自己PRはこのようにして作れ!転職時に役立つ自己PR作成法と注意点

転職したい企業の選考に自己PRがあるのですが、どのように書けば良いのか分かりません・・・。
自己PRを作る際には、ポイントがあります。この記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

キャリアコンサルタント

転職活動時には必ずといっていいほど存在する『自己PR』は、面接時にある場合もあれば、書面で提出する場合もあります。しかし自分の良いところをアピールするというのは、なかなかに難しいものです。

とくに謙虚な人ほど自己PRが苦手なのではないでしょうか。しかし自己PRはそんなに難しいものではありません。コツさえ掴んでしまえば、応募する企業によって良い自己PRをそのたびに作ることもできます。

今回は『自分の良いところが分からない』という謙虚な人でも分かりやすいようにシチュエーションごとの例文も含め、自己PRの作り方や注意点について紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

転職時の自己PRはどうしたらいいの?

転職時には必ずといっていいほど存在する『自己PR』には、大きく分けて書類選考時の『自己PR書』と、面接時の『自己PR』の2種類があります。

両者の違いは基本的に『書面に書く』か『口で話す』かの違いだけなので、自己PRの作り方を知っていれば、あとは必要に応じて変えるだけです。

では自己PRとは、どうやって作っていけば良いのでしょうか。その方法を以下に紹介していきましょう。

まずは自己分析から始める

自己PRを作るには、なにはなくとも自分のことを知る必要があります。自己分析は自己PRを作る以外にも、自分の行きたい業界や得意不得意などを知るなど、転職には不可欠なステップのひとつです。

自己分析の目的は、自分の強みや弱さを明確にし、自分が向かいたい方向性や業種などを明らかにすることにあります。これによりあなたの強みを把握出来たら、そのポイントをしっかり押さえて自己PRを作成していきます。

しかし自己分析といきなり言われても、何をどう始めたらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、以下に自己分析の具体的な方法について紹介していきます。

仕事での経験・スキルをなるべく細かく書きだす

自己分析の方法として、まず最初に行うのが自分の今までの仕事での『経験とスキルをなるべく細かく書きだす』ことです。

書き出すうえでのポイントは、今まで経験した仕事や身に付けたスキル、取得した資格だけではなく、成果を上げるために行った工夫や改善点、仕事で困ったときに行った対処法、失敗した経験、印象に残ったエピソードも書き出すことです。

成功した経験だけでなく失敗した体験も振り返ることで、より客観的で幅広い自己分析ができます。

洗い出した経験・スキルを厳選する

次に行うのは、第一ステップで洗い出したあなたの経験やスキルの中から、あなたが応募する企業・職種に必要だと思うものを選び出す作業です。

例えば営業職に応募するのであれば『営業での成功体験』や『営業に使えるスキル』を選び出します。このときに大切なのは、応募する企業・職種は、どのような経験やスキルを求めるだろうかとよく想像することです。

営業職に応募するのに事務職で活かせるスキルをアピールしても良い評価を得られないでしょうし、逆に事務職の応募に売り上げ増加の成功体験などをアピールしても同様です。

重要なのは、応募する企業・職種が『求めるであろうスキル・経験』をいかに正確に予想することと、『その条件に合う自分の経験・スキル』を選び出すかなのです。

選び出した経験や実績を別の言葉で表現する

上記で選び出した経験や実績などは、スキルや能力として『別の言葉で表現』しましょう。例えば『営業の新規開拓に成功した』という経験であれば、『フットワークが軽い』『開拓型の営業力に優れる』『積極性がある』などです。

自己PRをするときには、自分の経験をいきなり話すと脈略がなく分かりにくい印象を与えてしまいます。ですので、まず最初に自分の経験から導き出した『スキル・能力』を言い、その後で具体的な体験を話した方が話がまとまります。

逆に上記の段階で選び出した中に『スキル・能力』がある場合は、その能力やスキルを裏付けるエピソードなどがあった方がより説得力を増します。

自己分析で分かったアピールポイントに肉付けしていく

上記の自己分析で自己PRできそうなポイントやエピソードを洗い出すことができたら、続いてはそれらに『肉付け』をして文章へと近づけていきます。

自己PRとは、そもそも面接担当者に『わが社で活躍してくれそうな人材だ』と思わせるためのものですので、以下の3点を意識しながら肉付けしていくとよいでしょう。

  • スキルや能力を根拠づけるエピソード
  • 『自分はこんなことができる』というアピール
  • 転職先ではこんなことがしたいという目標

特に下2つの『こんなことができる』と『こんなことがしたい』は、応募先の企業のメリットに直結する理由となりますので、企業研究で得たデータと照らし合わせながらマッチする内容にしていいきます。

100~200文字程度の短い文にまとめる

あなたが応募先の企業や職種の『ニーズに合ったスキルや能力』と、それを裏付けする『エピソード』、そしてそのスキルで『転職先の企業や職種で何ができるのか』と『目標』が書き出せたのなら、いよいよそれらを組み立てていきます。

このときに大切なのは、出来上がる文章は、なるべく『短く簡潔に』することです。具体的に言えば100~200文字程度の文章でまとめられれば分かりやすいです。

自己PRというと、企業にアピールしたいがあまり『あれもこれも』と詰め込みすぎて、長々とした文章になってしまいがちですが、そうなると要領を得ないうえに、結局何をアピールしたいのか分かりにくくなってしまいます。

できる限り面接官に伝わりやすいように、簡潔に、分かりやすく、短い文章にまとめることを意識しましょう。

自己PRの書き出しは、結果から書く

自己PRを書くときは、まず最初に『結論から書くように』してください。話をするときや報告をするときは『結論から言うようにする』というのは、ビジネスマンが最初に習うことかもしれませんが、自己PRのさいにもそれは同様です。

まず最初に『私のスキル/アピールポイントは~です。』とハッキリ書くようにします。その後にそのスキルを裏打ちするエピソード、そのスキルによってできること、したいこと、と続くと話がよくまとまり伝わりやすくなります。

分かりやすく書くと以下のような流れになります。

  • 私の特技は~です(結果)
  • なぜなら~という体験で~という結果を残せたからです(根拠・理由)
  • この特技は御社の~に活かすことができます(企業側のメリット)
  • 私は~という特技で、御社で~ということがしたいです(目標)

ポイントは『起承転結をハッキリさせる』ことと、『一貫性を持たせること』ことで『説得力を持たせること』です。起承転結がハッキリしていないと、意味が伝わりにくいですし、一貫性がないと説得力に欠けます。

自己PRは応募先の企業にしっかりとアピールすることが第一ですので、あれこれと自分の長所を詰め込むことよりも、いかに説得力をもって相手に伝わりやすいかを意識して考えたほうが良い自己PRが出来上がるでしょう。

自己PRを考えるときの注意点

自己PRの作り方が粗方分かったところで、ここからは自己PRを考える上での注意点をいくつか紹介していきましょう。

応募する企業・職種にあったPRポイントを選ぶ

これは上記でもすでに紹介しました、自己PRはあくまでも応募先の企業に『お、この人いいな』と思わせるためのものですので、応募する職種や企業のニーズに合ったPRポイントを選ぶ必要があります。

応募した企業のニーズに合わない自己PRを聞かされても、面接官は『この人はうちの職種をきちんと理解しているのか』『なぜうちに応募してきたのか?』『同じ自己PRを使いまわしているだけではないか』と、思うでしょう。

企業のニーズに合っていない自己PRは、自分を売り込むどころか逆にマイナスのイメージを受け付けてしまいかねません。そうならない為にも、企業研究は綿密に行い、応募先のニーズをしっかり把握するようにします。

より具体的で、抽象的な表現は避ける

より説得力を持たせる自己PRを作るには、PRポイントをより具体的にすることが重要です。抽象的なPRポイントだと漠然としている分、納得感が出にくく、いまいち説得力に欠けてしまいます。

例えば営業で『顧客に信頼されるように行動してきました』というよりも、『顧客の信頼を得るために、商談をする前にまずは共通する趣味の話などをして心を開いてもらえるよう努めてきました』とした方がより具体的で説得力が増します

他にも『コミュニケーション能力がある』『協調性がある』『営業力がある』のように、抽象的なPRポイントの場合は、上記した『根拠・理由』の個所で具体例を挙げるか、もしくは最初から具体的なPRポイントを用いるようにします。

プライベートや学生時代ではなく、前職の経験を中心にする

新卒での就職活動であればいざ知らず、転職のさいには学生時代やプライベートでの経験ではなく、仕事での経験を自己PRとして用いましょう。

なぜかというと採用面接官は自己PRをもとに、あなたが『自分の企業に相応しいか』『自分の元で仕事ができるかどうか』を見ているからです。

それなのに学生時代やプライベートなことをアピールすると、それが仕事で活かせるかどうかいまいち判断がしにくいと思われてしまいかねません。

それに対して前職や同種の仕事での経験をアピールすれば、『こんな経験している人ならば、うちでも活躍してくれるだろうな』と思われやすいからです。

もしもどうしても学生時代やプライベートの経験をアピールしたいならば、その経験が『どのように仕事に役立つのか』『仕事上どう活かされてきたのか』までアピールできなければ意味はありません。

第二新卒の場合であっても、できるだけ学生時代の経験は少なくし、その経験が仕事でどう役立ったのか、どんな成果を上げたのかに焦点を当てていきましょう。

ネガティブな表現は避け、なるべくポジティブに書く

自己PRを作るときはなるべくネガティブな表現を避け、ポジティブな文章にするよう心がけましょう。これは転職理由を聞かれたときなどもそうなのですが、ネガティブな理由ばかりを上げていると、面接官に良い印象を与えません。

例え自己PRのさいに前職の大変な部分、嫌な部分に触れなくてはいけないとしても、なるべくポジティブな言い回しなどを使い、ネガティブな表現にならないように注意してください。

またどうしても職場環境の悪さなどに触れなくてはいけない場合であっても、そこから何を得たか、何を培ったかなどをアピールして、仕事ややりたいことなどへの熱意や前向きさを前面に押し出していきましょう。

アピールできるものが無い!そんな人におすすめのPRポイントと例文集

上記で自己PRの作り方について紹介してきましたが、実務経験の浅い第二新卒の人や淡々としたルーティンワークが中心でこれといった実績を上げた経験が少ない人などもいるでしょう。

そういった人の自己PR作成に使えるように、以下に転職のシチュエーション別におすすめのPRポイントと例文を紹介していきます。ぜひ参考になさってみてください。

第二新卒の場合

第二新卒の場合は実務経験に携わった期間が少ないことから、アピールできる経験が少ない場合が多いです。

しかし企業が第二新卒を募集する理由として、基本的なビジネスマナーが身に付いていることや実務にすぐに投入できること、就業意識が新卒に比べて高くなっていることなどが挙げられます。

そのため第二新卒であれば、実務経験などのアピールよりも、むしろ『積極性』や『フレッシュさ』『素直さ』といった、第二新卒ならではのPRポイントをアピールしたほうがよいでしょう。

第二新卒の場合の自己PR例文

以下に第二新卒の場合の自己PRの例文をいくつか挙げていきます。

【自己紹介】
大学卒業後、アパレル業において店舗業務全般に携わりました。接客・販売業務ではお客様のニーズに合った商品をご提案し、満足していただけるよう努めてまいりました。社員としてPOPの作成、売上管理、報告書作成を行うなかで、後方部門の事務職として転職したいと考えるようになりました。現職における勤務経験は1年6カ月ですが、接客・販売業務で身につけた社会人としての経験を生かして頑張りたいと思います。

【責任感】
店長が不在のとき、店長代理として本部への連絡業務、ストック調整等を経験しています。
1つのミスが売上を大きく左右するだけに、慎重かつ責任感を持って行動することを学びました。

【仕事への熱意】
1年6カ月の社会人経験から仕事の厳しさと楽しさを知ることができました。接客・販売職もやりがいのある仕事ですが、サービス業の後方部門として現場をバックアップする仕事が私の適職だと認識しました。 接客・販売職に就いたからこそ、今後歩む道を見出せたと考えています。「さわやかさ」と「積極性」を常に意識して、必要なスキルについては、自己啓発と共に実戦で身につけるように努め、短期間で戦力として活躍できるようになりたいと思います。

未経験業種・職種の場合

未経験の職種に転職したい場合は、まず『なぜこの職業に転職したいのか』という理由が大変重要になります。自分はこういった目標があり、そのためにこの職業に転職したいという一貫したキャリア目標と、意欲をアピールします。

また経験がない分『能動的に』知識や技術を習得していくという姿勢も大切で、自己啓発や資格取得などの経験があれば記載するようにします。

未経験の職種の場合はアピールできる経験がないと思われがちですが、『コミュニケーション能力』や『協調性』『能動的に仕事を覚えていくスタンス』など、前職で培った『応募先でも活かせるもの』をアピールするとよいでしょう。

未経験業種・職種の場合の自己PR例文

■達成意欲
前職では就業規則改正を行い、労働基準法を遵守するために週44時間労働から40時間労働への時短に取り組みました。当初、従業員は「サービス業ではできない」と考えていましたが、就業パターンを見直して改善を実現しました。与えられた業務を必ず達成する使命感と責任感が強いと思います。最後まで諦めず「できる」と信じて業務を遂行します。

■志望動機
前職の在職時に、SEの方からお話をお聞きし、未経験でも熱意と意欲があればSE職に就けることを知りました。貴社の求人を拝見し、社長からのメッセージ、研修システム、そして社員の皆様が明るく働く姿に共感を覚えました。自主的にシステム開発言語等を学んでいますが、知識とスキルを貪欲に吸収し1日も早くSEとして活躍したいと思います。

■コミュニケーション能力
総務の職務においては、社外の方と購買等で交渉する機会も多く、コミュニケーション能力を高めることができました。システムエンジニアとしてスキルを身につけたうえで、クライアントとの交渉に生かせると思います。

転職回数が多い場合

転職回数が多い人に面接官が心配するのは、せっかく採用しても自分の会社も辞めてしまうのではないか、ということです。とくに志望動機や経験職種、キャリアビジョンに一貫性がない場合ほどそれが強まります。

この場合大切なのは、今までの転職がキャリアビジョンのために必要である、一貫性がある、と納得してもらうことと、今までの様々な経験が応募企業に役立つと説得力を持たせることです。

そのためには今までの業務内容に共通することをPRポイントとして探す必要があります。例えばどんな職場にも馴染める『対応力』や『柔軟性』、または新しい仕事をすぐに覚えられる『呑み込みの早さ』などがそれに当たります。

転職回数が多い場合の自己PR例文

【職務経験概略】
大学卒業後、正社員として店舗販売職、法人営業職、個人営業職を経験し、派遣社員としてコールセンター業務を経験しました。私は、人と接することが大好きで常に人と関わる業務に携わってきました。それぞれの企業において独自の営業手法、顧客層を経験したことは、私にとって大変貴重な経験であり、私の大きな強みになっています。

【営業職としての強み】
店舗販売、法人営業、個人営業、コールセンター業務といった幅広い営業を経験しています。どの業態においても私自身を信頼していただかなければ商談は成立しません。お客様のニーズを速やかに把握し、満足していただける商品をご紹介し適確な商品説明、納期厳守を徹底してきました。

【今後のビジョン】
何事も、興味を持ったら行動に移さなければ気がすまない性格から、転職を3回経験しましたが、今後は、1社に長く勤めることで、自分の存在価値を高めて、貢献していきたいと考えています。そのためには、常に問題意識を持ち、改善する姿勢を欠かさないことが大切だと考えます。前々職において、新入社員指導に携わった経験も生かし、将来は、優秀な部下を育てて企業に貢献できる管理職として活躍したいと思います。

一般事務職の場合

一般事務などのデスクワークは、営業のような目に見える結果が出づらい職種なので、なかなか自己PRとしてアピールできるポイントが見つかりにくいものです。

しかし一見分かりづらくても、業務を進める上で工夫した点や自分が得意とする事務処理の内容を分析することで、見えてくるPRポイントも存在します。

例えば業務処理をより早く終わらせるために『タイピングの速度をアップさせた』経験や、それにより1日に平均で50件程度しかできなかった処理が80~100件できるようになった、などは十分PRポイントとして使えるでしょう。

一般事務の場合の自己PR例文

【事務職としての強み】
●「1を聞いて10を知れ」の精神で業務フローを改訂
依頼された仕事の意味、目的を的確に判断し、頼まれたこと以上に自分が何をすれば全体の仕事が効率よく進むかを常に考え実行しました。更にその中で評価されたものに関しては、社内で標準化をさせました。例えば、営業担当から受注が取れたという報告を受けた場合、翌日には客先へ契約書類を持参できるよう、契約書、契約番号シール、点検マニュアル、提出資料等を揃えるようにしました。このスムーズ化が売上向上につながったと評価されたため、この業務フローマニュアルを作成し、他の営業所でも採用されました。

●複雑なものは簡単に、時間がかかるものはより短縮する工夫
常に課題認識を怠らず、複雑なものは簡単に、時間が長くかかるものはより短縮できるように考え工夫しました。例えば、大規模な防災設備の設置の際にお客さまに渡す工程表を、既存のものから使いやすいものにイチから作り直しました(記入するべきところは太線で囲む、項目順を重要度の高いものから順に並べ替えるなど)。お客さまや業者の担当者、社内でも「使いやすい」と評判が良く、以後、このマニュアルが使われるようになりました。

より客観的な自己PRのために、転職エージェント活用しよう!

自己PRの作り方を、例文も含めて紹介してきましたが、普段から自己分析などをしている人ならいざ知らず、そうでないのにいきなり自己分析と言われてもなかなか客観的な判断はできにくいでしょう。

そういった場合は第三者の意見を聞いた方が、より確実な客観的意見が入手できます。そのためにおすすめなのが『転職エージェント』の利用です。

一見すると意外に思われるかもしれませんが、転職エージェントの中には書類選考の指導や添削などのサービズを行てくれるところもあり、そういった転職エージェントを利用すれば、より完成度の高い自己PRが作れます。

加えて転職エージェントは転職のプロたちが集うサービスなので、自己PR以外にも転職の不安や疑問などに答えてくれます。便利な上に無料で利用できるこのサービスを、利用しない手はないでしょう。

書類添削に定評のある、おすすめ転職エージェント4選

以下に書類の添削や指導などに定評のあるおすすめ転職エージェントをいくつか紹介していくので、自分で自己PRを作成するのが難しいと思った人は利用してみてはいかがでしょうか。

アドバイザーの対応の良さに定評あり!パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは大手人材派遣会社のパソナグループが運営する転職エージェントです。総求人数は5万程度と他の大手転職エージェントに比べると規模は小さいながら、アドバイザーの対応の良さによる顧客満足度の高さが特徴です。

書類の指導や相談はもちろんのこと、面接指導や内定後の交渉や転職後のサポートまで行ってくれる徹底したきめ細やかなサポート力の高さはさすが大手と安心できる対応です。

登録拠点は東京・大阪・名古屋・静岡・福島・広島と6ヶ所で、西日本を中心に大きな都市に限定されているのが難点ですが、電話によるカウンセリングサービスも行っているので、拠点から遠い方は相談してみるとよいでしょう。

転職ならばココは外せない!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは誰しも名前くらいは聞いたことがあるであろう、業界最大手の転職エージェントです。規模・求人数・サービスの質、どれを取っても高評価なので、年代や業界を問わずおすすめできる転職エージェントでもあります。

また大きな組織であるだけにサポートやサービスも体系化されており、物事がスムーズに運びやすいのも魅力のひとつです。そのため自己PRにしろ履歴書にしろ、非常にしっかりとした指導を期待できます。

求人数の数も業界内でトップクラスのなので、単純に転職エージェントとして利用するのもおすすめです。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

良い自己PRは徹底した自己分析と情報収集にあり!

転職における自己PRとは、書面にしろ面接での応答にしろ、応募先の企業へ自分を売り込むための材料のようなものです。いわば営業マンが自社製品を売り込むために商品の魅力を説明するのと一緒です。

そのため自己PRは企業側に『この人を採用したら自社のメリットになる』と思わせなければいけません。

それができる良い自己PRを作り上げるには、徹底した自己分析に基づくPRポイント探しと、同様に徹底した企業研究による『企業のニーズ』が一致している必要があります。

しかしこういった自己分析や企業研究は、自分ひとりではなかなかに難しいものなので、もしも不安だというのであれば、上記したように転職エージェントなどを用いてしまうのも賢い手です。

転職活動や自己PR作りは、なにも1人でしたから偉いというわけでも、周囲の協力を得たから負けというわけでもありません。むしろ使えるものは使い、最終的に希望する企業に転職できた者が勝ちです。

上記した転職エージェントは、いずれも評判の良いところばかりなので、気になったらさっそく登録してみてはいかがでしょうか。