転職がうまくいかない人へ。成功に導く4つの鉄則をプロが解説

転職活動がうまくいきません…。何が原因なんでしょうか?
原因となる理由はいくつかありますが、分からないことが多いですよね。

キャリアコンサルタント

そうなんですよ…。
この記事では、転職活動がうまくいかないときの原因や成功させる方法について解説しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職活動は孤独な戦いです。1人で応募して1人で面接に立ち向かわなければいけません。

また根本的に、現在の仕事と転職活動を両立することは非常に難しいです。どれだけがんばっていても、不採用が続くと誰でも気持ちが落ち込んでしまいますよね。

しかし、「転職がうまくいかない理由を理解する」ことができれば、案外簡単に転職できることもあります。この記事では、「うまくいかない転職活動」を「うまくいく転職活動」に変える具体的な方法をご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職活動がうまくいかないことは珍しいことではない

まず必要なことは、転職活動がうまくいかないことは決しておかしなことではないと知ることです。転職サイトのインタビュー記事や口コミを読んでいると、みんな簡単に転職を決めているように感じるかもしれません。

ですが、よほど運がいい人や伝手がある人以外は、必ず転職活動がうまくいかない時期を経験しているものです。以下に転職活動を行なっている時期に、囚われてしまいがちな不安感についてまとめてみました。

  • 面接まではこぎつけるのに内定が出ない
  • 不採用が続いて必要とされていないと感じる
  • 転職活動を始めてから数ヶ月経っているのに成果が出ない

これらの不安を感じている間は本当に辛く、精神的に追い詰められてしまうことと思います。でも安心してください。

これらの不安は転職活動を行なっている人全員が感じていることです。

転職活動を成功に導く4つの鉄則

「みんなが感じていることだとしても辛いものは辛い」そう思う人は多いと思います。「うまくいかないままでは気持ちの落ち込みが止まらない」という人もおられるでしょう。

しかし、これから紹介する「転職活動を成功に導く4つの鉄則」を実践すれば、これまで立ちはだかってきた様々な問題のほとんどを解決できます。その鉄則は以下の通りです。

  • 転職したい理由を企業側の意向にマッチングするよう練り直す
  • 実績とスキルの棚卸をやり直す
  • キャリアプランを具体的に決める
  • 応募する企業の情報を収集し直す

それぞれを詳しくご説明します。

転職したい理由を企業側の意向にマッチングするよう練り直す

当たり前の話かもしれませんが、人事担当者は「御社だからこそ働きたい」という気持ちを持った人を採用したいと考えています。転職を成功させるために、「御社で〇〇をしたい」「〇〇を目指しているから御社で働きたい」といった具体的な動機は非常に重要です。

そしてここでキーになるのは、自分が転職したい理由と人材を求めている企業の目論見がWin-Winである方が良いという点です。転職活動の成否は、応募者側と企業側の意向をどれだけマッチングさせられるかにかかっています。

実績とスキルの棚卸をやり直す

次に必要なことは、「自分に何をできるのか」を客観的に把握することです。自分の社会人経験を振り返り、実績とスキルの棚卸をしましょう。

とは言っても、「そんな当たり前のことはもうやっている」と思われるかもしれませんね。しかしもう一度、あらためて自分の経歴を振り返ってみることをおすすめします。

まずは自分の手元にある職務経歴書を確認し直しましょう。ここで重要なことは、自分の職務経歴書ではなく、他人の職務経歴書を読むつもりで確認することです。

もし自分が人事担当者なら、この職務経歴書を読んでどう思うのかという視点を持ってみてください。どこかに必ず、直しておいたほうがいいと思う点があるはずです。

キャリアプランを具体的に決める

キャリアプランを決定することは、社会人として働いていく上で非常に重要です。5年後、10年後に、自分はどんなことを実現したいのかを具体的に決めましょう。

キャリアプランが決まってさえいれば、どんな業界のどんな職種を目指すべきかが見えてきます。またそのために必要な経験やスキルも洗い出されるので、今の自分に足りないものも把握できるという寸法です。

またキャリアプランをしっかりと決めることで、面接時に自分が話す内容に個性を出すことができるというメリットもあります。全く同じことを話しても、目的意識がしっかりしている人の言葉の方がより深く伝わるのです。

応募する企業の情報を収集し直す

応募する企業の情報を洗い直すことも非常に重要です。「自分にはやる気がある」と言葉でアピールしても、人事担当者が熱意を感じてくれるかどうかはわかりません。

応募書類の作成や面接での受け答えは当然重要です。しかし小手先だけのテクニックや、教則本や指南本に書かれているような内容をそのまま実行しても、企業研究が伴っていなければ何の意味もありません。

しかし、ただ漫然とインターネットで検索しているだけでは、人担当者に刺さるレベルの情報を入手することは難しいでしょう。そこで必要になるのは、実際に応募する企業に勤めている従業員が発信している生の情報に触れることです。

普通なら実際に働いている従業員から情報を手に入れることはできません。しかし最近は、従業員の口コミ情報が数多く登録されているキャリコネのような口コミサイトがあります。

このサイトには現職の従業員やOBたちが、実際に勤務していた時に感じていたことや社風、社内で重視されているポイントなど、様々な情報が掲載されています。これらの口コミ情報は非常に貴重なものです。

中には面接の際に人事担当者から聞かれたことや、評価されたことなども投稿されており、面接対策としても役立ちます。またこれらの情報を熟読すれば、応募しようとしている企業がブラック企業かどうかも判別可能です。

登録・利用は完全無料ですので、必ず登録しておくことをおすすめします。

それでも転職活動がうまくいかない場合の対処法

「転職活動を成功に導く鉄則」を読んだ方の中には、「そんなことは当たり前のようにやっているのに結果が出ない」という方もおられると思います。正直なところ、転職活動は水物な部分がありますので、しっかりとした自己分析の元、入念な準備を行なっていても中々結果が出ないこともあるのです。

そうした苦境に陥った場合、自分1人の力で状況を好転させることは非常に困難と言わざるを得ないでしょう。ですが、あまり悲観する必要はありません。

1人の力で転職できない問題も、転職のプロである転職エージェントに助けてもらえば良いのです。転職エージェントを利用するメリットは以下の通りです。

  • 転職のプロが実績とスキルを棚卸してくれる
  • 転職市場における自分の市場価値を教えてもらえる
  • 求人情報には掲載されていない人事担当者の本音を教えてもらえる
  • 自分の価値に転職エージェントへの信頼感をプラスできる

それぞれを詳しくご説明します。

転職のプロが実績とスキルを棚卸してくれる

実際にやってみるとわかるのですが、実績とスキルの棚卸は意外と難しい作業です。自分ではしっかりと網羅したつもりでも、想像している以上に抜けが発生しています。

しかし転職エージェントのコンサルタントが行うキャリアカウンセリングを受ければ、あなたの経験を漏れなくリストアップしてくれるのです。また自分では気づけなかったアピールポイントを発掘してもらえることもあります。

転職市場における自分の市場価値を教えてもらえる

転職活動を行う際、自分の市場価値を正確に把握しておくことは非常に重要です。しかし個人で調査できる範囲は非常に狭いので、自分の市場価値を推し量ることは非常に難しいと言えます。

そこで役に立つのが、転職のプロである転職エージェントの目利きです。彼らは毎日、大量の求人案件に目を通し、たくさんの転職希望者のキャリアカウンセリングを行なっています。

つまり転職エージェントのコンサルタントたちは、転職希望者の現在の収入や経歴、保有スキルを確認するだけで、その人材の市場価値を即座に判断できるということです。常日頃から市場内を注視しているコンサルタントならではの肌感覚と言えるでしょう。

求人情報には掲載されていない人事担当者の本音を教えてもらえる

求人情報の募集要項には、企業が必要としている詳細な要望が書かれているように見えます。しかし本当に重要なことは書かれていないことが非常に多いです。

例えば、経験豊富なエンジニアを求めているものの、あまりハードルを高くしすぎると応募者が減りそうなので、条件を多少緩くしているといったものもあります。

また本当は女性を雇用したいと考えているものの、性別を指定してしまうと男女雇用機会均等法に抵触しまうので男女共に募集しているといった具合です。求めている条件にピッタリ合う応募者がいなければ、掲載されている条件通りの採用基準で選考を行われます。

しかし求めている通りの人材から応募があった場合は、当然その人材に内定を出しますので、それ以外の応募者には内定が出る可能性はありません。応募者としては出すだけ無駄な求人案件だったと言えます。

しかし転職エージェントを利用していれば、コンサルタントがクライアントから直接本音を聞き出していますので、出すだけ無駄な求人案件を事前に見分けることができるのです。

自分の価値に転職エージェントへの信頼感をプラスできる

自分1人だけで転職活動をする場合、書類選考と面接で自分をアピールする必要があります。しかし採用する企業側としては、アピールされた内容が100%本当のことなのかを確認する方法はありません。

しかし転職エージェントを利用して応募すれば、「付き合いのある転職エージェントがお墨付きを与えている人材だ」というポジティブな印象を持ってもらえます。なぜなら、転職エージェントは人材を紹介することで成功報酬を得ているからです。

個人で応募してくる人より、転職エージェントがスキルや実績を保証してくれる人材を採用したがるのは当たり前のことと言えるでしょう。

信頼できる転職エージェント3選

転職エージェントの利用には得しかないことがご理解いただけたと思います。以下は信頼の置ける転職エージェントです。

  • サポート体制が手厚いパソナキャリア
  • 様々な転職者におすすめのリクルートエージェント
  • ハイクラスな求人を扱っているランスタッド

それぞれの特徴を詳しくご説明します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

転職活動は非常に難しいものです。一筋縄ではいかないことの方が多いと思います。

面接にすら呼ばれなかったり、中々内定が出ない間は、今まで積み上げてきた経歴への自信を失ってしまうこともあるでしょう。しかし転職はその後の人生を左右する、大きなターニングポイントです。

いざとなれば、転職エージェントという強い味方からもサポートを受けられます。多少時間がかかっても、焦らず腐らず、満足できる結果を追い求めてください。