SIerへの転職希望者が知っておくべき全知識|現役ITコンサルが解説

SIerへの転職を考えています。具体的に何からはじめたらよいでしょうか。
SIerとは言っても対応している業務は企業によって異なります。まずはそれを知ることからはじめなければなりません。

キャリアコンサルタント

全てのSIerが同じような仕事をしているのではないのですね。今までのイメージと違いました。
企業規模で同じSIerでも仕事内容が異なります。それを踏まえて本当にSIerに転職することで自分のやりたいことができるのかを考えてみましょう。

キャリアコンサルタント

SIerへの転職を考えている人は今でも少なくありません。SIerには大きな企業が多く、ITの仕事をしたいのであればSIerに転職したほうが良いと考えることもあるでしょう。

SIerはIT業界の企業であるということはよく知られています。ただ、具体的にどのようなことをしているのかは把握できていない人もいます。

まずは具体的にSIerの特徴をご説明します。その後、SIerに転職するための具体的な方法や事前に考えておくべきことについてもご説明します。

IT業界での転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

IT系転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

1位: レバテックキャリア、2位: マイナビIT、3位: レバテックエキスパート

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【2019年最新】おすすめのIT転職サイトを目的別に厳選!

Slerへの転職前に知っておきたい基礎知識

まずは転職前に知っておきたいSIerの基礎知識を説明します。なんとなくSIerに転職したいと考えている人は、ここで本当に自分のやりたい仕事がどうかを確認しておきましょう。

SIerとはどのような企業なのか

SIerとはどのような企業なのでしょうか。SIerと言っても対応している仕事は企業によって異なります。例えば仕事内容には以下のものがあります。

  • システムを開発するための要件定義
  • システムの基本・詳細設計
  • プログラム開発
  • 開発したもののテスト
  • 各種ドキュメント作成

これら全てに対応しているSIerもありますし、逆にこの中で一部だけに対応しているSIerもあります。大手のSIerになると全ての工程に対応しています。

小さなSIerでは下流工程のプログラム開発にだけ対応していることもあります。SIerで働くといっても、どの規模の企業で働くかによって対応できる業務には差があると考えておきましょう。

転職してSIerで働くとはどういうことか

転職してSIerで働くとはどういうことなのでしょうか。SIerでの働き方は大きく分けて以下の2種類あります。それぞれを細かく説明します。

SEで働く場合

SIerの働き方で多いのはSEで働くことです。SEはシステム開発において、プログラムを作成する人以外のことを指すのが一般的です。求められているSEには以下のような役割があります。

  • システムを開発するための要件定義に対応する人
  • 基本・詳細設計書を作成する人
  • 他社が開発したプログラムを検収する人
  • マニュアルなどを作成する人

SIerの規模によっては全ての役割が求められていることもあります。小規模なSIerであれば一部の役割だけが求めらます。

そのため、SIerでSEをするとしてもこれら全ての役割の仕事に就けるとは限りません。他社にはある役割も他のSIerに転職すると必要とされていないこともあります。

SIerへの転職を考えている時には、自分の働きたい役割がSEに求められているかを事前に確認することが大切です。

プログラマーで働く場合

SIerにはプログラマーで働く人もいます。海外ではSEとプログラマーは同一視されることも多いですが、日本では別の職業で扱われています。

小規模なSIerではプログラミングだけを仕事としていることがあります。つまりSEはほとんど採用せず、プログラマー中心で成り立つSIerもあるのです。

プログラマーで働く場合には、別の人が設計したシステムを設計書にしたがって完成させる仕事が中心です。またテスト工程などに対応することもあります。

SIerによってはプログラマーを集めてテストだけを専門に実施していることなどもあります。専門性を求める場合にはそのようなSIerも探してみると良いでしょう。

なおプログラマーで働きたい人は以下の記事もおすすめです。

プログラマー転職を成功に導く知識まとめ|未経験者OKの転職エージェントも

SIerへの転職が向いている人・向いていない人

SIerへの転職が向いている人と向いていない人がいます。どのような人はSIerへの転職が向いているかを確認しておきましょう。

向いている人

SIerへの転職が向いている人をご紹介します。以下の条件に当てはまる人はSIerへの転職を考えてみましょう。

上流工程でプロジェクトを推進したい人

上流工程に参画してプロジェクトを推進したい人にSIerはオススメです。ただ、SIerでは全員が上流工程を担当するわけではありません。

大手のSIerであれば大規模なプロジェクトを受注することも少なくありません。大規模なプロジェクトに参画できれば上流工程の担当を期待できます。

小規模なSIerではそもそも上流工程を受注することがありません。下流工程ばかりを受注しているSIerも存在しています。

システム開発の中でも特に上流工程に関わってプロジェクトを推進していきたいと考えている人は、大手のSIerへの転職がおすすめです。

要件定義書などシステムのコアになる部分を作りたい人

要件定義などシステムのコアになる部分を作りたい人にもおすすめです。システムは要件定義なしに作れません。つまりシステム開発には必須の役割です。

SIerに転職すると大規模な開発をすることも多々あります。そうなると要件定義などシステムのコアを設計する人も複数人で構成する必要が出てきます。

そのため多くの人がシステムのコアとなる部分の設計に参画できるチャンスがあります。チャンスが多いという点でSIerへの転職はおすすめです。

ただ、規模の小さいSIerの場合には要件定義をしていないこともあります。転職前に事業内容を確認するようにしておきましょう。

向いていない人

SIerへの転職が向いていない人もいます。以下の条件に当てはまる人はSIerへ転職するかどうかを考え直した方が良いでしょう。

自分のペースで開発を進めたい人

開発をしたい人の中でも自分のペースで開発を進めたい人にはSIerが向いていないです。働き方が合わないと感じてしまうことがあるでしょう。

SIerは大規模なプロジェクトを受注することも少なくありません。これらのプロジェクトはタイトなスケジュールで進められることも多いです。

そのため、自分の開発ペースとは関係なく全体のスケジュールを守ることが重要視されます。自分のペースで開発したい場合、どうしてもストレスを感じてしまいます。

仕事ですので開発のペースを合わせることは当たり前です。SIerではなくとも開発には納期がありますので守ることが大切です。

SIerの場合には、融通がききにくいので働きやすさを重視する人には向いていないです。

下流の工程はそもそもやりたくないと考えている人

SIerに転職すると上流工程に対応できると考えている人は少なくありません。ただSIerでも下流工程を担当している人もいます。

特に大規模なSIerになると上流から下流まで幅広い仕事を受注しています。そのため上流を担当する人も下流を担当する人もいるのが一般的です。

会社員である以上、会社の都合で人事異動などが発生します。異動した結果、下流工程の担当部署になる可能性もSIerでは否定できません。

そのようなときに下流工程に対応したくない人は仕事のモチベーションが下がってしまいます。上流工程のみのSIerはほぼ存在しないので転職前に理解しておきましょう。

SIerへの転職に潜む落とし穴

SIerに転職したい理由は人それぞれでしょう。ただ以下で紹介する理由に該当する人は注意が必要です。該当する人はもしかするとSIer以外の選択肢があるかもしれません。

どのような理由のとき、SIer以外にどのような選択肢があるのかをご説明します。

上流工程の案件に着手してみたい

SIerに入って上流工程の案件に着手してみたいと考えている人は多いでしょう。特にプログラムの開発をしてきた人は、上流工程の仕事に興味を持つケースが多々あります。

ただ、SIerへ転職すると上流工程を担当できるとは限りません。既にご説明しているように、SIerに転職をしてもプログラミングの下流工程を担当することもあります。

上流工程を担当したいのであれば、SIerに転職するのではなくITコンサルタント系の企業への転職がおすすめです。コンサルタント企業であれば上流工程を専門に使っています。

また、SIerでも上流工程を担当したいのであれば野村総合研究所や伊藤忠テクノソリューションズなどの上流工程を多く取り扱うSIerへの転職を検討してみましょう

キャリアアップの過程で上流工程を経験したいと考えている人は以下の記事もおすすめです。

SE(システムエンジニア)のおすすめ転職先は?【ITコンサルが解説】

プロジェクトを統括するPMの仕事をしてみたい

SIerに転職をしてプロジェクトを統括するPMの仕事をしてみたい人は注意です。PMの仕事はSIer転職しなくても経験可能です。

特に今までマネジメントに特化してきた人は、SIerに転職しなくてもITコンサルタントなどの選択肢も存在します。

ITコンサルタントの仕事はマネジメントのみではありません。ただ、プロジェクトの推進を一定に引き受けて成功に導く仕事も存在しています。

プロジェクトマネジメントをしたい場合、必ずしもSIerに転職する必要はありません。SIerではなくともプロジェクトを牽引する企業であればマネジメント職は求められています。

プロジェクトマネジメントの中でもコンサルタント職に転職すると、プロジェクトマネジメント以外の仕事もしなければなりません。

そのため、一概にコンサルタントの働き方が良いとは言い切れません。ただ、プロジェクトのマネジメントに特化した仕事がしたいのであればSIer以外の選択肢も十分考えられます。

やりたいことが特に決まっていない場合

なんとなくネームバリューのあるSIerに転職しておけばよいと考えている人もいるようです。ただ、IT業界では何でも屋さんはあまり必要とされていません。

器用貧乏という言葉があるように、何でもできる人はどのスキルにも特化していないことが多いです。その結果、専門性が問われるIT業界では活躍できない可能性があります。

SIerに転職すると色々な経験ができるのも事実です。ただ、何でも良いからやりたいと考えるのではなく、何かしら目標を持ってSIerや特化した企業などに転職することを意識しましょう。

上流工程SIerへ転職したいならエージェントを利用する

上流工程を意識してSIerへの転職をしたいのであれば、幅広い選択肢を用意してくれる転職エージェントの利用をおすすめしています。

転職エージェントを利用することで、自分の視点だけではなく担当者からの視点で求人を探してもらえます。その結果、SIer以外の選択肢も用意してもらえる可能性があります。

具体的にどのような転職エージェントを利用すると良いのでしょうか。条件別のおすすめをご紹介します。

上流も含めた幅広いSIer志望:マイナビエージェントxIT

マイナビエージェント × IT

SIerを含めて幅広い求人を取り扱う転職エージェントです。マイナビがITに特化して提供していますので、マイナビの強みとIT特化の強みを両方兼ね備えています。

マイナビエージェントxITを利用するとマイナビらしく幅広い求人と出会える可能性があります。SIerはもちろんのこと、上流や下流に特化した企業とも出会える可能性があります。

SIerに転職するとしてもやりたいことが具体的ではない場合には、こちらの転職エージェントで多くの求人を提供してもらい興味を持てるものを探すのも手です。

Web系からSIerまで幅広く:レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT系の転職エージェントの中でも転職実績が多いのがレバテックキャリアです。SIerだけではなく幅広いIT業界の求人を保有しています。

特化型の転職エージェントですので担当者がITに詳しいことが特徴です。また、担当者が実際に企業訪問を繰り返していることで企業内の雰囲気なども把握している点も魅力です。

SIerは規模が大きくなると配属される部署によって雰囲気が違うことがあります。同じ企業でも働き方が異なっているなんてこともありえる話です。

レバテックキャリアを利用していると、転職してから「思っていたのと違う」と感じる可能性を小さくできますのでおすすめです。

ITコンサルタントなど上流特化:JAC Recruitment

JACリクルートメント

SIerよりもさらに上流に特化した仕事をしたいのであればこちらがおすすめです。転職エージェントの中でもハイキャリアに特化したものです。

ITコンサルタントなどのハイキャリアは専門の転職エージェントで転職したほうが良いです。専門家に対応してもらうことでミスマッチが起こりにくくなります

上流工程とは言ってもSIerなどで対応する要件定義もありますが、さらに上流のIT戦略の策定などに対応する工程もあります。上流工程も実は幅広いのです。

それら上流工程に特化した求人から転職先を探したい人はJAC Recruitmentがおすすめです。

SIerよりも上流・下流に特化した転職がおすすめ

SIerは上流工程から下流工程まで幅広く経験できる職業ではあります。

スキルを伸ばしたいと考えているのであれば、SIerよりも上流や下流に特化した転職をするべきです。そうすることで専門性の高い転職を実現できます。

例えばSIerへの転職理由に多い上流工程を意識する場合、ITコンサルタントの選択肢があります。下流工程を意識する場合Web系のプログラム開発企業などがあります。

IT業界は専門性の高い人を求める傾向が続いています。転職して長く活躍するためにも、専門性を意識して転職することも考えるようにしてみましょう。