転職の面接でよく聞かれる21種類の質問と回答集

面接_737530309
転職面接で、どんなことが聞かれるのか不安です…。
キャリアコンサルタント
初めて転職をする方にとって、「どんなことが聞かれるのか」というのはかなり心配になりますよね。ですが、「ある程度よく聞かれる質問」というのがあります。
え!そうなんですか!?ぜひ教えてください!
キャリアコンサルタント
はい。この記事では、『転職面接でよく聞かれる21の質問』についてまとめています。一つ一つ確認して、本番に備えましょう。

転職活動をはじめようと考えている人、転職活動中の人の中には、「面接が苦手」「何を聞かれるか不安」と感じている人が多いでしょう。転職活動で採用を掴むためには、面接の質問にどう受け答えできるかが重要です。どんなに採用試験の結果が良くても、面接に失敗してしまえば、採用を掴むことはできないでしょう。

面接で緊張せず対応するためには、事前の準備が欠かせません。質問対策ができていれば、緊張してしまう人でも自信を持って答えることができるようになるはず。事前の準備は、心に余裕を与えてくれます。余裕を持って対応できるようになれば、自然と緊張も解け、思い切って挑むことができるようになるでしょう。

採用を大きく左右する、転職時の面接はどのように対応すれば良いのか、その方法などをご紹介します。

この記事を読んでわかること

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

転職先での面接冒頭で聞かれる質問&回答パターン4つ

転職活動時、面接で聞かれる質問は、業界や職種、年齢や経験によっても変わってきます。

しかし、早々に聞かれる質問はどんな業界でもどんな職種であってもほとんど変わりません。

面接がスタートすれば、誰だって緊張するものですが、事前に答えを準備できていれば緊張することなく、スムーズに対応できるはずです。

①自己紹介をしてください

どんな業界、どんな職種であっても、面接がスタートすると最初に質問されるのは自己紹介。「自己紹介をお願いします」と言われた時、あなたはどのように答えていますか。その答えに、自信はありますか。

この自己紹介は、まず初対面である担当者にあなたの人物像や今までの経験を伝える上で大切なタイミングです。

そのため、長々と話すのではなく、単的でありながら、簡潔に伝えることが大切。時間的には、30秒から1分程度が理想的です。

まずは、あなたの名前を名乗り、その後今までの職務経歴などを簡潔にまとめると良いでしょう。詳しい仕事内容などは、後々の質問で答えることができますから、ここでは簡潔に終わらせることがポイントです。

②これまでの職務経歴を教えてください

新たな人材を求めている企業では、どれだけ即戦力となる人材か、採用後どんなメリットがあるかなど判断されます。

そのため、転職活動中に「職務経歴を教えてください」と言われた時には、どんな業務に携わってきたのか、どんなプロジェクトに参加し実績をのこしてきたのかなど、アピールすることが大切です。職務経歴は、あなたという人材をアピールできる重要な質問ですから、自分の強みとなる部分をしっかりと伝えましょう。

ただし、その業界、業種に対しプラスとなる強みを伝えることが大切。どんなに優秀な実績であっても、その業界、その業種に関係のないものであれば意味はありません。逆に、それがマイナスと取られてしまう可能性がありますから、共通点を見つけた上での強みをアピールしましょう。

③退職理由を教えてください

転職活動に必ずと言ってよいほど聞かれるのは、転職のきっかけとなる、現職の退職理由。当然、企業としては気になる部分でしょう。

転職を考えた理由、きっかけはそれぞれ異なります。「スキルアップのために、新たな環境にチャレンジしたい」といったプラスの理由の人もいますが、逆に「給与が少ないから」「人間関係が悪いから」といったマイナスの理由の人もいるでしょう。こういったマイナスの理由は、正直に答える必要はありません。

質問には、ネガティブな答えはNG。本当の理由を他の角度から見て、ポジティブな理由に変換するようにしましょう。例えば、給与が少ないことが理由であれば、「他の職場で、新たな環境にチャレンジしたい」と伝えることができれば、マイナスイメージを持たれることもありません。

嘘も方便といいますが、転職時の面接では全て正直に答えるのではなく、ポジティブな答えが出来るように準備しておくことが大切です。

④志望動機を教えてください

面接で聞かれる質問として多いのは、「なぜ、うちに応募したのですか?」といった志望動機。この志望動機、みなさんはどのように答えていますか。担当者にとって興味ある答え、魅力ある答えができているでしょうか。

志望動機として理想的なのは、「この人を採用すれば、プラスになる」と思われる内容であること。そのため、転職時の志望動機は今までの経験がどれだけ生かせる人材であるか、どれだけ貢献できる人材であるかを伝えることが必要です。

中には、「自分には足りないスキルがある」と言う人もいると思いますが、そういった場合には「今、資格取得のために勉強をしています」といったように、前向きに取り組んでいる姿勢を伝えることができれば、マイナスとなる部分も補うことができるでしょう。

転職先の面接で聞かれるあなた自身についての質問&回答パターン4つ

面接では、担当者から「自己PRはありますか?」と質問されることがあります。緊張してしまうと、「特にありません」なんて伝えてしまう人もいるのではないでしょうか。

自己PRへの質問は、あなたの思う存分アピールできる時間ですから、この時間を上手に使わなければ勿体ありません。

では、転職活動時、自己PRとともに聞かれることが多い質問についてご紹介します。

①あなたの長所と短所を教えてください

長所と短所を聞かれた時には、前職での仕事内容とともに伝えることができれば、より分かりやすいでしょう。

例えば、「長所は、責任感が強いことです。この長所を生かし、前職ではプロジェクトのリーダーとして一つのプロジェクトを成功させることができました。」といったように伝えることができれば、あなたの長所をどう生かせるか、担当者に伝えることができます。

短所はマイナスと取られることが多いですが、その短所をどうカバーして伝えるかが鍵となるでしょう。

②今後のキャリアプランについて教えてください

転職すると、新たな環境で新たな仕事がスタートします。「転職をしたい」と思っていても、人によっては「仕事ができれば十分」と思っている人もいれば、「大きなプロジェクトに参加を叶える転職をしたい」といった希望を抱いている人もいるでしょう。

当然ですが、企業では将来のことまで考えている人材の方が魅力的に映ります。「今後のキャリアプランをどうお考えですか?」と聞かれた時、「まだ考えていない」なんて答えてしまえば、当然「自社には相応しくない人材」と思われてしまうでしょう。

そう思われないためには、前向きでありながらも、現実的なキャリアプランを答えることが必要です。「キャリアプランと言われても、難しい」と思われるかもしれませんが、その企業に採用されたらどんな仕事をしたいのか、5年後どうなっていたいのかなど想像してみることで、理想のキャリアプランが見えてくるでしょう。

③今までの仕事に対する思いを聞かせてください

求人を出している企業では即戦力となる人材、周りとうまく関われる人材、能力のある人材を求めています。そのため、あなたの改善能力を見極める質問として、「前職では、どんな不安があったか?」といった質問をされることがあります。この時、多くの人は戸惑ってしまうのではないでしょうか。

この質問でプラスの答えをするためには、企業の体制や経営理念などを理解しておくことが必要。例えば、年功序列型の企業にも関わらず、「自分の実績を評価してくれなかった」と答えてしまえば採用を掴むことはできません。

転職活動中、質問を上手に乗り切るためには、企業研究をしておくことが最大の武器となるでしょう。

④あなたを採用した時のメリットを教えてください

転職活動中の面接では、あなたの履歴書や職務経歴書である程度の実績や経験を知ることができます。しかし、実際に採用してみなければ分からないこともたくさんあるはず。

そのため、企業側ではあなたの採用を判断するため、「あなたを採用した際、自社にはどんなメリットがありますか?」といった質問をされることがあります。これは、どれだけその会社に貢献できるかを問われていることになりますから、自分の過去の実績や経験がどう生かせるかをアピールすることが求められます。

「前職で身につけた営業力で、お客様件数を1年以内に3割以上増やします」といったように、具体的な内容であればあるほど担当者には魅力ある人材に映るでしょう。

転職先の面接で聞かれる答えにくい・いじわる質問&回答パターン7つ

転職活動中、様々なことを質問されます。難しいと思う質問もあれば、答えやすい質問もあるでしょう。

しかし、時には「答えにくい」「どう答えたら良いのだろう」と戸惑う質問をされることもあります。こんな答えにくい質問をされても、堂々と対応することができれば、担当者の印象を大きく変えることができるはず。

事前に答えにくい質問をされた時、どう答えたら良いのか考えておきましょう。

①当社の仕事は相当ハードですが、ついてこられますか?

転職活動中は、誰だって「早く転職先を見つけたい」と思っているもの。そのため、「良く見られたい」「印象を良くしたい」という思いが強いため、答えにくい質問をされた時に戸惑ってしまう人も少なくありません。

担当者は、決して意地悪のつもりで質問している訳ではありませんが、「採用後、すぐに辞めたりしないだろうか?」といった不安から、「仕事はかなりハードですが、ついていけますか?」「きつい仕事が多いですが、大丈夫ですか?」といった質問をされることがあります。これは、採用後に「こんなはずではなかった」と後悔されないための確認とも言えるでしょう。

この質問をされた時、あなたはどのように答えますか。当然ですが、「無理です」「辛い仕事は、避けたいです」なんて答えてしまえば、即不採用の判断をされるでしょう。だからといって、良いことを言っておいて、採用後にすぐに辞めてしまう様では迷惑をかけてしまいます。

そんな時には、「具体的なイメージが掴めない部分があるので、どのような仕事があるのか教えていただけますでしょうか?」と逆に質問してみましょう。その返答によって、あなたにとってそれでも仕事をしたいと思える企業であれば、「全力で取り組みたいと思います」と伝えることで、やる気が伝えられるはずです。

②転勤は可能ですか?

企業の規模が大きければ大きいほど、支社がいくつもあります。そして、企業によっては転勤があることもあります。

そのため、転勤がある企業では転勤への理解を確認するため、「転勤の可能性もありますが、大丈夫ですか?」と質問されることもあるでしょう。転勤が可能な場合には、「全く問題ありません。転勤でスキルや経験を身に着け成長したいです」と伝えることができれば、好印象を与えることができます。

中には、すぐに転勤は難しい人もいると思いますが、そういった場合には「家庭の事情ですぐに転勤というのは難しいですが、3年後以降であれば転勤は可能です」と伝えることで、採用後すぐに転勤となる心配はなくなります。

「転勤はしたくない」と言う人は、採用のために嘘をつく必要はありませんから、後々のトラブルを防ぐためにも転勤が難しい旨をしっかりと伝えるようにしましょう。

③転職回数が多いのはなぜですか?

転職活動をしている人の中には、過去に何度も転職を繰り返している人もいるでしょう。「人間関係が悪かった」「待遇が悪かった」と言った理由から、定着せずに転職を希望している人も少なくありません。

履歴書でこういった経歴を確認した際には、「転職回数が多いのはなぜですか?」と聞かれることがあります。転職回数が多い人にとっては、これを負い目と感じている人が多いと思いますが、転職回数をプラスにするように答えると良いでしょう。

「確かに転職回数は多いですが、その分多くの経験を積んできました。この経験をここで生かし、マネージメントしていきたいです」といったように転職回数が多いことを武器にすることができれば、印象をガラっと変えることができるでしょう。

④ブランクがあるのはなぜですか?

転職活動をしている人の中には、既に前職を辞め、転職活動に集中している人もいるでしょう。そして、何らかの理由で前職から期間が空いてしまっている人もいるはずです。

そんな人は、「なぜブランクがあるのか?」と質問されることもあるでしょう。これは、「働く意欲はあるのだろうか?」と確認するため。そのため、こういった質問をされた場合には働く意欲はあることをしっかりと伝えることが大切です。

「前職を辞めてから、資格取得のために勉強をしていました」「病気療養のため、仕事ができませんでした」といった理由であれば、ブランクがあってもマイナスと取られることはありません。「何もしていなかった」といった理由は本当であっても、避ける必要があります。

⑤興味ない部署への異動辞令が出たらどうしますか?

企業によっては、部署の移動があるところも少なくありません。そのため、「他部署への移動辞令が出たらどうしますか?」と質問されるケースもあります。特に、異業種への転職等の場合には、「職種にこだわりが強い」というイメージが強いため、質問される可能性が高いです。

転職活動中、求人をチェックする際には当然仕事内容も確認した上で応募しているもの。そのため、「この部署で働きたい」と思っているでしょう。しかし、「この部署でなければ、難しいです」といった答えをしてしまうと、採用は逃してしまいます。あくまでも、この部署を強く希望しているという思いを伝えた上で、「異なる部署でも、経験を積むために頑張ります」と伝えることができれば、採用の可能性は高まるでしょう。

⑥残業や休日出勤は可能ですか?

仕事をする上で休日や労働時間というのは、とても大切なものです。転職活動をしている人は、それぞれ環境も異なれば、仕事に対する価値観も異なります。そのため、担当者はそれを知るためにも「残業や休日出勤は可能ですか?」といった質問をします。

当然、「大丈夫です」と答えた方が印象は良いですし、採用されやすいでしょう。しかし、実際残業が難しい、休日出勤は無理というのであれば、それを面接の時点で伝えておく必要があります。万が一、採用後に「残業はできません」「休日出勤はできません」となれば、話が違うとトラブルになるかもしれません。

残業や休日出勤が無理なのであれば、その理由を伝えた上で難しいことを伝えることが必要。「子供がまだ小さいため、中学校に上がるまでは残業は難しいです」「休日は家族と過ごしたいと考えているため、休日出勤はできるだけ避けたいです」と伝えることができれば、悪い印象にはならいないはず。

これを理由に不採用の結果になってしまったとしても、無理をして採用を勝ち取り、仕事がスタートしてから後悔するよりは良いはずです。

⑦あなたの短所は何ですか?

短所というと、本来であればあなたにとって弱い部分となるため、「悪い印象を与えないために、答えない方が良い」と思っている人もいるでしょう。その結果、「短所はありません」と答えてしまう人も少なくありません。しかし、実際には弱みがない人なんていません。逆に、弱みがないと答えることで、「この人は自己分析ができていない人」と判断され、不採用となってしまう可能性もあります。

短所は自分にとって弱い部分でもありますが、面接では弱い部分がありながらも、前向きに捉えられると伝えることができれば、マイナスにはならないはず。短所を理解し、生かすことができればあなたにとって武器となるでしょう。

異業種・異職種の転職先の面接で多い質問&回答パターン3つ

転職活動をしている人の中には、今までとは違う業界、業種へチャレンジしたいと考えている人もいるでしょう。こういった異業種転職への面接の場合には、他では聞かれることのない質問をされることもあります。

質問にスムーズに答えるためには、事前にどう答えるか考えておいた方が「キャリアチェンジについて、しっかりと考えている」という印象を与えることができるはずです。

①なぜ前職を続けないのですか?

キャリアチェンジを希望する転職の場合、「なぜ、前職を続けないのか?」という質問をされるでしょう。誰だって、履歴書や職務経歴書を見て、長い間同じ業界、同じ業種で仕事をしている人をみれば、「なぜ、その仕事を辞めるのだろう?」と不思議に思うのは当然です。

キャリアチェンジを希望している人は、それぞれ理由が異なると思いますが、これを伝える時には前職が生かせることを全面に出すことが必要。「前職と業界は異なりますが、仕事内容はほとんど変わりませんし、今までの経験を十分に生かすことができると考えています」と伝えることができれば、担当者も納得するでしょう。

②どうしてこの職種・業種を選んだのですか?

キャリアチェンジ転職を希望している人の中には、前職と異なる職種を希望している人もいるでしょう。そんな人は、「なぜ、この職種を希望しているのか?」と聞かれることになるでしょう。職種が変わるということは、仕事内容が変わるということですから、この質問をされるのは当然とも言えます。

前職と異なる職種を希望している場合には、なぜその職種に興味を持ったのか、前職をどう生かせるのかを伝えることがポイント。職種への強い思い、前職のどういった部分をどのように生かせるのかを伝えることができれば、キャリアチェンジ転職であっても、「即戦力になるのかも」と思わせることができるでしょう。

③あなたにとって今一番の課題はなんですか?

キャリアチェンジ転職ともなれば、前職とは環境が大きく変わることになります。そこにわざわざ飛び込もうとしている訳ですから、担当者としては「自己分析ができているのだろうか?」と不安に感じるでしょう。

そのため、「今のあなたの一番の課題は?」と質問されることがあります。キャリアチェンジ転職は、前向きな姿勢やチャレンジ精神を伝えることが必要ですが、同時に足りない部分も理解し、それをどう補っていこうと考えているのかを伝えることも必要です。

経験がない分、そこをどう補おうと考えているのか伝えることができれば、キャリアチェンジ転職のマイナスイメージを払拭できるでしょう。

転職先の面接官からの逆質問を乗り切るポイント3つ

転職活動をしている人は、対策を行っている人が多いでしょう。「こう質問されたら、こう答えよう」といったように、答えを準備している人も多いはず。

しかし、逆に「何か質問はありますか?」と聞かれた時、「質問なんて考えていなかった」と焦る人も多いのではないでしょうか。

では、最後に質問される逆質問はどうすれば良いのか、ご紹介します。

①逆質問はなくても、多すぎてもダメ!

面接の最後には、担当者から「何か質問はありますか?」と逆質問されることが多くあります。逆に質問をされると、焦ってしまい「何もありません」と答えてしまう人も多いのではないでしょうか。転職活動中、逆質問に対し「ありません」と答えるのは避けた方が無難。「質問がないなんて、会社に興味がないのだろうか?」と思われてしまいます。

逆質問では、最低でも5つ程度質問は用意しておいた方が良いでしょう。「質問した方が良いんだ」と思うと、たくさんの質問を用意してしまう人もいますが、時間は限られていますから、多すぎる質問も避ける必要があります。

②真意を理解した質問を

逆質問となると、「何を質問したら良いのだろう?」と思われる人も多いでしょう。確かに、何でも良いと言われても的外れな質問をしてしまえば、印象は悪くなってしまいます。

逆質問では、担当者の職位にあう質問をすることが基本。例えば、人事担当者の人に「この仕事は、どのように進められているのですか?」といった質問をしても、部署の細かい仕事内容まで把握していません。人事担当者が面接担当者の場合には、人事で分かるような内容の質問を心がけるようにしましょう。部署の責任者などが面接官となった場合には、仕事の細かい内容を質問しても問題ないでしょう。

③NGの質問内容とは?

転職活動中には様々な質問をされ、答えることになります。逆質問の場合には、あなたから担当者に質問をすることができますが、何でも質問して良いという訳ではありません。

例えば、待遇面についてばかり面接で質問をすると「この人は、仕事に対する関心はないのだろうか?」と思われてしまいますし、企業の基本的な質問は「事前に、ホームページなどを見ていないのだろうか」と思われてしまいます。

逆質問は、行き当たりばったりのものではダメと言うこと。事前に企業のことを調べ、担当者の立場なども理解した上で質問をすることが必要です。

「面接対策が役立った!」と評価の高い転職エージェント3選

転職活動中の人にとっては、「面接がうまくいかない」と感じている人も多いはず。緊張してしまい、普段通りの自分をアピールできない人もいるでしょう。

そんな人は、転職エージェントを利用してみませんか。

エージェントでは、あなたに相応しい求人を紹介してくれるだけでなく、面接面でもバックアップしてくれます。事前に模擬面接を行ってくれたり、質問にどう答えたら良いのかなど的確なアドバイスを受けることもでき、自信を持つことができるでしょう。

エージェントによっては、面接に同行し、面接最中もサポートしてくれるところもありますから、苦手な人にとっては心強い存在となるはずです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職支援実績ナンバーワンとなる転職エージェント、リクルートエージェント。既に、41万名以上もの転職をバックアップしています。多くの求人を抱えるだけでなく、転職サポートにも定評があり、多くの転職者を支援。

転職活動に必要な履歴書や職務経歴書の書き方だけでなく、面接対策もしっかりとサポートしてくれるため、面接が苦手な人も自信を持って、挑むことができます。あなたの強みを見つけることができ、質問にも堂々と対応できるでしょう。

【リクルートエージェントの口コミ】

20代後半・女性・事務職
求人数が多いだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策も行ってくれたお陰で、希望の企業への転職が叶いました。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、様々な業界、職種の求人を抱えるエージェント。転職に関する不安や心配ごとなども相談することができ、あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

面接に関しては、傾向と対策をアドバイスしてくれ、その業界、職種にあった対策を事前に身につけることができます。

キャリアアドバイザーは転職のプロですから、プロだからこそ知っている知識を身に着けることができるでしょう。

【パソナキャリアの口コミ】

30代前半・男性・IT系
企業とのすり合わせ、面接のアドバイスなど、全面的にサポートしてくれ、不安だった転職を乗り越えることができました。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、業界専任のキャリアアドバイザーがいる転職エージェント。それぞれの特性などを踏まえ、あなたにとって相応しい求人を紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは、それぞれの業界知識があるため、どんな質問をされるかなど、的確なアドバイス、サポートを受けることが可能。模擬面接なども行っており、徹底的に面接対策を行うことができます。

【マイナビエージェントの口コミ】

30代前半・男性・専門職
不安だった履歴書や職務経歴書の添削を丁寧に行ってくれ、模擬面接まで行ってくれたお陰で自信を持って面接に挑むことができ、採用を掴むことができました。

面接の質問をどう乗り越えるかが転職成功のカギ!

転職活動中には、何度も面接を受けることになるでしょう。応募者が多い場合には、一次面接、二次面接といったように、同じ企業で何度も面接が行われることもあります。

採用を掴みとるためには、どれだけ自分をアピールできるか、質問に的確に答えられるかが鍵。「どんな質問をされるか分からないのだから、その場で聞かれたことをその場で考えて答えよう」と呑気に構えていると、ライバルに追いこされてしまいます。準備をしていないことで、緊張で自分らしさが出せないこともあるでしょう。

転職活動の面接では、どんな質問をされるのか、ある程度分かっていますから、事前に準備しておくことが大切。事前に準備していれば、質問されて慌てることも焦ることもないでしょう。準備していることで、冷静に自信を持って答えられるようになるはずです。

そうなれば、心に余裕を持つことができ、緊張せずに挑むことができるでしょう。自分らしさも出しやすく、アピールも上手にできるようになるのではないでしょうか。

これから面接の予定が入っている人は、質問対策をしっかりと行い、挑みましょう。事前準備は、必ずあなたを助けてくれるはず。何度もシミュレーションをして、どのように対応していくかイメージしていきましょう。

自分一人で面接対策をするのは難しいと感じるのであれば、転職エージェントに登録し、対策をすることがおすすめ。転職のプロによるアドバイス、サポートを受けることができれば、もっと自分に自信が持てるはずです。