仕事のストレスは早めに対処!今すぐ実践できる対処法&予防法9つ

ストレス_245812321
今の仕事にストレスを感じています…。転職も視野に入れているのですが、どうするべきでしょうか?
キャリアコンサルタント
社会人にとって、ストレスマネジメントは必要とされる能力です。ストレスの原因を突き止め、限界に達する前に対処するようにしましょう。
分かりました。具体的に、限界に達する前の対処法を教えてくれませんか?
キャリアコンサルタント
はい。この記事では、ストレスの原因ストレス診断チェックストレスが限界になる前の対処法についてご紹介しています。
キャリアコンサルタント
ストレスとの関係は、転職したとしても続くでしょうから、この記事である程度対処できるようにしましょう。

平成29年度厚生労働省の労働安全衛生調査では、約6割の人が仕事で強いストレスを感じていると回答しています。仕事をする上でのある程度のストレスはつきものですが、場合によっては心身に不調をきたすことがあります。

社会人にとってストレスをうまくコントロールするストレスマネジメントは、必要とされる能力です。ストレスの原因とストレス診断チェック、ストレスが限界になる前の対処法9選について紹介をします。

この記事を読んでわかること

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

仕事のストレスの主な原因は?

平成29年度厚生労働省の労働安全衛生調査のデータをもとに、仕事のストレスの原因について探ってみましょう。また年代においてもストレスの原因は異なるのでしょうか?年代別のストレス原因についても検証します。

原因① 仕事の量・質がありえない

職場のストレス原因ランキング第1位は仕事の量・質です。年代問わず社会人の約6割が、強いストレスを感じる原因として挙げています。仕事の量が多すぎると、おのずと長時間勤務、残業続きの生活を強いられます。

そのため体力的、精神的にもオーバーワークを強いられることになり心身に不調が表れやすくなります。仕事の量と共に強いストレスの原因として挙げられているのが仕事の質です。仕事の質が待遇に見合っていないと思う人も多いのではないでしょうか。

努力に対して結果が反映される場合は良いのですが、成果として目に見えにくい業務の場合はストレスを感じやすくなります。

業務内容に比べて年収が低いと感じるあなたは転職エージェントで、自分の市場価値を再確認するのがおすすめ。市場価値をしっかり判断してくれるエージェントは、リクルートエージェントマイナビエージェントです。

原因② 仕事で失敗してしまった

「責任の所在」という言葉はなにか企業での不祥事が合った場合に良く耳にしますが、他人事ではないと感じる人も多いでしょう。自分自身の仕事での失敗だけではなく、トラブルが起きた際に関係先との調整やクライアントの対応などで、責任を問われる場合があります。

何かトラブルが起きた場合に責任の所在が曖昧で、担当者レベルの人間が矢面に立たなくてはいけない場合があります。実際に労働安全衛生調査のデータでも20代の人の約4割が仕事の失敗や責任の発生等について強いストレスを感じています。

この数値は他の世代と比べても高い傾向があります。実務担当としてさまざまな仕事をこなさなくてはいけない反面、経験も浅いためその分仕事での失敗や責任の発生について、ストレスを感じやすいのではないでしょうか。

30代以降になると仕事の失敗・責任の発生等で強いストレスを感じる人の割合は3割まで減少しています。20代はいろいろと悩みを抱える時期とも言えるでしょう。

強いストレスを感じて体が悲鳴を上げる前に、自分の働き方に合う会社があるのか、転職エージェントに相談をしてみましょう。

仕事の失敗が強いストレスに結び付きやすい20代の方は、20代の転職に強いマイナビエージェントに相談してみるのもおすすめです。

原因③ 人間関係(上司からのセクハラ・パワハラも含む)

強いストレスの原因3位は対人関係です。対人関係でストレスを抱える人は、20代30代の若手中堅社員よりも40代以降の管理職世代のほうが多い傾向があります。

データで見ると、20代では26%に対し40代では34%と増加しています。40代以降になると中間管理職として板ばさみになることや、リストラなどで肩身が狭くなることなども原因の一つではないでしょうか。

自分の経験やスキルを活かした転職を考えることも、ストレスを解消するための一つの方法です。

原因④ 役割・地位の変化

強いストレスの原因4位は役割・地位の変化等です。年代別にみると30代が26%、50代が27%と他の世代に比べて目立っています。30代は主任や係長などの役職についたり、50代の場合は部長職や役員などの重要なポジションを任されることで強いストレスを感じるようです。

30代は管理職ポジションになることで部下への指導育成や調整役などを任されることもあり、通常の業務以外の仕事も増えて、割りに合わないと感じることも多いのではないでしょうか。

50代の場合は重要なポジションに就く人も人もいる反面、出世コースをはずれた場合は窓際族としての立場に追いやられます。職場で必要とされてないストレスも感じることがあるでしょう。

年代別で仕事のストレスの原因は変わる?

強いストレスを感じる原因ランキングを、平成29年度厚生労働省の労働安全衛生調査のデータを基に年代別に検証してみましたが、年代によって抱えるストレスが異なることがわかります。

主に20代の場合は仕事の量や質についてストレスを抱えており、30代以降になると管理職としてのストレスや、人間関係でのストレスを強く感じる傾向があります。

ストレスを感じながらそのままにしておくと、不調をきたすことがあります。体の不調は心身ともに疲れており、このままでは危険な状態であることのサインです。

次に仕事のストレスが限界の時に表れるいくつかの症状について紹介をします。数多く当てはまる場合は無理して頑張ろうとせずに、まずは休むことも考えましょう。

仕事のストレス度合いを5つのポイントから診断

あなたのストレス度合いはどの程度でしょうか?次の5つの症状のうち、どれかが現れている場合は大変危険な状態です。

1つでも当てはまる場合は、深刻な病気になってしまう前に、「休む」「辞める」など具体的なアクションを考えましょう。

①「眠れない」「頭痛や肩こりがする」「めまいがする」などの体調不良がある

「眠れない」「頭痛や肩こりがする」「めまいがする」などの体調不良の症状が出た場合、原因は身体的な不調ではなく精神的なものの可能性があります。

内科を受診して特に問題がない場合でも、それらの症状が続くようであれば、産業カウンセラーやかかりつけ医に相談をするなどの対策をとりましょう。

②気持ちが落ち着かないイライラ感が慢性的に起こる

気持ちが落ち着かずになんとなくイライラ感が治まらない場合、慢性的なストレス症状として表れている可能性があります。怒りやすくなったり、冷静に物事を判断できなくなると対人関係や業務的にも支障をきたすことになりかねません。

③気分がふさぎ込む、抑うつ感が続く

抑うつ状態とは気分が落ち込んで行動を起こしたくないとふさぎこんでしまう状態のことです。多くの人やモノとの接点を持つことを拒否し、自分の殻に閉じこもろうとします。

「うつ」とまではいかないまでも、うつと思われるような症状が見られることで、そのままほおっておくと、精神的にどんどん悪い方向に行ってしまいます。

④漠然とした不安感がある

はっきりとした不安というよりは漠然とした不安感が続く場合も、ストレスが限界に来ているサインです。その不安もつきつめてみると、仕事で失敗する事や、仕事を失うことだったりしますが、解決しようというポジティブな気持ちになれず、悲観的な思考に陥ってしまいます。

⑤病気ではないのに倦怠感がある

体がだるい、やることがあるので動かなくてはいけないことはわかっているが体が動かないなどの症状もストレスのサインです。体が危険信号を出しているのに無理に動こうとすることで更なるストレスを与えるという悪循環になっています。

そのような時は職場のカウンセラーや、上司に相談するなどして休息を取る様にしましょう。

今すぐできる!仕事のストレスを解消する具体的な方法9選

仕事のストレスを解消する具体的な方法9つを紹介します。1人で抱え込まずに誰かに悩みを打ち明けることがストレスを悪化させないために大切です。平成29年度厚生労働省の労働安全衛生調査のデータを参考にし、ストレスの解消法について紹介をします。

方法① ストレス診断を行いストレスの傾向を知る

仕事でストレスを感じたらまずはストレス診断を行い、ストレスの傾向を把握しましょう。厚生労働省HP「5分でできる職場のストレスセルフチェック」では、あなたが何に対してストレスを抱えているか、どのような傾向があるのかを分析できます。

自分がどのくらいストレスを感じているのかを客観的に知ることができ、カウンセラーなどに相談する時にも役立ちます。

方法② 上司や同僚・家族に相談をする

仕事のストレスについて約7割~8割の人が上司や同僚・家族に相談をしています。年代別に見てもばらつきなく、相談できる相手がいるようです。困ったことやストレスを抱えた場合はまず身近な人に相談をしてみましょう。軽度のストレスの場合は悩みを打ち明けるだけで気持ちが軽くなる場合があります。

こんなことを話しても理解してもらえないと思わずに誰かに相談をすることも必要です。

方法③ 産業医やカウンセラー等メンタルヘルスチェックを受ける

産業医に相談をした人は2.7%で、それ以外の医師に相談した人は2.1%という結果になっています。40代以降が3%以上とその他の年代に比べると若干多めです。数字としてはまだまだ少なく、メンタルヘルス制度についても浸透しているとは言えない状況です。

40代以降になると体力の衰えも出始めて、ストレスからさまざまな病気を引き起こしやすくなります。何かおかしいと感じたら早めに受診をすることが深刻化を防ぎます。

尚医師以外の保健師又は看護師に相談した人は2.4%、衛生管理者、カウンセラーに相談した人は1.7%というデータがあります。中小企業の場合はメンタルヘルス対策が講じられていない場合もあるのでそのような時は外部の相談機関を利用しましょう。

方法④ 転職を考える

仕事のストレスで無理をして体を壊すのであれば、思い切って転職を考えることも一つの方法です。転職サイトから応募する方法と、転職エージェントを利用する方法がありますが、おすすめなのは転職エージェントを活用する事です。

転職エージェントは多くの転職実績があり、転職へのノウハウも豊富です。転職への相談だけではなく退職交渉や年収交渉など、応募者からは言い出しにくいことについても代理で行ってくれるため、転職でおこりうるトラブルを避けることができます。

仕事のストレスが強い時、どの転職エージェントに登録すべきかは、これから詳しく紹介していきます。

方法⑤ 異動願いを出す

仕事の業務内容や部署の人間関係についてストレスを感じる場合は異動願いを出すことも一つの方法です。「適性がない」「わがまま」だと思われるのではと異動願いを出すことをためらう人も中にはいるでしょう。

異動願いは、会社の社風によって捉えられ方が異なります。古い体質の会社ではネガティブに取られることもありますが、それ以外の会社ではそのような受け止められ方はしないでしょう。

心配であれば、会社の上司や総務担当などに異動願いはどの位の人が届出をだしているのか、実際に異動できているのかなどのケースについて確認をしてみることをおすすめします。

方法⑥ 自分にしかできない仕事とそれ以外の仕事を区別する

仕事で強いストレスを感じる原因の1位は「仕事の量・質」です。年代を問わず強いストレスを感じている傾向があります。仕事がオーバーワークであると感じたら、自分にしか出来ない仕事とそれ以外の仕事を区別化しましょう。

営業などの顧客対応を必要とする場合は仕事を振ることが難しいですが、チームで仕事をすることを意識することで効率化を図ることができます。契約の締結やトラブル処理など自分で行ったほうが良いことと、それ以外の営業アシスタントや部下でも出来る仕事を明確にしましょう。

仕事を任せることも上司として大切なスキルの一つです。抱え込まずに業務の分類をすることで業務を軽減できます。

方法⑦ 業務フローの見直しを行う・効率化の提案をする

業務内容に無理・無駄がないかの見直しを行うことも必要です。業務改善は1人では行うことができないため、同僚や上司に相談しながら作業を進めましょう。簡単なルーティンワークは外注化する、派遣社員に任せるなどし、効率よく仕事が出来る環境を整えることができます。

無理・無駄をなくすと本来注力すべき仕事に打ち込むことができるため結果として時間短縮と効率化に繋がります。

方法⑧ 長期休暇を取る

体の危険信号を感じたら、悪化する前に長期休暇を取得しましょう。しばし仕事のプレッシャーから解放されるだけでぐっと気持ちが楽になります。違った視点で仕事について考えることができるため気持ちの切り替えができます。

仕事のストレスで限界を感じる前にリフレッシュ休暇を取ることを検討してみましょう。

方法⑨ 副業・複業などで収入の幅を広げる

最近では「働き方改革」により副業、複業(パラレルワーク)を容認する企業が増えてきました。一つの会社に縛られずに、収入を確保することで気持ちに余裕を持つことができます。

年代が上の人程副業、複業という概念に馴染みがない人も多いでしょう。単に副収入を得るということではなく、会社に捉われないクライアントを開拓する事でなにかあった時のリスクヘッジをすることが出来ます。

セーフティネットを持つことで、多少のストレスについても軽く受け流すことができます。失業・リストラ・早期退職などもしもの際の対応として、在職時より人脈作りや収入の確保を行いましょう。

仕事のストレスを抱えている人は転職エージェントの利用も考えよう

仕事のストレスが限界に達する前に、転職をするという選択肢も考えましょう。仕事のストレスで転職を考える時のおすすめエージェント5選を紹介します。いずれも転職についてのノウハウが豊富であなたの強い味方になってくれるでしょう。

実際に転職エージェントを利用された方の体験談についても紹介していますので、転職エージェント選びの参考にされてはいかがでしょうか。

※転職エージェントの仕組みなどについて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参照してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数、転職成功者数共にNO.1の実績を誇るリクルートエージェントです。人材業界1位の売り上げと規模を誇り、多くの転職成功者を輩出しています。リクルートエージェントに寄せられたクチコミについて見てみましょう。

31歳男性 観光業
人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

リクルートエージェントを利用するメリットとして、数多くの求人の中から自分にあった求人を選べることです。また、キャリアアドバイザーの質にも定評があるため、あなたの適性や希望をくみ取りながらオススメの求人を紹介してくれます。

46歳男性 インフラSE
少しでも条件のいい仕事先が見つかる。エージェントの担当者が相談相手になるので心強い。へこたれて転職諦めなくて続けられる点。

自分の評価が正当になされていないと感じる場合は、転職エージェントでより条件の良い求人を探す事ができます。担当者に相談しながら転職を進めることができるため、メンタル的にも心強いです。

doda

doda

求人数がリクルートエージェントに次いで2位のdodaです。dodaの特色はスカウトメールが他社に比べて多いことが挙げられます。dodaがスカウトメールが多い理由は300社以上の業種や専門性に特化したdoda提携のエージェントがいることです。

利用した人の多くが、スカウトメールの多さと求人の質に満足したとの回答を寄せています。実際に利用された方のクチコミを見てみましょう。

32歳女性 教育
メリットは企業側からの逆スカウトがあることだと思います。企業側から、スカウトが来ると、自分は必要とされているんだとモチベーションにも繋がりました。
35歳女性 金融
大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

パソナキャリア

パソナキャリア

顧客満足度が高い事で定評のあるパソナキャリアです。求人数は上記2社に比べると劣る事がデメリットですが、人材業界全体の規模としてはリクルートグループに次いで2位のパソナグループの営業力を活かした求人が豊富です。パソナキャリアに寄せられたクチコミを見てみましょう。

24歳女性 私立高校教師
企業との交渉がかなりスムーズにいくようになり面接にすぐに行けるようになりおかげで転職することができました。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

第二新卒をはじめとする20代の転職に強いことで定評のあるマイナビエージェントです。新卒の就活サイトでは登録者数1位という強い人気を誇るマイナビですが、転職エージェントとしても若者を中心に人気があります。

マイナビエージェントは面談、面接対策が充実していることが特色です。マイナビエージェントを実際に利用した人のクチコミを見てみましょう。

24歳女性 電機メーカー経理
面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。
40歳男性 事務
自分が転職したい企業(職種・部門)に連絡して、応募ができるようにプッシュしてくれる。企業の面接対策をしてくれる。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

ミドルのハイクラス求人が豊富なJACリクルートメントです。JACリクルートメントの特色は、業界業種に精通した約650名のキャリアアドバイザーが在籍していることです。そのためあなたの経験やスキルについても、その価値を正しく判断することが可能です。JACリクルートメントに寄せられたクチコミについて見てみましょう。

30歳男性 研究職
求人の量は普通。求職者を担当している人が企業との交渉も行うことが利点の一つ。経歴書の添削や面接対策は行われなかった。希望職種以外も紹介してもらえる。

転職エージェントを利用した転職も視野に入れて、仕事のストレスと上手に付き合おう

仕事でストレスを感じる原因とその症状、対策方法について紹介をしましたがいかがでしたでしょうか。仕事にストレスはつきものとは言え、理不尽な環境で心身に不調を来たすくらいなら、異動願いや転職活動などを前向きに検討しましょう。

相談できる良き理解者を得ることで、仕事のストレスは改善されます。転職エージェントは単なる求人の紹介だけではなく、あなたがより良い環境で働けるようにバックアップしてくれるため、転職エージェントを有効活用することをおすすめします。