飲食業界へ転職するには?業界の現状とおすすめの転職エージェント

飲食業へ転職したいのですが、飲食業はかなり劣悪な労働環境だと聞きます。実際のところはどうなんでしょうか?
確かに飲食業の労働環境は良いとはお世辞にも言えません覚悟が必要な職業だと言えます。

キャリアコンサルタント

やはりそうなんですね・・・。
ですが、しっかりと自分の目で見て判断しましょうね。この記事では、そんな飲食業界の現状について詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

「自分の店を持ちたい」、「お客さんの喜ぶ顔がみたい」と飲食業への転職を考える方は、少なからず存在します。ですが、飲食業は他業種に比べ給与は低いわりに休日は少しと労働環境が良いとはいえないのが現状です。

飲食業界がどういった業界で、転職に際しどのような点に気をつけるべきなのか詳しく紹介していきます。飲食業界に転職しようと考えている方も、逆に飲食業界から異業種への転職を考えている方も、ぜひ、参考にしてください。

目次

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

飲食業界は不遇な業界?転職には覚悟が必要な現状

飲食業は「労働環境が悪い」「ブラック企業が多い」などのイメージがあります。実際にその傾向は強く、転職するにはある程度の覚悟が必要です。では、飲食業界の現状について具体的に見ていきましょう。

転職者最多?飲食業の離職率は全業界トップ

離職率は、一定の期間働いた中でどれくらいの人が辞めたかを表す数値で、この数値が高いほど労働環境が悪いと考えられます。

飲食業の離職率は、30%(平成29年度厚生労働省発表「宿泊業、飲食サービス業」離職率)と全業界中トップです。

ただ、入職率も33.5%と業界中もっとも多いため、単純に「もっとも辞めやすい業界」と決めつけることはできませんが、割合がかなり高いのは確かでしょう。

ようするに「入る人は多いが、その分出ていく人も多い業界」なのです。飲食業の離職率の高さは、後述する給与の低さや労働環境の悪さが原因とされています。

よって飲食業への就職や転職を考える方は、「きつい業界」であると覚悟して臨まなければなりません。

飲食業は年収300~350万円程度の「低年収業界」?

飲食業の平均年収は約300~350万円ほどとされており、平成28年度の平均年収が422万円ですから、飲食業の年収は、やや低い部類に入るでしょう。

年代別に見てみると、

男性平均女性平均
20代約272万円約254万円
30代約365万円約297万円
40代約458万円約317万円

となっており、年代を重ねるごとに給与はあがっていきますが、決して高くはありません。

しかし、この年収はいわゆる正社員ではない派遣やバイトも含まれていますから、正社員の場合はもう少し高くなるでしょう。

また、外食企業や飲食経営者なら、平均年収は500万円以上、さらに人気の高いトップ企業だと600~700万円とかなりの額になります。

平均年収でみると低く見えますが、店舗や企業によって振り幅が大きいため、高収入を得られる可能性もあるのです。

休みも少なく、労働環境も良いとは言い難い

飲食業は基本的にサービス業であり、多くの場合、土日祝日など一般の人が休む日がもっとも忙しくなる傾向にあります。よって、休日は少なくなり拘束時間も長くなりがちです。

平成28年に厚生労働省が行った産業別の年間休日数によると、「宿泊業・飲食サービス業」は年間休日数95.7日となっていました。

この数値は全産業の中でももっとも低く平均的にみると飲食業界がいかに休日が少ないかがよくわかります。

ただ、大企業を中心に完全週休二日制を導入する企業も増えてきましたから、きちんとした会社に転職すれば、イメージするほどひどい労働環境には置かれないでしょう。

ゆえに、転職の際は、即決ではなくしっかり情報収集をした上で慎重に選ぶのが望ましいです。

飲食業界の魅力とは?転職するなら参考にしたい「やりがい」とは

飲食業は人が生活を行う上で、極めて大切な役割をはたしています。ランチやディナー、家族での団らん、サラリーマンの飲み会など食事の席は人同士が交流する基本的な場といえるでしょう。

人にとってなくてはならない「場」を提供する飲食業の魅力はいったいどのようなものか、考察していきます。

お客さんと直に触れ、感想を聞くことができる

サービス業の中でも飲食業は、とくにお客さんと直に接する機会の多い職種です。仕事中に「美味しかった」「ごちそうさま」など声をもらうだけで、非常に励みになります。

感想や意見も非常に聞きやすいため、問題点や課題を見つけるのが容易なのも大きな利点です。お客さんが直接意見を述べてくれますから、その部分を改善するだけで、より質の高いサービスを提供できるでしょう。

もちろん、良い面だけではありませんが、サービス業の中でも身近にお客さんの感謝を受け取りやすい職種なのは、間違いありません。

飲食業のスキルは、さまざまな場面で役に立つ

調理師は当然として、そのサポートを行うアルバイトやスタッフであっても、一定の調理スキルを身につけることが可能です。

調理スキルは実生活でも非常に役に立ちますし、長くアルバイトを続ければ、学校に通うことなく調理師資格をとれるため一挙両得といえます。

また、接客スキルは、異業種に転職する場合でも役に立ちますし、「多くのお客さんと接してきた」という事実は、強みとなるでしょう。

スキルやコミュニケーション能力を高める意味でも、飲食業での経験はプラスになるのです。

仕事で「成長」を実感できる

調理をしたり、接客サービスを行う過程で、より自分自身が成長していくのを肌で感じられるのも利点です。

決して楽な仕事ではありませんが、その分長く続ければ、スキルだけでなく経験を積むことで人間的にも成長できるため、とくに若い内に経験しておくと、それだけで人生の糧となります。

忙しい職場で数年もやれば、「これだけやってこれた」という自信を持てるでしょう。

独立を目標に日々精進できる

飲食業へ転職する人の中には、「将来自分の店を持ちたい」と考える方が、一定数います。この場合、調理やサービススキル以外にも、経営のノウハウや集客方法なども業務を行う中でしっかりと身につけていかなければなりません。

ですが、独立を視野に入れている方は、大きな目標がありますから、きつい仕事でも積極的に取り組めるでしょう。

飲食サービスのお店でなくても、飲食業の中で得たスキルやノウハウは、さまざまな場面で役立ちますから、将来、独立したいと考えているなら、アルバイトや契約社員としてでも数年間は、飲食業に従事するのをおすすめします。

飲食業界へ転職するなら、覚えておきたい注意点

飲食業界へ転職する時、覚えておきたいいくつかの注意点があります。これらの点を踏まえた上で、転職活動を行うようにしましょう。

過酷な労働環境であることは覚悟しておくべき

前述してきたように飲食業は基本的に他業種に比べ過酷な労働環境に置かれる場合が多いです。近年、大企業においては徐々に改善されつつありますが、ほとんどの企業や個人経営店では、休日も少なく労働時間も長い場合が多いでしょう。

常に人手不足の業界なため、入りやすくはありますが、きちんと覚悟しておかないとすぐに離職してしまいます。

若い人で仕事のきつさから、数カ月もせずに辞めてしまうパターンが増えていますが、飲食業界では、そのパターンがとくに顕著なのです。

もし、飲食業界で一生働きたいと考えているなら、きちんとした目標を立てて、臨むのをおすすめします。

さまざまな客の中には、ひどいクレーマーも存在する

これはサービス業全般にいえることですが、さまざまなお客さんが訪れるため、中にはひどいクレーマーに出会う可能性もあります。

クレーマーに対しては毅然とした態度で臨むのが適切ですが、最初のうちは、戸惑うことでしょう。

中には、ひどいクレームに耐え切れずに辞めてしまうケースをあります。もし、自分では対処できないと感じたなら、上司や同僚にすぐに相談しましょう。

どうしても無理なようなら、シフトを変更してもらったり、ホールからキッチンへ移動させてもらったりといった対策を講じてください。

クレーマーはいるものと考え、落ち着いて冷静に対処するのが大切です。

将来的な展望を描きにくい

先にも述べたように飲食業界で働いている人の多くが、自分の店をいつか持ちたいと考えたゆまぬ努力をし続けています。

ですが、ただ漠然と社員やスタッフとして企業でキャリアを積んだとしても、いわゆるサラリーマン的な働き方では、将来の展望は描きづらいのです。

例えば異業種から飲食業関連の企業に転職したとしても、最初の内は将来自分の店を持ちたいという目標のために努力します。

けれど、いちスタッフから店長になり、さらにエリア責任者などの役職につくのは、極めて難しく、ましてや自分で独立するとなるとかなりのノウハウや経験が必要となるのです。

優秀な人材であっても入社した企業によっては、目標を達成するのは、ほぼ不可能な場合もあります。飲食業に転職し将来的に自分の店を持ちたいなら、「修行場所」として相応しいか、将来的な展望が見込めるのかを確認した上で、応募しましょう。

飲食業界への転職を成功させるために重要な5つのポイント

飲食業界への転職を成功させるには、どのような点に気をつけるべきか、重要な5つのポイントを紹介いたします。ぜひ、参考にしてください。

ポイント① 明確な目標を立て、飲食サービスの形態を絞って研鑽を積む

飲食業界とひとくくりにされていますが、形態はさまざまです。

ファストフードのようなサービス中心の飲食店、高級志向のレストランや食事処、お酒を主として提供する居酒屋やバー、食材や場所にこだわりぬいた個人経営店など、形態は多岐にわたるため、少なくとも大枠では同じ形態の企業に転職しましょう。

とりあえず、飲食関連の企業に就職してノウハウや経験を積もうとしても、形態が大きく異なれば、必要なスキルは異なるため、最悪、ほとんど役に立たない事態も考えられます。

将来独立を目指す人なら、なおさら、「自分がどのような店を持ちたいか」の具体的なビジョンを描いた上で、転職活動に臨むべきです。

ポイント② コミュニケーション能力を磨こう

どのような形態の飲食業に就いたとしても必要とされるのが「コミュニケーション能力」です。お客さんの対応は当然として、スタッフ間の意思疎通や職場内の良好な人間関係の構築においてもきちんとしたコミュニケーションは不可欠といえます。

たとえ料理が美味しくてもスタッフ間の関係が悪い店舗は、険悪な雰囲気がそのままお客さんに伝わってしまい、店のイメージは大幅にダウンするでしょう。

忙しい中でもスタッフが笑顔を絶やさず、良好なコミュニケーションを取り続ければ、お店の雰囲気も良くなり、リピーターの増加にもつながるのです。

ポイント③ 求められるのは協調性や清潔感、普段から意識しておこう

コミュニケーション能力と同様に飲食業にとって大切なのは、「協調性」と「清潔感」です。

上記でも述べたようにスタッフ間の連携や関係性が上手くいくためには、周囲と合わせるスキルが必要になってきます。

とくに飲食店は、調理師、接客スタッフ、経営者など役割の異なる人が複数集まっていますから、「合わせる」のは極めて重要なのです。

また、飲食業は、食品を提供するサービスですから、当然清潔感が求められます。店舗見学や面接の際には、爪や髪、ひげや服装はこざっぱりと整えてから臨むようにしましょう。

ポイント④ 応募する前に、必ず店を訪れ雰囲気等の確認を行う

いざ、応募しようと思う企業や店を決めたら、実際に応募する前に必ず一度は、客としてサービスを受けてみるべきです。

客視点で自分が本当に働いても大丈夫なのか、店の雰囲気やサービス内容を肌で感じ知るようにしましょう。じっくりと確認した上で、「この店で働いてみたい」と感じないようなら、応募すべきではありません。

また、自分自身の意志確認と同時に事前に「どのような店か」をリサーチしておけば、面接の際にも有利に働くでしょう。

「応募する前にまず店に足を運ぶ」のは、飲食業界に転職するなら、必ずやっておくべき事項です。

ポイント⑤ 転職サイトやエージェントを利用した方が効率的

いざ飲食業界に転職しようと思っても、自分一人での調査には限度があります。求人情報誌や広告をみるだけでは、本当に自分に合った求人を見逃してしまいかねません。

しかし、転職サイト・エージェントを利用すれば、圧倒的な求人情報はもちろん、転職を成功させるためのコツやさまざまなサポートサービスを受けられるのです。

近年は、転職サイトやエージェントの数もかなり増えてきました。下記で飲食業界へ転職するなら、登録しておくべきおすすめの転職サイトを紹介していますので、どうぞ、参考にしてください。

飲食業界への転職、または飲食業界からの転職におすすめの転職エージェント・サイト

飲食業界へ転職する際に必ず登録しておくべき、優良サイトを2つ紹介しておきます。まず登録して、自分に相応しい求人を探してみましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

飲食業界への転職に関して、業界の現状や転職する際に気をつけるべきポイントなどを紹介してきました。飲食業界はブラックなイメージを持たれがちで、実際にきつい仕事内容ではありますが、非常にやりがいのある業種でもあります。

「自分の店が持ちたい」「食に携わりたい」という方は、ぜひ、この記事を参考にして、自分に相応しいステージを探してみてください。