほうが良いでしょう。

外資系企業への転職

ネットワークエンジニアの中には外資系企業へジョブチェンジする人も存在します。しかし多くの場合、こういった外資系へのジョブチェンジを叶えられるの、はいわゆる『出世街道』にのった人であることが多いようです。

例えば有名な転職サイトである『en転職』にも、ネットワークエンジニアの外資系企業への転職求人も存在しますが、いずれも『ミドル向け』のハイクラス求人であることから、それなりの経験や実績は求められるでしょう。

また同様に有名な転職サイトの『type』では、『1000万円プレイヤー』として外資系へジョブチェンジを果たしたネットワークエンジニアを紹介していました。

ネットワークエンジニアで外資系へのジョブチェンジは、前例があることから決して不可能ではありません。しかし外資系へのジョブチェンジを成功させるのは、決して楽なことではないと考えられます。

ネットワークエンジニアの資格

ネットワークエンジニアになるために、とくに資格などは必要ありません。しかし自らの実績や能力を客観的に評価する目的で、資格を取る人も多く存在します。

例えば有名どころでは『シスコ技術者認定』『ネットワークスペシャリスト検定』『Linux技術者認定試験』などが存在します。特にシスコ技術者認定には難易度別に下から以下の種類が存在します。

  • CCENT
  • CCNA
  • CCNP
  • CCIE

特に最後のCCIEは、シスコ技術者認定の中では最上位の資格であり、海外でも通用する資格です。これを持っていれば、例え海外でも一流のネットワークエンジニアとして評価されるほどです。

またシスコ技術者認定の資格は、年収にも関わってくる資格であるため、年収アップを狙うネットワークエンジニアは持っておいて損はないでしょう。

ネットワークエンジニアの年収

年収は生活に直接かかわることだけに、気にならない人は恐らくいないでしょう。平成28年度の総務省の調査によれば、給与を理由に前職を離職した人の割合は、20~30代では全体の20%近くにも上るほどです。

ネットワークエンジニアの年収は人や企業、経験年数などによっても異なりますが、大手転職サイトのdodaによれば、ネットワークエンジニアの平均年収は464万円で、生涯賃金は1億8784万円とのことでした。

また年代・性別ごとに見てみると、

  • 20代:369万円
  • 30代:491万円
  • 40代:619万円
  • 男性全体:472万円
  • 女性全体:387万円

となっていました。これに対して、平成30年度全国年齢別の正社員平均年収は以下のようになっています。

  • 20~24歳:20万9千800円
  • 25~29歳:24万4千300円
  • 30~34歳:28万千円
  • 35~39歳:31万3千円
  • 40~44歳:34万3千100円
  • 45~49歳:37万3千700円
  • 男性全体:34万8千400円
  • 女性全体:26万3千600円

これらのデータから見るに、ネットワークエンジニアの年収は年齢・性別を通して中々に高いと考えることができます。

ネットワークエンジニアの仕事環境

平成28年度の総務省調査によると、仕事環境や待遇を理由に離職をしている人の割合は男女ともに高く、特に20~30代だと全体の15%近くにも昇り、このことからも転職には労働条件や仕事環境が大切であることが分かります。

ではネットワークエンジニアの仕事環境はどうなのか、それについて紹介していきます。

ネットワークエンジニアは辛い?

ネットワークエンジニアの仕事環境についてはよく、辛い、ストレスが多いという話を聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

よりリアルな評判を聞くために、2chやYahoo知恵袋などを参考に調べてみたところ、ネットワークエンジニアの仕事環境については『職場によって全く異なる』という意見が多く見られました。

職場環境のストレスは、属している職場によって異なるのはどの職種にも共通することですが、ネットワークエンジニアは中でも特にその傾向が強く、本当にピンからキリまであると言う声が多かったです。

上中にはネットワークエンジニアほど『黒か白か一概に言えない』職種はないのではないかと言う声も存在していました。

ネットワークエンジニアはブラックな職種なのか

上記から考えるに、ネットワークエンジニアが特別辛いという訳ではなく、環境によるところが大きいと考えられます。ではどうしてネットワークエンジニアがストレスが多いと言われやすいのでしょうか。

2chやYahoo知恵袋の人たちの話では、IT業界そのものがストレスや離職率が高い業界だからではないか、という意見が存在しました。

確かにIT業界はブラックな企業が多い、という話はよく聞く話です。しかし平成27年の厚生労働省調査によると、数ある業種のうち、IT業界が在籍する『情報・通信業』の離職率は10.7%と、そこまで高いわけではありませんでした。

もちろん離職率が低いからブラックではない、と考えるのは早合点かもしれません。しかし少なくとも辞める人が多くないということは、人の入れ替えが激しいわけではないでしょう。

やはりネットワークエンジニアは、職種そのものというよりも、勤める職場や任される業務によってブラックかそうでないかが決まってくると考えられます。

ネットワークエンジニアのキャリアビジョン

上で少し触れましたが、ネットワークエンジニアはある程度の年齢になるとキャリアチェンジをすることが多く、また転職などによってキャリアアップすることもあるため、ある程度のキャリアビジョンを持つ必要があります。

ではネットワークエンジニアには、どのようなキャリアビジョンがあるのでしょうか。以下で説明していきます。

ネットワークエンジニアには2つのキャリアプランがある

大手転職サイトのマイナビによれば、ネットワークエンジニアのキャリアプランには『ゼネラリスト方面』と『スペシャリスト方面』の2種類に大きく分けられるといいます。

ゼネラリスト方面

ネットワークエンジニアの仕事には、大きく提案・設計・構築・保守・監視・運用の6種類があり、ゼネラリスト方面とはこれらの仕事のスキルを広範囲にわたり取得し、プロダクトマネージャーや管理職を目指すキャリアプランを指します。

またゼネラリスト方面を目指すのであれば、コミュニケーション能力やマネジメントスキルといった『集団』を率いる能力も必要となってきます。

スペシャリスト方面

それに対してスペシャリスト方面は、特定の分野において特出した知識や経験・技術をもち活躍するキャリアプランを指します。

ゼネラリスト方面に比べると狭く深い専門特化型となるため、企業によって活躍できる場合とできない場合の差が非常に大きくなるのが特徴です。

そのためスペシャリスト方面を目指す場合は、自分が活躍できる分野に特化した会社に転職するなどの行動が必要となり、場合によっては独立してフリーランスや起業する人も存在します。

上手なキャリアプランの立て方

キャリアプランやビジョンといっても、自分がどんな道に進むべきなのか分からない人もいると思います。キャリアプランは自分の将来がかかっているため、出来ればちゃんとした知識や見解のある人に相談しておきたいところですよね。

そんなときに便利なのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーを利用する方法です。キャリアアドバイザーは何人もの転職を通してキャリアアップを支援してきたプロなので、様々な意見やアドバイスが期待できます。

とくに最近ではITに特化した転職エージェントや特定の職種のプロが所属するエージェントも多くなってきています。こういったところのアドバイザーであれば、専門の知識も豊富なので、相談相手として申し分ないでしょう。

ネットワークエンジニアにおすすめの転職エージェント

以下に、ネットワークエンジニアの転職やキャリアプランの相談にピッタリな、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT業界、WEB業界に特化した転職エージェントなので、専任となるエージェントもIT業界やWEB業界に詳しく、この業界ならではの専門用語や最新技術に関する知識も会得しているため、安心して相談できる環境が整っています。

公開・非公開求人は4,000件以上と多く、求人先の社風やWEB開発に関する社内の方針という内部事情的なものも熟知しているため、双方のミスマッチを防ぐことができるので、転職後の離職率も少なく安心して働くことのできる環境への転職ができると人気です。

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェント × IT

WEB系の仕事をしている20代が転職したいという場合に、絶対利用しておきたい転職エージェントです。

転職エージェントとしては最大手のマイナビが運営するWEB系に特化した転職エージェントとして人気があります。非公開求人は求人全体の80%と多く、優良求人を多く保有しています。

スマホゲームやIT関連などのシステム開発を中心にした求人が多いという特徴もあります。

レバテックエキスパート

レバテックエキスパートは、30代以上のハイキャリア向き転職におすすめの転職サイトです。

年収800万円以上のエンジニア・クリエイターに特化した求人情報と、10年以上の支援実績があるのが特徴です。

ある程度キャリアを積んだエンジニアや、年収アップのために転職したいIT業界の人におすすめの転職サイトです。

またIT業界の中でもクリエイターとして活躍したい人にも向いています。

登録する(無料)

ネットワークエンジニアでの転職には、エージェントを活用しよう!

ネットワークエンジニアは未経験者でも参入しやすく、またキャリアチェンジなどの機会も多い職種です。そのため転職のチャンスも多いですが、反面しっかりとしたプランを立ててキャリアを形成していく必要があります。

上でも紹介しましたが、転職エージェントは転職やキャリアサポートのプロです。これからネットワークエンジニアを目指す人にも、キャリアアップのために転職を考えている人にも有効なサポートが期待できます。

より多くの転職エージェントを利用することで、より多くの有益なアドバイスや情報を集めることが可能となります。それらの情報は、たとえその転職エージェントで良い求人が見つからなかったとしてもきっと役に立つでしょう。

転職エージェントを賢く活用することが、あなたがネットワークエンジニアとしてのキャリアと成功をつかみ取る地下水戸と言えます。