転職回数が多いのは不利?本当のところを解説!

2回目の転職を考えています。転職の回数が多くなってしまうのは、やはり不利なんでしょうか?
基本的には不利になることはありません。ですが、不利になるケースもあるので、ぜひ確認してみてください。

キャリアコンサルタント

「転職回数の多さは不利につながる」と考えている人は多いです。少なくとも「プラスには働かないだろう」と考えている人がほとんどだと思います。

しかしそう考えている人の中に、転職回数が明確に結果に影響したことを確かめられた人はどの程度いるのでしょうか。おそらくほとんどいないと思います。

この記事では、転職回数が多いと転職活動で不利になるのかについて、人材紹介のプロの目から結論を出します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職回数が多いと不利になるのか?

基本的に、転職回数が多くても不利になることはありません。安心してください。

過去の日本では終身雇用制度がメジャーだったので、当時の古いイメージが残っているだけに過ぎません。

転職市場の盛り上がりを見ればわかる通り、現在は活発に転職する人が多いです。

しかし、いまだに転職回数を気にする企業が存在することも事実です。ではなぜ転職回数を気にする企業が存在するのでしょうか。

そういった企業にもきちんとした言い分があります。

転職回数を気にする企業の本音

転職回数を気にする企業の人事担当者は、以下のようなことを考えています。

  • 転職回数が多いのは堪え性がないからでは?
  • 転職回数が多いのは何か問題を抱えているからでは?
  • 転職回数が多い人は採用しても定着してくれないのでは?

それぞれを詳しくご説明します。

転職回数が多いのは堪え性がないからでは?

転職を繰り返している人は、堪え性がないのではないかと考えている人事担当者は多いです。

確かに堪え性のない人は地道な努力ができず、何かあるとすぐに転職してしまいそうに思えるでしょう。

しかし転職をしたことがない人の中にも、地道な努力ができない人はいくらでもいますし、何回転職している人でも、日々の仕事を頑張っている人はたくさんいます。

転職に至る理由は人それぞれですので、転職回数と堪え性に直接的な相関関係はありません。

転職回数が多いのは何か問題を抱えているからでは?

健康上の問題や個人的な理由から、長く仕事を続けられなかった人もいます。

その結果、転職を繰り返すことになってしまった人もいるでしょう。

しかし抱えている問題を解決できれば特に問題はないはずです。

またその問題が勤務態度やスキル不足である場合、本人の自覚と努力がなければ改善することはありませんが、転職回数が少ない人の中にも勤務態度が悪い人やスキルが足りない人はいます。

やはり転職回数と直接的な関係があるとは言えません。

転職回数が多い人は採用しても定着してくれないのでは?

企業の人事担当者は、採用した人にはなるべく長く働いてくれることを期待しています。

長く勤めていると、仕事への理解が深まり、より効率よく働けるようになるからです。

確かに転職回数が多い人は、ある程度勤めたら再度転職してしまいそうに思えるかもしれません。

しかし、転職回数が少ない人が長く働いてくれるとも言い切れません。

やはり、転職回数の多さと定着率の低さはイコールではありません。

転職回数の多さに対する悪感情はただのイメージ

企業の人事担当者にも言い分はあるようですが、転職回数が多いことが一方的に悪いこととは言えません。

あくまでも一部の人事担当者が、転職を繰り返す応募者にあまり良いイメージを持っていないだけと言えるでしょう。

しかし、今は転職することが当たり前の時代になっています。

退職するに至った理由に大きな問題がなければ、転職回数の多さがマイナスに働くことはほぼありません。

転職回数が不利に働くケース

転職回数の多さは大きなマイナス要素にはなりません。

しかし以下のようなケースでは、選考にマイナスの影響を及ぼすこともあります。

  • 入社から1年以内の退職が複数回ある場合
  • 「転職は悪」と考えている企業に応募した場合

それぞれを詳しくご説明します。

入社から1年以内の退職が複数回ある場合

複数回の転職をしている上に、1つの会社で1年以上勤務した経験がない場合、転職回数の多さはマイナス要素として捉えられます。

一定以上の期間に渡って継続して働いた経験のない人には、必要最低限のスキルが身につかないからです。

中には「自分には問題なくスキルが身に付いている」という人もいるかもしれません。

しかし業界内の常識や業務をこなす最低限の知識、効率よく作業を片付ける要領を掴むにはある程度の時間が必要です。

1度入社したら、最低でも1年。できれば2〜3年は勤務するようにしましょう

「転職は悪」と考えている企業に応募した場合

以前より転職に悪いイメージはなくなったと言っても、複数回の転職を良くないものと捉えている企業も存在します。

こればかりは会社側の考え方ですので、その企業への転職が難しくなることを避けることはできません。

終身雇用制度が長く定着していた日本固有の問題です。しかし人材を求めている企業は星の数ほど存在します。

自分の価値を認めてくれる企業に応募することをおすすめします。

応募する企業の考え方を事前に確認する方法

複数回の転職を経験した人が、「転職回数が多い人は雇わない」というスタンスの会社に応募してもまず内定は出ません。

そうした企業に応募することは、ただの時間の無駄です。

始めからそうした企業を避けるためには、キャリコネのような企業の口コミサイトを利用するのが効果的です。

キャリコネには、その企業に勤務する従業員や過去に勤務していたOBたちが、社風や業務内容、待遇といった、転職活動を行うにあたって貴重な情報が多数投稿されています。

建前なしで、本物の現場の声が掲載されていますので、しっかりと情報をリサーチすれば、転職回数にこだわる会社なのかどうかを判別することができるでしょう。

登録・利用は完全無料ですので、必ず登録しておくことをおすすめします。

転職回数が多くても問題なく転職する方法

少ないながらも転職回数を気にする企業は存在しています。

では働きたいと思った企業が、転職回数を懸念しそうな企業であった場合、諦めるしかないのでしょうか。

そんなことはありません。実は転職回数が多くても問題なく内定を掴むことはできます。

以下は転職回数の多さをカバーする方法です。

  • 自分が転職する理由を明確に説明する
  • 転職した回数だけスキルや経験が磨かれていることをアピールする
  • 転職エージェントを利用する

それぞれを詳しくご説明します。

自分が転職する理由を明確に説明する

転職回数が多くても、転職する理由が明確であれば問題はありません。

ただし、その理由はポジティブなものである必要があります。

「目標とする仕事に就くために必要な転職だった」「スキルアップを目指した転職だった」という具合です。

また会社都合や家族の介護など、やむを得ない理由で転職していた場合もしっかりとその旨を伝えましょう。

これまでの転職には正当な理由があったと説明できるよう、しっかりと準備をしておくことが重要です。

転職した回数だけスキルや経験が磨かれていることをアピールする

転職を行うことで、様々なスキルを身につけられたとアピールすることは非常に効果的です。また転職するたびに大きく変わる職場環境に、毎回適応してきていることを伝え、対応力の高さをアピールすることも有効と言えます。

また、複数の業界や職場で働いている人は、一貫して同じ企業に勤め続けている人よりも、広い視野や新しい視点を持っていることが多いです。自分を雇用することは、これまで社内に存在していなかった新しい発想がプラスされることに繋がると、人事担当者に強く印象付けることができればベストです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することも非常に有効な手段です。転職エージェントは転職のプロですので、過去に転職した回数が現在の転職活動に影響しないことを誰よりも知っています。

コンサルタントのキャリアカウンセリングをしっかり受けるだけで、経験やスキルに応じた最適な転職先を紹介してくれるのです。また履歴書や職務経歴書の作成補助や、効果的な面接対策など、転職に必要な全てのサポートを受けられます。

転職エージェントを利用するメリット

それでは転職エージェントを利用するメリットを紹介しましょう。主なメリットは以下の3つです。

  • 転職回数をプラスに変えるためのアドバイスがもらえる
  • 自分の経歴に転職エージェントへの信頼感が加わる
  • 転職回数がマイナスにならない企業を紹介してもらえる

それぞれを詳しく説明します。

転職回数をプラスに変えるためのアドバイスがもらえる

転職回数が多い人にとって重要なことは、その経歴をよりうまくアピールする手段を知ることです。しかし大抵の場合、自分のことを客観的に判断することは非常に難しく、最も効果的に自分をアピールする手段を見つけ出すことは至難の技と言えるでしょう。

しかし転職エージェントのコンサルタントなら、プロの視点からあなたの強みをアピールする方法を見つけてくれます。非常に難しく、時間がかかる自己分析を一瞬で済ませることができるだけでも、転職エージェントを利用する価値は大きいです。

自分の経歴に転職エージェントへの信頼感が加わる

どれだけ実力のある人でも、どれだけ華々しい経歴を持っている人であっても、必ず内定が出るとは限らないのが転職活動です。他の応募者がさらに高いスキルと経験を持ち合わせていた場合、あなたが採用される確立は0になってしまうかもしれません。

しかし転職エージェント経由で応募していれば、そういった部分を簡単に埋めることができます。人材を求めている企業は、転職エージェントの目利きを信頼して依頼をしているのです。

つまり、「転職エージェントが太鼓判を押す人材なら問題ない」と判断してもらえるということです。どうしても働きたい企業を見つけたなら、転職エージェントを利用すべきでしょう。

転職回数がマイナスにならない企業を紹介してもらえる

非常に残念なことですが、どれだけ優秀な人であっても、転職回数で足切りを設定している企業から内定が出ることはありません。しかし応募者が、足切りにひっかる条件を事前に把握することはできません。

最初から内定が出ない企業に応募するため、職務経歴書づくりや企業研究には多大なエネルギーを費やすことはただの無駄です。しかし転職エージェントは、人材を募集している企業がどの程度転職回数にこだわっているのかを知っています。

ですので、そうした無駄は全てカットすることが可能です。さらにあなたのスキルと経歴、キャリアプランやライフプランから、本当に応募するべき求人を紹介してくれます。

おすすめの転職エージェント

最後におすすめの転職エージェントを3つ紹介します。どのエージェントも信頼感の高い事業者ばかりです。

それぞれの特徴を詳しく説明します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。転職回数が多い=不利ではない、ということをご理解いただけましたでしょうか。

転職の結果はあくまでも、企業と転職希望者のマッチング次第です。

自分のストロングポイントをしっかりアピールすることができれば、転職回数の多さを逆手にとってより強くアピールすることもできます。

さらに転職エージェントを利用していれば、自分のアピールポイントを人材紹介のプロの立場からプッシュしてもらえるので、内定を獲得する可能性がより広がることは間違いありません。この記事が皆さんの転職活動の手助けになれば幸いです。