転職するか悩む…プロが教える状況別アドバイス!

転職しようか迷っているのですが、転職したほうがいい人とかいますか?
明確に転職したい理由がある方は転職したほうが良いと言えるでしょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、転職で悩んでいる方に向けて、メリットやデメリットなどについて詳しく解説しています。

キャリアコンサルタント

ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

働いている人のなかで、転職をした、もしくは転職を考えたことがある人の割合は、全体の7割以上と言われています。

かなりの人が何らかの理由で転職を考え実行に移した人、検討しただけで終わった人となります。

誰しもが一度は、転職をするべきかどうかで、悩む経験があるということですね。

転職を悩む人が、なぜ転職に踏み切れたのか、または諦めた人はなぜ諦めたのか、とても気になりませんか?

そこで今回は、転職で悩む人はどういうことで悩んでいるのか、転職すべき人、しない方が良い人の特徴などを解説していきます。

転職を決意した場合、どの転職エージェントを使えば良いのかも紹介していますので、あわせて参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職で悩むよくあるケースとは?

転職で悩む人の事例を見てみましょう。

転職で悩むケース1「転職を考え始めたきっかけ」

転職をしたいと考え始めるきっかけは、人それぞれです。同時に、悩むことも多くなります。

転職を考えたときに、どういうことで悩むのか、事例をいくつかあげますので、順に見ていきましょう。

想定していたような企業ではなかったら?

これはいろいろなケースが考えられます。

たとえば、将来性に不安を感じて将来性のある有名企業に転職をしたのに、入社後になって退職者が続々と出るような企業だったらどうでしょうか?

そう考えると非常に悩むかもしれませんね。転職先に将来性を求めていたのに、まったく期待通りではない企業だったらという不安が悩むことにつながります。

もしくは、やりたい仕事があって、その希望をかなえてくれる会社に転職をしたのに、実際は全然違う仕事をさせられたら?という可能性もあるでしょう。

そうなると転職に対して不安を感じてしまうものです。

転職をしたあとに、想定していたことと違うので、もとの職場に戻りたいと思ってもできません。そう考えると、転職するのを悩んでしまいますね。

新しい職場になじめないかもしれない

これもよくある理由で、転職の悩むポイントではないでしょうか。

毎日顔を合わせながら、一緒に仕事をしていく職場で、なじめないのは仕事がとてもやりにくいものです。

好き嫌いは抜きにしても、やはり性格の不一致だと感じる人の割合が多い職場では、慣れるのに相当時間が掛かるでしょう。

うまくやっていけるか不安だと考え、転職を悩むケースもありますね。

転職で悩むケース2「退職後か在職中か?」

転職で悩むケースとして、かなり多いのが転職活動を在職中にするのか、退職後にするのかが問題です。

それぞれの違いを見るために、メリット・デメリットを挙げながら解説します。

退職後の転職活動によるメリット

時間が思う存分使えるため、じっくりと転職先を吟味できるところが最大のメリットです。気になる企業を見つけたあとに、その企業を調査できます。

会社のホームページではわからないことでも、実際にその企業を訪問すれば、入社してから想定していた企業とは違うことも少なくなるはずです。

面接の予定を組むのも、相手企業に合わせられますし、ゆっくりと面接に備えて対策が練られます。

退職後の転職活動によるデメリット

一番の問題点はお金ではないでしょうか。

実家で両親と同居している場合は何とかなりますが、1人暮らしの場合は、転職活動資金や生活費で、あっという間に貯金が消えてしまうケースが多いです。

場合によっては、すぐに決まらず半年も掛かってしまうこともあります。いくら貯金があっても、厳しい状況になりかねません。

生活面での問題で切羽詰まって妥協をして安易に転職先を決めてしまうと、またすぐに転職を考えてしまうでしょう。それこそ負の連鎖です。

転職先がいつ決まるのかは、運も絡みます。貯金が生活費3年分以上たまっている場合でも、残念ながら絶対に安心だと言いきれないのが実情です。

在職中の転職活動によるメリット

在職中の転職活動は、安心感の一言に尽きます。時間がありませんが、お金に余裕があり、しかも万が一転職先が決まらなくても、何のダメージも受けないからです。

ただし、社内の人には絶対に秘密にしなければなりません。誰か1人にでもばれると、転職を辞めて居残る道を選択したときにやりにくくなります。

在職中の転職活動は、相手先企業へのアピールにもつながります。

あとのことも考えていると、慎重派に見られますし、仕事をしながら転職活動するのは大変なので、がんばっている印象も与えられるでしょう。

在職中の転職活動によるデメリット

とにかく時間に余裕がないことです。応募書類の見直し、転職先探しと検討、面接日程予約、面接対策など、やることがたくさんあります。

毎日、残業でそれどころではないという人も多いでしょう。土日祝日を使うといっても、限界はあるはずです。

結局、忙しすぎて転職したくてもできない人もいます。

転職に悩む人で転職した方が良い人は?

転職をした方が良いのか悩む人で、転職した方が良い人の特徴を挙げていきます。

1つでも当てはまることがあれば、前向きに転職を考えてください。

現職場でスキルアップが望めない場合

2~3年仕事を続けていると、仕事を完璧にこなせるし、スキルも十分に身に付きます。

そろそろ新しい仕事を覚えたいと思う頃ですが、後任の社員がいなくて、自分しかその仕事ができないとなると、新しい仕事はやらせてもらえません。

この仕事だけでは、十分なスキルアップが望めないとき、どう考えますか?絶望に似た感情を抱くのではないでしょうか?

このまま同じ仕事をあと何年続けるのかと不安になりますね。

同じ部署でも、さまざまな仕事があるので、できれば全部の仕事を覚えてスキルアップしたいと考えるのは普通です。

しかし、人材不足の企業ではそれがままならず、最初に担当させた仕事しかやらせてもらえないというケースもあります。

そうなれば、転職を考えるのは至極当然のことです。向上心の強い人なら、多くの仕事でスキルを増やしていきたくなります。

今の会社では上を目指すのは難しいとき

当たり前の話ですが、役職のポストは席数が決まっています。自分がもしもその席に座りたい場合、席が空くのを待つしかありません。

しかし、実力主義になりつつあっても、まだ根強く年功序列制度が残っている企業もあります。

席が空くころには定年間近という笑えない冗談のような話もあるのが現状です。

そこで思い付くのが転職ですが、現企業の空かない席を眺めていないで、他企業の席を見てみるのも一考ではありませんか?

絶対に給与がアップするわけではありませんが、役職に就きたいと思っている人は、他企業でチャンスを狙うのも有効です。

転職に悩む人で転職しない方が良い人は?

今度は転職しない方が良いパターンを挙げていきます。思い当たることがあれば、転職はいったん止めるか、慎重に考えた方が良いです。

明確な理由がない人間関係トラブル

パワハラ、モラハラ、セクハラなどの3大ハラスメントや、大人になっても平気でイジメをするような職場の場合、転職も考えた方が良いでしょう。

しかし、そこまではなくても、嫌いな人が数人いる、もしくは苦手な人ばかりだという場合は、転職はしない方が良いです。

転職した職場では、さらに嫌いな人が増えた、もしくは行くのも嫌になるほどなじめないなどの、人間トラブルが起きるかもしれません。

実際に入社して働き始めないとわからないのが、職場仲間の性格です。人間関係が嫌で安易に転職しても、同じか今以上の人間関係トラブルに苦しむ可能性があります。

待遇面にのみ不満がある場合

給与が低い、休みが少ない、残業が多過ぎるなどの待遇面での不満は、どこの企業へ行ってもつきまとう問題です。

給与が低い件については、会社の業績にもよりますが、同じスキルやキャリアではどこの会社でも、あまり変わりません。

最終的に給与アップを望むなら、給与が低いことを理由に転職しない方が良いです。

転職で悩む人が選びたい転職エージェント

転職のさまざまな悩む事情を抱える人が、転職活動で使いたいおすすめの転職エージェントを紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

転職で悩む人はいったん保留して考えてみよう

悩む段階で無理をして転職活動をするのは、後悔につながりかねません。

悩む要因を良く考え、それをクリアしてから前向きに転職を検討できるようになったときに、転職活動を始めましょう。

そして、転職活動をするときは、働きながらでも無理なく進められるように、おすすめの転職エージェントや他転職サイトを複数登録しておいてください。