レバテックフリーランスの評判は?メリット・デメリットをまとめ

これまでの経験を活かしてフリーランスになろうかと思ってるんですが、フリーランス専用のエージェントはどんな感じなんですか?
そうですね。フリーランスとしてスタートさせるならレバテックフリーランスがいいかもしれません

キャリアコンサルタント

どんなエージェントなんですか?
この記事で、詳しくご紹介します。

キャリアコンサルタント

これまでの知識と経験を活かしフリーランスとして活動していきたいという場合、いきなり会社を辞めてフリーランスとして活動をスタートさせるのは不安ですよね。

専門エージェントを利用しながら少しずつフリーランスとしての活動を無理なく行っていきたいなら、レバテックフリーランスがおすすめ。評判を中心に、特徴やメリットデメリットを紹介していきます。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

レバテックフリーランスの評判は?


レバテックフリーランスを利用している人の良い評判と悪い評判についてまずは紹介していきます。

これからレバテックフリーランスを利用してフリーランスとして働いていこうという人は、ぜひ参考にしてイメージを膨らませてみてくださいね。

レバテックフリーランスの良い評判は?

レバテックフリーランスの良い評判は以下のようになっています。

  • 他のエージェントと違い会社員の状態のまま利用登録ができるので、どのような案件があるのか、報酬などを知ることができた。
  • フリーランスとしてスタートしたら、年収が今までの3倍になった。
  • 担当エージェントと自分のアピールポイントなどを明確にすることができるので、案件の応募に対してNGとなることがほとんどない。
  • 自分の働きたいペースの案件があった。
  • レバテックフリーランスが保有している案件に関する情報をしっかり把握しているのでミスマッチがない。
  • ゲーム開発などに関する案件が多くある。
  • 案件量が噂通りとても多い。
  • 案件の紹介が早い。
  • 自分の希望にマッチする案件を紹介してくれる。
  • 実際に案件がスタートした後のサポートも手厚い

という風に、フリーランスとして働く上で気になる部分がしっかり網羅されている部分は安心感が違うようです。

また、担当エージェントのサポート体制の充実など、会社員としてどこかの企業に属しているかのような安心感でフリーランスとして活動することができるという部分で良い評判が多いです。

レバテックフリーランスの悪い評判は?

レバテックフリーランスの良い評判がとても多いことがわかりましたが、悪い評判があるのか気になりますよね。

ここからは、レバテックフリーランスの悪い評判も見ていきましょう。

  • 担当エージェントが案件の内容をしっかり把握していなかった
  • 案件が多くあると思っていたけれど、多くなかった
  • カウンセリングにとにかく時間がかかって大変
  • 担当エージェントの年齢が若くてちょっと不安
  • 案件開始後の連絡はあまりこない

という風になっています。

悪い評判を見てみると、担当エージェントの質にバラツキがあったり、担当エージェントと利用者の相性があまり良くなかったという部分もあるようです。

「レバテックフリーランスって最悪」「うざい」という口コミの真相は?

レバテックフリーランスの評判の中には、

  • 「レバテックフリーランスって最悪だった。」
  • 「レバテックフリーランスの担当エージェントがうざい。」

というものがちらほら見られるので気になる方も多いのではないでしょうか。

実際のところは、レバテックフリーランス自体に問題があるというのではなく、担当エージェントと利用者の相性が問題となっていることがほとんどのようです。

登録する(無料)

レバテックフリーランスの評判をもとに他社と徹底比較!高評価のサイトは?

レバテックフリーランスと同じくフリーランスに案件を提供し、サポートなどを行っている人気の3社と比較しました。

案件数平均報酬額対象エリア
レバテックフリーランス約540件
(非公開率約80%)
約72万円全国・海外
ギークスジョブ約1200件
(非公開率約80%)
約68万円東京(渋谷)、大阪、名古屋、福岡
フォスターフリーランス約5,000件
(非公開率約90%)
約68万円東京23区と神奈川県を中心とする首都圏・関東地方
レバテックビギナー約540件
(非公開率約80%)
約40万円全国

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスを利用している人は、約78,000人と多く、日本のみならずベトナムなど海外での案件もあります。

平均報酬額が他のエージェントと比べると高めに設定されていて人気があります。

まずはどこかのエージェントを利用したい。フリーランスの情報収集を得たいという人におすすめです。

フォスターフリーランスの特徴

フォスターフリーランスは、優良案件が豊富にあり、福利厚生なども充実しているので、フォスターフリーランスを利用して仕事を行っているという人の満足度は高いです。

担当となるエージェントの案件に対する情報が豊富で的確なので安心して利用することができます。

ギークスジョブの特徴

フリーランスに案件を提供しているエージェントとしてレバテックフリーランスと並ぶくらい知名度が高く評判も良いです。

実際にフリーランスとして利用している人の多くは、レバテックフリーランスとギークスジョブは外せないというくらい人気となっています。

レバテックビギナーの特徴

レバテックビギナーは、レバテックフリーランスなどを運営するレバテック株式会社が行っている会社です。

IT系やWEB系エンジニアとして働きたいけれど、プログラミングをはじめとするスキルがないという人のためにあるエージェントです。

レバテックビギナーでは、

  • プログラミングスクールの紹介と割引特典
  • スクール卒業後の就職先の紹介

が、首都圏だけではなく全国で行われています。

IT系やWEB系エンジニアを目指したいけれど、どのスクールに通えばいいのかわからないという人にとっては、スクールの紹介から受けることができると人気があります。

レバテックフリーランスがエンジニア仕事探しに向いている理由7つ

さまざまなフリーランスサイトがありますが、レバテックフリーランスが特にエンジニアの仕事探しに向いている理由を7つ紹介します。

①フリーランスに特化型では業界No.1!高単価の案件を提供

レバテックフリーランスでは、常に高単価の案件を提供しています。

レバテックフリーランスの情報によると、フリーランスとして案件を受けた人の2018年の平均年収は約860万円だったようです。

平均年収が約860万円ということは、月平均で約72万円となるので、かなりの高単価と言えます。

②エンジニアに特化しているからこそ、担当エージェントもエンジニアに特化

レバテックフリーランスは、エンジニアに特化しているため、案件の提供を行ったりするフリーランスの担当エージェントもエンジニアに特化した知識と現場の実情を知るプロです。

だからこそ、エンジニアとして活躍するフリーランスの立場にたった案件紹介や、不安な点や疑問点も正しく理解し対応してくれます。

特に案件の紹介は、フリーランスとして働く人のスキルや適正にマッチしたものをチョイスしてくれるので、心強いと評判も良いです。

③業界最大級を誇る多くの案件を保有

レバテックフリーランスの最大の特徴といえば、やはり業界で最大級とも言える多くの案件を保有していることです。

同じようなクライアントや案件が複数あるのではなく、最新の優良案件を多数用意しています。

実際にレバテックフリーランスの案件を見てみると求人の質と量ともに想像以上に多いと驚くようです。

そのくらい、多くの案件が日々更新されています。

④案件の提案力の高さとサポート体制が充実!

レバテックフリーランスに所属している担当者は、新しい案件を見つけるために年間3,000回という回数、各クライアントへと出向き情報収集や案件を手に入れています。

そのため、紙の上のやり取りではなく、クライアントとなる企業の担当者や、そこで働く人達の生の声を聞いたり、求める人物像やスキルなどをリアルに得ることができているのです。

だからこそ案件の提案力には高い評価を得ています。

また、フリーランスに対するサポート体制が充実しているため、困ったことがあったり、不安に感じたことなどはひとりで抱える必要がなく、安心してフリーランスとして活動することができます。

⑤スムーズなやりとりにLINEを活用

レバテックフリーランスでは、スムーズなやりとりを行うために、電話やメールではなくあえてLINEを連絡ツールとして使用しています。

LINEを利用することで、リアルタイムに連絡に気付くことと、簡単にやりとりすることができるので、コミュニケーションの向上に繋がります。

⑥フリーランスだからこその「エンジニア勉強会」開催!

エンジニアとして自分の持っている知識や技術を武器にフリーランスとして活動する人は、実はとても孤独です。

そのため、レバテックフリーランスでは、日々の案件に対する具体的な勉強会はもちろん、最先端技術に触れることのできる勉強会、フリーランスとして抱える問題などを解決するための勉強会などを定期的に開催。

フリーランスとして同じ立場だからこそ理解しあえると人気があります。

⑦案件を受け就業中でもサポートを受けることができる!

レバテックフリーランスでは、案件を紹介し、実際に就業がスタートして終了というものではありません。

就業中だからこそ抱える悩みなどが発生しがちです。レバテックフリーランスではそのためのフォローをしっかりと行っていて、定期的に連絡がきたり、場合によっては実際に会って話をする機会を設けてくれます。

また、次の案件へとスムーズに移行できるような提案も時期を見て行ってくれるので、案件から案件の間があかないような配慮もしてくれます。

もちろん働き方や働くペースなどの希望に沿った案件を提供してくれるのでとにかく安心と評判も高いです。

登録する(無料)

レバテックフリーランスに登録する前に知っておくべきこと

レバテックフリーランスは、レバテック株式会社が運営しているフリーランスに特化したエージェントです。

フリーランスへ案件を提供するエージェント業界の中でも知名度・案件数の多さ・手厚いサービスなどNo.1を誇ると定評があります。

東京から福岡まで!レバテックフリーランスの対応エリア

レバテックフリーランスの対応エリアは、関東の首都圏と、関西・福岡・名古屋の主要都市を中心に対応しています。

細かく対応地域を紹介すると、

  • 東京都24区
  • 神奈川県
  • 千葉県
  • 埼玉県
  • 大阪府
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 福岡県
  • 愛知県

となっています。各エリアにある案件に対して、レバテックフリーランスでは、実際に現地へと足を運び、その企業の特徴や案件の継続性、求めるスキルなどを調査し、提供しています。

そのため、常に新しい案件を毎月400件以上も出しているのです。

レバテックフリーランスは、未経験でも利用できる?

レバテックフリーランスを有効に利用することのできる人は、エンジニアとしての実務経験が最低でも4年~5年程度ある人です。

残念ながら未経験で受けることのできる案件はないようなので、いつかフリーランスとして活動したいという場合は、まずは実務経験を積むようにしましょう。

レバテックフリーランスにイラストレーター案件はある?

レバテックフリーランスは、エンジニアに特化しているエージェントです。

そのため、レバテックフリーランスで紹介している案件は、IT系エンジニアとしての案件で、様々な言語のプログラミングや、WEB系アプリケーションの開発、ゲームの開発などとなっています。

イラストレーターとしての案件は、残念ながらありません。

レバテックフリーランスは、50代でもOK?

フリーランスとして第一線で活躍する場合、50代という年齢はどうなんだろう?と思うエンジニアもいますよね。

中小企業庁が発表している小規模企業白書によると、フリーランスの年代構成のうち50代は、全体の約38%を占めていると言われています。

一方、レバテックフリーランスを利用して活躍しているという50代のエンジニアは、わずか5%程度と言われています。

50代だから需要がないというものではなく、50代という年齢になり、フリーランスとして働く人自身が、どう働いていくのかを考え変化していく年齢とも言えるようです。

レバテックフリーランスを利用したらマージン率はどのくらい?

レバテックフリーランスを利用して案件を行った場合のマージン率(手数料)は、約10%~20%と言われています。

レバテックフリーランスでは、手数料として案件を受け取るフリーランス側ではなく、クライアント側に請求しているため、実際のマージン率はおおよそのパーセントしかわかりません。

報酬の支払日は?

ちなみに、レバテックフリーランスを利用して案件を受けた場合の報酬支払日は、末日締め翌月15日の支払いが標準的な支払日となっています。

登録する(無料)

レバテックフリーランスは評判が良く安心して使える!

レバテックフリーランスの評判を中心に、レバテックフリーランスと他のエージェントの違いや、レバテックフリーランスの特徴や評判の良いポイントなどについて紹介してきました。

フリーランスとしてひとりで案件を見つけて契約、案件業務の開始、終了、報酬請求という流れを行うのはとても大変です。

特にこれからフリーランスとしてやってみよう!という人にとっては、実際のところハードルが高いと思うかもしれません。

フリーランスだからこそ、エージェントに特化したレバテックフリーランスを有効活用してみてはどうでしょう。