転職前にやるべき準備がすべてわかる!プロセス別に準備項目を解説

転職を考えているのですが、どんなことを準備すれば良いのか分からず、困っています…。何を準備すれば良いですか?
初めて転職を行う方は、何を準備すれば良いのか分からないですよね。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな転職前にやっておくべき準備についてご紹介しています。

キャリアコンサルタント

転職に関わるすべての準備についてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

同じ職場で経験を積んでいくと「もっと新しい分野にチャレンジしてみたい」「違う環境でスキルアップしたい」と思うことがあるでしょう。今の職場環境に不満があることから、「違う職場で仕事をしたい」「もっと待遇の良いところで働きたいと思うこともあります。

そんな時、転職を考えるのではないでしょうか。しかし、転職といってもそう簡単に希望通りの環境が見つかるとは限りません。勢いで今の職場を辞めてしまい、後々後悔してしまう人もいます。中には、辞めてから「恵まれた職場だったんだな」と気づく人もいます。

転職活動に後悔しないためには、何よりも事前の準備が必要です。勢いだけで行動してしまうと、取り返しのつかないことになってしまいますから、自分の生活維持も考えた上で準備をすることが欠かせません。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職準備① 転職活動を始める前にやるべきこと

勢いで転職をしてしまうと、失敗してしまう可能性があります。「転職をして良かった」と思える転職を叶えるためには、何よりも事前の準備が必要です。思い切って転職活動をしたにも関わらず、後悔してしまうようなことは誰だって避けたいはず。

では、転職を成功させるための様々な準備についてご紹介します。

転職準備のチェックリスト「転職活動を始める前」編

  • 最適な転職タイミングについて調査する
  • 自分のスキルの棚卸をする
  • 転職活動の進め方を計画する(辞めてから?在職中?)
  • 損しないための手続きを確認する
  • 時間があるなら資格取得を

これらのリストについて、詳しく説明していきます。

1. 最適な転職タイミングについて調査する

転職で後悔しないためには、「なぜ自分は転職を考えているのか」を、改めて見つめ直すことも必要です。「スキルアップをするため」「待遇面をアップさせるため」といったプラスの理由であっても、スキルに合わない希望を抱えていては失敗してしまいます。

今よりも良い環境をと望むことは決して悪いことではありませんが、それがスキルに合わなければどんなに頑張っても新たな職場を見つけることはできません。「高望みしているかも」と思うのであれば、もう少し今の職場で経験、スキルを積み準備をした方が良いでしょう。スキルアップのために、資格取得などにチャレンジするのもおすすめです。

「人間関係が悪い」「収入が低い」といったマイナスの理由の場合には、勢いで転職してしまう人も少なくありません。もちろん、体調を崩してしまうような状態であれば、無理をする必要はありませんが、必ずしもあなたが希望する転職先がすぐに見つかるとは限らないことを頭に入れておく必要があります。

どんな職場であっても、一つや二つは不満が出てくるもの。今、職場を辞めて、転職をして本当に後悔しないか、5年後、10年後のことも見据えて考えてみましょう。

2. 自分のスキルの棚卸をする

書類選考や面接で採用を掴むためには、それなりのスキルや経験が必要です。「待遇面が良いから、この企業で働きたい」と思っても、企業側から「即戦力にはならない」と判断されれば採用されることはありません。

希望通りの転職先で採用されるためには、それなりのスキルや経験が求められるということ。そのため、改めて自分のスキルを見直してみましょう。希望する企業がある人は、その企業が求めている人材を把握し、自分にそのスキルがあるのか見直し、準備することが必要です。

チェックリストを作り、今の自分のスキルを理解することで、足りないスキルに気づくことができ、いまやるべきことも見えてくるはず。

こうして客観的に自分自身のスキルや経験を見直すことで、自分の強みを知ることもできれば、足りないスキルに気づくことができます。強みに気づくことができれば、面接も自信を持って挑めるはずです。

3. 損しないための手続きを確認する

転職を決めた時、活動方法は二つあります。それは、今の職場をすぐに辞め、新たな環境探しに集中する環境を作るか、とりあえず今の仕事を続けながら転職活動をするか。どちらにもメリット、デメリットがあるため、これらを理解した上で決めることが大切です。

仕事を辞めて活動に集中する場合には、面接日なども企業の希望日に対応することができ、効率的に行動することができるでしょう。足りないスキルがあると気づいた場合には、活動しながらスキルアップの勉強をする時間を作ることもできます。

しかし、辞めるということは収入がなくなるということ。次の仕事がいつ決まるのかも分かりませんから、生活に不安を感じてしまう人もいるでしょう。なかなか採用されないことから、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。

仕事を辞めて転職活動をするためには、お金のことも考えておく必要があります。万が一、予想以上に次の仕事が決まらなければ、生活するお金がなくなってしまうことになります。

そうならないためには、「お金はどうするのか?」「今の貯蓄で大丈夫なのか?」慎重に考えてみましょう。

仕事を続けながら転職活動をする場合には、収入がなくなることもないため、生活への不安がありません。正社員であれば、税金や保険、年金などの心配もありませんから、心に余裕を持った状態で活動を進めることができるでしょう。

しかし、仕事をしているとなかなか転職活動時間が取れないというデメリットがあります。企業側から希望される面接日時に対応できないこともあるでしょう。早期入社を望んでいる企業であれば、その時点で書類選考で落とされてしまう可能性もあります。

このように、仕事を辞めて転職活動するか、仕事を続けながら転職活動するか、どちらにもメリットとデメリットがあります。それぞれの経済状況や考え方によって、行動しやすい環境を選びましょう。

4. 転職時に必要な手続きを知っておこう

正社員などで働いている人は、会社で年金や健康保険を負担してもらっているはず。当然ですが、仕事を辞めて活動をしようと思っている人は、これら全て自己負担が必要となります。

転職先が決まっていれば、新たな職場に書類を提出すればOKですが、これから新たな環境を探す場合には、国民年金、健康保険の加入の手続きが必要。当然、保険料などは全て自己負担となります。雇用保険に加入していれば、失業手当などを受けることができますが、退職理由が自己都合であれば数か月支給されません。

こういった手続きを理解していれば、退職して転職活動するか、仕事をしながら活動するかの判断もしやすくなるのではないでしょう。チェックリストを作っておくと、退職後にどんなお金が必要になるのかも見えてくるはずです。

退職時の手続きについては、元キャリアコンサルタントがまとめた記事を読めば、損する心配はないでしょう。

5. 時間があるなら資格取得を

新たな人材を求める企業では、募集をかけ、書類選考をするところがほとんど。そのため、書類でいかにアピールできるかが鍵となります。同じような経歴、経験、スキルであれば、ライバルに差を付ける必要があるでしょう。

ライバルに差を付けるためには、仕事でも生かせる資格を取得すること。例えば、履歴書上で同じような年齢、経験数、スキルであれば、資格取得をしている人材が選ばれるでしょう。資格を取得しているということは、資格を持っているというだけではなく、向上心があるという印象も与えることができます。

特に、専門職であればあるほど、資格の有無は大きく採用を左右するはずですから、スキルアップの準備も欠かせません。

転職準備② 企業に応募する際にやるべきこと

気になる求人を見つけたら、まずは応募することが必要です。「どうせ採用されないだろう」と最初から諦め、応募しなければ、いつまで経っても希望通りの職場を見つけることはできません。

では、応募時にはどんな準備が必要となるのか、ご紹介しましょう。

転職準備のチェックリスト「企業へ応募するとき」編

  • 企業へ問い合わせる内容を整理する
  • 履歴書や職務経歴書の準備をする
  • 応募した企業のステイタスを整理する

これらのリストについて、詳しく説明していきます。

1. 企業へ問い合わせる内容を整理する

気になる求人を見つけた時、まずは書類を送るという企業が多いですが、中には電話やメールから応募するというところもあります。実は、こういった企業ではこの問い合わせが第一次選考と考えているところもあります。

電話やメールでの応募となると、「まずは問い合わせだから」と軽く考えている人も多いですが、マナーのない対応、傲慢な態度を取ってしまうと、この段階で落とされてしまう可能性があるため、注意が必要です。

電話で応募、問い合わせをする際には、電波が良い場所から連絡をすること。連絡時間帯は、企業の繁忙時間を確認し、比較的手が空く時間帯に連絡をすることがポイントです。電話をする際には、メモとペンを用意した上で、丁寧な言葉遣いを意識しましょう。

メールの場合にも、マナーある内容でなければここで落とされてしまいます。必ず、「貴社求人への応募」といったように件名をつけ、読みやすいメールを作成しましょう。自分をアピールしたい気持ちは分かりますが、長文は読みにくいため、箇所書きなどで分かりやすい内容にすることがポイントです。

2. 履歴書や職務経歴書の準備をする

今では、転職時には書類選考を行う企業がほとんど。そのため、この書類選考に通ることができなければ、面接で自分をアピールすることもできません。履歴書や職務経歴書は「形式的なもの」と思っている人が多いですが、これでは書類選考に通ることはないでしょう。

まず、履歴書作成時には企業によって、パソコン書きが良いのか、手書きが良いのか判断することが必要。企業によっては、WEB上の応募フォームでOKというところもあれば、手書きを重視しているところもありますので、企業が求める書類を作成しましょう。

手書き履歴書のポイントは、汚い字であっても、丁寧に作成することが必須。丁寧に書かれていることで、好感度を上げることができます。学歴や職歴などは、学科や配属部署などまで細かく記載することが必要。

希望条件や特技の欄では、「何を書いたら良いだろう?」と迷われる人が多いと思いますが、採用された際あなたはどんな人材として活躍できるかを想像し、熱意を伝えると良いでしょう。

職務経歴書の場合には、履歴書よりも詳しい経歴を記載することがポイント。単的にまとめ、読みやすい内容にすることが大切です。プロジェクトなどに参加経験がある人は、これらの内容もしっかりと記載し、あなたの経験をアピールしましょう。

履歴書・職務経歴書には守るべき大切なマナーがあります。間違うと一発アウト!なんてことも…そうならないために、元キャリアコンサルタントがまとめたこちらの記事も参考にしてください。

転職の成否を分ける?「履歴書・職務経歴書」のマナー総おさらい

自己PRの書き方

転職時の書類選考で勝ち抜くためには、魅力ある人材であることをアピールすることが必要です。しかし、実際に書類作成をしていると、「自己PRって、何を書いたら良いのだろう?」と思われる人が多いはず。

まず、自己PRではあなたが今までどんな仕事をしてきたのか、採用されたらどんな仕事ができるのか、どんな仕事にチャレンジしたいのかを記載することがポイント。文章で長々と書くのではなく、単的でありながら、改行を使って読みやすい内容にすることがおすすめです。

また、長所などを書く場合には、仕事と結びつくような長所を記載することが大切。同じ様に、資格や特技なども、これらにより仕事にどう生かせるかなどを書くことができれば、魅力的な人材に映るはずです。

3. 応募した企業のステイタスを整理する

転職活動をする際、1社に絞って活動する人は少ないはず。多くの人は、気になる企業数社に問い合わせをしたり、応募をすることになるでしょう。そのため、転職活動をスムーズにするためにも、応募企業に関する内容をしっかりと管理しておくことが必要。

まず、応募後に分からなくならないように、求人内容はコピー、書きだすなどしておきましょう。そして、問い合わせをした日付、応募した日付、書類を送付した日付なども記載しておくことで管理しやすくなります。

もちろん、面接などが決まった場合には、これらの情報をチェックリストに記載しておくことで、面接がバッティングしてしまうことなども防げるでしょう。面接後には、どんな面接内容だったかもメモしておくことで、後々面接を振り返ることができ、他企業との比較もしやすくなります。

転職準備③ 面接前にやるべきこと

面接が苦手と感じている人の多くは、面接時に緊張してしまうことが原因。誰だって、多くの人に様々な質問をされると緊張してしまうものです。しかし、緊張で自分が出せなくなってしまっては、ライバルに勝つことはできません。

転職活動時の面接で採用を掴むためには、何よりも事前準備が必要です。「面接のシミュレーションなんて馬鹿らしい」と思っている人が多いと思いますが、ライバルがこの準備をしていれば、あなたには勝ち目はありません。

面接前には、しっかりと準備をしていきましょう。

転職準備のチェックリスト「面接前にやること」編

  • 面接のシミュレーション
  • 身だしなみのチェック
  • 自己アピールの再確認
  • 給与交渉の作戦を立てる

これらのリストについて、詳しく説明していきます。

1. 面接のシミュレーション

面接の緊張度は人によって異なります。日頃から、人前で話すことが得意な人、自信がある人は、面接時にも緊張せずに自己アピールをすることができるでしょう。しかし、人前が苦手、自分に自信がないという人は、とても緊張するはずです。

面接時の緊張をカバーするためには、シミュレーションが欠かせません。面接の際になぜ緊張してしまうかというと、「何を質問されるのだろう」「何を答えたら良いのだろう」と不安に思ってしまうから。ということは、事前にシュミレーションをして、返答の準備をすることができれば、緊張をカバーできるということ。

入室時から退室時までの流れをシミュレーションし、練習をしておくことで大きな自信に繋がります。

面接時の質問内容は企業が変わっても、ある程度決まってきます。転職理由、志望動機、条件の確認など。例えば、転職理由を聞かれたら、「こんな風に答えよう」と事前準備ができれば、スムーズに返答することができるでしょう。

実際、自宅で入室から退室に至るまでシミュレーションを行っておくことで、本番も臆せずに挑むことができるはずです。

2. 身だしなみのチェック

転職活動をし、面接日が決まったら、まずはその日に向けて準備をすることが必要です。面接に通るためには、マナーある行動が必須。当然ですが、面接の遅刻はアウトですから、場所が分からない場合には、事前に場所を確認し、面接時間10分前には到着する様に準備しましょう。

また、面接では身だしなみもチェックされています。スーツ、靴、髪型、メイクなども見直し、企業に相応しい身だしなみを心がけましょう。男性は、しっかりとアイロンをかけたシャツ、サイズの合ったスーツが基本。ネクタイは派手すぎず、地味すぎないカラーを選ぶことで、清潔感を出すことができます。

女性は、黒、グレー、紺といったベーシックなスーツ、ナチュラルメイクを心がけましょう。香水の付け過ぎ、大ぶりのアクセサリーなどは、面接時にはマイナスとなりますから注意が必要です。

更に、面接日は面接時だけをチェックしている訳ではありません。受付から控室でのマナーもチェックされていますから、くれぐれも他面接者と話しをして騒いだり、タバコを吸うなどは避けましょう。

3. 自己アピールの再確認

面接時には、あなたをどうアピールするか、どんな印象を与えるかが重要となります。採用を掴むためには、「魅力ある人材」と思わせることが必要です。そのため、質問への返答などには注意が必要です。

質問された場合には、長々と話すのではなく、簡潔に伝えることがポイント。自己主張が強すぎると感じさせてしまえば、マイナス印象となってしまいます。自己アピールは、簡潔を心がけましょう。

また、会話の最中は話している相手としっかりと目を合わせること。この際、睨み付けるようにならない様、注意しましょう。

4. 給与交渉の作戦を立てる

面接は質問されるだけでなく、あなたの希望を伝えることができるチャンスでもあります。そのため、待遇面についてあなたの希望をどう伝えるかも重要。同じ内容でも、聞き方次第ではマイナス印象となってしまう可能性もあるため、注意が必要です。

例えば、希望給与などを聞かれた際、「答えにくい」と思う人が多いでしょう。当然ですが、先走った金額提示をしてしまうのはNG。給与交渉でマイナス印象を与えないためには、事前に企業の平均給与、業界の給与実績などを確認し、客観的なデータから算出した金額提示することが大切です。

勤務地の交渉は、「本社勤務が希望です」と伝える前に、「可能であれば、本社勤務をしたいです」「希望としては、本社勤務を希望しております」といったように前置きをすることで、相手に与える印象を変えることができるでしょう。

こういった対応をするためには、やはり情報収集と事前準備が欠かせません。

転職準備④ 転職成功率を高めるためにやるべきこと

転職活動は、一人で進めるだけではありません。一人の活動が不安だったり、心配であればエージェントの力を借りることもできます。エージェントというと、敷居が高いというイメージを持っている人もいますが、誰でも利用することができます。

転職を考えたら、エージェントの登録をすることもおすすめです。

1. 転職エージェント利用は、登録から

エージェントを利用するためには、まずは登録が必要です。今では、ほとんどのエージェントがホームページからの簡単な登録からスタートすることができます。登録をすることで、様々なサービス、サポートを受けられるようになりますから、まずは思い切って登録をしましょう。

登録は、登録フォームに入力するだけですから、難しいことはありません。その後、改めてオフィスに足を運び、あなたの希望などを伝えるカウンセリングが行われることになります。

カウンセリング時には、不安なことや疑問点など遠慮せずに確認するようにしましょう。

どこに登録するか迷っているなら、面倒見がよいと評判の

といった大手エージェントにまずは登録しておきましょう。

こちらの記事では、今挙げたエージェント以外についても検討することができます。合わせて確認してみてください。

【口コミから厳選】本当におすすめできる転職エージェントランキング

2. 転職エージェント利用すると、どんなメリットがあるのか?

転職したいと考えている人の中には、はじめての転職と言う人もいるでしょう。採用を掴みたいと思っている人の中には、「自己アピールがうまくできない」と不安を感じている人もいるはずです。

そんな人は、転職エージェントを利用することがおすすめ。転職エージェントというと、「新たな職場を紹介してくれるところ」と思っている人が多いですが、実は転職エージェントは新たな職場を紹介してくれるだけでなく、様々な面からあなたをサポートしてくれる心強い存在なのです。

登録時には、あなたの今までの経歴などを確認しながら、あなたの強みを客観的に判断してくれますし、足りないスキルも的確にアドバイスしてくれます。応募時には、書類作成もサポートしてくれ、魅力ある書類作成を目指すことができます。

面接が苦手な人は、模擬面接などを行ってくれ、あなたの弱点を見つけてくれるでしょう。自分の弱点が分かれば、どこを直せば良いのか分かり、堂々と面接に挑めるはずです。面接時に担当者が同行する場合もあり、面接を全面的にバックアップしてもらえます。

こういった存在があれば、効率的かつ不安なく活動を進めることができるはず。一人の活動に不安を感じる人は、転職エージェントを利用することで、自信を持って準備し、活動をすることができるようになるでしょう。

転職準備⑤ 採用が決まってからやるべきこと

転職活動をし、採用が決まれば誰だって嬉しいもの。しかし、ここで気を抜いてはいけません。採用が決まってから、仕事がスタートするまでにも様々な準備があります。

では、採用が決まった際の準備についてご紹介します。

転職準備のチェックリスト「採用が決まってからやること」編

  • 入社承諾の際のポイントを確認する
  • 雇用契約の内容を確認する
  • 入社手続きの際に必要な書類を準備する
  • 退職手続きのタイミングを決める
  • 同僚へ伝える

これらのリストについて、詳しく説明していきます。

1. 入社承諾の際のポイントを確認する

採用が決まったら、すぐに初出勤が待っている訳ではありません。まず、採用の連絡は企業によって電話のところもあれば、書類、メールのところもあります。そのため、事前に連絡方法を確認しておくことが必要です。

採用連絡がきたら、それに対し入社への意思表示をする必要があります。この際、入社承諾だけではなく、あなたにとって勤務地や給与面に対する最終確認のタイミングともなりますから、疑問点、不安点がある場合には、ここでしっかりと確認しておきましょう。

また、入社日や現職場への退職日の調整なども必要となりますから、退職日なども確認しておく必要があります。これらもクリアになって、はじめて入社手続きが行われ、初出勤を迎えることになります。

チェックリストを作り、いつまでに何をするのかを確認することができれば、書類の不備もなくなるでしょう。

2. 雇用契約の内容を確認する

採用が決まり、入社手続きが行われると、労働条件などが記載された書面が発行されます。採用が決まると安心してしまい、これらの内容をしっかりと確認しない人が多いですが、後々後悔しないためには、契約内容をしっかりと確認しておくことが必要です。

労働契約の期間や仕事内容、勤務地、始業や就業時刻、休日、賃金、退職に関する内容などもしっかりと確認しておきましょう。交通費、手当や賞与、昇給、退職金、社会保険の適用の有無などは、勤務後に生活に大きく関わってきますから、これらの内容も忘れずに確認することが大切です。

3. 入社手続きの際に必要な書類を準備する

転職先で仕事をスタートするためには、様々な書類提出が必要です。どういった書類が必要になるかというと、一般的には年金手帳、源泉微収票、雇用保険被保険者証、扶養控除申告書、健康保険被扶養者異動届、給与振込に必要となる銀行口座のコピーなどの準備が必要です。

中には、「どこにあるか分からない」と言う人もいるでしょうから、事前に準備しておいた方が良いでしょう。

4. 退職手続きのタイミングを決める

退職タイミングは、人によって異なります。新たな職場が決まらなくても、退職してしまう人もいれば、仕事をしながら新たな職場を探す人もいるでしょう。円満退職を目指すためには、どのタイミングであっても繁忙期は避けることがマナー。辞めるからといって、残った社員に迷惑をかけないタイミングを見極めましょう。

また、退職の意思を伝えるタイミングは、辞めるという気持ちが固まってから伝えること。上司に止められて気持ちが揺らぐような状態であれば、まだ伝えない方が良いでしょう。

当然ですが、引き継ぎが必要な場合には、引き継ぎのスケジュールも組めるタイミングで退職することが必須。今抱えている仕事を投げ出さないよう事前に準備し、他社員に迷惑をかけないようにしましょう。

5. 同僚へ伝える

転職しようと決めたら、すぐに仲の良い同僚へ伝えたいと思う人も多いでしょう。しかし、気持ちが決まっても伝えるのは上司からがマナー。転職先が決まっていても、それを同僚に伝えることは避けましょう。突然伝えられた同僚は不安を感じ、職場環境が悪くなってしまう可能性があります。

立つ鳥跡を濁さずという言葉がありますが、周りの環境、自分が辞めてからのことも考えて、同僚へ伝えるタイミングにも気をつけましょう。

転職を考えたら、まずは事前準備をはじめよう

転職を考えている人の中には、勢いで決めてしまった人、焦って決めてしまった人もいるでしょう。確かに、タイミングやきっかけは人によって異なりますから、急に転職を決めてしまうこともあります。

しかし、その後に後悔しないためには、事前準備をしていた方が間違いありません。準備をしている人の方が効率的かつ、スムーズな活動ができますし、採用後に「失敗した」と思うことも少ないはず。

あなたが希望する企業は、同じ様に「ここに入りたい」と思っているライバルがいますから、そのライバルに打ち勝つためにも事前準備は欠かせません。準備ができていれば、途中で焦ったり、慌てることもなくなり、自信を持った転職活動ができるはずです。

どれだけ準備ができているかで、採用を掴めるかどうか左右することにもなります。転職を考えている人は、退職や求人探しをする前に事前準備からはじめましょう。