転職にかかる期間をケース別に解説。期間短縮のためにしておくべきことは?

転職を考えているのですが、どのくらいの期間がかかるのか分からないので、本格的に活動できません・・・。
転職活動は個人差がもちろんありますが、基本的には「1ヶ月程度」かかります。

キャリアコンサルタント

1ヶ月ですか・・・。確実に転職を成功させるポイントはありますか?
初めて転職をする方は「転職エージェント」を利用しましょう。この記事で詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

「転職をしよう」と思った時、活動期間の目安が分からない人も多いでしょう。もちろん、新たな環境が決まるスピードは人によって異なります。すぐに決まる人もいれば、何か月、何年とかかる人もいるでしょう。

新たな職場を少しでも早く見つけるためには、まずは活動のスケジュールを立て、期間を決めることが大切。期間を決めておくことで、「今、どんな行動が必要なのか」「何をすれば良いのか」、期間を決めていればすぐに判断することができるでしょう。そして、スムーズな転職が叶えられるはず。

では、転職活動の期間についてご紹介します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

2つのケース別・転職活動にかかる期間の目安

転職活動をするには、どのように活動を進めるか、期間を決める必要があります。当然、活動中も生活はしなくてはいけませんから、その生活を維持するために現職を続けながら活動せざる得ない人もいれば、ある程度の貯蓄があるため、現職を辞めて活動に集中したいという人もいるでしょう。

そのため、どのように活動を進めるかによっても、期間が変わってきます。

仕事を続けながら転職先を探す

現職を続けながら、活動をしようと考えている人は、「いつ、転職先が決まるか分からないから不安」「経済的理由から、辞めるわけにはいかない」という人が多いのではないでしょうか。確かに、現職を続けていれば、収入が滞る心配がありませんから、安心して活動を進められるでしょう。

しかし、収入があること、仕事があることに安心してしまうと、活動をダラダラと続けてしまう可能性があります。そのため、現職を続けながら活動をする場合でも、ある程度目標をたて期間を決め、進めることが必要です。

仕事を続けながらの活動であれば、3ヵ月から半年の期間を目安にすると良いでしょう。仕事をしながらとなれば、なかなか自由に活動することができませんから、どうしても活動時間が限られてしまいます。仕事と転職活動を両立させるためには、ある程度「時間がかかる」と覚悟しておいた方が良いでしょう。

現職を辞めて転職先を探す

貯蓄などがあり、経済的余裕がある人は仕事を辞めて活動に専念しようと考えているでしょう。活動に集中することができれば、いつでも面接に応じることができますから、スムーズに新たな環境を決められる可能性が高いです。

しかし、必ずしもすぐに新たな職場が決まるとは限りません。活動に集中していても、新しい職場が決まるまで数カ月かかってしまうこともあります。そのため、気持ちに余裕を持って行動できるくらいの蓄えがあった方が安心です。思ったように結果が出ず、生活が苦しくなってしまえば、焦り、理想通りの職場を見つけられなくなってしまう可能性があります。妥協して職場を決め、「前の職場の方が良かった」と後悔する可能性もあるため、注意が必要です。

現職を辞めて活動する場合には、3ヵ月の期間を目安にスケジュールを立て、スピーディーな転職を目指しましょう。

転職活動のスケジュールは?期間を短縮して短期決戦に導くコツ

転職を決めたら、すぐに仕事を辞めたり、履歴書を作成するのではなく、スケジュールを立て、期間を決めることが大切です。「良い求人が見つかったら、応募すれば良い」「流れに任せれば、そのうち決まるだろう」と悠長に構えていると、何か月も何年も新たな職場が決まらない可能性があります。

活動のスケジュールを立てるためには、まずはどんな職場を希望しているのか、どんな待遇を希望しているのなど、逆算して考えていくことがおすすめ。逆算することで、「この希望を叶えるためには、この資格を取得しておいた方が良いだろう」といったように、今必要なこと、どのくらい時間がかかるのかが客観的に見えてきます。

また、現職の後任者への引き継ぎや退職までの期間なども確認することで、どのくらいの時間が必要となるのかが分かり、より具体的なスケジュールが組めるようになるでしょう。

転職期間の目安とは?

はじめて転職をする人にとっては、「どのくらいの期間がかかるものなのだろう?」と疑問を抱いている人も多いはず。期間は人によって変わってきますが、3ヵ月から6ヵ月を目安とすると良いでしょう。どんなにすぐに新たな環境を見つけられても、現職の退職手続きなども考えれば、最低1ヵ月以上は必要となります。

後任者への引き継ぎなどもありますから、これらも考えた上であなたにとって理想的な期間が見えてくるはずです。

どんなに同じ業界、業種で働いていた仲間でも、それぞれ持ち合わせたスキルも変わってきますから、周りの人の期間はあくまでも目安。「同僚がすぐに転職できたから、自分も大丈夫だろう」と楽観的に捉えていると、後々後悔する可能性があるため注意が必要です。

準備ができていれば、転職活動期間は短くなる

転職活動というと、「求人をチックする」「履歴書を送る」からはじめると思っている人も多いはず。確かに、これは活動の第一歩と言えます。

しかし、よりスムーズに活動を進めるためには、事前の準備が欠かせません。「活動の準備ってなに?」と思われる人もいると思いますが、転職はすぐに応募したからといって理想通りの環境へ移れるわけではありません。

例えば、現職の退職手続きに関しては、職場で定められた退職連絡の期間を確認しておく必要がありますし、引き継ぎ期間なども考える必要があります。新たな人材を採用するのであれば、面接から採用にかかる時間も計算しなければいけないでしょう。

新たな環境では、「こんな仕事をしたい」「収入をこれくらい上げたい」といった希望があると思いますが、それを叶えるためには「今の自分のスキルで足りているのか」「補う必要なものはなにか」を見直し、準備する必要があります。

これらがすべて整った上で、活動をはじめることで、よりスムーズに活動を進められるでしょう。

転職活動をスムーズに進めるには?

活動をはじめると誰だって「すぐにでも、次の職場を決めたい」と思うでしょう。しかし、これを叶えるためにコツがあります。

まず、スムーズに退職手続きを終えるためには、退職の旨を連絡する前から引き継ぎの準備をしておくこと。引き継ぎのためのマニュアルなどは、事前に準備しておけば、職場が決まってから焦って作る必要がありません。

また、応募する際には1社に絞って進めるのではなく、同時に数社応募することが大切。「複数応募してしまうと、絞りきれなくなるのでは?」と心配になる人もいますが、その時は面接の印象などでどこに行きたいのか判断すれば良いだけ。1社ずつ進めていると、活動は長丁場となってしまいますから、要領よく進めていくことが大切です。

転職先がなかなか見つからない人の傾向

活動をはじめた人の中には、すぐに新たな職場が決まる人もいれば、何か月経っても決まらない人もいます。1社目で採用を勝ち取る人もいれば、数十社受けても採用を勝ち取ることができない人もいます。こうなると、「この差ってなんだろう?」と思うでしょう。

採用をなかなか掴めない人は、自分の経験やスキルを過剰判断している傾向にあります。そのため、スキルに見合わない職種や待遇を希望しているため、採用を勝ち取ることができません。能力に見合わない仕事はできませんし、収入は得られないということ。

また、無計画で活動している人も、長引く傾向にあります。何も決めず、行き当たりばったりで行動をしていると、その計画性のなさが判断ミスを生んでしまうこともあります。特に、仕事を辞め活動に集中しようとしている人は、なかなか採用が掴めないことで経済的負担が大きくなり、活動に焦りを感じます。その結果、「どこでも良い」「もう贅沢な希望は言わない」と動いてしまい、満足のいかない職場に入らざる得ない状況になってしまうでしょう。

そうなれば、「前の職場の方がマシだった」「転職なんてするんじゃなかった」と後悔してしまうことになります。こうならないためには、自分の経験やスキルを客観的に見直すこと、活動のスケジュールをしっかりと組むことが必要不可欠です。

転職期間中の活動をスムーズに進めるには、転職エージェント利用もおすすめ!

活動スケジュールをたてようと思っても、「どんなふうに進めたら良いか分からない」「自分のスキルが、客観的に判断できない」と言う人もいるでしょう。そんな人は、一人で活動を進めるよりも、プロの手を借りることがおすすめ。

エージェントを利用すれば、あなたのスキルや経験を知るだけでなく、何が足りないのか、どう進めたら良いのかなど、具体的にアドバイスし、サポートしてくれます。希望に応じた求人も紹介してくれ、面接日時などもエージェントが代わって企業と打ち合わせしてくれますから、仕事をしながらの活動も無理なくできるでしょう。

何よりもプロがサポートしてくれるというのは、大きな強みとなるはずです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

事前準備次第で転職活動期間は短縮できる!

転職活動は、時間との勝負。長く続ければ良いという訳ではありません。

長い期間をかけた方が、より多くの求人をチェックできますし、より多くの面接を受けることができますが、その分モチベーションも維持することができませんし、何を重視して活動すれば良いのか見失ってしまいます。

本来の希望を忘れ、「採用になれば良い」と活動に焦ってしまう可能性もあるでしょう。

計画にダラダラと続ける活動は、良い結果に導いてはくれないということ。

そうならないためには、どれだけ事前準備ができるかが重要です。

しっかりと準備ができていれば、いざ活動をはじめようと思った時、「今何をすれば良いのか?」「何が必要なのか?」すぐに判断することができます。

その結果、理想通りの環境を早い段階で見つけることができるでしょう。

準備をしていれば、活動をはじめてから早い段階で理想通りの環境が見つかりやすいということです。

「新たな環境にチャレンジしたい」と思った時には、まずは今の職場のこと、新たな環境では何を求めているのか、自分にはどのくらいの経験やスキルが身についているのか、客観的に見直してみましょう。

この準備ができれば、今が的確なタイミングなのかどうかも冷静に判断できるはず。

そして、活動をはじめた時には後悔のない結果が掴めるはずです。