転職のコツを知らずに進めるのは損!5つのポイントを知って成功率UP

転職したいなと思ってるんですが、うまくいくか心配で・・・。
転職には成功するためのコツがあるのを知っていますか?

キャリアコンサルタント

知りませんでした。ぜひ教えて欲しいです!
わかりました。難しいことはありませんが、しっかり理解して取り組むと転職率アップとなりますよ。

キャリアコンサルタント

転職したいと思うキッカケは人それぞれですが、実際の転職を成功させるためにはコツがあります。

ただやみくもに「今の仕事を辞めることができれば。」「違う環境で働きたい。」という思いだけではせっかくの転職も失敗に終わってしまうこともあります。

転職を成功させるためには、ちょっとしたコツがあるので転職を成功に導くための参考のひとつとしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職のコツ5つ|成功率を高める準備のポイントとは

転職したいと思ったときに「転職のコツ」を知って実践している人と、そうではない人とでは転職の成功率に違いが出てきます。

これから転職を目指しているという人は、とてもシンプルですが効果がある「転職のコツ」をぜひ試してみてください。

転職のコツ1:転職活動は仕事を続けながら行う

転職したいと思ってしまったら、「もう今の会社では働けない。」「転職活動に集中したいから仕事は辞めてしまおう!」という人がいますが、これは転職成功を逆に遠ざけてしまうことになりかねません。

転職するためにと今の仕事を辞めてしまった場合、次の転職先が決まり、お給料を手にするまでにどのくらいの期間が必要となるのかは、実際に転職活動してみなければ全く予測することはできません。

また加入していた失業保険は、自己都合で退職した場合、3ヶ月の待機期間があるため実際の給付は退職手続きをしてから3ヶ月後からとなってしまいます。

このほかにも社会保険や年金の手続きを行い自己負担額が増えるなど思った以上の出費となることが想定できます。

実際に退職し、転職活動をスタートさせたばかりの頃はそれでも問題ないかもしれませんが、万が一、思うように転職活動を進めることができなかった場合は経済的に困窮してしまうことも想定できます。

そうなってしまうと希望とは違う企業への転職ではない転職となってしまうことに繋がってしまいます。

経済的にも精神的に余裕を持って転職活動を行うためには、転職活動は仕事を続けながら行うことが大切です。

転職のコツ2:なぜ転職をしたいのかという理由をはっきりさせる

転職を決意する場合、今の仕事を辞めようという気持ちになった理由というものがあると思います。例えば、

  • 給料が安すぎるから
  • 残業が多すぎたり、休日を取るのが難しくプライベートとのバランスをとることができないから
  • 会社の方針と合わない
  • 上司や同僚との仲がうまくいかない
  • 仕事内容に不満を感じている

など、仕事を辞めて転職しようと思う理由をはっきりと明確にすることで、現職と同じような仕事を選択することはまずなくなります。

転職をしたい理由は、今の仕事を辞めたいと思う気持ちと一致しているからこそ、なぜ転職したいのかという部分をはっきりすることが転職を成功させるコツです。

転職のコツ3:転職先に求める条件を明確にする

理想的な転職を実現させるためには、何を優先させたいのか、これだけは譲れない条件というものをハッキリさせたうえで、その条件にマッチする転職先を根気よく探すようにしましょう。

例えば、一番大切な年収の部分や、残業は月にどのくらいの範囲までなら大丈夫なのか、通勤時間はどのくらいの時間ならOKなど、働くうえで重要となる部分から優先する項目をしっかりあげていくことが大切です。

転職のコツ4:面接から内定まで時系列でイメージする

希望通りの転職を実現させている人の多くは、転職活動を始め、いいなと思えた企業への応募・面接、そして採用が決定した場合の詳細の確認などあらゆることに対する事前準備が万全です。

例えば、面接当日には余裕を持った行動は当たり前です。

面接日時には、ギリギリではなく事前にトイレによって用を足し、鏡の前でひと呼吸置いてから実際の面接会場へと向かいます。

また、履歴書や職務経歴書のコピーを用意し、面接前に目を通しておくと記載内容とブレがなく聞かれた内容にスムーズに答えることができます。

面接会場となる企業へ到着したら、受付や面接会場へ案内してくれる人など、その空間にいる人すべての人に見られて審査されているという意識を持った立ち振舞をすることができると完璧です。

面接を無事に終え、採用内定の連絡が届いたら、給料に関することを今一度確認することは、失礼なことではなく当たり前のことなので、遠慮せずに採用後の気になることについてはあらかじめ確認するようにしましょう。

転職サイトを利用すれば、内定後の条件やお給料の金額など代わりに確認してくれるのでとても頼りになります。

転職のコツ5:転職サイトと転職エージェントに複数登録する

転職活動をする場合、今の仕事は辞めずに転職活動をすることをが大切ですが、働きながらの転職活動を実際に自分ひとりで行ってみるとかなり大変な作業となります。

そこで利用したいのが転職サイト・転職エージェントです。

どの転職サイトも無料で利用することができるだけではなく、数多くの求人を保有しており、面接日の調整や履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など無事に採用となるような手厚い支援を受けることができます。

数ある転職サイト・転職エージェントの中でも、求人数が多く親身になって転職活動の支援を行っているところを厳選していくつか紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

転職のコツを悩み別・年代別に解説!

転職したいと思いながら、転職に関する様々な不安からいま一歩踏み出すことができないという人も多くいると思います。

転職したいけど、でもこれはどうなんだろうと感じる不安な部分や疑問点は、どんな人でも共通して感じる部分のことが多いようです。

そこで、多くの人が感じている不安や疑問について解説していきます。

気になる企業の情報を得るためにできることは?

求人情報の中からいいなと思える企業を見つけたら、もっとその企業の情報を知りたいと思うのは、転職する気持ちが本気ならより強く思うことだと思います。

そんなときはまず、企業のホームページを見てみることをおすすめします。

そして、その企業に関する口コミなどを見てみるとどのような企業なのかということをおおよそ感じ取ることができます。

書類選考落ち、面接までたどり着けない理由は何?

転職活動を始めてみると、年齢や性別、経験などを問わず毎回のように書類審査の段階で落ちてしまう人がある一定数の数います。

何が原因で書類選考に落ちてしまうのかは、自分ではわかりづらいものです。

このような場合は、転職のプロである転職サイトを利用して履歴書や職務経歴書の添削を受けるようにすると、確実に書類選考の通過率が高まります。

面接で緊張しすぎてしまうのを和らげる方法はある?

面接の席でどうしても緊張してしまい、思ったような受け答えができないという人は、面接官はどのような視点で何を知るために質問をしてくるのかという風に面接官の視点になって落ち着いて考えてみることをおすすめします。

ただ漠然と質問されたことを答えるのではなく、どのような意図を持って自分の何を知りたいと思っているのかということを考え、どう答えるべきなのかという風に考えて準備しておくことで、緊張せずに面接に臨めるようになります。

20代の転職方法・進め方は?

20代の転職成功率は、実はとても高いです。

特に大きな実績や経験などがなくても仕事に対するやる気があれば採用に繋がる可能性は高いので、転職を希望する場合は、20代のうちに転職しておくことをおすすめします。

20代前半と20代後半ならば、20代前半の方が第2新卒という扱いで転職することも可能ですし、転職だからと言っても即戦力としての扱いではなく、会社にとっての将来を考えた上で、教育していこうという思いから採用される場合が多いです。

そのため、転職後はしっかりとした教育期間を設けてもらうことができ、少しずつその会社でスキルアップを目指すことが可能となります。

転職率がアップする第2新卒扱いの求人を狙おう!

20代の前半から中くらいの人が転職する場合、第2新卒という扱いの求人が数多くあります。

このような求人の場合は、新卒の求人にとても近いので、企業から求められることも少なくハードルが低いです。

また、お給料はもちろん福利厚生などが充実している企業を選ぶなど、一度働いたからこそわかる必要な条件をしっかり抑えた転職活動を行うことが可能となります。

そのため、転職後に失敗したということもかなり激減するので、理想の転職先への転職を現実のものにすることができる可能性が高くなります。

20代の転職には、dodaがおすすめ

dodaは、適職フェアやキャリアタイプ診断などのコンテンツが充実しており、どのような職業が向いているのかなど、20代ならではの自分にとっての適職に関する悩みや不安を解消しつつ転職活動を行っていきたいという人にピッタリ。

日本最大級の転職エージェントとも言われているマイナビエージェントと合わせて利用すれば、多くの支援を受けながら適職に出会う可能性が広がります。

登録する(無料)

30代の転職方法・進め方は?

30代の転職は20代とは企業側の意識に違いがあります。

30代での転職はこれまでの経験や実績をもとに即戦力となる人材が求められるので、企業のニーズにマッチしていることが採用の大前提となります。

30代の転職には、リクナビNEXTがおすすめ

リクナビNEXTは転職を成功に導くための履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など30代だからこそ意識すべきことのアドバイスが手厚いです。

また、自分のキャリアを求人先が見てスカウトできる機能も充実しているため30代の転職にフル活用することができます。

スカウト機能はマイナビエージェントにもあるので、最低でもこの2社の転職エージェントの利用をしてみることをおすすめします。

登録する(無料)

転職はコツをつかめば成功率が上がる!事前準備をしっかり行って後悔のない転職を

今の仕事に見切りをつけて転職したいと思ったら、すぐに仕事をやめてしまうのではなくじっくりと自分の理想に近い転職先を見つけたうえでチャレンジしてみるようにしましょう。

せっかくの転職なので少しでも自分の理想に近づくことができるように欲張りになって取り組みつつ、転職のためのコツを実践しながらぜひ希望どおりの転職先への転職を現実のものにしてみてくださいね。