タクシー運転手に転職したい!転職を成功させるポイントを解説

タクシー業界に転職したいのですが、どうすれば良いですか?
転職エージェントを活用しましょう。タクシー業界に転職する上で利用すべき転職エージェントは2つあります。

キャリアコンサルタント

そうなんですね!ぜひその転職エージェントを教えてください!
この記事でご紹介していますよ。

キャリアコンサルタント

他にも、タクシー業界で働くメリットデメリット転職を成功させるポイントについてご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

タクシー業界は、40代や50代といった年齢が高い方でも転職しやすい業界として知られています。タクシー業界への転職を希望されている方は、ぜひこちらを参考に効率よく転職活動を進めてくださいね。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

タクシー運転手に転職するなら知っておきたいこと

今、タクシー業界は人材不足と高齢化が問題となっています。

全国ハイヤータクシー連合会調べによると、平成27年の時点で女性ドライバーに関しては増加傾向にあるものの、全体の人数としては減少が続いている傾向がみられます。

また、1978年の時点ではタクシー運転手の全国平均年齢は39.2歳でしたが、近年の全国平均年齢は58.2歳であるとされています。

このようにタクシー運転手の高齢化が進んだ背景としては、人材不足でとにかく稼働率を上げたいとする企業と、定年後でも働くことができるタクシー業界へ転職したいと考える中高年世代の転職者の思惑が一致したということが挙げられます。

ただ、首都圏では、子どもが学校に通っている間だけ働くというスタイルをとる女性運転手も増えてきています。

今後のタクシー業界の未来が明るい5つの理由

タクシー業界の未来は、とても明るく、市場の需要がさらに拡大されることが予想されます。

タクシー運転手の需要は高まる一方!

現在、そしてさらに今後、以下のような主に3つの役割としてタクシー運転手の需要が高まると考えられています。

高齢者のサポートとしての役割

高齢者には電車やバスの利用が負担となることが多く、そのため外出する回数も減少してしまう傾向があります。

そのため、タクシー運転手が高齢者のお出かけや通院をサポートすることで、気軽にタクシーを利用してもらおうという仕組み作りが進んでいます。

タクシーであればドアtoドアで外出することができるため、高齢者が社会と関わり続けることのできる環境を整えようという考えに基づいて行われているのです。

外国人観光客のガイドとしての役割

国土交通省が今、外国人旅行客に観光地案内をするタクシー運転手の育成に力を入れています。

ただ空港とホテルの間の送迎をするのではなく、タクシー運転手が外国語を使って観光地の案内を行なうことができるようにと考えられた取り組みです。

特に外国人観光客が多い都市では、認定資格を設け、この外国人観光客のガイドのスキルアップを促すような仕組みが進められています。

災害時に救いの手を差し伸べられる役割

災害時は電車やバスが運行を停止したり、遅延してしまうことが多々あります。そこで、普段なら通勤に使わないタクシーを利用した方も多いのではないでしょうか。

タクシーは災害時でも利用できる交通手段としての地位を確立しつつあります。つまり、社会的に重要な役割を任されているという意識をもち、仕事をすることができるのです。

人工知能の参入でタクシー業界がさらに便利に

近年、さまざまな仕事が人工知能によって奪われるということが囁かれていますが、タクシー業界は人工知能の参入によってますます発展すると考えられています。

確かに人工知能を搭載している自動運転車は開発され続けています。

けれど、この自動運転車の開発の目的は、あくまでも交通事故を防ぐためです。タクシー運転手の仕事そのものを奪うためではありません。

タクシー業界では、「今タクシーを必要としている人はどの場所にどの程度いるのか」というニーズを把握するためや、業務を円滑に進めるために人工知能を使い、売り上げをさらに伸ばそうと考えられているのです。

実際に、人工知能を利用した実験が行われたことがありますが、実験参加者の売り上げが1.5倍も増えたという結果がでました。

お客側としても、乗りたいと思ったタイミングでタクシーを捕まえやすくなるので、顧客満足度も上がりました。したがって、今後、本格的に人工知能が実用化されれば、タクシー業界は今よりもさらに注目を集めていくでしょう。

気になる年収は?

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会公式HPによれば、平均年収は全国で316万円、最も高い東京都で417万円だそうです。しかし、タクシー業界というのは、定年後に年金の足しとして行う人も多く、人によって稼働時間にかなり幅があります。

従って、「平均」という数値は、ご自身が働く際の参考にはあまりならないかもしれません。

未経験でもタクシー運転手への転職は可能?

すでにお話したように、タクシー業界は人手不足な状態が続いており、高齢化が問題になっています。そのため、未経験者でも手厚くフォローする体制が出来上がりつつあります。

そして意外かもしれませんが、実は経験者の方が採用においては厳しく判断される傾向があります。経験者の場合、過去の勤務年数や営業成績、違反内容、退職理由を細かく聞かれることが多いのです。

なかでも重要視されるのは、過去の転籍回数や在籍年数、退職理由の3点です。転職回数が多いことが悪いというのではなく、その時の退職理由をはっきり答えられないことが、採用者にマイナスイメージを抱かせてしまうのです。

時には圧迫面接だと感じられるような質問があるかもしれません。

そのような時は、こういった質問は、接客時にどのように立ち振る舞うことができるのかを試されているのだと考えるといいでしょう。

タクシー運転手は、性別も年齢も考え方もさまざまな多くのお客様の接客をしなくてはいけません。時には一般企業よりも大変な忍耐力を求められることもあるからです。

採用者の質問の答えとしては、いかに過酷な職場だったのかを伝えることは正解とはいえません。退職を決意するまで、その過酷な状況下で自分がどれだけ改善を試みて努力を重ねたのか、ということを伝えられるようにしておきましょう。

タクシー運転手に転職するために必要な資格とは?

タクシー運転手になるには、二種免許を取得しなければなりません。年齢が21歳以上であり、第一種免許を取得後3年が経っていることも必要条件となっています。

ただし、この二種免許は、研修の一環として扱うタクシー会社もあります。このようなタクシー会社であれば、二種免許取得に向けての期間も日給が支給されます。

また、一部の地域においては、地理試験に合格しなければタクシー会社で働くことができないという仕組みになっています。

地理試験とは、地域内の駅や有名な建物の場所に関する知識、目的地までの最短ルートなどについての知識が問われるかたちとなります。

タクシー運転手になるまでの研修について

タクシー運転手となるには、転職時に二種免許を取得していても入社して1ヶ月程度は研修を受ける必要があります。多くの場合はこの研修期間中も日給や交通費が支給されたり、入社祝い金という名目で給料が支給されたりします。

研修では主に運転適性診断と健康診断、二種免許取得、そして必要な地域は地理試験が行われます。そのほか、先輩のタクシー運転手とともに実際のタクシーに乗り、実技研修を受ける期間もあります。

タクシー運転手に転職するメリット・デメリット

では、タクシー業界で働くメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

メリット① サービス残業がほぼない

タクシー運転手はお客様の命を預かる仕事です。そのため法律により厳しい制約が設けられており、健康管理という視点から残業はほとんどありません。

会社によっては帰庫時間よりも数時間早く会社に戻ったとしても、何も言われないという場合もあります。もちろんお客様の乗車の都合で帰庫時間を過ぎる場合は、タクシー代が支払われるのでサービス残業とはなりません。

メリット② 自分のペースで仕事をすることができる

タクシー運転手には、足切りといってノルマが課されます。

ノルマと聞くと厳しい職場を連想しがちですが、このノルマさえ達成してしまえば、どのような働き方をしても自由ともいえます。

たとえば1日のノルマを達成できたのが正午だった場合、極端な話、午後から帰宅するという選択肢もあるわけです。

デメリット① 体力勝負であること

タクシー運転手の仕事は、仕事を覚えること、そしてお客さんが多いエリアを見つけることなどが重要であり、意外と頭を使います。

また、長時間の運転も体力をとても消耗する作業です。もちろんお客さんを乗車していない時に休憩をとることも可能ですが、あまり休憩ばかりしていると売り上げが上がりません。

デメリット② 売り上げが安定しない

同じ時間走り回っていたとしても、その日によって売り上げは異なります。タクシー運転手のお給料は歩合制なので、思うように売り上げが伸びなかったという日もあります。

タクシー運転手への転職を成功させるポイント

タクシー業界への転職を成功させるには、次のようなポイントを押さえておく必要があります。どのような点に気をつけるべきなのか、確認しておきましょう。

タクシー運転手の収入について理解しておく

タクシー運転手の給料は、固定給と歩合給を合わせた額です。これまで会社勤めをしていて、年齢を重ねているため役職にもついていたとなると、転職をしたことで給料が減ってしまう場合もあります。

けれどこれは、実際にタクシー運転手に転職した場合、どのくらいの収入になるかを調べ、理解をしておくことで、転職による失敗を防ぐことができます。

隔日勤務があることも知っておく

隔日勤務とは、日勤と夜勤を続けて行なうような勤務形態のことをいいます。

簡単に言えば、朝に出勤し、そのまま次の日の早朝まで勤務を続けるという勤務形態です。実は、この隔日勤務は、タクシー運転手の間では1番希望が多いシフトです。

最も稼ぎやすい勤務形態だからです。とはいえ、転職したての頃は、生活リズムが狂うため、体の負担となる場合もあるでしょう。

就職を希望するタクシー会社の情報を得ておく

希望するタクシー会社が決まったら、その会社の情報を集めることに注力しましょう。実際にそのタクシー会社のタクシーに乗ってみるというのもおすすめです。

以下のポイントから「優良企業」を厳選

タクシー会社は数多くありますが、その会社が「優良企業」だと判断できる材料にはどのようなものがあるのでしょうか。

事故補償などが充実している

タクシーが事故を起こしてしまった場合や、違反金などの立て替えが行われる会社であれば、優良企業と判断して間違いないでしょう。

事故は起こさない方がもちろんいいのですが、それでも起こってしまうのが事故というものです。しっかりとした会社のバックアップ体制が整っていることは、働きやすさに直結するといえるでしょう。

社員教育がきちんと行われている

二種免許を取得する際の費用を出してくれたり、免許取得期間中でも日当を支給してくれるなど、社員のサポート体制が充実している会社も優良企業といえます。

こういった会社は、売り上げの出し方なども丁寧に教えてくれることが多く、入社後の業務もスムーズに行いやすい環境が整っている可能性が高いです。

タクシーランクがB以上である

タクシーランクとは、第三者機関がタクシー会社を評価したランキングのことをいいます。たとえば、お客さまとの間でトラブルが多かったり、事故や違反、苦情が多ければ、タクシーランクは下がるのです。

また、このタクシーランクは内勤の管理能力についても評価されています。そのため、タクシーランクがB以上の場合は、社内管理が徹底されている証といえるでしょう。

また、このようなタクシー会社は「優良タクシー」としてステッカーをタクシーに貼ることができるので、顧客も獲得しやすく、収入にも反映されてきます。

稼働率や平均売り上げが高い

タクシー会社の稼働率が高いということは、それだけ社員が働き続けやすい環境が整っているともいえます。そして、平均の売り上げが高いということは、それだけ平均の月収や年収が高い証でもあります。

つまり、稼ぐことが可能なタクシー会社であるといえるのです。

タクシー業界専門の転職サイトを使う

上記のような「優良企業」を探すには、専門の転職サイトを使うのが一番の近道です。次の章で紹介する求人サイトを活用してください。

タクシー運転手への転職で登録すべき転職サイト2つ

タクシー運転手の専門求人情報サイトというものが存在します。おすすめのものを2つご紹介しましょう。

転職道.COM

転職道.COM」は、「株式会社日本総合ビジネス」が運営しています。

「株式会社日本総合ビジネス」は、「社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会賛助会員」にもなっています。

これらの会員は誰でもなれるというものではないので、とてもすごいことなのです。

また、タクシー専門の求人サイトとしては1番有名ともいえるサイトであり、タクシー求人のプロともいえます。このサイトはすでに10年を越える実績を誇っており、タクシー求人についての豊富なノウハウを知っている老舗サイトです。

登録する(無料)

ドライバーズワーク

ドライバーズワーク」は、専任コンサルタントがサポートしてくれるので、とても安心できるサイトです。

タクシー会社の内情に詳しいので、あなたに合った会社を紹介してもらえることもあります。「短時間勤務を希望している」といった要望にも柔軟に応えてくれる点も嬉しいですね。

登録する(無料)

タクシー運転手に転職したいなら、専門の転職サイトを活用しよう!

他業界からの転職の場合、タクシー業界への転職は不安なことも多いかと思います。けれど、業界のことを知り、就職希望のタクシー会社のことを知ったうえで転職活動を進めれば、後悔のない転職をすることができますよ。

タクシー業界へ転職する際におすすめの転職サイトもご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。